兵庫県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 兵庫県の県名の由来 ・ 兵庫県の難読地名・珍地名 ・ 兵庫県の地名集

★ 兵庫県の名字の特徴

# 兵庫県は昔の「摂津」「但馬」「播磨」「丹後」「淡路」の五国が一緒になっているため、兵庫県全域に共通する傾向は見られない。

# 兵庫県をルーツとする名字には、上郡町を本拠地とした「赤松」があり、一族には「別所」「宇野」「上月(こうづき)」「広岡」「福原」氏がある。

# 兵庫県内の地名をルーツとする名字: 赤松、有馬、宇野、神吉、上月、別所、水田。【出典

【地域別の特徴】

# 神戸・阪神地区: 神戸市と芦屋市では山本が最多姓。その他の市町では田中が最多姓。【出典

# 東播磨地区: この地域でも田中と山本が多い。東播磨を代表する名字に藤原があり、西脇市、三木市、加東市では最多姓。【出典

# 西播磨地区: 山本が多い傾向は兵庫県全体と同じだが、三木、黒田、後藤などが多い。【出典

# 但馬地区: 南部と北部で名字の構成がやや違う。南部は丹波地区と共通する名字が多く、朝来市では足立が最多姓。北部では「〜垣」の名字が目立つ。西垣、谷垣など。【出典

# 丹波地区: 京都府北部と共通する名字が多い。篠山市では酒井が最多姓。丹波市では足立が最多姓。【出典

# 淡路地区: 島と言っても本土とほとんど離れていないため、島特有の独特の名字構成は見られない。【出典

【兵庫県らしい名字】

# 栗花落(つゆり)、雲丹亀(うにがめ)、宇仁菅(うにすが)、円満堂(えんまんどう)、不死原(ふじわら)、松姫(まつひめ)。【あなたの起源を読み解く 名字の世界 インデックス編集部 イースト新書Q】

・ 兵庫県特有の名字集

■ 兵庫県の特徴的名字: 室井船越、阪上、宇野、丸尾、安宅内海魚住室賀波々伯部(ははかべ)出典】   

■ 兵庫県の名字【出典

# 淡路島独特の名字

・ 南あわじ市: 居内(いうち)、納(おさめ)。

・ 洲本市: 鯛、

・ 淡路市: 戎(えびす)、凪(なぎ)

■ 兵庫県の名字の特徴【出典

# 尼崎市: 尼崎市には沖縄出身者が多く、比嘉大城などの沖縄の名字が目立つ。

# 兵庫県特有の名字

・ 阿江(あえ)

・ 太田垣(おおたがき)

・ 嘉納(かのう)

・ 神吉(かんき)

・ 久下(くげ)

・ 上月(こうづき): 播磨国佐用郡上月(兵庫県佐用郡佐用町)をルーツとし、赤松氏の一族。1336年に上月城を築城、代々赤松氏の重臣として活躍したが、1441年の嘉吉の乱で没落した。全国の半数以上が兵庫県にみられ、とくに姫路市や加東市にまとまって見られる。

・ 辰馬(たつうま): 灘五郷の一つの西宮の名家。本家は「白鹿」、分家の北辰馬家は「白鷹」の醸造元として有名である。明治維新後には、辰馬汽船や興亜火災海上保険を経営するなど、実業界でも活躍する一方、西宮市長なども出しており、甲陽学院高校の経営でも知られる。

・ 依藤(よりふじ)

・ 英保(あぼ): 播磨地方の名字で、姫路市や宍粟市に見られる。播磨国飾磨郡英保郷(兵庫県姫路市)をルーツとする。中原姓で同地の地頭を務めていた。室町時代には赤松氏に属し、美作国の守護代も務めた。

・ 阿万(あま): 淡路国三原郡阿万荘(兵庫県南あわじ市)をルーツとし、水軍を率いた。現在も南あわじ市に多く見られる。

・ 魚住(うおずみ)

・ 淡河(おうご): 播磨国美嚢郡の国衆に淡河氏がいた。北条時房の孫の時治が美嚢郡淡河荘(兵庫県神戸市北区淡河町)を領して淡河氏を称したのが祖。戦国時代には国衆として淡河城に拠り、別所氏に属した。1579年に落城した。本来は「おうご」だが、現在は「おごう」とも読み、神戸市付近にみられる。

