「妹」の地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
   
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 妹川(いもがわ): 福岡県うきは市浮羽町妹川
・ 芋河とも書く。巨瀬(こせ)川上流域の山間部に位置する。【出典

■ 妹(いもと): 滋賀県東近江市妹町(いもとちょう)
・ 愛知(えち)川右岸の氾濫原に位置する。

■ 呉妹(くれせ): 岡山県倉敷市真備町

■ 妹(せ): 岡山県倉敷市真備町妹
・ 旧備中国。小田川流域と同川支流背谷川・大武谷川流域に位置する。地内には郷木古墳や白鳳期創建の八高廃寺がある。また、大武池・高山池・甲骨池・坂本池・蓮池・内山池などがあり、溜池灌漑にも依存している。地内西部にある妹山については平安期永承元年の藤原家経に詠まれており、下って、今川了俊の「道ゆきふり」にも、応安4年2月頃九州に下向する途中の記事に「かるべ川せいやまなどうちこえて」と見える。【出典

■ 妹尾(せのお): 岡山県岡山市南区妹尾
・ 笹ケ瀬川と足守川の合流点の南西に位置する。
・ 妹尾郷: 鎌倉期に見える郷名。備中国都宇郡のうち。瀬尾とも書いた。【出典

■ 妹背牛(もせうし): 北海道雨竜郡妹背牛町妹背牛

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示