兵庫県の名字の特徴
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 各都道府県の名字Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 兵庫県の県名の由来 ・ 兵庫県の難読地名・珍地名 ・ 兵庫県の地名集

★ 兵庫県の名字の特徴

# 兵庫県は昔の「摂津」「但馬」「播磨」「丹後」「淡路」の五国が一緒になっているため、兵庫県全域に共通する傾向は見られない。

# 兵庫県をルーツとする名字には、上郡町を本拠地とした「赤松」があり、一族には「別所」「宇野」「上月(こうづき)」「広岡」「福原」氏がある。

# 兵庫県内の地名をルーツとする名字: 赤松、有馬、宇野、神吉、上月、別所、水田。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

【地域別の特徴】

# 神戸・阪神地区
・ 神戸市と芦屋市では山本が最多姓。その他の市町では田中が最多姓。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

# 東播磨地区
・ この地域でも田中と山本が多い。東播磨を代表する名字に藤原があり、西脇市、三木市、加東市では最多姓。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

# 西播磨地区
・ 山本が多い傾向は兵庫県全体と同じだが、三木、黒田、後藤などが多い。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

# 但馬地区
・ 南部と北部で名字の構成がやや違う。南部は丹波地区と共通する名字が多く、朝来市では足立が最多姓。北部では「〜垣」の名字が目立つ。西垣、谷垣など。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

# 丹波地区
・ 京都府北部と共通する名字が多い。篠山市では酒井が最多姓。丹波市では足立が最多姓。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

# 淡路地区
・ 島と言っても本土とほとんど離れていないため、島特有の独特の名字構成は見られない。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

【兵庫県らしい名字】

# 

・ 兵庫県特有の名字集

■ 兵庫県の特徴的名字: 室井、船越、阪上、宇野、丸尾、安宅、内海、魚住、室賀、波々伯部(ははかべ)。【姓氏苗字事典 丸山浩一著・金園社刊】  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 1位: 田中(たなか): 兵庫県の田中家
# 県内の11市町で最多姓。

■ 2位: 山本(やまもと): 兵庫県の山本家
# 神戸市など9市町で最多姓。

■ 3位: 井上(いのうえ): 兵庫県の井上家
# 中世、兵庫県内にいた播磨国の井上氏は信濃国の井上氏の分家で、信濃国高井郡井上(長野県須坂市)をルーツとし、清和源氏の頼信流。井上正貞が播磨国福井荘を領したのが祖。江戸時代には旗本。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# 福岡県と並び、井上が多い県である。特に、東播磨地区と但馬地区に多く、小野市では最多姓。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 4位: 松本(まつもと): 兵庫県の松本家
# 兵庫県内では、但馬北部を除いて広く分布し、高砂市では最多姓。

■ 5位: 藤原(ふじわら、ふじはら)
# 特に、県の中央部に多く、旧黒田庄町(西脇市)では1/7が藤原姓だった。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# 兵庫県は藤原姓の多い県で、特に県の中央部に多い。兵庫県では圧倒的に「ふじわら」読み。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 6位: 小林(こばやし): 兵庫県の小林家
# 兵庫県内では淡路島を除き広く分布する。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 7位: 中村(なかむら): 兵庫県の中村家
# 兵庫県内では但馬地区に多い。 

■ 8位: 吉田(よしだ)
# 近畿地方と東北地方を中心に全国に分布し、兵庫県内では県の中央部に多く見られる。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# 兵庫県の吉田家

■ 9位: 前田(まえだ、まえた)
# 比較的西日本に多く、実数では兵庫県が1位。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# 兵庫県内では、全域にまんべんなく分布し、比較的西播磨に多く、たつの市と赤穂市では2位。それに対して、但馬南部や淡路北部には少ない。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# 落語家の二代目桂枝雀(本名:前田達)は神戸市の出身。

■ 10位: 山田(やまだ): 兵庫県の山田家
# 兵庫県内では全域にほぼまんべんなく分布する。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# タレントで大阪府知事を務めた横山ノック(山田勇)は神戸市の出身。

