地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 県名の由来 & 県の特徴 & 県民性
地名は生きている 自然物名
地名の歴史と雑学  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「人名」「地名」の由来は諸説有る場合があります。以下のものはその一つということで。

■ 地名とは何か?柳田国男の「地名の研究」によると、「地名とは二人以上が共に使える符号」。 

■ 地名は、発生以来、転訛・転字など、複雑多岐な伝承を経てきた古語の化石である。【日本地名学を学ぶ人のために 吉田金彦・糸井通浩 世界思想社】

■ 地名とは
・ 地名学の重鎮の吉田東伍は以下のように書いている。
 |鰐召賄城造垢襪發里任△襪海函
◆|鰐召牢岨表記され、その用法が多岐に互る事。
 地名はどうして起こるかの起因論。
ぁ|鰐召砲聾教舛藩獲茲あること。
ァ|鰐召里發超界と性格を論じなければならない事。
Α|鰐召論治的な沿革をもつと言うこと。
【日本地名学を学ぶ人のために 吉田金彦・糸井通浩 世界思想社】

※ ちなみに、名字や地名、こういったときには結構役に立つもんですよ。

 

掲載地名一覧表

★ 地名の由来

 地名の由来には様々なものがある。

# 地形説: 「河」 ・ 「野」 ・ 「山」 ・ 「谷」 など。

# アイヌ語説

# 災害地名説

# 渡来人説

# その他

・ 人名由来の地名

・ 時の権力者が名づけた地名

・ 合成地名

・ 外国由来の地名

・ 職業由来の地名

・ 短縮地名

・ 地名由来の地名

・ 自然物名

# 万葉集に掲載されている地名は千数百で、その八割は今も残っている。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

# 地名が出来た要因の一つに地形がある。例えば、東京の地形を区分すると山の手台地と下町低地に分けられ、それは日本の国土に共通するものがある。そして、山の手台地にはそれなりの地名が生まれ、下町低地にもそれなりの地名が生まれた。東京の地名集

 名字の由来の約7割は地名由来と言われるが、その地名の由来のどの程度が地形に由来するのだろう。感じとしてはかなり多くの割合を占めるのではないだろうか。

# 特に地形を表す地名には、いわゆる災害地名という物があります。こういった災害地名を心得ておけば、いざというときの災害リスクを軽減できる場合もあるので非常に重要です。

# 柳田國男の「地名の研究」の中で、著者は「吾々の祖先は、早くから好字(こうじ)を用いよ嘉名(かめい)を附けよという勅令を遵奉(じゅんぽう)して、二字繋がった漢字、仮名で数えても三音節、ないし五六音節までの地名を附けねばならなかった(中略)日本の地名の意味が分かりにくいのは、一つは法令の結果だろうと思う。」と書いている。
 そのために、角川日本地名大辞典などをみると、昔は色々の漢字で書かれていたというケースも多い。従って、地名本来のもつ意味がわからなくなっていることも多いんだよなぁ。

・ 一例だが、神奈川県鎌倉市の「鎌倉」。これはたぶん最初に「かまくら」という音があったのではないか?日本最初の漢和辞典の「和名抄(わみょうしょう)」には「加末久良」と書かれているから、「かまくら」に「加末久良」の訓をあてたのでしょう。そして後に二字好字の詔で「鎌倉」という漢字をあてたのでしょうね。

# 地名の踏襲性
例えば、中村の西側にあった西原を開墾して田圃にしたからといって、中村新田といった新しい地名をつけるわけではなく、西原という地名を踏襲する。

# 地名は生長する
柳田國男の「地名の研究」によると、「最初は一地点または一地形に付与した名前を、これを包含している広い区域にも採用していく風習がある。」とのことである。その代表が「埼玉」。

# 柳田国男曰く、「地名の発生には多面多角的要因が、至って自由な法則としてはたらく」。

# 地名は文字(漢字)で伝承されるのではなく、「音(おん)」で伝承される。従って、「漢字の字面」にあまりこだわらないこと。そして、伝承の過程で「話しやすい(発音しやすい)」ように転訛することも多い。たとえば、京都の清水寺付近の三年坂も、当初は「産寧坂(さんねいざか)」であったが、「さんねい」は発音しにくいので、発音しやすい「さんねん」に転訛した。

地名と災害 職業由来の地名集
人名由来の地名集 地名由来の地名集
北海道の地名の特徴 京都の地名の由来
難読地名・珍地名 駅名で追う地名の歴史
地名の分布 消えた地名
地名の目次 今日の名字と地名
都道府県名の由来 各都道府県の地名集
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 地名は、基本的にはその立地の自然を描写して名付けられることが多い。そして、語源がすぐにはわからない地名を考える場合には、その場所の地形を最初に観察し、そして、地形から妥当な解釈が得られない場合には、発音の共通する文化事象の用語が当てはまらないか考える。
・ いおう: 「硫黄」「医王」
・ かしま: 「鹿島(神島)」
【日本地名学を学ぶ人のために 吉田金彦・糸井通浩 世界思想社】

■ 地名は、「過去にその地域で使われてきた地名群を調査し、そのどれに該当する地域の範囲に整合するか、比較して判断するだけでいい。」【こうして新地名は誕生した! 楠原佑介 ベスト新書】
※ 出羽国最上郡と村山郡の入れ替えはどうするの?入れ替えも、また歴史。

■ 産業地名
・ 田: 「〜田」の「田」は接尾語であったことが多い。「田」の漢字は、中国では耕地全般をあらわしたが、日本では水田を「た」と言ったので、水田以外の耕地の「はた」に対して、「畑・畠」の国字ができた。【日本地名学を学ぶ人のために 吉田金彦・糸井通浩 世界思想社】

■ 商業地名
・ 日詰: 月末を意味する。
・ 北九州に多い銀天街は、アーケードの金属製の「銀色の天井」に由来する。
【日本地名学を学ぶ人のために 吉田金彦・糸井通浩 世界思想社】

