「一色」の地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
「一色」の名字 「一色」とは
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 一色地名
・ 国司の権限で租税の一部や全部が免除された土地を別符(別名の符)といった。現在の大分県別府市のあたりは宇佐神宮の石垣荘の一部で、鎌倉時代の文書に「石垣荘二百町のなかの六十町が別符である」とある。【地名でわかるオモシロ日本史 武光誠】
・ 荘園の租税には、年貢、公事、夫役の三種類があるが、年貢と公事を免除して夫役だけを聴取するところを「一色」と言った。【地名でわかるオモシロ日本史 武光誠】

※ 全国に「一色」の地名は結構あるようです。一般論として「一色」とは昔の税金の「租庸調」の一種類だけ負担したことに由来するようです。

【いしき】

■ 一色(いしき): 静岡県賀茂郡南伊豆町一色(いしき)。地内の姫宮神社の祭神伊波乃比很燭僕獲茲垢襦

■ 一色(いしき): 静岡県磐田市一色(いっしき)。一色は一職のことで神領一職の田地が村名となったとあり、神領の田地によるもの、あるいは、中世に公事を免除され、年貢のみを負担した田地によるものか。【角川日本地名大辞典】

■ 一色(いしき): 岐阜県羽島市上中町長間。長間村の新村で、一色の語源は居敷、今の屋敷を意味すると言われる。

■ 一色(いしき):  愛知県一宮市一色町。「居屋敷」が転訛したと言われる。

【いっしき】

■ 一色(いっしき):  千葉県富津市一色。地名はある物産の一種を指定して物納させられたことにちなむ。【角川日本地名大辞典】

■ 一色(いっしき): 長野県飯田市鼎一色。地名は異説もあるが、一色は一職で、荘園制下の収益権を総支配すること、即ち小笠原氏が収益権を所有した、いわゆる一職支配を意味するとされる。【角川日本地名大辞典】

■ 一色(いっしき):  山梨県南巨摩郡身延町一色。地名は荘園制の一色別納より生じたといわれる。【角川日本地名大辞典】

■ 一色(いっしき): 愛知県西尾市一色町。地名は一色田、1種類の貢租または課役だけを負担する田の制度にちなむが、1種類が何であったかは不明。【角川日本地名大辞典】

■ 一色(いっしき):  滋賀県米原市一色。石城(いしき)作りの略で石城の転字ともいわれる。

■ 一色(いっしき):  愛知県新城市一色。染物が行われていたことに由来すると言われる。

■ 一色(いっしき): 岐阜県高山市荘川町一色。「後風土記」は、「文明年中一色左京大夫義直の一族たる一色式部義当、浪人と成り、当村に来り、住居して農家となれり。一色義当住居の村ゆえ、後に一色村と称せしとなり」と記す。【角川日本地名大辞典】

【その他】

■ 野一色(のいしき): 岐阜県岐阜市野一色

■ 野一色(のいしき): 滋賀県米原市野一色

■ 上九一色

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示