・ 加集(かしゅう)

・ 瓦林(かわらばやし): 中世、摂津国武庫郡の国衆に瓦林氏がいた。武庫郡瓦林荘(兵庫県西宮市)をルーツとし、河原林とも書く。瓦林正頼は応仁の乱では東軍に属し、後に細川高国に仕えた。越水城を築城して拠っていたが、三好之長に破れて落城し、高国に内通の嫌疑をかけられて自刃した。一族の瓦林越後は荒木村重に仕え、茶人としても知られた。現在は西宮市にわずかにみられる。

・ 国府寺(こうでら): 姫路城下を代表する豪商に国府寺家があった。播磨国の国司の末裔で、中世には飾東郡志深荘(兵庫県姫路市)に政所を置いて、国政を見ていたという。1609年に姫路城主の池田輝政から城下本町に屋敷を拝領し、以後藩主が替わっても代々姫路町の大年寄をつとめた。

・ 田結庄(たいのしょう)

・ 寄神(よりがみ): 神戸市周辺に多く見られる。寄神とは海上から漂着した神のこと。淡路市の産土神貴船神社は通称寄神神社といい、近くには寄神という浜辺もあり、これに因むか?


■ 1位: 田中(たなか): 兵庫県の田中家
# 県内の11市町で最多姓。

■ 2位: 山本(やまもと): 兵庫県の山本家
# 神戸市など9市町で最多姓。

■ 3位: 井上(いのうえ): 兵庫県の井上家
# 中世、兵庫県内にいた播磨国の井上氏は信濃国の井上氏の分家で、信濃国高井郡井上(長野県須坂市)をルーツとし、清和源氏の頼信流。井上正貞が播磨国福井荘を領したのが祖。江戸時代には旗本。【出典
# 福岡県と並び、井上が多い県である。特に、東播磨地区と但馬地区に多く、小野市では最多姓。【出典

■ 4位: 松本(まつもと): 兵庫県の松本家
# 兵庫県内では、但馬北部を除いて広く分布し、高砂市では最多姓。

■ 5位: 藤原(ふじわら、ふじはら)
# 特に、県の中央部に多く、旧黒田庄町(西脇市)では1/7が藤原姓だった。【出典
# 兵庫県は藤原姓の多い県で、特に県の中央部に多い。兵庫県では圧倒的に「ふじわら」読み。【出典

■ 6位: 小林(こばやし): 兵庫県の小林家
# 兵庫県内では淡路島を除き広く分布する。【出典

■ 7位: 中村(なかむら): 兵庫県の中村家
# 兵庫県内では但馬地区に多い。 

■ 8位: 吉田(よしだ): 兵庫県の吉田家
# 近畿地方と東北地方を中心に全国に分布し、兵庫県内では県の中央部に多く見られる。【出典

■ 9位: 前田(まえだ、まえた)
# 比較的西日本に多く、実数では兵庫県が1位。【出典
# 兵庫県内では、全域にまんべんなく分布し、比較的西播磨に多く、たつの市と赤穂市では2位。それに対して、但馬南部や淡路北部には少ない。【出典
# 落語家の二代目桂枝雀(本名:前田達)は神戸市の出身。

■ 10位: 山田(やまだ): 兵庫県の山田家
# 兵庫県内では全域にほぼまんべんなく分布する。【出典
# タレントで大阪府知事を務めた横山ノック(山田勇)は神戸市の出身。

■ 11位: 橋本(はしもと): 兵庫県の橋本家
# 兵庫県内では全域にほぼまんべんなく分布するが、比較的尼崎市や養父市に多い。【出典

■ 12位: 藤本(ふじもと): 兵庫県の藤本家
# 兵庫県内では、東播磨の北部を中心に、東播磨の南部から神戸市西区にかけて多く見られる。【出典

■ 13位: 岡本(おかもと): 兵庫県の岡本家
# 地名由来が多く、各地にみられる。
# 兵庫県内にはまんべんなく分布しているが、比較的西播磨に多く、神崎郡市川町では最多姓。【出典

