静岡県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 英多郷: 静岡県

■ 小豆餅(あずきもち): 静岡県浜松市中区小豆餅

 熱海(あたみ): 静岡県熱海市

■ 安良里(あらり): 静岡県賀茂郡西伊豆町安良里

■ 英原郷(あわらのごう): 静岡県
・ 平安期に見える郷名。「和名抄」駿河(するが)国志太(しだ)郡八郷の1つ。「あわら」は沼・湿地・河川合流点などとして用いられることが多く、そのため比定地は現在の藤枝市、瀬戸川流域の大字内瀬戸・水上・下青島・南新屋・志太・青木付近とする説がある。「地名辞書」は当郷を同郡葦原郷の重複とし、現在の島田市大字阿知ケ谷付近に比定している。【角川日本地名大辞典】

■ 井伊谷(いいのや): 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷

■ 五十海(いかるみ): 静岡県藤枝市五十海

■ 生土(いきど): 静岡県駿東郡小山町生土(いきど)

■ 伊砂(いすか): 静岡県浜松市天竜区伊砂(いすか)
・ 伊須賀とも書く。天竜川中流の右岸に位置する。地名の由来は、「風土記伝」によれば、船明(ふなぎら)村の伊須賀山の住人が来て開拓したことによる。【角川日本地名大辞典】

■ 伊東(いとう): 静岡県伊東市
・ 地名は伊豆国の東部の意。【角川日本地名大辞典】

■ 引佐町(いなさちょう): 静岡県浜松市北区引佐町
・ 井伊谷村・金指町が合併して成立。町名は古代からある郡名から採った。【角川日本地名大辞典】

■ 稲取(いなとり): 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取

■ 犬間(いぬま): 静岡県島田市

■ 猪之頭(いのかしら): 静岡県富士宮市猪之頭

■ 今切(いまぎれ): 静岡県

■ 魚見(うおみ): 静岡県伊東市新井魚見

■ 内田郷(うちだごう): 静岡県掛川市上内田。戦国時代に遠江国城飼郡にあった郷。

■ 梅木(うめぎ): 静岡県伊豆市梅木?

■ 梅地(うめじ): 静岡県榛原郡川根本町梅地

■ 梅名(うめな): 静岡県三島市梅名

■ 大嵐(おおぞれ): JR飯田線大嵐駅。静岡県浜松市天竜区水窪町。

■ 大晦日(おおづもり): 静岡県富士宮市内房大晦日

■ 男神(おかみ): 静岡県牧之原市男神

■ 興津(おきつ): 静岡県静岡市清水区興津

■ 御前崎(おまえざき): 静岡県御前崎市

■ 小柳津(おやいづ): 静岡県焼津市小柳津

■ 親知らず、子不知(おやしらず、こしらず)

■ 小和田(おわだ): 静岡県掛川市大字大和田

★ 

■ 貝伏(かいぶし): 静岡県
・ 地名は甲斐武士に由来する。戦国時代に甲斐の武田氏が駿河の攻略のために武士を派遣したが徳川勢に敗れて、武田方の武士の多くが落ち武者となった身を寄せたことに由来する。

■ 鍵穴(かぎあな): 静岡県静岡市葵区鍵穴

■ 金沢(かねざわ): 静岡県裾野市金沢

■ 金谷(かなや): 静岡県島田市金谷

■ 加納(かのう): 静岡県賀茂郡南伊豆町加納

■ 鎌田(かまだ): 静岡県伊東市鎌田。
・ 鎌田村: 室町時代から伊豆国伊東荘にみられた村名。

■ 狩宿(かりやど):  静岡県富士宮市狩宿

■ 函南(かんなみ): 静岡県田方郡函南町

■ 吉川(吉香): 静岡県静岡市清水区吉川(きっかわ)

