「梅」の地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
「梅」のつく名字 「いも」の地名
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ ウメ(梅): 平坦地の「ウメ」地名は埋め立て地、山間部の「ウメ」地名は地滑り地が多い。【出典


■ 梅(うめ): 大阪府堺市北区百舌鳥梅町
・ 仁徳天皇陵の南東に位置する。【出典

■ 梅木(うめぎ): 静岡県伊豆市梅木?
・ 伊豆半島中央部、狩野川支流の大見川中流左岸に位置する。地名は古くから地内に梅の木が多かったことにちなむ。【出典

■ 梅里(うめざと): 東京都杉並区梅里
・ 昭和43年の住居表示で、青梅街道の「梅」と、町を意味する「里」を併せた。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 梅地(うめじ): 静岡県榛原郡川根本町梅地
・ 梅次とも書く。関沢川と大井川の合流点付近に位置する。当地の住人築地某の祖先が京都の梅津から移住してきたため当地を梅津と呼び、これが梅地に転訛したという。【出典

■ 梅島(うめじま): 東京都足立区梅島

■ 梅田(うめだ):  福島県岩瀬郡天栄村大里梅田

■ 梅田(うめだ):  群馬県桐生市梅田町

■ 梅田(うめだ):  埼玉県春日部市梅田

■ 梅田(うめだ): 東京都足立区梅田

■ 梅田(うめだ):  新潟県長岡市梅田

■ 梅田(うめだ):  大阪府大阪市北区梅田

■ 梅田(うめだ):  和歌山県海南市下津町梅田

■ 梅田(うめだ):  鳥取県東伯郡琴浦町梅田

■ 梅平(うめだいら): 山梨県南巨摩郡身延町梅平

■ 梅月(うめつき): 島根県益田市梅月町梅月
・ 高津川の支流本俣賀(ほんまたが)川の上流域に位置する。地名は、古昔梅に月を画く酒肆があり、闇夜にその書画の月光が照った故事によるといい、埋築城(うめつき)の意ともいう。【出典

■ 梅坪(うめつぼ): 東京都八王子市梅坪町

■ 梅名(うめな): 静岡県三島市梅名

■ 梅の木(うめのき):  埼玉県比企郡川島町梅ノ木。梅の古木があったことに由来する。

■ 梅野木前(うめのきまえ): 山形市梅野木前【参考

■ 「うめ」の語源

統計表示