■ 14位: 山口(やまぐち)
# 地名姓。

■ 15位: 高橋(たかはし)
# 地名姓。

■ 16位: 大西(おおにし): 兵庫県の大西家

■ 17位: 岡田(おかだ): 兵庫県の岡田家
# 兵庫県内では広く分布するが、西播磨の宍粟市などにまとまってみられる。

■ 18位: 藤田(ふじた)
# 兵庫県内では、東播磨に多い。【出典
# 藤田を旧仮名遣いで書くと「フヂタ」。一般的に濁点は書かないので、「フチタ(縁田)」で水田地帯の縁に位置した田のこと。【出典
# 武蔵七党の猪俣党の藤田氏は承久の乱後に、淡路国津名郡塩田荘(兵庫県津名町)に地頭となって転じた。【出典

■ 19位: 山下(やました)
# 兵庫県内ではほぼまんべんなく分布する。出典

■ 20位: 藤井(ふじい)
# 兵庫県内では、日本海側には少なく、摂津播磨に多い。【出典

■ 21位: 村上(むらかみ): 兵庫県の村上家
# 兵庫県内では、西脇市、丹波市、養父市にまとまってみられる。【出典

■ 22位: 西村(にしむら): 兵庫県の西村家
# 兵庫県内では但馬地区に多く見られる。【出典

■ 23位: 林(はやし): 兵庫県の林家
# 兵庫県内ではまんべんなくみられ、特に宍粟市の旧千種町に多く見られる。出典

■ 24位: 清水(しみず)
# 兵庫県内では、朝来市の旧朝来町、丹波市の旧山南地区や宍粟市に多く見られる。
※ 山間部に多いと書いてあるが、たしかに清水が湧き出るのは一般には山間部ですね。

■ 25位: 上田(うえだ)
# 兵庫県内では、北部に多く、特に香美町と丹波市の旧柏原町に多い。

■ 26位: 木村(きむら)
# 兵庫県内ではまんべんなくみられ、特に市川町、朝来市の旧山東町に多い。

■ 27位: 森(もり)
# 地形姓
# 兵庫県内では、まんべんなく分布し、特に姫路市の家島諸島と淡路島北部にまとまってみられる。

■ 28位: 佐藤(さとう): 兵庫県の佐藤家
# 兵庫県内では、但馬地区に多く見られる。

■ 29位: 伊藤(いとう): 兵庫県の伊藤家
# 兵庫県内では、各地にみられるが、豊岡市の旧竹野町に多く見られる。

■ 30位: 足立(あだち)
# 山陰地方から近畿地方にかけてと、大分県や岐阜県に多い。
# 足立氏の祖といえる足立遠元は、平治の乱で源義朝に仕え、後に頼朝に仕え、鎌倉幕府の御家人となった。孫の遠政は承久の乱後に丹波国氷上郡佐治郷(兵庫県丹波市)を与えられ、丹波の足立氏の祖となった。
# 県の南部には少ないが、丹波市では最多姓で、その周辺に多い。源頼朝が挙兵した際に、足立遠元が頼朝に仕え、孫の遠政が丹波国氷上郡佐治郷(兵庫県丹波市)を与えられたのが祖。【出典

■ 31位: 池田(いけだ): 兵庫県の池田家
# 兵庫県内では、まんべんなくみられ、養父市の旧八鹿町や姫路市の家島に多く見られる。出典

■ 32位: 森本(もりもと): 兵庫県の森本家
# 兵庫県内では、比較的北部に多く見られる。

■ 33位: 長谷川(はせがわ)
# 兵庫県内では、東播磨に多く見られ、加古川市や高砂市に多い他、たつの市の旧新宮町や豊岡市の旧日高町に多い。【出典

■ 34位: 渡辺(わたなべ): 兵庫県の渡辺家
# 兵庫県内では、豊岡市の旧但東町、宍粟市の旧波賀町、姫路市の旧香寺町に多く見られる。【出典

■ 35位: 谷口(たにぐち)
# 兵庫県内では、姫路市の旧安富町では最多姓。隣接する宍粟市の旧山崎町では2位。西播磨北部から但馬地区にかけて多く見られる。【出典

