「浦」の地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
「浦」のつく名字 「うら」の語源
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 出浦村(いでうらむら): 新潟県南魚沼市出浦。江戸時代越後国魚沼郡にみられた村名。

■ 浦賀(うらが): 神奈川県横須賀市浦賀
・ 「うらがわ」ともいい、浦河・浦川とも書いた。語義は海が奥深く入り込んだ入江で河のような感じを持つ地形。平作川河口付近に元浦賀の地名があり同様の地形を有しており、浦賀の地名はこの地の方が先という。【出典
・ 元は浦河と書いた。深い入り江が河口のように見えたことに由来する。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所】

■ 浦野(うらの): 長野県上田市浦野

■ 浦和(うらわ): 埼玉県さいたま市(旧浦和市)。

■ 風間浦村(かざまうらむら): 青森県下北郡風間浦村

■ 勝浦(かつうら): 千葉県勝浦市
・ 古くは桂浦・葛浦・勝占とも書いた。地名は、紀伊勝浦・土佐桂との関係に由来するとも、開拓の祖勝占の忌部の名に由来するとも、天然の良港すなわち勝れた浦の意に由来するともいう。【出典
・ 安房国には紀伊国からの移民が多く、白浜、勝浦の地名にその名残を残す。
・ 瑞祥地名か。あるいは、「かつ」は「崩壊・浸食」を表すか。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】
・ 同地名が南紀にもあり、東漸地名の一つか。「かつ」は「片」の意味で、背後を山に囲まれた片浦の意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 菅浦(すがうら): 滋賀県長浜市西浅井町菅浦。

■ 積浦(つむうら): 香川県香川郡直島町積浦

■ 三浦(みうら): 神奈川県三浦市

■ 三浦(みうら): 石川県
・ 手取川扇状地の扇央部に位置する。手取川七ケ用水の1つ中村用水分流東川(当地では追分川と呼ぶ)と支流柳橋川、それに郷用水の支流郷川(当地では堂田川と呼ぶ)と宮川が貫流し、水利の便がよい。地名については、石山神社社伝に、源頼朝の御家人三浦大介義明の一族が、加賀に来て開発領主となり、姓を地名としたという。【出典

■ 三浦(みうら): 三重県北牟婁郡紀北町三浦
・ 大瀬川河口、熊野灘に臨むリアス式海岸に立地する。地名の由来は「紀伊続風土記」によれば、三(ミ)は美称で三芳野、三熊野の類であるとするのに対し、「北牟婁郡地誌」は、かつて当地に玉津・中野・豊の三浦があったことからこれらを包括して名付けられたとする古老の口碑をとりあげている。【出典

■ 御浦郷: 神奈川県横須賀市
・ 奈良期〜平安期に見える郷名。「和名抄」相模国御浦郡五郷の1つ。東急本では「御浦郷」であるが、高山寺本には「御津郷」と見える。なお東急本の訓は「美宇良」。【出典

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示