■ 宗教地名
・ 信仰地名: 礼拝(らいはい、新潟県)、念仏、御手洗(みたらい)。
・ 宗教施設地名: 八幡、山王、天王、神明、大師、太子堂、祖師堂(日蓮聖人をまつる)、坊(東西本願寺)、北野(北野天神による)、天満、諏訪、熊野、神田、神戸、国分。
・ 人丸神社(ひとまるじんじゃ): 柿本人麻呂を祀った。「ひとまろ→ひとまる」と音転した。「ひとまる→火止まる」で、防火の神様として信仰。
・ 北海道には熊野神社が多いそうだが、これは紀州の熊野神社に由来するものではなく、開拓民が熊の害を恐れて、「熊」の字の神社によって加護を願ったものと言われる。
※ 普通は、紀州の熊野神社に結びつけるよなぁ。
【日本地名学を学ぶ人のために 吉田金彦・糸井通浩 世界思想社】

■ 交通地名
・ 八束(やつか): 滋賀県甲賀市土山町頓宮。古代の官営の宿場の駅家(やくか、うまや)が転じたもの。
・ やつか: 長野県青木村。信濃国浦野駅の名残。
・ 厩(うまや) → まや → 前(まえ)という例もある。
・ えき: 中国地方では谷状の湿地を「えき」といい、江木、浴、谷などと書き、場合によっては「駅」とも書く。
・ 旦過(たんか): 修行僧の一夜の宿泊所は、中世には交通の要所に置かれた。福岡県福岡市西区今津字旦過。福岡県北九州市小倉北区魚町旦過市場。旦過は無料宿泊所。
・ 車路(くるまじ): 西日本の「車路」地名のほとんどは古代交通路を意味する。
・ 立石(たていし): 全国的に駅路に沿って「立石」地名が見られる。これらは、切り通し部や渡河点に位置し、なんらかの目印と考えられる。
・ 坂(さか): 古くは峠のことを単に「坂」と呼んだ。東海道の足柄坂の東を坂東(ばんどう)と呼んだ。坂の中でも特に重要な坂を「大坂」と呼び、「逢坂」も本来は「大坂」。
・ 大人(おおひと): 大人足(おおひとあし)は巨人伝説に因む地名。ダイダラボッチ?
【日本地名学を学ぶ人のために 吉田金彦・糸井通浩 世界思想社】

■ 「山」や「」は村落を守る神社が作られた神聖な場所を示す。

■ 大字・小字
・ 加古川市神野町西条。西条地名は古代の条里制由来と言われるが、この地方の方言に、「村条(むらじょ・村のあるところ」「寺条(てらじょ・寺のあるところ)」がある。それからすると、西条も条里制由来と言うより、「西の方角の場所」という解釈も。【日本地名学を学ぶ人のために 吉田金彦・糸井通浩 世界思想社】

■ 国・郡・郷の行政地名
・ 隋書倭国伝: 軍尼(くに・国)120人有り、なお中国の枚宰。【日本地名学を学ぶ人のために 吉田金彦・糸井通浩 世界思想社】
※ 中国の地方官に相当するものが120人いた。国造のことか。

■ 地名の書き換え
・ 好字や転訛。
・ 奈良県の明日香村は、古代風の用字では「飛鳥」が正しく、日本書紀では「飛鳥」で統一されている。しかし住民は、縁起の良い「明日香」を用いた。「北方→喜多方」「藪→養父」「崖→加慶」「境→酒井」。【出典

■ 地名の雑学

# 青島 = 淡島 = 葬祭の島?【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

# 「青山」地名: 青山の地名は全国に約100ある。
・ 山の色は、本来「青」ではなく「緑」だが、古代は四色しかなく、緑は青で表現された。青信号はその名残り。
青々とした山々。
・ 青の地名は多いが、緑の地名は少ない。

# 字地名

# 「麻生」の地名: 麻生の地名は全国に約60。

# 磯部: 航海や漁業を職業とする部に由来する。磯部を管理していたのが伊勢国国造。【出典

# 江戸時代に、庶民も苗字を持つケースが多かったが、公称はできなかった。しかし、天領ではこの禁止令は次第に甘くなったが、諸藩では概して厳しかった。【出典

# 「大字」は、原則として幕末の村の名前。

# 大阪の放出付近の寝屋川
・ 一般に家をたてる場合には、道路に面して建てることが多いが、中には道路を背にして家が建っているケースがある。こういったケースの多くは、この道路は昔河川で、それを埋め立てて道路にしたケースである。

# 温泉・湧き水地名
・ 高清水: 小高い山や岡の上に湧く泉。
・ 平清水: 傾斜地に湧く泉を意味する。
・ 強清水: 湧水量の多い泉を意味し、東日本に多い。
出典

# 開拓地名
・ 新しく開いた土地を開(ひらく)といい、平木や平吹に転じた。
・ 新墾(にいはり)は、新堀(にいぼり)や日暮里(にっぽり)に転じた。
・ 東日本の開発地名: こうや。高野、広野、紺屋、興屋、興野、幸屋、高野、耕野、高谷、幸谷、神野など。【日本おもしろ地名考 服部真六 文芸社】

# 「崖」の地名: 「崖」には後に「柿」や「蠣」の字をあてた。「欠ける」、「餓鬼」も同じ?

# 崖: 昔は「ハケ」や「ママ」「ハバ」と呼んだ。
・ 羽ケ下(東京都羽村市)、八ヶ下(東京都日野市)、羽毛上・下(東京都調布市)。熊本市の八景水谷(はけのみや)。峡田(はけた)。
・ 間々(愛知県小牧市)、万々(高知市)、真間(千葉県市川市)、間々田(栃木県小山市・この場合の田は処の意味)。
・ 羽場。幅下(名古屋市)。矢巾(岩手県)。
【地名の楽しみ 今尾恵介 筑摩eブックス】