■ 36位: 岸本(きしもと): 兵庫県内の岸本家
# 兵庫県内では播磨東部から丹波地区にかけてまとまってみられ、旧東条町(加東市)では2位、加古川市や篠山市にも多く見られる。また、岡山県北部の津山市付近や、鳥取県東部にも多い。【出典

■ 71位: 石井(いしい)
# 兵庫県内では、まんべんなくみられる。【出典

■ 92位: 青木(あおき)
# 摂津国麻田藩主の青木家は武蔵国をルーツとし、武蔵七党の丹党の一族という。【出典
# 兵庫県内では丹波市にまとまってみられる。【出典

■ 96位: 今井(いまい)
# 兵庫県内では、県北部の但馬地区に多く見られる。【出典

■ 102位: 石原(いしはら)
# 地名姓で、各地にルーツがある。播磨の石原氏は多可郡石原(兵庫県西脇市)発祥か。【出典
# 兵庫県内では、広く分布する。【出典

■ 123位: 荒木(あらき): 兵庫県の荒木家
# 兵庫県内では、姫路市以東に多く見られる。特に丹波市の旧市島町と姫路市の旧家島町にまとまってみられる。【出典

■ 136位: 阿部(あべ) 
# 古代豪族の安倍氏の末裔で、「安部」「安倍」などと同族。「あべ」の名字では「阿部」が一番多い。【出典
# 兵庫県内では、淡路島から阪神地区にまとまってみられ、旧南淡町(兵庫県南あわじ市)では最多姓。【出典

■ 137位: 石川(いしかわ)
# 兵庫県内では、姫路市から阪神地区にかけて多く見られる。【出典

■ 152位: 赤松(あかまつ): 兵庫県の赤松家
# 関西地方から、山陽・北四国に広がる名字で、播磨国赤穂郡赤松(兵庫県赤穂郡上郡町赤松)をルーツとする。【出典

■ 164位: 東(あずま)
# 「東」には、「あずま」「ひがし」の二通りの読み方があるが、全国的には「ひがし」読みが多いが、兵庫県内では71%が「あずま」読み。尼崎市や淡路島に多く見られる。【出典

■ 171位: 芦田(あしだ)
# 丹波地方の名字で、丹波市と京都府福知山市にまとまってみられる。【出典

■ 295位: 青山(あおやま): 兵庫県の青山家
# 全国にみられるが、とくに愛知県、北海道、東京都などに多い。

# 篠山藩主の青山家や、摂津三田藩士の青山家などがある。もとは志摩国答志郡の国人で、南北朝時代から和具城(三重県志摩市志摩町)に撚った。江戸時代には三田藩士。【出典
# 兵庫県内ではまんべんなく見られるが、比較的阪神地区や豊岡市に多く見られる。【出典

■ 326位: 笹倉(ささくら)
# 兵庫県の名字。西脇市周辺にまとまって見られる。【出典


■ 藍(あい): 兵庫県の藍家

■ 青田(あおた)
# 兵庫県と福島県にまとまってみられる。【出典
# 兵庫県内では、姫路市と神崎郡に半数以上がまとまってみられる。【出典

■ 赤井(あかい): 兵庫県の赤井家
# 関西地方と鳥取県に多く見られ、兵庫県内では丹波地区にまとまってみられる。【出典

■ 明石(あかし)

■ 芥田(あくた): 兵庫県の芥田家   

■ 浅野(あさの): 兵庫県の浅野家

■ 安宅(あたか、あたぎ)
# 関西地方や北陸地方に多く見られる。兵庫県内では、淡路と阪神地区に多く見られる。【出典

■ 安達(あだち、あんだち、あんだつ): 兵庫県内では、丹波市を中心に、1/6ほどが「あんだち」「あんだつ」と読む。【出典

■ 綾部(あやべ): 兵庫県の綾部家
# 兵庫県内では、朝来市と太子町に多く見られる。【出典

■ 新井(あらい): 兵庫県内の新井家
# 関東地方に多く見られる。【出典
# 兵庫県内では、姫路市から阪神地方にかけて多く見られる。【出典

■ 有田(ありた)
# 播磨国多可郡の野間城(兵庫県多可郡多可町八千代区)の城主に有田氏がいた。村上源氏の赤松氏の庶流で、「在田」とも書いた。戦国時代に落城したが、落城年には諸説あって不詳。【出典
# 現在も兵庫県多可郡多可町に多く見られる。【出典