■ 11位: 橋本(はしもと): 兵庫県の橋本家
# 兵庫県内では全域にほぼまんべんなく分布するが、比較的尼崎市や養父市に多い。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 12位: 藤本(ふじもと): 兵庫県の藤本家
# 兵庫県内では、東播磨の北部を中心に、東播磨の南部から神戸市西区にかけて多く見られる。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 13位: 岡本(おかもと): 兵庫県の岡本家
# 地名由来が多く、各地にみられる。
# 兵庫県内にはまんべんなく分布しているが、比較的西播磨に多く、神崎郡市川町では最多姓。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 14位: 山口(やまぐち)
# 地名姓。

■ 15位: 高橋(たかはし)
# 地名姓。

■ 16位: 大西(おおにし): 兵庫県の大西家

■ 17位: 岡田(おかだ): 兵庫県の岡田家

■ 18位: 藤田(ふじた)
# 兵庫県内では、東播磨に多い。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# 藤田を旧仮名遣いで書くと「フヂタ」。一般的に濁点は書かないので、「フチタ(縁田)」で水田地帯の縁に位置した田のこと。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】
# 武蔵七党の猪俣党の藤田氏は承久の乱後に、淡路国津名郡塩田荘(兵庫県津名町)に地頭となって転じた。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 19位: 山下(やました)
# 兵庫県内ではほぼまんべんなく分布する。 【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 20位: 藤井(ふじい)
# 兵庫県内では、日本海側には少なく、摂津播磨に多い。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 21位: 村上(むらかみ): 兵庫県の村上家

■ 22位: 西村(にしむら): 兵庫県の西村家
# 兵庫県内では但馬地区に多く見られる。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 23位: 林(はやし): 兵庫県の林家
# 兵庫県内ではまんべんなくみられ、特に宍粟市の旧千種町に多く見られる。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 24位: 清水(しみず)
# 兵庫県内では、朝来市の旧朝来町、丹波市の旧山南地区や宍粟市に多く見られる。
※ 山間部に多いと書いてあるが、たしかに清水が湧き出るのは一般には山間部ですね。

■ 25位: 上田(うえだ)
# 兵庫県内では、北部に多く、特に香美町と丹波市の旧柏原町に多い。

■ 26位: 木村(きむら)
# 兵庫県内ではまんべんなくみられ、特に市川町、朝来市の旧山東町に多い。

■ 27位: 森(もり)
# 地形姓
# 兵庫県内では、まんべんなく分布し、特に姫路市の家島諸島と淡路島北部にまとまってみられる。

■ 28位: 佐藤(さとう): 兵庫県の佐藤家
# 兵庫県内では、但馬地区に多く見られる。

■ 29位: 伊藤(いとう): 兵庫県の伊藤家
# 兵庫県内では、各地にみられるが、豊岡市の旧竹野町に多く見られる。

■ 30位: 足立(あだち)
# 山陰地方から近畿地方にかけてと、大分県や岐阜県に多い。
# 足立氏の祖といえる足立遠元は、平治の乱で源義朝に仕え、後に頼朝に仕え、鎌倉幕府の御家人となった。孫の遠政は承久の乱後に丹波国氷上郡佐治郷(兵庫県丹波市)を与えられ、丹波の足立氏の祖となった。
# 県の南部には少ないが、丹波市では最多姓で、その周辺に多い。源頼朝が挙兵した際に、足立遠元が頼朝に仕え、孫の遠政が丹波国氷上郡佐治郷(兵庫県丹波市)を与えられたのが祖。
【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】


■ 青山(あおやま): 兵庫県の青山家
# 全国にみられるが、とくに愛知県、北海道、東京都などに多い。

■ 赤井(あかい): 兵庫県の赤井家

■ 赤松(あかまつ): 兵庫県の赤松家

■ 芥田(あくた): 兵庫県の芥田家
# 静岡県や宮崎県にまとまってみられる。

■ 浅野(あさの): 兵庫県の浅野家

■ 安達(あだち、あんだち、あんだつ)
# 兵庫県内では、丹波市を中心に、1/6ほどが「あんだち」「あんだつ」と読む。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 生島(いくしま): 兵庫県の生島家: 摂津国神戸村(兵庫県神戸市)の旧家。

