「白井」の名字の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「さ」行の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 白井(しらい)

【2019/03/26:改編】

# 272位: 「六つ星紋」「丸に抱き茗荷紋」「丸に揚羽蝶紋」「九曜紋」「十曜紋」【知っておきたい家紋と名字 別冊宝島】

・ 上野の白井氏は上野国西群馬郡白井山田をルーツとする。庄内藩士の白井家は三河国白井をルーツとする。【知っておきたい家紋と名字 別冊宝島】

# 各地にみられるが、新潟県、香川県、愛知県の三河地方に多くみられる。

# 上野の白井氏は上野国西群馬郡白井山田(群馬県渋川市白井)をルーツとし、桓武平氏千葉氏の支流。安芸の白井氏は上野国の白井氏の末裔

# 下総の白井氏は下総国香取郡白井(千葉県香取市)をルーツとする。

# 庄内藩士の白井家は三河国白井村(愛知県)をルーツとする。

# 山形県の白井家: 庄内藩の重臣。三河国白井村(愛知県)をルーツとする。白井忠実が徳川家康に仕え、酒井家の家臣となった。酒井家の庄内転封に従い、庄内藩の重臣をつとめた。【出典】 

# 参考: 白井の地名
・ 白井(しろい): 岐阜県高山市丹生川町白井(しろい)。地名の由来は、かつて井戸を掘ったところ白く濁った水が湧き出たことによるという。【出典
・ 白井(しらい): 山梨県甲府市白井町(しらいちょう)
・ 白井(しろい): 千葉県白井市。地名の由来は、きれいな湧水があり、「知る井」が転化したものという。
・ 白井(しろい): 群馬県渋川市白井。地名の由来については、白衣様がいたからという伝説や、白猪(しろい)にちなむという説もある。子持山中に白い猪を産して神に献上したのでこの名がつき、猪(い)が衣(い)に、そして井(い)に変化、白井(しろい)となったのであろうといわれる。【出典
・ 白井(しらい): 茨城県桜川市真壁町白井。
・ 白井(しらい): 静岡県牧之原市白井。地名の由来は、新羅(しらぎ)の帰化人が移住したことにあるという。【出典
・ 白井(しらい): 兵庫県朝来市和田山町白井。地名の由来は、白石や白砂のある土地の意によると思われる。また、新羅からの渡来人が居住したため新羅居が転訛したともいう。【出典
・ 白井(しろい): 長崎県松浦市調川町白井免(しろいめん)。
・ 白井(しらい): 鹿児島県大島郡徳之島町白井。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
都道府県毎の名字の特徴 名字の様々な区分
難読名字 難読地名・珍地名
地名と災害 名字の博物館
名字と地名・都道府県編 民俗学の広場内の検索

■ このサイトで使用している「名字の順位」「全国の概算数」「都道府県毎の順位」などについてはこちらを御覧下さい。詳細】 

統計表示