■ 有馬(ありま) 
# 兵庫県内では、摂津国有馬郡有馬(兵庫県神戸市北区)をルーツとする有馬氏がある。赤松氏の一族で、義祐が有馬荘の地頭になって有馬氏を称した。室町時代には足利将軍家の近習を務めた。戦国時代、三好氏が台頭すると三好氏に従い、織田信長の上洛後には信長に仕えた。嫡流は滅亡したが、庶流の出の則頼が織田信長、豊臣秀吉に仕え、1620年には筑後久留米藩21万石の藩主になった。現在は兵庫県内に広く見られる。【出典

■ 生島(いくしま): 兵庫県の生島家
# 兵庫県内では、現在も阪神地区に多く見られる。【出典

■ 池田(いけだ): 兵庫県の池田家

■ 生駒(いこま): 兵庫県の生駒家

■ 石上(いしがみ)
# 古代豪族の石上(いそのかみ)氏の子孫か。東海地方から関東地方南部にかけて多く見られ、とくに静岡県中部にまとまってみられる。【出典
# 兵庫県内では淡路島に多く見られ、淡路市の旧一宮町では最多姓。【出典】 

■ 石橋(いしばし): 兵庫県の石橋家

■ 伊丹(いたみ)

■ 稲田(いなだ): 兵庫県の稲田家

■ 稲津(いなづ)
# 兵庫県朝来市和田山町周辺に多く見られる。但馬国養父郡稲津(兵庫県)をルーツとする。日下部俊宗の子の光家が稲津氏を称したのが祖。【出典

■ 猪子(いのこ)

■ 上村(うえむら、かみむら): 兵庫県の上村家

■ 内海(うつみ): 兵庫県の内海家

■ 小笠原(おがさわら): 兵庫県の小笠原家

■ 奥藤(おくとう): 兵庫県の奥藤家: 播磨国赤穂(兵庫県赤穂市)の豪商。江戸時代には大庄屋。 
# 兵庫県朝来市にまとまってみられる。
# 兵庫県の奥藤(おくとう)家: 播磨国赤穂郡坂越村(兵庫県赤穂市坂越)の豪商。644年に秦河勝が蘇我入鹿に追われた際に、坂越浦で河勝を迎えたという伝承を持つ旧家。戦国時代に商人に転じ、1601年には酒造業を始めた。江戸時代には坂越浦で廻船問屋を経営した他、地主として土地の集積も行い、大庄屋でもあった。【出典

■ 長部(おさべ): 兵庫県の長部(おさべ)家: 灘の酒造家。元は摂津国今津村(兵庫県西宮市)で大坂屋を号した干鰯商を営み、1711年に初代の長兵衛が酒造業を創業した。1764年に4代目の文次良の時に銘酒「万両」が登場、寛政年間には江戸との取引を始め、1805年には今津村南組庄屋となった。1811年に5代目長兵衛の時から「長部」の名字を名乗った。のちの大関酒造。【出典

■ 織田(おだ): 兵庫県の織田家

■ 小畑(おばた、こばた): 全国的には大半が「おばた」読みだが、兵庫県内では4割弱が「こばた」読み。【出典

■ 加藤(かとう): 兵庫県の加藤家

■ 金川(かながわ): 兵庫県の金川(かながわ)家: 播磨国印南郡天下原村(兵庫県加古川市)の豪商。代々木綿商を営んだ。文化年間に甚左衛門が、姫路藩の家老の河合道臣(寸翁)と図って、それまで大坂に集められていた播磨国産の木綿を直接江戸に売るように改め、加古川の河原に木綿の晒し場を設けて玉川晒と称して販売した。その功績で苗字帯刀を許された。【出典

