石川県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 英多郷(あがたのごう): 石川県かほく市(旧宇ノ気町)

■ 犬丸(いぬまる): 石川県小松市犬丸町

■ 猪平(いのひら): 石川県鳳珠郡能登町猪平

■ 動橋(いぶりばし): 石川県加賀市

■ 宇出津(うしつ):  石川県鳳珠郡能登町宇出津

■ 後畠(うしろばたけ): 石川県七尾市後畠町

■ 邑知(おうち): 石川県

■ 大呑(おおのみ): 石川県七尾市

■ 鬼屋(おにや): 石川県輪島市門前町鬼屋

★ 

■ 蚊爪(かがつめ): 石川県金沢市蚊爪
・ 「かがつめ」とは「日々詰」で、「日詰」と同じく、月末に市がたつことを意味する。

■ 橿原(かしはら): 石川県珠洲市?

■ 主計(かずえ): 石川県金沢市主計町

■ 金沢(かなざわ): 石川県金沢市

■ 刈安(かりやす): 石川県河北郡津幡町刈安【刈安の名字の由来

■ 倶利伽羅(くりから): 石川県河北郡津幡町倶利伽羅

■ 小松(こまつ): 石川県小松市

★ 

■ 桜坂(さくらざか): 石川県金沢市

■ 桜田(さくらだ): 石川県金沢市桜田町

■ 子浦(しお): 石川県羽咋郡宝達志水町子浦(しお)

■ 塩原(しおはら): 石川県小松市塩原町(しおはらまち)

■ 四十万(しじま): 石川県金沢市四十万

■ 直下(そそり): 石川県加賀市直下町(そそりまち)。

★ 

■ 千野(ちの): 石川県七尾市千野町

■ 九折(つづらおり): 石川県河北郡津幡町九折

■ 津波倉(つばくら): 石川県小松市津波倉町。石川県加賀市津波倉町。この地の神社にに銅製の燕(つばくら)が2羽あることによるとも言われる。

■ 富樫(とがし):  石川県金沢市富樫

■ 徳光(とくみつ): 石川県白山市徳光町

■ 戸保家(とぼけ): 石川県金沢市

★ 

■ 

★ 

■ 羽咋(はくい): 石川県

■ 英町(はなふさちょう): 石川県金沢市

■ 左礫(ひだりつぶて): 石川県白山市左礫町

■ 廿九日(ひづめ): 石川県鹿島郡中能登町廿九日

■ 一青(ひとと): 石川県鹿島郡中能登町一青

■ 鳳至(ふげし): 石川県輪島市鳳至町。
・ 鳳至(ふげし): 地名の由来は、古く鳳凰の天降りがあったことにちなむという。【角川日本地名大辞典】

■ 古屋敷(ふるやしき): 旧能登国(石川県)。石川県七尾市古屋敷町
・ 村名の由来は守護畠山氏の家臣団の屋敷跡があったことによるといわれる。【角川日本地名大辞典】

■ 分校(ぶんぎょう): 石川県加賀市分校町

★ 

■ 雲津(もづ):  石川県珠洲市三崎町雲津

★ 

■ 嫁坂(よめざか): 石川県金沢市

★ 

■ 下日郷(ゆうひのごう): 石川県
・ 平安期に見える郷名。「和名抄」能登国能登郡九郷の1つ。訓を欠くが、直前に掲げられる「上日郷」に「阿左比」の訓が付せられているので、「ゆうひ」と読んだことは疑いない。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 稚日野町(わかひのまち): 石川県金沢市稚日野町
・ もとは二塚(ふたつか)村大字中野。町名は地内の稚日霊神社と、もとの大字名を合成したことによる。【角川日本地名大辞典】

■ 和倉(わくら): 石川県七尾市和倉町
・ 「わく(湯が湧く)」+「ら(浦)」に由来する。【誰も知らない語源の話 増井金典 ベスト新書】

■ 割出(わりだし): 石川県金沢市割出町(わりだしまち)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示