「和田」の地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
「和田」の名字  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 「わだ、わた」の地名

・ 海岸には「わた」や「わだ」の地名が多い。「わた」は「うみ(海)」の古語で、「わたつみ」と言えば「海の神」で、「わたなか」は「海の中」で、「海上」のこと。「わたはら」は「海原」のこと。「わた」は「海をわたる(渡る)」の語幹とも、「わ(曲)た(処)」で海や川が弓なりに曲がるところともいう。

・  これと似た地形に「めら」がある。宮崎県の米良は九州山地にある大きな曲がりをもつ谷間である。「めら」は動詞の「める(減る)」から「め(減る)」+「ら(接尾語)」となり、崖崩れや浸食谷を指すとの説もある。 


【和田】(わだ)
・ 和田の地名は西日本の海岸沿いに多い。古代人は海神のことを「綿津見の神(わたつみのかみ)」と呼び、これを祀ったのは海部という航海民に由来する。
・ 和田の地名は全国各地に分布。検索したら700以上るので、主なものだけアップしました。

「和田」は【湾曲に由来】【海に由来】【田に由来】【人名に由来】【その他に由来】など様々な由来があって奥深い。読みも「わだ」だけでない。【人名に由来】って「和田アキ子」由来じゃないですよ〜。(笑)

【湾曲に由来】

■ 和田(わだ): 茨城県取手市和田?。 小貝川下流右岸の湾曲部沖積地に位置し、河川の屈曲したところを「わだ」といったことに由来するという。また和田民部が戦いに敗れ、土着して椎名氏と改姓し、和田の姓を地名としたという説もある。【出典

■ 和田(わだ): 戦国時代に群馬県高崎市にみられた地名。

■ 和田(わだ): 東京都杉並区和田
・ 和田義盛の陣屋があったといわれるが、「わだ」とは、一般に河の曲流部などの、やや広い円みのある平地のこと。
・ 善福寺川が、この地で輪のように曲がっていたことに由来する。もっと大きな川が輪になっているところを「川和」という。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 和田(わだ): 静岡県伊東市和田。 当地が海川の曲(ワダ)に位置することに由来する。

■ 和田(わだ): 和歌山県和歌山市和田。和歌山平野の南部。「和太」とも書いた。和田川左岸沿いの低湿な氾濫原に位置し、海浜水隈湾曲の地であることに由来し、曲(わだ)の意味と言われる。

■ 和田(わだ): 兵庫県豊岡市竹野町和田?。竹野川の河口付近。竹野川が地内を湾曲して流れていたことに由来すると言われ、古来集落の存在する一帯を「わだおか」とも称していた。

■ 和田(わだ): 兵庫県西脇市和田。川の曲流部のやや広い平地に位置することに由来する。

■ 和田(わだ): 鳥取県米子市和田町。湾に沿っていたことに由来すると言われ、河の曲流部などのやや広い円みのある平地を「わだ」といったことに由来する。

【海に由来】

■ 和田(わだ): 千葉県。和田義盛の所領に由来するという説や、海を意味する「わだ」に由来するという説がある。

■ 和田(わだ): 静岡県牧之原市和田。 牧ノ原台地の東南,駿河(するが)湾に注ぐ萩間川中流左岸に位置する。和田義盛の塚があることに由来するとも、海(わだ)が転化したとも言われる。

■ 和田(わだ):   香川県観音寺市豊浜町和田。 北に和田浜があり、海の意味に由来すると言われる。また、古く綿を植えはじめた地に由来するとも言われる。

■ 和田(わだ):  鹿児島県鹿児島市和田。和田川下流域。海の神綿津見神の綿に基づくもので海辺の意味と言われる。

【田に由来】

■ 和田(わだ):  福島県、中通り北部、阿武隈(あぶくま)山地の西斜面、阿武隈川の東岸に位置する。廻田の意味で四周に田があることに由来する。

■ 和田(わだ): 奈良県奈良市和田町。稲の豊穣の田を意味する「にぎた」に由来する。

【人名に由来】

■ 和田(わだ):  秋田県秋田市河辺和田。岩見川の中流自然堤防上に位置する。建保年間に和田義盛が北条氏との戦いに敗れ、逃れてこの地に住んだということに由来する。

■ 和田(わだ):  丹波国(兵庫県)。牧山川下流左岸。永正元年に信濃国和田より和田氏が来住し、市場村を和田町と改めたことによると言われる。

■ 和田(わだ): 岡山県(旧和田村): かつて和田氏が居住していたことに由来すると言われる。

【その他に由来】

■ 和田(わだ): 埼玉県行田市和田(他)
・ 和田は渓谷の幅の広くなったところで、水辺に限らず、地域によっては沖という地方もある。【出典

■ 和田(わだ): 石川県輪島市門前町和田。能登半島北部、八ケ川中流の北岸の平地に位置する。平地に位置しているため古くから開け、通称カワラバからは土師器・須恵器が多数出土している。元弘3年の総持寺文書に、「櫛比御厨内和田村地頭,長彦十郎政信」とみえる。高間氏の館跡が残っている。また中世から近世にかけて真言宗長楽寺があ、能登三十三か所のうち第29番の札所となっていた。【出典

■ 和田(わだ): 三重県亀山市和田町。延暦15年にこの地を訪れた空海が地蔵尊を刻んで那智山石上寺を建立し、周辺の田園を開いて和田の里と称したことに由来する。

■ 和田(わた): 滋賀県甲賀市甲賀町和田。甲賀。油日(あぶらひ)谷の西部,和田川の貫流する地域。和太・輪田とも書く。

■ 和田(にぎた):  大阪府堺市南区和田。「みぎた」とも呼んだ。
・ 奈良から平安時代に「和田郷」が、鎌倉時代から戦国時代に「和田(にぎた)荘」があった。
・ 和田郷: 「和名抄和泉国大鳥郡十郷の1つ。高山寺本では「邇岐多」と、東急本では「爾木多」と訓む。後に、「美木多」とも、和の字から輪田とも称したといわれる。古代豪族の和田氏の本貫地と言われる。現在の堺市の野々井・別所・美木多上・和田・鴨谷台・平井などの一帯と推定される。【出典

■ 和田(わだ): 兵庫県神戸市和田岬(市内に和田のつく地名が数カ所ある)。平清盛の時代、兵庫毛の福原の大輪田泊(おおわだのとまり)と表記された。

■ 和田(わだ):   兵庫県養父市大屋町和田。古くは和機村と言った。大屋川支流の明延川中流域にある。木の皮(キワダ)を取って織物にしていたことに由来すると言われる。

■ 和田(わだ):  旧丹波国。篠山(ささやま)盆地中央部、篠山川中流域右岸。和やかで毎年変わらず作物がとれることによるとも、曲がった地形の小集落の意味に由来するとも言われる。

■ 和田(わだ):  山口県大島郡周防大島町和田。大島郡の島端部では最も早く開けた所で、田畑を開いた時、土地がわたみ(棉)のように軟らかく開きやすかったので和田と名付けたと言われる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示