# 角川地名大辞典の収録数は550万。

# 「カミ」の地名・「シモ」の地名
・ 同じ川の流域の上流に「カミ」、下流に「シモ」をつけた。一般的には江戸時代に分かれた地名という。
・ ただし、旧国の「上」「下」は京に近い方が「上」だった。

# キトラ古墳の「キトラ」とは、方向を表す地名で「鬼門の虎の方向=北東」を意味する。

# 国名、郡名、郷名(郷は村の集合体で地方行政の単位)
・ 「村」「」「里」「郷」は中国の法律用語由来の言葉。

# 「くま」の地名: 「くま」地名は全国に約900。「熊」「隈」など。

# 「くり」の地名: 岩や石を意味し、「栗」「久里」などの字をあてた。

# 「桑」の地名: 桑の地名は桑田、桑畑など全国に約500ある。

# 誤写地名: 「延喜式」には「近江国栗本(クルモト)郡」が、ある書では「栗太郡」とあり、用字の誤写である。従って、古代の地名と現代の地名を結びつけるのが難しい場合もある。【日本地名学を学ぶ人のために 吉田金彦・糸井通浩 世界思想社】【勘違いの地名三本勝負

# 五世紀から七世紀前半にかけて、王族の直属の家臣の集団と朝廷から与えられた領地を「名代(なしろ)」という。名代には王族が居住する王宮名がつけられた。
・ 忍坂宮(おしさかみや)にいた忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ)の領地は「刑部」と呼ばれた。
・ 仁徳天皇の皇子で草香宮(くさかのみや)にいた大草香皇子(おおくさかのみこ)の領地は「日下部」と呼ばれた。

# 「崎」の地名: 「崎」 → 「御崎」 → 「岬」

・ 崎と鼻の違い: 崎に美称の「み」をつけたのが岬。岬よりさらに細く突き出したところを「鼻」という。【出典

# 「さこ」は岐阜県山県地方では「山の中段」を意味する。岐阜県郡上地方では「水の無い谷」を意味する。

# 「さだ」の地名: 「さ(先)」+「た(処)」 = 岬。「定」「貞」「佐多」「佐田」の字をあてた。また「さだ」は断崖が崩れて海に落ちた処とも言う。

# 荘園関連の地名

# 縄文語地名
・ ピラ、ビラ、ヒラ: 崖、傾斜地?「平」。【縄文の地名を探る 本間雅彦 高志書院】

# 職業部
・ 職業由来の「部」: 「錦織部」「鍛冶部」「膳(かしわで)部」「山部」「海部」「鵜飼部」「土師部」「弓削部」「馬飼部」「鍛冶部」「舎人部」「佐伯部」「来目部」
出典

# 白樫(しらかし): 「白」は「ヒラ(平)」。「樫」は「カシグ(傾ぐ)」。山麓などの傾斜地を意味すると言われる。

# 植物用語の地名は借訓が多い。【この地名が危ない 大地震・大津波があなたの町を襲う 楠原佑介 幻冬舎新書】

# 人名の地名(どっちが先か不明のものも)
・ 滋賀県長浜市石田町。石田三成の出身地。
・ 京都市上京区主計町。主計頭であった加藤清正の屋敷があった。
・ 福井市佐内町。橋本佐内。
・ 小堀遠州は滋賀県長浜市小堀町の出身。
・ 蜂須賀小六は愛知県海部郡美和町蜂須賀の生まれ。

# 水田にしにくいところは「畑・畠」にした。「畠」は「白田」とも言った。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

# 「すか」の地名: 沿岸部の砂地の高まり。「州」は川岸の砂地で自然堤防になったところ。

# 生物地名
・ 災害を語り継ぐうちに地名となった。「くさち(草地)」「くさの(草野)」「くさか(草処)」。これらは、水を多く含む腐植土の地に青草が生えて地名になった。

# 「ソネ」は、八王子では山頂を意味する。新潟県では尾根を意味する。秩父では山の上の平らな所を意味する。

# 曽根: 低地の中で、周囲よりも少し高い「微高地」で多くは自然堤防にあたる。つまり、一般的には洪水にあいにくい。【地名の楽しみ 今尾恵介 筑摩eブックス】

# 「鶴」の地名: 鶴地名は、水流(つる)だけでなく、「連なる」に由来しているものもある。【日本おもしろ地名考 服部真六 文芸社】

# 台の「ヤマトコトバ」は「ウテナ」

# 大宝律令: 701年に定められた大宝律令で、全国は「国」「郡(こおり)」「里(り)」の行政区分で区分けされた。そのとき、郡や里(後の郷)にはそこを支配していた小豪族が用いた、「大伴」や「物部」の名称が利用された。
さらに670年の庚午年籍(こうごねんじゃく)では庶民の姓も定められ、多くのその地を治める豪族の名を与えた。
・ 曽我部、宗我部などは蘇我氏の領地だったのが由来。

# 田んぼの境界線を「クロ」といい、「畔」と書いた。ここに柳の木を植えたのが「畔柳」で、後に「黒柳」と書いた。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

# 地崩れの生物地名
・ かき(欠き): 山を欠く。柿原、柿谷、柿の久保。崖も柿と同様。
・ はぎ(萩): 斜面をはぎ取る。芳賀、箱根も同様。
・ 地学では1日に数センチの動きを地滑り、それ以上を地崩れ(崖崩れ、山崩れ)という。
・ 大阪市北区梅田は梅処(うめど)が語源。

# 地図
・ 大化二年(646年)に地方の支配をすすめるために農地の地図を作れとの命令が朝廷から出ている。
・ 奈良時代に班田図(はんでんず)と呼ばれた。
・ それとは別に貴族や寺院が新しく開いた田地を記録した「墾田図(こんでんず)」や「開田図(かいでんず)」も作られた。
・ 拾芥抄の行基図は平安時代に作られた。
・ 江戸幕府は1605年に諸大名に石高や租税の調査と国絵図の作製を命じた。1822年に伊能図が完成(大日本沿海輿地全図)。
・ 近代図: 明治4年に工部省の測量司が初めて三角測量を行った。

# 千葉県銚子市の外川浦は、紀州出身者で構成されていたが、江戸時代には領主の方針で、領民に同じ苗字や称号を禁ずるとか、領民が領主の苗字を遠慮する場合があった。【出典

# 地名の転訛
・ 藤原京を東西に貫く横大路は、東方の桜井市内では「横落(よこおち)村」となり、西方の橿原・大和高田市では「大路堂(おちんど)」または「横内村」と書く。
・ 平城京の三条横大路は奈良市では「横大路(よこおおろ)」が転訛して「横領(よこりょう)村」となる。
・ 京都の「京極(京のはて)」は、奈良では「京終(きょうばて)」に転じ、「京の隅」は「清澄の里」と変わる。
【日本地名学を学ぶ人のために 吉田金彦・糸井通浩 世界思想社】

