地名用語
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 言葉の世界Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 災害地名用語

■ 古語は面白い

■ 地名用語

【小豆】(アズ)

【安曇】(アズミ)

【綾】(アヤ)

【新墾】(アラキ)

【芦原・阿原】(アワラ): 関東地方から中国地方にかけてみられ、湿地や沼地を言う。【出典

【板】(イタ)

【一色】(イッシキ)

【稲葉・稲場】(イナバ)

【院】(いん)

【宇井、生、初】(ウイ)

【牛】(ウシ)

【有珠】(うす): 「入り江」や「湾」の意味。【出典

【歌】(ウタ)

【善知鳥】(ウトウ)

【梅】(ウメ)

【浦】(ウラ): 浦はなにも海辺や川辺だけでは無い。内陸部の「浦」もある。古語では木の梢のことを、「うらき」という。「うら」は「末」のことで、末端を意味する。川の上流部、平野の末端、谷の奥などを意味する。

【江】(エ): 河川。

【浴、液、江木、榎木】(エキ)
・ やや小さい谷の平地で、一般には水は無く、草地や窪地。
・ 中国地方の西部では、山の麓の弓形に曲がったところや谷の入り口を意味する場合もある。
・ 「え」は「水気の湿地」で「き」は接尾語。

【大、太】(オオ)

【鬼】(オニ)

【小野】(オノ)

【垣内】(カイト)
# 「かいと」地名: 「垣内」「垣外」「皆戸」「貝戸」「海道」「街道」。有力者の「垣の内」を意味する。

【柿】(カキ)

【垳】(ガケ): 江戸時代まで東京湾に注いでいた利根川の旧河道。「行」には「道」や「並び」の意味がある。【地名の楽しみ 今尾恵介 筑摩eブックス】

【膳部】(かしわで)
・ 朝廷の調理を行い、阿部氏族の膳臣がこれを統率した。安倍氏と同じく孝元天皇の皇子の大彦命を祖とする。大彦命の孫の磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)が景行天皇の東国巡行に従い、上総国浮島宮に着いた際に、その海でとれた鰹と蛤を調理し、お気に召してこの姓を賜った。【出典

【勝】(カツ・カチ): 干潟、陸地、川の内岸などをいう。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】【勝間

【門】(カド): 「門」に代表される「かど」地名は、必ずしも「門(もん)」に関係するとばかりは言えない。地域によっては家の前を「かど」と言い、家の後ろを「せど」といった。

【金子】(カネコ)

【鹿野】(カノ): 焼き畑地名

【蒲】(カバ): 泥深い。「鎌田:泥深い田」

【亀】(カメ)

【唐、柄】(カラ)

【砧】: 布をたたいてツヤを出すための道具。

【京田】(きょうでん)

【空】(クウ)

串、櫛、久志 】(クシ)

【久保、窪】(クボ): 全国に見られるが、関東平野に多い。

【隈】(クマ): 湾曲を表す。「隈川:湾曲した川」

【公文】(くもん)

【蔵、倉】(クラ)

【呉】(クレ)

【毛・禾】(け・か): 穀物を意味する。「稲毛」「毛野国

【気多】(ケタ)

【毛無】(ケナシ): 木の無いハゲ山をいい、毛無山という山が各地にある。古語では「カムロヤマ(禿山、神室山)」という。【出典

【コバ】: 焼き畑地名

【狛、高麗、巨麻、許麻】(コマ)

【込】(コミ): 多く集まるところという意味。「駒込

【佐久】(サク): 細い台地。「佐久

【指】(サス、サシ): 焼き畑地名。

【寒】(サム): 「サム」は「サビ」で鉄さびのこと。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

【沢】(サワ)

【塩】(シオ、シホ): 「凹地」や「川の曲流部」。「シホレル」から「しぼんだところ」「狭まったところ」などの意味がある。
・ 「シオ(塩)」は「シボ」の転で、「次第に狭くなる地形」のこと。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