■ 池田(いけだ): 兵庫県の池田家

■ 石橋(いしばし): 兵庫県の石橋家

■ 稲田(いなだ): 兵庫県の稲田家

■ 上村(うえむら、かみむら): 兵庫県の上村家: 姫路市の旧家で庄屋を務めた。

■ 内海(うつみ): 兵庫県の内海家
# 全国に分布する。

■ 小笠原(おがさわら): 兵庫県の小笠原家

■ 奥藤(おくとう): 兵庫県の奥藤家
# 兵庫県朝来市にまとまってみられる。

■ 小畑(おばた、こばた)
# 全国的には大半が「おばた」読みだが、兵庫県内では4割弱が「こばた」読み。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 加藤(かとう): 兵庫県の加藤家

■ 嘉納(かのう): 兵庫県の加納家

■ 河合(かわい): 兵庫県の河合家

■ 河本(かわもと、こうもと)
# 全国の約3/4は「かわもと」読みだが、兵庫県では「こうもと」読みが約4割と多い。ちなみに岡山県では9割近くが「こうもと」読みで、兵庫県西部ではその影響を受けていると思われる。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 来住(きし): 兵庫県の来住家
# 兵庫県西脇市にまとまってみられる。

■ 岸本(きしもと): 兵庫県の岸本家
# 全国に分布するが、比較的兵庫県や大阪府に多い。

■ 北風(きたかぜ): 兵庫県の北風家
# 近畿地方にまとまってみられ、兵庫県内では姫路市にまとまってみられる。

■ 喜多野(きたの): 兵庫県の喜多野家
# 関東地方から中部地方にかけて点在する。

■ 京極(きょうごく): 兵庫県の京極家

■ 九鬼(くき): 兵庫県の九鬼家

■ 国府寺(こうでら): 兵庫県の国府寺家

■ 児島(こじま): 兵庫県の児島家

■ 小西(こにし): 兵庫県の小西家

■ 近藤(こんどう): 兵庫県の近藤家

■ 三枝(さえぐさ)
# 全国的には「さえぐさ」読みが過半数で、ついで「さいぐさ」読みで、「みえだ」読みは1割強。しかし、兵庫県や栃木県では「みえだ」読みが過半数をしめ、特に姫路市や三木市ではその傾向が強い。【兵庫県の名字 森岡浩 神戸新聞総合出版センター】

■ 酒井(さかい): 兵庫県の酒井家

■ 桜井(さくらい): 兵庫県の桜井家

■ 下山(しもやま): 兵庫県の下山家

■ 進藤(しんどう): 兵庫県の進藤家: 兵庫県朝来市の旧家。

■ 杉本(すぎもと): 兵庫県の杉本家

■ 仙石(せんごく): 兵庫県の仙石家

■ 建部(たけべ): 兵庫県の建部家

■ 辰馬(たつま): 兵庫県の辰馬家

■ 田(でん): 兵庫県の田家

■ 友井(ともい): 兵庫県の友井家

■ 長島(ながしま): 兵庫県の長島家

■ 永富(ながとみ): 兵庫県の永富家

■ 那波(なは): 兵庫県の那波家

■ 西坂(にしざか): 兵庫県の西坂家: 丹波国篠山城下の豪商。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 丹羽(にわ): 兵庫県の丹羽家

■ 箱木(はこぎ): 兵庫県の箱木家

■ 一柳(ひとつやなぎ): 兵庫県の一柳(ひとつやなぎ)家

■ 広峯(ひろみね): 兵庫県の広峯家: 姫路市の広峯神社の神職。【近畿地方の名字の秘密 森岡浩 洋泉社】

■ 別所(べっしょ): 兵庫県の別所家

■ 本多(ほんだ): 兵庫県の本多家

■ 松平(まつだいら): 兵庫県の松平家

■ 三木(みき): 兵庫県の三木家

■ 森(もり): 兵庫県の森家

■ 森田(もりた): 兵庫県の森田家

■ 八木(やぎ): 兵庫県の八木家

■ 山名(やまな): 兵庫県の山名家

■ 脇坂(わきさか): 兵庫県の脇坂家


■ 兵庫県の地名をルーツとする名字

■ 近畿地方の名字の特徴

■ 兵庫県の名字の読みの特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示