福岡県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
★ 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 赤間(あかま): 福岡県宗像市赤間

■ 足立(あだち): 福岡県北九州市小倉北区足立

■ 甘木(あまぎ): 福岡県朝倉市甘木

■ 飯塚(いいづか): 福岡県飯塚市

■ 池尻(いけじり): 福岡県田川郡川崎町池尻

■ 櫟野(いちの): 福岡県大牟田市櫟野

■ 糸島(いとしま): 福岡県糸島市

■ 犬鳴(いぬなき): 福岡県宮若市犬鳴

■ 犬馬場村(いぬのばばむら): 福岡県八女市川犬犬馬場

■ 猪野(いの): 福岡県糟屋郡久山町猪野

■ 井上(いのうえ): 福岡県小郡市井上

■ 猪国(いのくに): 福岡県田川市猪国

■ 猪熊(いのくま): 福岡県遠賀郡水巻町猪熊

■ 猪倉(いのくら): 福岡県北九州市八幡東区猪倉町

■ 妹川(いもがわ): 福岡県うきは市浮羽町妹川

■ 隠居小路(いんきょこうじ): 福岡県柳川市旭町
・ 江戸時代から明治の初頭にかけてみられた小路名。慶安4年8月4日西方寺5代住職慶順は、藩主立花忠茂より隠居の地として鋤崎土居のうちに寺地を給され、浄土真宗本願寺派浄華寺を創建した。以来この小路を隠居小路という。【出典

■ 浮羽(うきは): 福岡県浮羽郡。かつては生葉(いくは)郡と言った。

■ 海老津(えびつ): 福岡県遠賀郡岡垣町海老津

■ 大城(おおき): 福岡県大野城市

■ 日佐(おさ): 福岡県福岡市

■ 鬼木(おにのき): 福岡県豊前市鬼木

■ 鬼古賀(おにこが): 福岡県大川市鬼古賀

■ 鬼津(おにづ): 福岡県遠賀郡遠賀町鬼津

■ 折尾(おりお): 福岡県北九州市八幡西区東(西)折尾町

■ 遠賀(おんが): 福岡県遠賀郡遠賀町
・ 遠賀川下流左岸および同支流西川下流域に位置し、響灘に面する。古く「日本書紀」に岡県・岡水門(崗水門)が見え、「万葉集」にも「水茎の岡の水門」が詠まれている。これらはいずれも芦屋町付近に比定されており、芦屋町には岡湊神社(旧県社)がある。これらの「岡」が和銅6年から「乎加」「塢舸」「遠賀」と2文字で表記されるようになり、次第に「おか」(延喜式にヲカと振る)から「おんが」と読み方に変化が起きた。昭和4年島門(しまと)村・浅木村が合併した際、古来の由緒をもつ郡名を村名に採用した。【出典