# 地名の始まりは「自然地名」で、川上など。【地名でわかるオモシロ日本史 武光誠 角川ソフィア文庫】

# 豊臣秀吉は、1588年に刀狩を行って農民の武器携帯禁止した。また1591年に武士が町人や百姓に転ずること、百姓が商人に転ずることを禁止した。江戸幕府では、士農工商が固定し、苗字・帯刀は武士以外には禁止した。【出典

# 地名で一番多いのは?【詳細
・  丹羽基二氏の調査によると、日本の郡や市町村名で一番多いのは中村で236例。

# 地名の長さ
・ 一音一字の地名。たとえば「つ(津)」は中部日本に集中し、特に茨城、千葉、滋賀に多い。東北以北には見られない。【縄文の地名を探る 本間雅彦 高志書院】

# 地名の読み方や意味
同じ字でも地域によって読み方や意味に違いがあるののがある。
・ 「園」
関東では「娯楽施設」を意味することが多いが、関西では「住宅地」を意味する事が多い。
【例】
・ 関東: 後楽園、豊島園、偕楽園
・ 関西: 甲子園、苦楽園
※ ただ、同じ西日本でも岡山の後楽園は娯楽施設の意味?
・ 「谷」
東日本では一般的に「や」と読むが、西日本では「たに」と読むことが多い。
【例】
・ 宮城県の大谷(おおや)海岸など
・ 和歌山県の大谷(おおたに)など
※ 東京の「鶯谷」は例外らしい。

# 「坪」: 坪には「一ノ坪(北西の角)」「二ノ坪」・・・「三十六ノ坪(南東の角)とナンバリングされた。

# 峠(とうげ): 稜線の鞍部であることから古語のタワ(たわんだところ)を越えるという意味の、「タワゴエ」が転訛したとの説がある。山形県羽黒山麓の手向(とうげ)。
・ 現在でも西日本では「峠」を「タワ・タオ」というところがある。
【地名の楽しみ 今尾恵介 筑摩eブックス】

・ 峠の地名: 峠を「坂」「越」と表現することがある。【出典

# 「どど」の地名: どど=十×十=百 百(どう)目鬼。二十六木(どう+どう+ろき)。

# 渡来の地名
・4〜5世紀ごろは、外国のことを「韓(から)」と呼び、おもに朝鮮半島をさした7〜8世紀ごろは、外国のことを「唐(から)」と呼び、中国や朝鮮を含めた外国一般をさした奈良県の唐古、佐賀県の唐津、滋賀県の唐崎などは渡来人にちなむ地名という。【日本おもしろ地名考 服部真六 文芸社】

# 鳥が山をこえるところも決まっていて、そこを「鳥越」といった。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

# 長崎県の壱岐島では、漁村由来の地名は「浦」、農村由来の地名は「触(ふれ)」。「ふれ」とは古代朝鮮語で「村」を意味する。【地名の楽しみ 今尾恵介 ちくまプリマー新書】

# 「ナタ」: カタカナの「ナタ」地名は「十九坪」のこと。十九ノ坪の「十九」が転化して「上古(じょうこ)」となり、「十八」が転化して「甚八」となった。
・ 「十九」→「十句」→「ナタ」と転じた。書き誤りの地名。愛知県新城市作手田原スナタ?【地名の社会学 今尾恵介 角川選書】

# 日本一長い地名

# 日本における文献に表れた一番古い地名は「魏志倭人伝」に記された「対馬国」「一支国」「末廬国」など。

# 「庭」の地名: 西日本では、「農家の戸口から入ったところの土間をニワと言い、雨天時の作業場だった。」。東日本では、「屋敷内の空き地をニワと言い、屋外の作業所であった。」。「ニワ」はもとは古語の「ニハ」で、労働を助けるところ、祭祀を行うところであった。新嘗(ニイナメ)は、古くは「ニハノアイ、ニハナへ、ニハヒ」と呼んだ。【日本おもしろ地名考 服部真六 文芸社】

# 「鼠」地名: 鼠地名は全国に約300ある。
・ 動物の鼠に由来。
・ 寝ずの番に由来。
・ 山崩れなどの「ねぶる(舐る)」が転じて「ねずる」となり、鼠の字をあてた。

# 「根」の地名: 山根。山の根。山の麓。根は麓。根古屋などが代表的。根は「な」からの転訛。「な」とは、山を含む広い大地。【「ネ」の地名の意味

# 土師部: 土器を献じた。河内国和泉国下野国阿波国などに集まって住んだ。【出典

# 丈部(はせつかべ): 丈部は中央で使い走りをしていた部で、奈良時代には東北地方を含む東日本に多く分布した。この部を監督する立場にあったのが阿倍氏だった。
平安時代になると、安部、安倍、阿部も見られるようになる。
・ 安倍: 信濃の諏訪神宮の神官。
・ 駿河の安倍氏
・ 讃岐の安倍家: 伊予に流された安倍宗任の子孫という。
出典

# 秦部・漢部: 帰化人によって編成された。
・ 秦氏: 秦部の統率者として朝廷に仕え、財政事務にも携わった。秦氏の支族には、朝原・太秦・大蔵・惟宗・宗・長蔵・長田など多数みられる。
・ 漢氏: 支族に坂上氏がいる。漢部は漢人部(からひとべ)ともいわれ、大化の改新以前に漢氏が所有または管理していた部民石見国美作国肥前国豊後国などに分布し、丹波国の漢部郷が有名。
出典

