戦国時代・戦国大名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 用語集の索引集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 戦国時代・戦国大名

# 戦国時代とは: 室町時代後期、応仁・文明の乱(1467〜1477年)から織田信長による政権の確立する頃(1570年前後)の約100年間を指すことが主である。これは、室町幕府の弱体化によって下剋上が生じ、従来の守護領国制に代わって各地に新たに台頭した戦国大名によって新しい大名領国制が形成された時代である。しかし、戦国時代の終焉は地域によって微妙に異なる。【出典

# 戦国時代が終わると、国衆層本貫から切り離されて大名の一家臣になるか、本貫地で帰農するかの選択を余儀なくされた。そして、このときに帰農した武士は江戸時代には庄屋名主として、江戸幕府の農村支配組織に組み込まれることが多かった。そして、明治時代になると地元の代表として議員を務めることが多く、その影響力は現代まで続くこともある。【出典】 

# 戦国大名とは
 丸島和洋氏の提起した戦国大名の定義【出典
 ー篠幕府・朝廷・鎌倉幕府・旧守護家をはじめとする伝統的上位権力を「名目的に」奉載(ほうたい)・尊重する以外は、他の権力に従属しない。
◆\治・外交・軍事行動を独自の判断で行う。
 自己の個別領主権を超えた地域を一円支配した「領域権力」を形成する。これは、周辺緒領主を新たに「家中」と呼ばれる家臣団組織に組み込むことを意味する。
ぁ〇拉枸琉茲蓮△おむね一国以上を想定するが、数郡レベルの場合もある。陸奥や近江のように、一国支配を定義用件とすることが適当でない地域が存在することによる。

統計表示