■ 鬼童(おんどう): 福岡県柳川市鬼童町

★ 

■ 加納(かのう): 福岡県大牟田市加納町

■ 嘉麻(かま): 福岡県嘉麻市

■ 蒲池(かまち): 福岡県柳川市蒲池

■ 香春(かわら):  福岡県田川郡香春町香春

■ 韓亭: 福岡県福岡市

■ 城井(きい): 福岡県みやこ町

■ 草場(くさば): 福岡県田川郡福智町市場草場

■ 朽網(くさみ): 福岡県北九州市小倉南区朽網

■ 神代(くましろ): 福岡県久留米市山川神代

■ 久留米(くるめ): 福岡県久留米市

■ 黒木(くろぎ): 福岡県八女市黒木町

■ 古賀(こが): 福岡県古賀市。昔の行政組織の「国衙(こくが)」に由来するといわれる。

★ 

■ 幸神(さいのかみ): 福岡県北九州市

■ 雑餉隈(ざっしょのくま): 福岡県大野城市雑餉隈町

■ 猿喰(さるはみ): 福岡県鞍手郡鞍手町中山猿喰

■ 早良(さわら): 福岡県福岡市早良区早良。佐原とも書いた。

■ 志賀島(しがのしま): 福岡県。州処(すか)の島に由来する。

■ 尻高(しったか): 福岡県築上郡上毛町尻高

■ 志免(しめ): 福岡県糟屋郡志免町

■ 目尾(しゃかのお): 福岡県飯塚市目尾

■ 新田原(しんでんばる): 福岡県行橋市

■ 惣社(そうしゃ): 福岡県京都郡みやこ町惣社

■ 曽根(そね): 福岡県北九州市小倉南区曽根

★ 

■ 太宰府(だざいふ): 福岡県太宰府市

■ 津(つ): 福岡県大川市津

■ 椿(つばき): 福岡県飯塚市椿

■ 椿黒町(つばくろまち): 福岡県大牟田市椿黒町

■ 椿原(つばはら): 福岡県柳川市椿原町

■ 天神(てんじん): 福岡県福岡市中央区天神 

■ 稲荷(とうか): 福岡県大牟田市稲荷町(とうかまち)。千葉県成田市稲荷山。地

■ 徳光(とくみつ): かつて豊前国(福岡県)にあった地名(村名)。得光とも書いた。地名の由来は、紫川支流が合流し水に恵まれた地であるため常水(とこみず)といわれていたが、のち徳光になったという。【出典

★ 

■ 長崎(ながさき):  福岡県筑後市長崎

■ 中津(なかつ): 福岡県久留米市大善寺町中津
・ 広川と本流筑後川との合流点の内角部に位置する。地名の由来は、合併した中島村と荊津(おどろつ)村の両村の1字を組み合わせて名づけたことによる。【出典

■ 流川(ながれがわ): 福岡県うきは市浮羽町流川

■ 南面里(なめり): 福岡県筑紫郡那珂川町南面里
・ 古くは名明利とも書いたという。地名は、西の高台より南に向いている里に由来するという。【出典
・ 「滑り」のことで、那珂川が滑らかに流れていたことに由来する。【出典

■ 直方(のおがた): 福岡県直方市

■ 野方(のかた): 福岡県福岡市西区野方(のかた)

■ 野芥(のけ): 福岡県福岡市早良区野芥
・ 「のけ」とは「のげ(崖)」に由来するといわれる。
・ 能解・野介とも書いた。

★ 
 
■ 羽犬塚(はいぬづか):  福岡県筑後市羽犬塚
 
■ 博多(はかた): 福岡県福岡市博多区

■ 博多港: 福岡県福岡市。博多津は、かつては「那の津」と言った。奈良時代には「那津」「女+那大津」と書いた。那は奴国の奴(な)のこと。いってみれば、日本の港という意味。

■ 筥崎宮(はこざきぐう): 福岡市東区箱崎にある神社。
・ 箱崎(はこざき): 福岡県福岡市東区箱崎。宇美川下流域および多々良川河口左岸の博多湾沿岸に位置する。その昔箱崎千軒といわれ、対外交易基地として唐人街などもあり、殷賑をきわめた。古くは葦津浦・白良浦・大浦ともいわれた。筥崎宮の西にある箱崎松原は千代松原・十里松原ともいわれて有名であるが、那珂郡に属していた。地名の由来は、筥崎宮の祭神である応神天皇の誕生時、その胞衣を箱に入れて埋めたことから箱崎と称するようになったと伝え、筥崎宮楼門横にそのしるしに植えたという「筥松」が立つ。筥崎宮は延長元年に穂波郡の大分宮から勧請されたものという。【出典
・ その昔箱崎千軒といわれ、対外交易基地として唐人街などもあり、殷賑をきわめた。古くは葦津浦・白良浦・大浦ともいわれた。
地名の由来は、筥崎宮の祭神である応神天皇の誕生時、その胞衣を箱に入れて埋めたことから箱崎と称するようになったと伝え、筥崎宮楼門横にそのしるしに植えたという「筥松」が立つ。筥崎宮は延長元年に穂波郡の大分宮から勧請されたものという。【出典

■ 羽衣町(はごろもちょう): 福岡県北九州市

■ 林田(はやしだ):  福岡県朝倉市林田

■ 英彦山(ひこさん): 福岡県田川郡添田町英彦山、大分県中津市
・ 平安時代末期までは「日子山」とかかれ、嵯峨天皇の勅命で「彦山」となり、1734年に霊元法皇から、「英」の尊号をつけた「英彦山」の額が下賜された。【福岡 地名の謎と歴史を訪ねて 一坂太郎 ベスト新書】
・ 福岡県・大分県。山形県の羽黒山、和歌山県の熊野大峰山とともに日本三大修験山の一つ。福岡県添田町の英彦山神宮は、天照大神の御子の天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)が祭神であることから、「日の子」、つまり「日子山」と呼ばれた。その後、嵯峨天皇の詔で「日子」を「彦」と改め、霊元法皇の院宣で「英」の一字が加えられた。【出典

