「いか」の語源
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 語源集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ いか(生、怒、五十、伊香、飯香、伊加、烏賊)【出典

 〃鼠道譴離ぅシ(厳)、動詞のイカル(怒)などの語幹で、「角張って荒々しい様子」をいう。

◆|頭、山麓など、うしろに山を負う土地。

 動詞のイカル(生。埋。)の語幹で、「(土砂などで)埋まった地。」か。

ぁ‘飴譴離ぅル(怒)の語幹で、「(川が)勢い激しく増水し、溢れやすい地」か。

ァ ̄瓩里△觸蝓ヰ(井。「水路。川。」+カ(処)の形の地名か。

Α.ぅ(五十)で、「数の多いこと」をいうか。

А.罐(床)の転か。

■ Ika(イカ)【出典
 |頭、山麓など、後に山を背負った土地。「五十(いか)谷、碇(いか)地、伊香、伊香保、烏賊塚、烏賊坂)など。
◆々真紊竜こりやすい平地、堰のあるところ。「五十(いか)沢、五十(いか)原、五十浦、五十畑」など。

■ Iga(イガ): 「伊賀、五十(いが)沢、五十(いが)島」など。【出典

【注意: 個別の掲載地名は表記(訓み)の代表例で、上記の語彙と直接関係の無い場合もあります。】

統計表示