出典:角川日本地名大辞典
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 読書の小部屋Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 角川日本地名大辞典(角川書店)

・ 地名を検索する場合にはまずこれから。

# 私のライフワークの「名字と地名」の研究(もどき)。

「地名の研究」には無くてはならないのが、角川日本地名大辞典。

所が、これが高いんだなぁ。

山形県のだけでも買おうとしたら、3万円近くする。中古品という手もあるけど、内容がわからないからなぁ。それと紙の書籍は全文検索ができないから不便。ということでデジタル版を探したら全国版で約100万円近い。これでは手が出ない。

ということで、どこかにオンライン版が無いかと言うことで探したら、「JLogos」をみつけた。JLogosは原則無料辞書サイトだが、月額315円のプレミアム版だと角川日本地名大辞典も利用可能のようだ。このくらいのコストならってことで、タブレットにアプリをDownloadしてプレミアム版の登録をした。角川日本地名大辞典の実物を見たことがないので全部が収録されているのかはわからないが、たぶん全部なんだろう。

早速アプリを使ってみたら、結構使えそう。一般的には無料辞書の部分だけでも結構役に立つみたいだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示