■ 日奉(ひまつり): 筑後国三毛郡日奉郷。敏達天皇の時代に、天照大神を祀るために設けた品部。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 福岡県(ふくおかけん): 福岡の地名の由来

■ 福崎町(ふくさきちょう): 福岡県福岡市
・ 大正時代から昭和にかけて、福岡市内にあった町名。
・ 現在の福岡城趾がある場所は、かつては福崎丘陵(筑前国那珂郡警固村福崎)とよばれた。

■ 船越(ふなこし): 福岡県糸島市志摩船越

■ 糒(ほしい): 福岡県田川市
・ 米を干して保存食にしたもの。
・ 「ほし(干し)」+「い(居)」で、「小高いところにある里」の意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

★ 

■ 前田(まえだ): 福岡県行橋市前田(まえだ)

■ 水城(みずき): 福岡県太宰府市水城。天智天皇2年(663年)に白村江の戦いに敗れた倭国は、唐や新羅の侵攻を危惧し、各地に国防施設を設置した。その一つが、博多湾から侵入する敵から太宰府を守るために築かれた巨大な土塁だった「水城」であった。それに由来する地名。【出典

■ 三潴(みずま): 福岡県三潴郡
・ 「三潴」「三瀦」どっちだ?どうも、昔は三瀦で今は三潴みたい。三潴、最初は読めなかったんだよなぁ。今も、ふと考えるが。瀦って漢字、豚と猪の合いの子だからイノブタ?でも 豬もイノシシなんだな?

■ 耳納(みのう): 福岡県久留米市山本町耳納

■ 女原(みょうばる): 福岡県福岡市西区女原

■ 宗像(むなかた): 福岡県宗像市

■ 和布刈(めかり): 福岡県
# 以前は北九州市門司区の町名。もとは門司市門司の一部。町名は、わかめ刈りの神事で有名な和布刈神社の所在地であることによる。和布を和訓で「め」といい、「め」を刈るということで、和布刈と称するようになったという。【出典
# 関門海峡めかり駅: 門司港レトロ観光線。福岡県北九州市門司区大字門司。

■ 門司(もじ): 福岡県北九州市。「門を司る」関所のことで、古来、海上を走行する舟を監視していた。文献上の初見は、延暦15年(796年)の太政官府にある「豊前門司」で、「文字」「文司」「毛字」などとも書かれた。【出典

■ 百道(ももち): 福岡県福岡市早良区百道(ももち)。鎌倉時代に筑前国早良(さわら)郡にみられた地名。当地は、文永の役の際、蒙古軍との激戦地となっている。

★ 

■ 薬師寺(やくしじ): 福岡県豊前市薬師寺

■ 八並(やつなみ): 福岡県福津市八並、福岡県築上郡上毛町八ツ並。
・ 許斐山西麓に位置する。地名の由来は、的原神社祭神の弟で当地に住んだ神が矢集(やつなみ)((やつめ))連の祖であったことにちなむという。【出典
・ 大分県の「八つ並」「八並」地名は「家並み」に由来し、郡衙の倉庫群が立ち並ぶことに由来する。【日本の古代道路 道路は社会をどう変えたのか 近江俊秀 角川選書】

■ 柳川(やながわ): 福岡県柳川市

■ 山本(やまもと): 福岡県久留米市山本町。福岡県北九州市小倉南区山本。

 八女(やめ): 福岡県八女市

■ 生家(ゆくえ): 福岡県富津市

■ 行橋(ゆくはし): 福岡県行橋市

■ 夜明(よあけ): 福岡県久留米市大善寺町夜明

★ 

■ 

★ 

■ 若松(わかまつ): 福岡県北九州市若松区

■ 渡辺通(わたなべどおり): 福岡県福岡市中央区渡辺通

統計表示