■ 嘉納(かのう): 兵庫県の嘉納家

■ 河合(かわい): 兵庫県の河合家

■ 河本(かわもと、こうもと): 全国の約3/4は「かわもと」読みだが、兵庫県では「こうもと」読みが約4割と多い。ちなみに岡山県では9割近くが「こうもと」読みで、兵庫県西部ではその影響を受けていると思われる。出典

■ 来住(きし): 兵庫県の来住家: 播磨国多可郡西脇(兵庫県西脇市)の豪農。 
# 兵庫県西脇市にまとまってみられる。

■ 岸本(きしもと): 兵庫県の岸本家
# 全国に分布するが、比較的兵庫県や大阪府に多い。

■ 北風(きたかぜ): 兵庫県の北風家: 摂津国兵庫(兵庫県神戸市)の豪商。孝元天皇の曾孫の彦也須命の末裔という。南北朝時代には南朝に属し、北風の強い日に足利尊氏の船を焼いたとして、新田義貞から軍忠状を賜り、「喜多風」と改姓、後に「北風」とした。のちに、海運業者となり、江戸時代には加賀藩の要請で北前航路を開いた。
 
・ 摂津国八部郡兵庫(神戸市)の豪商。第八代孝元天皇の曾孫の彦也須命の末裔と伝える旧家で、南北朝時代には南朝に属し、北風の強い日に足利尊氏の軍船を焼いたことで、新田義貞の軍忠状を賜り、以後「喜多風」と改称、後に「北風」に改めた。以後、代々、兵庫に住んで七家に分かれ、江戸時代には加賀藩の要請で北前航路を開き、兵庫随一の北前問屋となった。幕末に北前家を継いだ正造は、母が有栖川宮家の老女だったことから、勤王派を助け、明治維新後は私財を投じて治安維持につとめたが、1885年に破産した。【出典
 
# 近畿地方にまとまってみられ、兵庫県内では姫路市にまとまってみられる。

■ 喜多野(きたの): 兵庫県の喜多野家

■ 京極(きょうごく): 兵庫県の京極家

■ 九鬼(くき): 兵庫県の九鬼家

■ 工楽(くらく): 兵庫県の工楽(くらく)家: 播磨国印南郡高砂(兵庫県高砂市)の旧家。江戸時代中期の船頭御影屋松右衛門が祖。松右衛門帆を発明したことで知られる。1791年に択捉島に波止場を築造した功績で「工夫を楽しむ」という意味で「工楽」の名字を賜った(誰から?)。【出典

■ 国府寺(こうでら): 兵庫県の国府寺家: 姫路城下の豪商。播磨国国司末裔。【出典】 

・ 姫路城下(兵庫県姫路市)を代表する豪商。播磨国の国司の末裔で、中世には飾東郡志深荘(兵庫県姫路市)に政所をおいて国政をみたという。同地は代々国府寺家が所領し、江戸時代には国府寺村と呼ばれた。1609年に姫路城主の池田輝政から城下本町に屋敷を拝領し、以後藩主が変わっても代々姫路町の大年寄をつとめた。祝賀の際には町人の惣代として藩主に伺候し、1752年には苗字帯刀を許された。1773年には藩から50石10人扶持を与えられた。【出典

■ 児島(こじま): 兵庫県の児島家: 姫路城下の豪商で、紅粉屋を号した。【出典】 

■ 小西(こにし): 兵庫県の小西家

■ 近藤(こんどう): 兵庫県の近藤家

■ 三枝(さえぐさ)
# 全国的には「さえぐさ」読みが過半数で、ついで「さいぐさ」読みで、「みえだ」読みは1割強。しかし、兵庫県や栃木県では「みえだ」読みが過半数をしめ、特に姫路市や三木市ではその傾向が強い。【出典

