熊本県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
★ 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 秋田(あきた): 熊本県熊本市東区秋津町秋田

■ 阿蘇(あそ): 熊本県阿蘇郡
・ 「あそ」「あず」は崩壊した地形をあらわす古代語で、火山帯に多く見られる。【地名でわかるオモシロ日本史 武光誠 角川ソフィア文庫】
・ 日本書紀では、阿蘇都彦命、阿蘇都比很燭僕獲茲垢訝鰐召判颪れている。【地名でわかるオモシロ日本史 武光誠 角川ソフィア文庫】

■ 海士江(あまがえ): 熊本県八代市海士江町

■ 有木(ありき): 熊本県水俣市古里有木

■ 五木(いつき): 熊本県球磨郡五木村

■ 一勝地(いっしょうち): 熊本県球磨郡球磨村一勝地

■ 出田(いでた): 熊本県菊池市出田。出田古城には、出田氏が代々在城したという。

■ 井上(いのうえ): 熊本県八代市井上町。

■ 芋生(いもう): 熊本県山鹿市鹿北町芋生。戦国期には芋生氏がいた。

■ 宇城(うき): 熊本県宇城市

■ 牛深(うしぶか): 熊本県天草市牛深町

■ 打出(うちで): 熊本県甲佐町打出

■ 内牧(うちのまき): 熊本県阿蘇市内牧
・ 阿蘇谷の北西部、黒川沿いに位置する。地名は、阿蘇外輪山上のに対し、火口原内にある牧であることから、内の牧と称したという。天正年間頃に阿蘇氏の家臣辺春丹波守が当地に在城したが、島津義久によって滅ぼされたと伝える。【出典

■ 宇土(うと): 熊本県宇土市

■ 産山(うぶやま): 熊本県阿蘇郡産山村

■ 蔚山(うるさん): 熊本市中央区

■ 画図(えず): 熊本県熊本市(旧画図村)

■ 江良(えら): 熊本県合志(こうし)市合生(あいおい)江良

■ 網田(おうだ): 熊本県宇土市網田町

■ 大平(おおひら): 熊本県菊池市大平

■ 尾籠(おごもり): 熊本県阿蘇市一の宮町手野尾籠

■ 男成(おとこなり): 熊本県上益城郡山都町男成

■ 乙姫(おとひめ): 熊本県阿蘇市乙姫

■ 小谷(おやつ): 熊本県上益城郡益城町小谷(おやつ)

★ 

■ 鹿央(かおう): 熊本県山鹿市(旧鹿央町)

■ 鹿帰瀬(かきぜ): 熊本県熊本市東区鹿帰瀬町

■ 嘉島(かしま): 熊本県上益城郡嘉島町

■ 歩町(かちちょう): 熊本県熊本市にあった町名
・ 徒町とも書く。旧熊本城下高田原の武家地跡に起立した町。高田原は、加藤清正が城下町建設に際し、城の東に開いた侍屋敷。【出典

■ 鹿子木荘(かのこぎそう):  熊本県熊本市北区鹿子木町(かのこぎまち)

■ 辛島(からしま): 熊本県熊本市中央区辛島町。「から」は涸れのことで、干上がった島を意味する。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

■ 菊池(きくち): 熊本県菊池市

■ 北里(きたざと): 熊本県阿蘇郡小国町北里

■ 桐原(きりはら): 熊本県上益城郡山都町城原桐原

■ 草千里ケ浜(くさせんりがはま): 熊本県
# 阿蘇中央火口丘の西部,烏帽子岳の北に接して位置する千里ケ浜火山の火口跡。単に草千里ともいう。中岳火口南の砂千里に対して呼ばれる。阿蘇郡の阿蘇町・長陽村・白水村にまたがる。烏帽子岳の側火山として活動した千里ケ浜火山の二重火口跡で、直径約1km、広く浅いが、内側の火口は東方のくぼ地で、南北約500m、東西約250mの楕円形をなし、草千里の中央近くの標高1157mの小高い丘が内側火口の縁にあたる。北の火口縁を阿蘇登山道路(坊中線)が通り、中岳の噴火災害を避けて諸施設が設けられている。千里ケ浜火山の溶岩は、西方へ流下して湯の谷温泉近くに達する。火口跡には、ともに水がたまるので,放牧地として利用され、また登山観光客の憩いの場ともなっている。【出典