【篠】(シノ): 篠原(しのはら)などの「シノ」は中国地方で「湿地」を意味する。【こうして新地名は誕生した! 楠原佑介 ベスト新書】

【芝、柴、紫波】(シバ): 芝草の生えている土地を意味する。ほかに「ツバ(崩)」の転訛で、崩壊地名という説もある。【出典

【嶋】(シマ): デルタ状の土地。

【宿】(しゅく): 古代の駅制が崩壊した平安時代末期以降に、交通量の多い街道沿いに発達した民営の宿泊施設を中心とした交通集落。なお、中世の被差別民の居住地も宿(夙)といったので紛らわしいが、これも交通路に沿って位置することが多かった。【出典

【正作・佃】(しょうさく・つくだ)

【陣】(ジン): 臨時に造られた城郭名が地名として定着した。【出典

【辻子・厨子・途子・図子】(ズシ・ヅシ)

【村主・勝】(スグリ)

【山道、仙道、千道、先道、千堂】(センドウ)

【袖】(ソデ): …樟地形の一部などが突出して岬や半島のようになった所。◆岾綾弌覆修箸如法廚如∨楝爾ら出た出村。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

【反、嵐】(ソリ、アラシ): 焼き畑地名

【田代】(タシロ)

【丁目】: 丁は条里制に由来し、目は免で免田(租税を免除された田)のこと。

【杖】(ツエ)

【鶴】(ツル)

【戸】: 入り口。

【内】(ナイ)
・ 知里真志保氏によれば、「内」の字を使って表している北海道や東北地方の「ナイ」地名は、本来アイヌ語ではなく、縄文時代の東アジアに共通する基層語だった。【こうして新地名は誕生した! 楠原佑介 ベスト新書】
・ 基層語(きそうご): 複数の言語が混じりあって新たな言語になるとき、もともとその地域にあった言語で、基本的な部分だけ影響を与えて死滅した言語。一般には、侵略者の言語に対して、死滅した先住民の言語のこと。フランス語形成におけるガリア語など。(kotobankより)

【成・平】(ナル)

【丹生】(ニュウ)

【庭】(ニワ)

【根】(ネ)

【野】(ノ)

【八重・南風】(ハエ)

【幡】(ハタ): 「旗」のことで、よく源氏の白旗を意味することがある。

【鼻】(ハナ)

【埴】: 赤いと言う意味。「埴田」は関東ローム層の赤土を意味する。

【原】(ハラ)

【比叡・日吉】(ヒエ)

【福】(ふく): 岡山県南部に多く見られる「福」地名は、瑞祥地名ではなく、河川が運んできた土砂の堆積で、河口に三角州が延び、また人工的な干拓によって「陸地が膨らんだ地」のことである。【こうして新地名は誕生した! 楠原佑介 ベスト新書】

【袋】(フクロ)

【総】(フサ): 古語で「麻」を意味する。

【布施】(フセ)

【触】(フレ)

【保】: 台地。

【洞】(ホラ)

【間】(マ): 小平地。【参考資料

【俣】(マタ): 河川の合流点。

【松木】(マツギ・マツキ)

【真間、真々、間々】(ママ): 傾斜地を示す地形地名。【出典

【御・三】(ミ)

【牟礼】(ムレ): 古代朝鮮語で「山」を意味する。

【森】(モリ)

【谷】(ヤ・ヤツ・ヤト): 湿地のこと。「ヤチ、ヌタ、ムタ

【山】(ヤマ)

【龍・竜】(リュウ)

