石川県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
★ 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 英多郷(あがたのごう): 石川県かほく市(旧宇ノ気町)

■ 浅野(あさの): 石川県金沢市浅野本町

■ 安宅(あたか): 石川県小松市安宅町。梯川の河口に位置する、古来からの交通の要所で、歌舞伎の「勧進帳」の「安宅の関」で知られる。異国人が来襲してきた海岸と言われており、「寇が浦(あだがうら)」という地名が安宅と変化した。【出典

■ 穴虫(あなむし): 石川県加賀市大聖寺錦町。

■ 粟原(あわら): 石川県羽咋市粟原町(あわらまち)

■ 石川県(いしかわけん)

■ 犬丸(いぬまる): 石川県小松市犬丸町

■ 猪平(いのひら): 石川県鳳珠郡能登町猪平

■ 動橋(いぶりばし): 石川県加賀市

■ 牛首(うしくび): 石川県白山市(旧白峰村)。石川県金沢市(旧崎浦村)。

■ 宇出津(うしつ):  石川県鳳珠郡能登町宇出津

■ 後畠(うしろばたけ): 石川県七尾市後畠町

■ 邑知(おうち): 石川県

■ 大根布(おおねぶ): 石川県河北郡内灘町大根布

■ 大呑(おおのみ): 石川県七尾市

■ 女原(おなはら): 石川県白山市女原(おなばら)

■ 鬼屋(おにや): 石川県輪島市門前町鬼屋

■ 麻績(おみ): 長野県東筑摩郡麻績村。麻を積(あ)む職業集団がいたことに由来する。【出典

★ 

■ 蚊爪(かがつめ): 石川県金沢市蚊爪
・ 「かがつめ」とは「日々詰」で、「日詰」と同じく、月末に市がたつことを意味する。

■ 柿生(かきお): 石川県鳳珠郡能登町柿生

■ 神代(かくみ): 石川県羽咋郡志賀町神代

■ 風嵐谷川(かざらしだんがわ): 旧加賀国・石川県
・ 福井県境の大長(おおちよう)山の北部を水源とし、ほぼ北流、白峰(しらみね)字風嵐の東で牛首川と合流する。途中、チエジ谷・ホイチ谷などの支谷を合わせる。1級河川。流長3.74km。両岸はかなり急斜面だが、右岸の有形(ありがた)山(標高1,010.7m)北斜面は緩傾斜で、古くから出作りが盛んだった。合流点の風嵐は白山を開いたという泰澄の伝説で知られており、主要地方道白山公園線の橋詰には白山国立公園の石碑が建つ。【出典

■ 橿原(かしはら): 石川県珠洲市?

■ 主計(かずえ): 石川県金沢市主計町

■ 風嵐(かぜあらし): 旧加賀国・石川県
・ 「かざらし」ともいう。白山の西麓、牛首川と支流風嵐谷川の合流点付近に位置する。地名の由来は、養老2年泰澄大師が白山から下山し当地に岩根宮を建立、その折風が激しかったことによるという。【出典

■ 金沢(かなざわ): 石川県金沢市

■ 刈安(かりやす): 石川県河北郡津幡町刈安【刈安の名字の由来

■ 熊谷(くまんたに): 石川県珠洲市熊谷町(くまんたにまち)

■ 倶利伽羅(くりから): 石川県河北郡津幡町倶利伽羅

■ 黒川(くろかわ): 石川県鳳珠郡能登町黒川

■ 黒田(くろだ): 石川県金沢市黒田

■ 小松(こまつ): 石川県小松市

★ 

■ 桜坂(さくらざか): 石川県金沢市

■ 桜田(さくらだ): 石川県金沢市桜田町

■ 佐々木(ささき): 石川県小松市佐々木町

■ 指江(さしえ): 石川県かほく市指江

■ 猿橋(さるはし): 石川県輪島市門前町猿橋

■ 子浦(しお): 石川県羽咋郡宝達志水町子浦(しお)

■ 塩原(しおはら): 石川県小松市塩原町(しおはらまち)

■ 四十万(しじま): 石川県金沢市四十万

■ 伺去(しゃり): 長野県長野市。西行法師の逸話にでてくる「去(しゃ)り」という言葉に由来する。または仏舎利(ぶっしゃり)に由来するなど、諸説有る。【出典

■ 珠洲(すず): 石川県珠洲市。国引きの神話に出てくる「都都(つつ)」という岬の名が由来という説がある。また「鈴」の万葉仮名が「須須」で、そこから変化したという説もある。また近隣に「狼煙(のろし)」という地名があり、「日本書紀」ではこれを「烽(すすみ)」と表記しており、これが変化したという説もある。【出典
・ 珠洲郡(すずぐん): 旧能登国、石川県。能登国・石川県の郡名。「和名抄」の訓は「須々」、「延喜式」の訓は「すす」。郡名の由来は,この地域に設置されていた、烽(とぶひ)(狼煙(のろし))の古訓の「すすみ」(日本書紀天智3年是歳条)によるとする説が有力である。【出典

■ 直下(そそり): 石川県加賀市直下町(そそりまち)。

★ 

■ 千野(ちの): 石川県七尾市千野町

■ 九折(つづらおり): 石川県河北郡津幡町九折

■ 津波倉(つばくら): 石川県小松市津波倉町。石川県加賀市津波倉町。この地の神社にに銅製の燕(つばくら)が2羽あることによるとも言われる。

■ 道下(とうげ): 石川県輪島市門前町道下(とうげ)