■ 酒井(さかい): 兵庫県の酒井家

■ 桜井(さくらい): 兵庫県の桜井家

■ 下山(しもやま): 兵庫県の下山家: 摂津国川辺郡木器村(兵庫県三田市木器)の豪商。祖は武士で源満仲に仕えた。【出典】 

■ 進藤(しんどう): 兵庫県の進藤家: 兵庫県朝来市の旧家。

■ 杉本(すぎもと): 兵庫県の杉本家

■ 仙石(せんごく): 兵庫県の仙石家

■ 建部(たけべ): 兵庫県の建部家: 播磨国林田藩主明治維新後には子爵。【出典】 

・ 播磨林田(兵庫県姫路市)藩主。宇多源氏佐々木氏の末裔と言うが不詳。寿徳(高光)が織田信長に仕えて近江守山で500石を領したのが祖。子の光重は関ヶ原の合戦で西軍に属したが、養父の池田輝政の請いで許された。その子の政長は大坂の陣で功をあげ、1615年に摂津国川辺・西成両郡で1万石を与えられて大名となり、尼崎藩を立藩した。1617年に播磨林田に移されて林田藩となった。明治時代には子爵。【出典

■ 田淵(たぶち): 兵庫県の田淵家

■ 辰馬(たつま): 兵庫県の辰馬家: 西宮の酒造家。【出典】  

・ 兵庫県の辰馬(たつうま)家: 西宮市の豪商。灘の銘酒の「白鹿」の醸造元。1666年に酒造業を始めたという旧家で、代々吉左衛門を名乗った。幕末には西宮を代表する豪商となり、分家の北辰馬家は清酒「白鷹」の醸造元である。【出典

■ 津田(つだ): 兵庫県の津田家

■ 田(でん): 兵庫県の田家

■ 友井(ともい): 兵庫県の友井家: 丹波国氷上郡阿草村(兵庫県丹波市山南町阿草)の旧家。江戸時代には年寄を務めた。【出典】  

■ 長島(ながしま): 兵庫県の長島家: 但馬国養父郡小城村(兵庫県養父市小城)の豪農。【出典】  

■ 永富(ながとみ): 兵庫県の永富家: 播磨国揖西郡新在家(兵庫県たつの市揖保川町新在家)の旧家。伊賀国の出。【出典】  

■ 那波(なは): 兵庫県の那波家

■ 西坂(にしざか): 兵庫県の西坂家: 丹波国篠山城下の豪商。【出典

■ 丹羽(にわ): 兵庫県の丹羽家

■ 箱木(はこぎ): 兵庫県の箱木家: 摂津国八部郡山田荘衝原村(兵庫県神戸市北区山田町衝原)の旧家で藤原姓。江戸時代には帰農し、庄屋を務めた。【出典】  

・ 摂津国八部郡山田荘衡原村(兵庫県神戸市北区山田町)で「千年家」と呼ばれた旧家。藤原氏の出と言う。中世は山田荘の地侍で衡原氏を称し、戦国時代に衡原与一左衛門藤豊が別所氏に属し、豊臣秀吉との戦いに際し三木城で討ち死にした。江戸時代には帰農し、箱木家を称して代々庄屋を務めた。【出典

■ 一柳(ひとつやなぎ): 兵庫県の一柳(ひとつやなぎ)家

■ 広峯(ひろみね): 兵庫県の広峯家: 姫路市の広峯神社の神職。【出典

■ 別所(べっしょ): 兵庫県の別所家

■ 本多(ほんだ): 兵庫県の本多家

■ 松平(まつだいら): 兵庫県の松平家

■ 円尾(まるお): 兵庫県の円尾家

■ 三木(みき): 兵庫県の三木家

■ 森(もり): 兵庫県の森家

■ 森田(もりた): 兵庫県の森田家

■ 八木(やぎ): 兵庫県の八木家

■ 安福(やすふく): 兵庫県の安福家

■ 八瀬(やせ): 兵庫県の八瀬家

■ 山名(やまな): 兵庫県の山名家

■ 山邑(やまむら): 兵庫県の山邑家: 摂津国兎原郡魚崎村(神戸市灘区)の酒造家。「桜正宗」の醸造元。1717年に伊丹荒牧で荒牧屋を号して酒造業を創業。大坂・伝法を経て、幕末には魚崎に転じた。1867年に兵庫開港に伴う兵庫商社設立に際しては、山邑太左衛門が世話役として参加するなど、灘五郷を代表する蔵元だった。【出典

■ 脇坂(わきさか): 兵庫県の脇坂家


■ 兵庫県の地名をルーツとする名字

■ 近畿地方の名字の特徴

■ 兵庫県の名字の読みの特徴

統計表示