# 「鼻」の地名: 「鼻(はな)」は突き出たところを意味する。

# 東日本には沢が多く、西日本には谷が多い。「沢」は縄文時代以来の言葉だが、「谷」は弥生人が大陸から持ち込んだ言葉と言われる。

# 「ふくら」の地名: 沿岸が湾のように曲がって膨らんだところ。「福良」「吹浦」「福浦」。内陸部では川の湾曲部。静岡県袋井市。茨城県袋田。

# 「富士」の地名: 富士山。不二。二つとないと言う意味。

# 「ふれ」地名: 「お触れ」に由来する。柳田國男は朝鮮語のプル(村)に由来するという。「触」地名は長崎県壱岐市に多い。

# 平地の地盤にまつわる地名
・ 新田は「田」に限らず「畑」のこともあるので、必ずしも低湿地とは限らない。
・ 低湿地地名: 「あくつ」「あわら」「ふけ」
・ 低地の中で少し盛り上がった微高地で、多くは自然堤防: 「そね」
・ 峠は「手向け」に由来する。また、稜線の鞍部であり、古語の「たわ(たわむ)」を越えると言う意味で、「タワゴエ」から転じたものともいう。
【地名の楽しみ 今尾恵介 ちくまプリマー新書】

# 崩壊地名
・ たけ(竹): もとは「長(たけ)る、猛(たけ)る」で、「高い」「凄い」を意味した。岩が砕けた崩土は古代には「たけ」と言い、高い山も「たけ(岳、嶽)」といった。
・ くわ(桑): 「くえ(崩れ)」や「きわ(際)」に由来する。
・ くり(栗): 「くれ(崩れ)」に由来する。
・ きり(桐): 「きり(切)」に由来し、堤防などが切れたところ。浜名湖の「今切」?

# 「ほら」の地名: ほら(洞)。谷の一つのタイプ。崩壊地名の「ホル」に由来するとも言われる。西日本の「サコ」や、南関東の「ヤツ」に似ている。

# 「まき」地名: 同族集団を「まき」といった。長老は「おや」といった。

# 万葉集には千数百の地名の記載があるが、その八割は現代でも残っている。

# 三島は御島で朝鮮を意味する。【日本の中の朝鮮文化(12)陸奥・出羽ほか 金達寿 講談社】

# 道が一番高いところを「峠」といい、中国地方では「タオ」と言い、「田尾」や「垰」と書いた。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

# 道が交差するところが「辻」で、江戸時代には農民の集落を「村」、商人の集落を「町」、漁民の集落を「漁村(浦)」とよばれ、「村」は「郷」とも言った。【名字でわかるあなたのルーツ 森岡浩 小学館】

# 「宮」のつく地名は全国に10万もあるという。

# 名字のルーツの地名にはその名字は無いことが多い。
(1) 同地名はその土地を離れたときに初めて苗字として名乗る。
(2) 離れるといっても、その距離は昔は20Kmくらい。
(3) 離村する原因は、一族、一村の人口が増えるためで、いわゆる口減らし。

# 村と郷
・ 日本の古文書(日本書紀など)には農民の苗字は書かれていないが、書かれていないからといって苗字を持っていなかったとは言えず、実際に持っていたようだ。これらの文書への名前の記載は原則として五位以上の貴族だけ。
・ 八世紀頃の平城京には1万人くらいの下級官人が勤めていたが五位以上の貴族は百数十名。したがって、99%の人の名は記録に残っていない。しかも、かれら貴族の名も官職名の姓氏であって苗字ではない。
・ 朝廷に帰順して俘囚になった彼らは、弥生時代以来から持っていた「鈴木」「佐藤」「渡辺」「阿部」などの苗字(あだ名)を隠して、君子部の姓を名乗ることになった。
・ 郡、県、村は良民によって自然部落として形成された。
・ 郷、所(別所)、部曲(かきべ)は人為的に設けられ、朝廷や貴族などが私有していた。
・ 村の数: 江戸川時代には全国に6万の村があったとされる。

# 明治時代には、名字を名乗ることが義務付けられた。その際、今まで名字を持っていなかった人たちは、寺などに名字を求めた。【出典
・ 石井研堂著の「明治事物起源」によると、研堂が11歳のときに、父親は当時、町の什長を務めていたため、区内の民の要請で苗字を選んでやった。さまざまな苗字を選びつくしたのち、煎茶の名をとり、甲に青柳、乙に喜撰、丙・丁に鷹爪・宇治といったように命名し、お茶の銘柄が消えると徳川四天王の酒井・榊原・井伊・本多の名までつけ与えたという。鹿児島県の指宿では、鰻池にちなんで部落中が鰻姓、愛媛のある地方では部落ごとに網具・野菜・魚の名をつけたという。しかし、多くは江戸時代から苗字をもっていたため、こういった例は少ないという。【出典

# 「やた」の地名: 「ヤタ」を「八田」と書くのは「ハリタ(墾田)」の当て字との説もある。

# 「やと」の地名: やと(谷、谷戸、矢戸)。枝分かれの谷で、台地に入り込んだ細長い谷。鎌倉市にはこの地名が多いかな?

# 「山」と「川」
・ 河岸段丘を昔の人は「ハケ」や「ママ」「ハバ」と言った。
・ 「ハケ」の地名例: 東京都羽村市の羽ヶ下。東京都日野市の八ヶ下。
・ 「ママ」の地名例: 愛知県小牧市の間々。高知県高知市の万々。千葉県市川市の真間。群馬県みどり市の大間々。栃木県小山市の間々田。
※ 「田」は田んぼではなく、「〜のあるところ」の意味。
・ 「ハバ」の地名例: 岩手県盛岡市の羽場。群馬県みなかみ市の羽場。岩手県の矢巾町も、かつては「矢羽場」と書き「ハバ」地名。
【地名の楽しみ 今尾恵介 ちくまプリマー新書】

# 郵便番号簿: 7桁の郵便番号簿には約14万の地名があるそうだ。

# 「ゆら、ゆり」の地名: 「ゆら、ゆり」は、平らな砂地をいう。

# 「〜ヶ里」: 佐賀県の地名に多い。「吉野ヶ里」など。

# 倭名抄(倭名類聚鈔)は源順(みなもとのしたごう)が著した百科事典。この中に郡は約600、郷は約4000記載されている。

★ 地名の歴史
・ 日本の地名は、小字程度で1000万件、それよりも細かい通称は1億件以上とも言われる。
・ 日本列島に人類が住み始めた約4〜5万年前の石器時代には、「特定の場所を指す呼び方」があったと言われる。つまり、すでに地名が誕生していたということである。

