ヤ・ヤツ・ヤト」の資料集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ ヤ・ヤツ・ヤト(谷)

・ 台地や丘陵面を浸食した浅い湿った小さい谷を意味する。「湿地」を意味する「ヤチ(谷地)」と同じような語と思われるが、関東地方では、それから少し違う意味として「小谷」の意味としてよく使われる。本来は自然地名だが、開発化しやすいことから集落として発展しやすく、小集落地名となる。

 .筺Аヾ愿戝亙各地に広くみられる。

◆.筌帖А\虱娶の特に房総半島中部にまとまってみられ、神奈川県鎌倉市周辺にまで広がっている。さらに静岡県西部までみられる。

※ 古代の東海道に沿った地域か?

 ヤト: 東京都や神奈川県を中心とするし、埼玉県までみられる。

・ 群馬県では「谷戸」と書いて「カイト」地名が多いが、西日本系の「垣内(カイト)」と混合されている。

【古代−近世「地名」来歴集 日本地名研究所 監修】

※ 西岸良平さんの「かまくら物語」では、鎌倉の地名として「谷戸(ヤト)」が良く出てくるねぇ。

■ ヤチ、ヌタ、ムタ

・ 「ヤチ(谷地)」は「谷内・野地・屋地」などと書き、群馬県・富山県の北方にみられる。「ヤツ(谷津)」は埼玉県・千葉県・神奈川県・静岡県にみられる。「ヤタ・ヤダ(矢田・谷田)」は群馬県から和歌山県にかけての太平洋側に見られる。「ヌタ(怒田・沼田)」や「ニタ(二田・仁田・二位田)」も各地に見られる。「ムタ(牟田・無田)」は主に九州にみられ、谷間の湿地帯を意味する。【古代−近世「地名」来歴集 日本地名研究所 監修】

■ 谷戸(やと): 常陸国風土記によると、「箭括(やはず)の麻多智(またち)という者が原野を開墾しようとしたところ、角の生えた蛇の姿をした夜刀(やと)の神がでてきて邪魔をした。そのため、朝多智は夜刀神を斬りふせて山の方に追った。そのあと、彼は、山の入口に社をたてて夜刀神をまつり、ここから上は神の土地、下は人間の土地だと宣言した。」という。【地名の由来を知る事典 武光誠 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示