■ 草薙(くさなぎ): 静岡県静岡市清水区草薙

■ 楠(くすのき): 静岡県静岡市清水区楠
・ 楠木・久須奴木とも書く。地名は、長い期間州となっていた土地の意とも考えられる。【角川日本地名大辞典】

■ 小金(こがね): 静岡県静岡市清水区蒲原小金。地名は、地内から黄金がとれたことに由来するという。

■ 御殿場(ごてんば): 静岡県御殿場市

■ 小土(こひじ): 静岡県焼津市小土
・ 小土(こひじ): 地名の由来は、湿地帯・湿田のことを指す語であろうといわれ、近世以前当地は「フケ地」、つまり湿田または低湿地であったという。【角川日本地名大辞典】

■ 子持坂(こもちざか): 静岡県藤枝市岡部町子持坂

★ 

■ 佐倉(さくら): 静岡県御前崎市佐倉

■ 佐藤一色(さとういっしき): 静岡県

■ 佐藤町(さとうちょう): 静岡県浜松市中区佐藤

■ 佐野(さの): 静岡県伊豆市佐野

■ 地名(じな): 静岡県榛原郡川根本町地名

■ 白拍子(しらびょうし): 静岡県磐田市白拍子

■ 新幹線区: 静岡県田方郡函南町上沢

■ 須津(すど): 静岡県富士市
・ 須津(すど): 須戸・州津とも書いた。

■ 炭焼(すみやき): 静岡県掛川市炭焼

★ 

■ 高橋(たかはし): 静岡県静岡市清水区高橋

■ 渡(ど): 静岡県静岡市
・ 渡(ど): 旧駿河国の安倍川上流左岸に位置する。

■ 徳光(とくみつ): 静岡県袋井市徳光

■ 登呂(とろ): 静岡県静岡市駿河区登呂

★ 

■ 長崎(ながさき): 静岡県静岡市清水区長崎

■ 長崎(ながさき): 静岡県伊豆の国市長崎

■ 日本平(にほんだいら): 静岡県

■ 韮山(にらやま): 静岡県伊豆の国市韮山

■ 鵺代(ぬえしろ): 静岡県浜松市北区三ヶ日町鵺代

■ 猫沢(ねこざわ): 静岡県富士宮市猫沢

★ 

■ 浜岡(はまおか): 静岡県

■ 孕石(はらみいし): 静岡県掛川市孕石
・ 孕石(はらみいし): 原野谷川上流右岸に位置する。地名は孕石と呼ばれる巨岩に由来する。【角川日本地名大辞典】

■ 人穴(ひとあな): 静岡県富士宮市人穴

■ 堀内(ほりのうち):  静岡県駿東郡小山町竹之下堀ノ内?戦国時代に駿河国富士郡にみられた地名。堀内の地名は、この南条氏の居館の堀の内に由来すると推定される。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 三島(みしま): 静岡県三島市

■ 三ヶ日(みっかび): 静岡県浜松市北区三ヶ日町

■ 妻良(めら): 静岡県賀茂郡南伊豆町妻良

■ 用宗(もちむね): 静岡県静岡市駿河区用宗

■ 桃里(ももざと): 静岡県沼津市桃里
・ 昔は、この地は助兵衛という地名だったそうだが、「すけべい」の音を嫌って変えたと言われる。

★ 

■ 焼津(やいづ): 静岡県焼津市

■ 由比(ゆい): 静岡県静岡市清水区由比

★ 

■ 

★ 

■ 稚贄屯倉(わかにえのみやけ): 静岡県
・ 奈良期以前に見える屯倉の名。駿河(するが)国のうち。安閑天皇2年5月9日条で設置された26の屯倉のうちの1つ。屯倉設置の記事を1か所にまとめたという説もあり、必ずしも安閑天皇2年設置といえない。比定地は未詳だが、現在の富士市を流れる赤淵川を古く生贄(いけにえ)川といい、河口の富士市大字鈴川付近を牲(いけにえ)淵といい生贄の伝説もあることから比定地とする説がある。【角川日本地名大辞典】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示