★ 地形由来の地名の分類(七種類)
(1) 川
(2) 野原
(3) 坂
(4) 山
(5) 谷(沢)
(6) 海岸: 浜: 「端(はし)海(あま)」に由来する。【出典
(7) 岬

# 川にちなむ地名
・ 二つの川の出会う所: 「落合」「二俣」「川合」「河合」「川井」「合川」
・ 川の流れる様: 「轟」「等々力」「土々呂」「長瀞」
・ 古代には水の流れている所は「水流(つる)」とよばれ、現代では「水流」に「鶴」をあてているところが多い。従って鶴のつく地名は鶴がいたわけでは無く、水の流れるところを表すことが多い。
・ 川幅が狭い所: 「鶴間」「鶴舞」、鶴=川
・ 川の岸壁がそびえ立っている所: 「峡(かい)」「迫(さこ)」「宇土(うと)」。「峡(かい)」は後に「貝」に変わった。
・ 川の水のたまった所: 「袋」。時に「福良(ふくら)」に変化する。
・ 川の深い所: 「釜」。
・ 川を渡る所: 「越川(こえかわ)」。多くは「鯉川(こいかわ)」に変化する。
・ 森林由来の地名: 守、茂理、母理、毛里、毛利。
・ 境界を表す用語: 「坂」「境」「酒井」「

# 山や森林にちなむ地名
・ 山を表す地名には、山、岳、峰、根、尾などがある。
・ 「やま」は「山岳」のように高いところとは限らない。平地にある森や林を「やま」とよぶところは至る所にある。【縄文の地名を探る 本間雅彦 高志書院】
・ 森林にちなむ地名には、森やが付く地名の他、守、茂理、母里、毛利といったものがある。なんだ、中国地方の毛利家の語源はそれか。

# 農耕文化由来の地名
・ 農村の中心部を表す「中村」
・ 原野を表す「原」「中野」「上野」「大野」
・ 「新田」「山田」「本郷」
・ 古代人は人家が集まった所を「むら(村、)」「さと(里、郷)」と呼んでいた。
水の豊富な低地に田をつくり、水の無い小高いところに人家を作った。その結果、小高いところに集落が出来、「村岡」「村山」「村上」「岡村」「山村」「上村」「高村」という地名ができた。
・ 村落周辺の田では足りなくなり、少し離れて水の便の良い所を開墾して農繁期にはその近く(別宅?)に住んだ。本宅に住むことを「村居」と言い、別宅に住むことを「田居」という。これを由来に「村居」「村居」「田居」「田井」「鯛」の地名ができた。
そして、その別宅に永住する人が出てきたことにより「田中」という地名が出てきた。
まぁ、言ってみれば地方出身の代議士が東京に出てきて議員宿舎に住むことを「田居」とすれば、東京に家を建てて住むことを「田中」というのかな?東京に家を建てて住んだ時点で、代議士という仕事を永久的なものと考えたということでしょうか?
・ 飛鳥時代には開墾地を示す「新墾(にいはり)」や「新治(にいはり)」という言葉が出来た。

# 境界由来の地名
※ 古代では集落のある平地を取り囲む山の登り口に境界が存在することが多く、「坂」と「境」は類似語と言ってもよい。「酒井」も同様である。
※ 道の交わるところを「」と言い、周辺の村落の境となることが多い。「」と言えば、「鍵屋のの決闘」が有名だがこのも伊賀越えの街道の分かれ目だったのだろう。それと「功名が」は司馬遼太郎作の小説で土佐藩主山内一豊の妻を主人公としたもので、さしずめ人生の出世の分かれ目といった所でしょうか。

# 中国の地名
宮脇俊三さんの「中国火車旅行」の中国北東部の瀋陽にいく下り。
「中国では、川の北側を陽、南側を陰と呼ぶ。つまり瀋陽は瀋水と言う川の北側にあるから。 」

# 用水と墓地由来の地名
※ 用水に由来した地名には「堀」がつくことが多い。
※ 古代人は野原の一定の場所で火葬を行い、そのような所を「かまば」と呼んだ。「釜田」「姻田(かまた)」「煙田(かまた)」は火葬場由来の地名である。また死体を投げ捨てることを「ほうる」と言い、滋賀県の祝山(ほりやま)は「ほうりやま」由来と言われる。古墳由来の地名には「塚」がつき「大塚」「塚本」などの地名がある。

# 日下(くさか): 草香宮(くさかみや)にいた大草香皇子(おおくさかのみこ)の領地が草香で日当たりが良く草がよくはえるため、日下をあてて日下部(くさかべ)とした。
・ 即位する前の神武の皇軍が大和国入りするときには、河内国の「くさか(草香→日下)」に上陸した。この地は、先住民系の太陽信仰に基づくものという。ニニギ以前に降臨した天孫のニギハヤヒと、蝦夷の混血の物部氏に由来する地名で、「日下」も「ひのもと」と読むことができる。【図解 おおづかみ 日本史 「歴史読本編集部」編 新人物往来社文庫】

# 刑部(ぎょうぶ): 忍坂宮(おしさかみや)にいた忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ)の領地が刑部。

# 荘園由来の地名: 荘や庄がつく地名がそうである。

# 港由来の地名
以前は「津」や「泊」が港を表す言葉であった。そもそも「港」とは河口を示した言葉のようだ。「津」の代表例は大分県の「中津」、三重県の「津」、滋賀県の「大津」。「泊」の代表例は新潟県の「寺泊」、鳥取県の「泊」、青森県の「夏泊」。

