「動物」の地名(一般)
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
   
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 飛鳥(あすか) → 詳細

■ 穴虫(あなむし): 石川県加賀市大聖寺錦町。

■ 穴虫(あなむし): 奈良県香芝市穴虫。竹田川上流、二上山北方の渓谷に位置する。地名は穴に伏す低地という地形に由来すると思われる。【角川日本地名大辞典】

■ 姉猪熊町(あねいのくまちょう): 京都府京都市中京区姉猪熊町

■ 斑鳩(いかるが) → 詳細

■ 犬馬場村(いぬのばばむら): 福岡県八女市川犬犬馬場。
・ 江戸時代から明治の初頭にかけて筑後国上妻郡にみられた村名。

■ 「牛」の地名

■ 鶉(うずら): 群馬県邑楽郡邑楽町鶉。建久年間、足利義兼が鎌倉から足利へ向かう途中鶉を捕らえさせ黄金の指籠に飼ったが、夢のお告げで放鳥し、のちに高い地位を得たといういい伝えがあり、地名はこのいい伝えにちなむ。茂木氏の居城と伝える鶉城跡があるが、これは茂木氏が住んだ茂木館であるとする説もある。【角川日本地名大辞典】

■ 「海老」の地名

■ 男鹿(おが): 秋田県男鹿市

■ 尾鷲(おわせ): 三重県尾鷲市

■ 鹿教湯(かけゆ):  長野県上田市鹿教湯温泉。温泉街の対岸にある文殊菩薩が鹿に化身し、信仰篤い猟師に、いで湯のありかを教えたという故事からその名がでている。別名、文殊の湯ともいう。【角川日本地名大辞典】
※ 一説には、「欠け」に由来する「災害地名」との考えもある。

■ 鹿島台(かしまだい): 宮城県大崎市鹿島台
# 村名は旧広長村東部の鹿島神社が鎮座する台地名による。【角川日本地名大辞典】
# 鹿島神社のある台地に因む。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
# 鹿島神社のある台地に因む。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 鹿妻(かづま): 宮城県石巻市鹿妻。国鉄仙石線鹿妻駅北側の地域を指す。地名の由来は、妻をなくした牡鹿が日夜亡妻を恋い慕って泣いたことによるという。牡鹿は遂に石に化し、里人はこれを憐れんで鹿石神社として祀った。鹿石神社には近年まで鹿踊りが伝承され、その独特の踊りが注目されている。【角川日本地名大辞典】

■ 鹿妻村(かづまむら):  岩手県盛岡市鹿妻。江戸時代陸奥国岩手郡にみられた村名。

■ 鹿角(かのつの): 香川県高松市鹿角町。地名の由来には諸説がある。かつて大旱魃の時に屋島方面から1匹の大きな鹿がとび出し、その角で隣接する太田にある鹿の井を掘り、角を落としたところが、現在の鹿角であるという説、また、このあたりには鹿が多く群れていたからであるという説があり、ほかに荘園の上(かみ)の角(すみ)の方向にあたった所であり文字が書きかえられて鹿角となったという説などもある。永正年間、万堂(現在の綾歌郡国分寺町)新居氏の出城としてつくられた鹿角城址がある。【角川日本地名大辞典】

■ 「亀」の地名

■ 鴨川(かもがわ): 千葉県鴨川市

■ 鴨宮(かものみや): 神奈川県小田原市鴨宮

■ 「烏山」の地名

■ 鷺(さぎ): 山形県飽海郡遊佐町。江戸時代から明治時代の初頭にかけて山形県にみられた村名。地名の由来は、昔庄内高瀬川に水鳥が生息し、鷺町は松に鷺が巣をつくったことから鷺松の転訛によるという。【角川日本地名大辞典】

■ 鷺巣(さぎのす): 新潟県長岡市鷺巣町。地名の由来は、山林に古来より鷺が多くいたことによるとも、地形が緩斜面をなす岬であり、崎(先)の州の意かともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 鷺宮(さぎのみや): 群馬県安中市鷺宮。経津主命が建御名方命を追って上信国境の荒船山に出陣のとき、この地に本陣を構えたことから、下総国香取神宮の経津主命を遷座奉幣したという。これを先宮あるいは前宮と称したことから村名が生まれ、のちに鷺宮になったといわれている。【角川日本地名大辞典】

■ 鹿央(かおう): 熊本県山鹿市(旧鹿央町)。鹿本郡の中央部の意味。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 鹿本郡(かもとぐん): 熊本県。明治29年に郡制施行により山鹿郡と山本郡が合併して成立。

■ 白鳥(しらとり、しろとり):  → 詳細

■ 鈴鹿(すずか): 三重県鈴鹿郡。鈴鹿市。

■ 雀宮(すずめのみや): 栃木県宇都宮市雀宮町(すずめのみやちょう)

■ 高鷲町(たかすちょう): 岐阜県郡上市高鷲町。「たか(高)」と「す(棲)」で、高原上の住みやすい場所を意味する。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 鷹巣(たかのす): 秋田県北秋田市鷹巣

■ 辰野(たつの): 長野県上伊那郡辰野町

■ 鯰(なまず): 岡山県美作市鯰。地名の由来は梅雨の頃なまずが多くとれたことによる。【角川日本地名大辞典】

■ 鯰(なまず): 熊本県上益城郡嘉島町鯰。地名に関しては、阿蘇の神霊池の主であった大鯰が流れ出て当地にとどまったことにちなむとする伝承がある。【角川日本地名大辞典】

■ 猫実(ねこざね) → 詳細

■ 初鹿野(はじかの): 山梨県甲州市大和町初鹿野

■ 鳩山(はとやま): 千葉県香取市鳩山

■ 真鶴(まなづる): 神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴

■ 三鷹(みたか): 東京都三鷹市 

■ 八鹿(ようか): 兵庫県養父市八鹿町

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示