■ 富樫(とがし):  石川県金沢市富樫

■ 徳光(とくみつ): 石川県白山市徳光町

■ 戸保家(とぼけ): 石川県金沢市

★ 

■ 長尾(なご): 石川県鳳珠郡能登町内浦長尾(なご)

■ 七尾(ななお): 石川県七尾市

■ 七日市(なんかいち): 石川県加賀市七日市町(なんかいちまち)

■ 額谷(ぬかだに): 石川県金沢市額谷

■ 額見(ぬかみ):  石川県小松市額見町

■ 猫ノ目(ねこのめ): 石川県羽咋市。その昔、海から見た陸の二軒の灯火が猫の目のように見えたことに由来する。【出典

■ 野々市(ののいち): 石川県野々市市

■ 狼煙新(のろししん): 石川県珠州市狼煙新町

■ 狼煙町(のろしまち): 石川県珠州市狼煙町

★ 

■ 羽咋(はくい): 石川県

■ 英町(はなふさちょう): 石川県金沢市

■ 羽生(はにゅう): 石川県鳳珠郡能登町羽生

■ 左礫(ひだりつぶて): 石川県白山市左礫町

■ 廿九日(ひづめ): 石川県鹿島郡中能登町廿九日。「樋詰」とも「「馬のひづめ」に由来するともいう。「廿九日」を当てたのは、月末の意味によるという。【出典
・ 晦日とも書く。地名の由来は樋詰の転化と見る説と、古代の越蘇郷院内住人の馬場の蹄跡多きによる説とがあるが不詳。【出典

■ 一青(ひとと): 石川県鹿島郡中能登町一青

■ 鳳至(ふげし): 石川県輪島市鳳至町。
・ 鳳至(ふげし): 地名の由来は、古く鳳凰の天降りがあったことにちなむという。【出典
・ 「オオトリが来る」という意味で、悪鳥を退治した神の名前に由来するともいう。【出典

■ 舟橋(ふなばし): 石川県河北郡津幡町舟橋

■ 古屋敷(ふるやしき): 旧能登国(石川県)。石川県七尾市古屋敷町
・ 村名の由来は守護畠山氏の家臣団の屋敷跡があったことによるといわれる。【出典

■ 分校(ぶんぎょう): 石川県加賀市分校町

■ 仏木(ほとぎり): 石川県羽咋郡志賀町仏木

■ ボロボロ鼻(ぼろぼろはな): 石川県七尾市。七尾湾に浮かぶ能登島にある海に突き出た地形(鼻)。【出典

■ 母衣町(ほろまち): 旧加賀国。江戸時代から昭和にかけての石川県金沢市の町名。
江戸期は金沢城下町のうち、地子町の1つ。明治22年からは金沢市の町名。浅野川左岸、大橋の下流に位置する。金沢城下の北部。町名は江戸初期、歩士に属する母衣衆が居住していたことによるといわれる。主に町人居住地で、文化8年肝煎伝右衛門裁許の下に、下級武士6軒を含み計18軒を数える。江戸前期から藩の川除番小屋が置かれていた。【出典

★ 

■ 松任(まつとう): 石川県松任市
・ 松は待つ。任は耐うで、風雪によく耐える土地のこと。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 三浦(みうら): 石川県

■ 耳聞山(みみきやま):  石川県加賀市大聖寺耳聞山町

■ 娚杉(めおとすぎ): 石川県金沢市娚杉町(めおとすぎまち)

■ 雲津(もづ):  石川県珠洲市三崎町雲津

★ 

■ 嫁坂(よめざか): 石川県金沢市

★ 

■ 山崎(やまざき): 石川県羽咋郡宝達志水町山崎

■ 山代(やましろ): 石川県の山代温泉
・ 山城・山背とも書く。江沼平野の南側、動橋(いぶりはし)川と大聖寺(だいしようじ)川の間に突出した江沼丘陵の北端に位置する。地名の由来は、山尾の背の意味であるといわれる。【出典

■ 山本(やまもと): 石川県加賀市山本町。

■ 下日郷(ゆうひのごう): 石川県
・ 平安期に見える郷名。「和名抄」能登国能登郡九郷の1つ。訓を欠くが、直前に掲げられる「上日郷」に「阿左比」の訓が付せられているので、「ゆうひ」と読んだことは疑いない。【出典

■ 吉田(よした): 石川県七尾市吉田町

■ 嫁坂(よめざか): 石川県金沢市

★ 

■ 稚日野町(わかひのまち): 石川県金沢市稚日野町
・ もとは二塚(ふたつか)村大字中野。町名は地内の稚日霊神社と、もとの大字名を合成したことによる。【出典

■ 輪島(わじま): 石川県輪島市。「輪」のような入り江があったとか、「輪」のような島になっていたとか、地形由来といわれる。また、鷺の悪鳥が住んでいたという伝説から、「鷺魔」になり、いつしか「輪島」と転訛したともいう。【出典:一個人 47都道府県 地名の謎】

■ 和倉(わくら): 石川県七尾市和倉町

■ 和田(わだ): 石川県輪島市門前町和田

■ 割出(わりだし): 石川県金沢市割出町(わりだしまち)

統計表示