# 渡し場と関所由来の地名
以前は人々の往来が制限されていたが、その往来のチェックポイントとなるのが「川の渡し場」と「山(峠)の関所」である。もっとも関所は山(峠)にばかりあるわけでは無く、街道周囲が狭くなった地点にも存在する。その代表例が山形県と新潟県の境にある鼠ケ関(ねずがせき)である。通った方は御存知でしょうが鼠ケ関の周辺は東は急な山、西はすぐに日本海といった地形で、ここを通らなければ山形県と新潟県を行き来出来ないのは現在でもそう変わりはありません。
渡し場を語源とした言葉には「渡」「渡里」「渡利」などがあり、宮城県南部の海岸沿いにある「亘理(わたり)」も同様である。
また関所に由来するものに、そのままずばり「関」のつく地名が多く、三重県の「関」、岐阜県の「関ヶ原」、山口県の「下関」などがある。

# 経済(商業)由来の地名
「市」がつく地名が代表的で全国に存在する。三重県の「四日市」、滋賀県の「八日市」などが代表的である。また、銀座を代表とした「座」のつく地名は、同業者の集まりである「座」が住んでいた所である。

# 宗教由来の地名
「宮」や「神」のつく地名がその代表で全国に分布する。また信仰していた宗教
由来の「稲荷」「八幡」「天神」「観音寺」「天王寺」などの地名も存在する。

# 本田は本多や誉田とも書き、新田に対する本田を意味する。

# 「乙女」「八乙女」の語源は「魚止め(うおとめ)」【日本の地名 60の謎の地名を追って 筒井功 河出書房新社】

# 夕沢(ゆうさわ)/幽ノ沢(ゆうのさわ)
群馬県みなかみ町藤原の幽ノ沢、新潟県魚沼市大白川の夕沢
・ 「ゆう」は「岩」という言葉が訛った。「岩」は古くは「イハ」と呼んだ。これが「イハ」→「ユハ」→「ユフ」→「ユウ」と転訛した。【日本の地名 60の謎の地名を追って 筒井功 河出書房新社】

# アイヌ語由来の地名
・ 北海道から東北地方にかけてはアイヌ語由来の地名が多く存在するが、「内」のつく地名の多くもそれ。
稚内、岩内、木古内、長内、和井内、平内など。
「内」はアイヌ語で、川や谷や沢を表す。
「幌」がつく地名も同じで「幌」はアイヌ語で大きいをさす。
札幌、幌内(大きな川?)、大幌内川、小幌内川
稚内: 冷たい飲み水の川を意味する「ヤム・ワツカ・ナイ」の「ヤム」が落ちた。
歌志内: 砂地の多い川
岩内: 硫黄の多い川。

「別」も同じ、「ペツ」はアイヌ語で川の事で、別の漢字を当てた。
然別、紋別、江別、登別など
登別: ヌペル・ペツ 水の色の濃い川
紋別: モ・ペツ 静かな川
芦別: ハシュ・ペツ 樹木の中を流れる川
女満別: 「メマン・ペッ」は「冷たい泉の湧く川」の意味。
江別: 胆汁のような黄褐色の川 

【怖い地名】

・ 神奈川県: 血流れ坂
・ 宮城県: 死人沢(しびとざわ)
・ 富山県: 人喰谷(ひとくいだに)
・ 青森県: 人切山(ひときりやま)
・ 京都市の蹴上(けあげ): 「処刑場に行くのを渋る罪人を、役人が蹴り上げながら歩いた」ことに由来する。

【吾妻】(あがつま)

群馬県北西部の吾妻は古くは「あづま」とよばれ、「つま」は端を表した。
四世紀末に朝廷の支配地のはずれを吾妻と呼んだのに由来する。
後には、関東全体を「あづま」と呼んだり、東北地方南部まてを「あづま」と言ったりした。山形、福島の県境の山は吾妻(あづま)山と読む。
そして、「あづま」に「東」の字をあてた。「東男に京女の『あずま』」とはそういうことか。

【安曇】(あずみ)

「あずみ」という地名は航海民に由来する。「あずみ」は「あまずみ」がつまってできた。古代人は水平線によって空と海を分ける発想がなかった。従って、空・海を分け隔てなく「あま」と呼んでいた。海で生活する航海民を「あま住み」で、それが安曇になった。安曇野市の穂高神社の祭礼にも、御船祭(みふねまつり)があるように、安曇野の住民は昔は航海民だった。
朝廷の水軍を率いた豪族を安曇氏と言った。安曇氏は海岸沿いの各地に領地を持ち、そこに済む人達を「安曇」「海人(あま)」「海部(あまべ)」と言った。「海部」と言う地名や名字も多く存在するが、現在では「かいふ」と呼ぶ。

・ 安曇(あずみ)は「あまつみ」がつまってできた。古代には、山の神は「山祇(やまつみ)」、海の神は「海祇(あまつみ)、綿津見(わたつみ)」と呼んだ。「あま」も「わた」も「海」を表す古代語。海の神の「海祇(あまつみ)」を祀った豪族が安曇氏。【地名でわかるオモシロ日本史 武光誠 角川ソフィア文庫】

【足立・安達】(あだち): 埼玉県さいたま市浦和区足立、福島県安達郡。

・ 「たち」は「たて」とも言い、「立っているもの」を意味し、「館」「楯」「太刀」などを意味する。「あ」は接頭語で強調を意味する。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

・ 陸奥国の郡名。「あだ(崩壊地名)」+「ち(接尾語)」。または「あ(接頭語)」+「たち(高くなった所)」の意味。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

【安房】(あわ): 一般的には「あわ」読みだろうが、以下のような読みもある。

・ 安房(あんぼう)

・ 安房(あぼう): 長野安房峠

【伊豆】(いず): 参考: 伊豆国

  869年に成立した歴史書の「続日本後記」に登場する古い地名。

・ 火山活動による温泉が多いので「出づ湯」による。

・ 突出した半島だから、「出(いず)」による。

【大江】(おおえ): 一般的には「おおえ」読みだが、以下のような読みもあるらしい。

・ 大江(おおごう): 富山県射水市

・ 大江(だいえ): 陸奥国本宮。大きな沼があり、その入り江を表す。現存する地名ではヒットせず。

・ 大江(おわせ): 壱岐国石田郡。現在の地名では、島根県隠岐郡知夫村(ちぶむら)大江(おおえ)と、「おおえ」読みのようですね。

【河北】

・ 福島県の白河は東北の入り口にあたり、東北全体を「白河(の関)以北」という言い方もある。「白河以北=河北」。

・ 仙台市にある河北新報が有名。

【刈安】(かりやす)

