民俗地名語彙事典
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 読書の小部屋Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 民俗地名語彙事典 松永美吉 日本地名研究所編 ちくま学芸文庫

・ ア〜ワ業順に掲載

# 掲載例

【フケ】

・ 湿地のこと。ヤチ参照(『地形語彙』)。

 /偲帖三重県一志郡(津市、松坂市)、和歌山県西牟婁郡、島根県鹿足郡、愛媛県大三島(今治市)、大分、長崎県北松浦郡小値賀島。

◆ー消蓮泥沼。福島県南会津郡只見町(池、溜池などの低湿地に水の溜まった所)、静岡、和歌山県日高郡(泥の深い沼沢地)、兵庫、滋賀、愛媛県温泉郡(東温市、松山市)、高知、(『全辞』など)。

・ 更、深、瀁、湫、泓、?、福家、布気、浮気などと宛てる。

・ フケは一般にフカダ(深田)ないし沼沢地を意味し、「深い」ことに基づく地名。

・ 近畿、中国地方では、泓の字を宛てることが多く、北陸地方ではフゴと称するのも同義である。奈良県などでは、沼田のことをフケタンボという。それらは複合扇状地間や扇状地、浜堤間の低地に位置する場合がほとんどである。このような地形は、原始耕作には最も適しており、本来的には生産性は高くないが、渇水、洪水などの危険が小さく、比較的安定した農地として古くから開発が進んだ。

・ 福井平野には通称として、伊井のフケ、坂井のフケ、春江のフケなどがあり、九頭竜川左岸と三里浜砂丘とに挟まれた低地は、千石沖とよばれる七五八ヘクタールにも及ぶフケである。(『日本歴史地理用語事典』)。

・ 新潟県中頸城郡の旧大瀁(ブケ)村(上越市)。瀁は日本の造字(国字)ではなく漢字でヨウと訓み、漾の古字とされ、水が広々とひろがっているさまをいう語であるから適切な字である。

 千葉市道場北町大瀁
 京都市伏見区深草泓(ふけ)ノ壺
 同市左京区修学院沮沢(ふけ)町
 大阪府の南西海岸にある深日(ふけ)(泉南郡岬町、深日は宛字)は海岸の低湿地形。
 兵庫県南部、滋賀県(守山市)に浮気(ふけ)村がある(松尾『日本の地名』、「地理」昭和57年7号)。
 「門司市史」には、門司の楠原の小字にウノフケ、ヲノフケというのがある。

統計表示