「東西南北」の地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
   
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 北本(きたもと): 埼玉県北本市

■ 東名運河(とうなうんが):  宮城県東松島市新東名。宮城県東松島市(旧鳴瀬町)にある運河名。石巻湾岸に沿い、鳴瀬川から松島湾に通じる。延長約3Km。北上運河(鳴瀬川〜北上川間)と合わせて野蒜(のびる)運河ともいう。【出典
・ 仙石線の東名駅は東日本大震災で大きな被害をうけた。

■ 南畑(なんばた): 埼玉県富士見市南畑
・ 古くは難波田や難畑とも書いた。この地が入間川の流域にあり、たびたび水難にあったことに由来する。難波田氏は武蔵七党の村山党の出で、この地に住んで難波田氏を称した。

■ 西森名(にしもりみょう): 織豊期に土佐国高岡郡にみられた名(みょう)の名前。天正年間は黒岩城主片岡氏の支配地。現在の仁淀村東部。【出典

■ 南三原(みなみはら): 千葉県南房総市

■ 栗東(りっとう): 滋賀県栗東市
・ 戦後の町村合併の際、栗太郡の東部の意味で命名された。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示