・ 山形県米沢市刈安など。

・ 染料用に使われる稲科の植物。ススキに似て、秋に刈り取られて葉を煎じて黄色い汁を染料に用いる。苅りやすいのでこの名がある。

【木曽】(きそ)

「きそ」と言う地名は日本各地に見られ、3つの古語に由来する。

 ―鼎佑蕕譴燭△蠅気泙鬚気后崔綵韻(きそい)」が詰まって「きそ」になった。
◆ 峭錣(きざむ)」をあらわす「刻」が「きそ」になった。
 ヒノキを意味する古語の「きそ」に由来する。

【日下】(くさか)

日下と言う地名は、大阪府、鳥取県、島根県、高知県などに見られる。日下は古代の伝説にもとづいて当てられた字。東大阪市の北東部に日下町がある。古くは「草香」と書いたが、七世紀末頃から「草香」の表記が「日下」に代わった。その伝説は長くなるから略すが、簡単に言うと「神武天皇が、日の下で作戦を考えたのが草香だ」による。

そして允恭(いんぎょう)天皇の皇子の大草香皇子(おおくさかのみこ)が河内国草香に宮を構えた。そのため、全国にまたがる皇子の領地に「くさか」の名前がつけられた。

【越】(こし): 昔、北陸地方を「越の国」と言った。日本書紀では「越」、古事記では「高志」、出雲風土記では「高志」「古志」、和名抄では「古之」と書く。昔の感覚で言えば、から多くの坂を越さなければならない遠くの地域という意味。

・ 越村(こしむら): 旧信濃国水内郡。腰村とも書いた。地名の由来は、善光寺大本願上人が京から下向した時に輿(こし)の人が住み着いたことよると言われる。

【埼玉】(さきたま): 「埼玉」の地名

・ 武蔵国埼玉郡埼玉郷。
・ 多摩の先にある郡の意味。
・ 幸魂(さきたま)の意味で幸魂に守られた土地を意味する。

【佐多岬・佐田岬】(さたみさき)

古代語で「さた」とは「さきっぽ」という意味。
高知県の足摺岬も、かつては「嗟?(さだ)」と呼ばれており、それを訓読みして「あしずり」となった。

【塩村】

・ 塩村(しおのむら): 江戸時代から明治時代の初めにかけて、陸奥国耶麻郡(会津地方の北西部)にあった村名で、塩野村とも書いた。

・ 塩村(しおのむら): 奈良時代に播磨国宍粟(しさわ)郡にみられた村名。兵庫県宍粟市(しそうし)山崎町庄能(しょうのう)付近。「播磨国風土記」に宍禾郡七里の1つ高家里のうちとして塩村が見え、地名は所々に鹹水(塩水)が出ることに由来するという。

※ 所で、宍粟は古くは「しさわ」郡との読みが残っているが、今は宍粟(しそう)市。しかし、お隣の岡山県には、岡山県総社市宍粟(しさわ)という古い読みが残っている不思議。

【陶】(すえ)

・ 「陶」や「須恵」という地名は全国に存在し、「須恵器」に由来する。
・ 物をおくことを、古くは「すえる」と言った。そして、古代人は焼き物を「すえもの」と呼んだ。
・ 古墳時代の日本では須恵器と土師器がつかわれ、土師器は素焼きの素朴な物、須恵器は朝廷半島から渡ってきた職人の手による立派な土器。
・ 須恵器を作る人を陶部(すえべ)と言った。

【雪車】(そり)

【高市】(たかいち): 秋田県鹿角市花輪高市、奈良県高市郡、愛媛県今治市高市、愛媛県伊予郡砥部町高市、など。高台の土地を意味する。

【野口五郎岳】(のぐちごろうだけ)

これは中央アルプスにある山で、歌手の野口五郎の芸名はここからとったというのは有名な話。

ところで「野口五郎」の由来だが
・ 野口: 登山口の信濃大町の野口と言う集落から。
・ 五郎: 岩がゴロゴロから。
実際、山頂付近は大石が堆積していてゴロゴロというイメージが合うらしい。

【土師】(はじ): 茨城県笠間市土師、京都府福知山市土師新町、大阪府堺市中区土師町、兵庫県姫路市香寺町土師、岡山県瀬戸内市長船町土師、広島県安芸高田市八千代町土師、福岡県嘉穂郡桂川町土師、など。

【二荒山神社】

・ 栃木県日光市の二荒山神社は「ふたらさん・じんじゃ」と読む。
・ 栃木県宇都宮市の二荒山神社は「ふたあらやま・じんじゃ」と読む。

【福留】(ふくろ)

・ 「福を留める」という瑞祥地名。もともとは、袋状の地形を意味する。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

【真虫】(まむし)

・ 新潟県上越市真虫、愛知県岡崎市上地町真虫ケ入、愛知県知多郡美浜町奥田真虫など。
・ 蝮のいる原っぱなどに名付けられ、蝮は霊の強い蛇。

【真弓】(まゆみ)

・ 福島県郡山市熱海町安子島真弓山、福島県石川郡平田村小平真弓 、茨城県常陸太田市真弓町、栃木県栃木市大平町真弓、兵庫県朝来市生野町真弓、奈良県生駒市真弓、福岡県みやま市山川町真弓など。

・ 良い弓の意味。

【三つ峠】(みつとうげ)

・ 山梨県にある標高1785mの山で峠では無い。つまり「三ツ峠山」をいう。
・ 開運山(1785m)、御巣鷹山(1775m)、木無山(1732m)の三つの頂上の総称に由来する名前と言われるが、周辺は湧水が豊富なため「水峠」から転じたとも言われる。 

【牟礼】(むれ): 山口県防府市牟礼。香川県本田郡牟礼町。埼玉県大里郡寄居町牟礼、東京都三鷹市牟礼、香川県高松市牟礼町。「ムレ」は「群れる」の意味で、人や物の集合を意味する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示