■ 集落を意味する漢字

・ 「吾妻鑑」に熊谷や鳩ヶ谷は熊井(くまがい)、鳩井(はとがい)とある。 谷(がい)は、「囲」「垣」のことで、集落を意味する。 江も井と同じで集落を意味する。

・ 「蘇」は鉄・金、那は国、曷(か)は村やを意味する。

・ 「賀」や「我」は古代朝鮮語で集落を意味する。

・ 石川市川の「川」は古代朝鮮語の津(なり)・川(なり)の転訛で人や物の集まる市・都・港のこと。鉱山鍛冶集団などの非農民集落を川と言う。

・ 大木・青木の「木」は新羅の羅。木は国や村の意味。

・ 山口野口の「口」は人の数をいい、集落を意味する。

※ 養老戸籍: 「戸四十四、合口四百五十四」

・ 稲毛の毛は、木と同じで集落を表す。

・ 福島の「島」は一定の支配区域、集落を意味する。

・ 「瀬」は鉱山鍛冶集落のこと。

・ 渡来人は「地」を田と呼んだ。

・ 「藤」は唐の佳字で、唐は韓であるから、韓人集落を「藤」と言う。

・ 「中」も集落。

・ 「場」も集落。

・ 「橋」は土師の佳字で土師集落を表す。

・ 「原」も鉱山鍛冶集落のこと。

・ 「本」は「下」の佳字で、「浦」の意味がある。海洋民の集落を意味する。

■ 丹羽先生の著書によると、日本の苗字の約90%は約300の漢字で書ける。
・ 日本の苗字は約27万で、使用漢字は約5000(国字もふくむ)
・ 地名の数は約1000万 使用漢字は約1万5000
・ 国土地理院の2万5000分の一の地図に掲載されている地名は38万4959。

■ 名字や地名と漢字の雑学

【地名の頻度】 【詳細

# 金井弘夫編の新日本橋地名索引によると、全国に存在する地名
・ 中村(236箇所)、原(205)、新田(191)、山田(187)、中野(181)。

【田】(た、でん)

# 田のつく名字は丹羽基二先生の調査では、100人中13人。
・ 九州(15)、東北(10)、関東・東海(13)、関西(17)、中国・四国(17)
※ やはり、米作中心の弥生文化の西日本に多い。
※ 最多は、田中

【地名の田】

・ 中国で田というと水田だけとは限らないが、日本では水田を意味する。
・ 陸田(はた)が畑(畠)になった。田の接頭語として「ハ」が、接尾語として「ケ」がついた。「ハ」は火(ほ)または乾(ひ)で、「ケ」は処という意味で土地を意味する。
・ 畠は白い田で乾いた田。畑は焼田から。これらの字は漢字ではなく国字

【タ】(古代語のタ)

・ 「タ」は古い大和言葉だが、稲は南方からの渡来物だから、稲と一緒に渡来した言葉。
・ 南方で、一定の区画や土地を意味する「タン」が語源か?「アフガニスタン」「タジキスタン」

【つか】(塚)

・ 「つか」は狭義的には「墓」を、広義的には「小高く盛り上がった場所」を意味する。

【林と森】

・ 林という地名: 148箇所
・ 森という地名: 179箇所
# 森: 森、こんもり。樹木のモリは和訓。
# 林: 林、生やすから。拝志。
※ 林は平面に広がる。森は上下に伸びる。
・ 丸森など、森がつく地名が東北には多いとされるが、この森は山のこと。

【名字が、多いのは地名が多いから】

小林が多い所は新田も多い。開拓しやすいから。
小林の多くは植林した人工的なものが多く、租税の対象にもならない。
だから、小林は、生えたのではなく生やした。

【花】(はな)

・ 花とは、端(はな)すなわち、木の先(崎と同じ)に咲く(開く・さく)。
・ 先(さく)、咲(さく)、花(はな)、鼻(はな)は同様の語。

【深い谷、浅い沢】

# 谷の地名(15172)
# 沢の地名(18098)
※ 沢は東日本、谷は西日本に多い。
・ 大沢(102)、平沢(43)、長沢(41)
・ 大谷(152)、長谷(75)、西谷(59)
※ 古代は
・ 沢は「佐波」、谷は「多爾」と書いた。
・ 沢の語源は騒がしい。

【サワサワと流れるから沢になり、カワカワと流れるから川になった】

・ 川のつく地名(41409)
・ 山のつく地名(31465)
・ 中山(156)、丸山(134)、小川(117)

【苗字に多く使われる漢字】(丹羽基二先生による)
# 田 > 藤 > 山 > 野 > 川 > 木 > 井 > 村 > 本 > 中 > 小 > 佐 > 原 > 大 > 島 > 高 > 松 > 谷 > 沢 > 橋

【地名に多く使われる漢字】
# 川 > 田 > 大 > 山 > 野 > 島 > 東 > 津 > 上 > 原

【野原と原野の違い】
・ 原=ハル(治・開)、ハリ(墾・播・張)で開墾地の意味もある。で、結局どうなの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示