■ 草部(くさべ、くさかべ): 熊本県阿蘇郡高森町草部(くさかべ)

■ 九品寺(くほんじ): 熊本県熊本市中央区九品寺

■ 熊本県(くまもとけん): 熊本の地名の由来

■ 黒髪(くろかみ): 熊本県

■ 黒鍬町(くろくわちょう): 熊本県熊本市

■ 神水(くわみず): 熊本県熊本市中央区神水本町

■ 甲佐(こうさ): 熊本県上益城郡甲佐町

■ 合志(こうし): 熊本県合志市

★ 

■ 相良(さがら): 熊本県球磨郡相良村

■ 猿渡(さるわたり):  熊本県上益城郡山都町猿渡

■ 泗水(しすい): 熊本県菊池市泗水町。初代村長の西佐一郎は漢学者で、当時所属していた郡名が「合志(ごうし)郡」であったことから、明治22年の町村制施行に際し、郡名を「孔子」にみたてて、その故郷の中国の山東省の泗水県からとって村名とした。【出典

■ 賤之女(しずのめ): 熊本県上天草市。身分の低い女性という意味。隠れキリシタンの悲しい歴史に関連するものか。【出典

■ 藻器堀(しょうけぼり): 熊本県熊本市

■ 不知火(しらぬい): 熊本県宇城市不知火町。肥前・肥後の旧国名は景行天皇が「火」を見つけたことによる「火の国」に由来する。このとき、天皇は「その火は誰のものか」と尋ねたら、「誰も知らなかった」ことから「不知火」の地名が生まれた。【出典

■ 杉塘(すぎども): 熊本県熊本市中央区段山本町

■ 銭塘手永(ぜんどもてなが): 熊本県熊本市南区銭塘町(ぜんどもまち)

★ 

■ 岱明(たいめい)町: 熊本県

■ 滝室坂(たきむろざか): 熊本県阿蘇郡一の宮町坂梨にある坂。旧道はかつての豊後街道の一大難所で、参勤交代の行列や駄馬の往来でにぎわった。坂の上方に阿蘇火砕流堆積物の溶結凝灰岩が柱状節理をなし、雨期には数条の滝が深い谷に落ち、冬期は巨大な氷柱が頭上に迫る。【出典

■ 立野(たての): 熊本県阿蘇郡南阿蘇村立野

■ 段山(だにやま): 熊本県熊本市中央区段山本町

■ 玉名(たまな): 熊本県玉名市

■ 垂玉温泉(たるたまおんせん): 熊本県
# 阿蘇郡長陽村河陽の垂玉にある温泉。阿蘇五岳の1つ烏帽子岳の南西麓、標高670mの高地にある山岳温泉。三方を絶壁に囲まれ、西方を垂玉川が流下し白川に合流する。烏帽子岳のすそ野に生じた火口跡で、噴気孔が多く、炭酸ガス・硫化水素ガスを噴出。温泉の起源は天正年間とされ、延享年間に大洪水で埋没したが、文化年間に再興された。泉温65〜95℃の単純硫化水素泉で、効能は神経痛や胃腸病など。露天風呂をはじめ多くの湯舟があり、秋には紅葉が全山を覆う阿蘇山中の名勝地で、山深いひなびた温泉であるが、入湯客は多い。近くには修行者の霊場金竜山やその中腹から湧出し約60mの断崖を落下する金竜の滝があり、夕陽に映えて金色の竜が昇天する様を写し壮観である。【出典

■ 杖立(つえたて): 熊本県小国町杖立

■ 椿井(つばい):  熊本県山鹿市椿井。

■ 椿原(つばはら):  熊本県宇土市椿原町

■ 渡鹿(とろく): 熊本県熊本市中央区(東区)渡鹿
・ 白川下流左岸に位置する。地名は川音の轟きを意味する「とどろく」の転訛とされている。【出典

★ 

■ 長崎(ながさき): 熊本県宇城市不知火町長崎

■ 長崎(ながさき): 熊本県水俣市長崎

■ 流川(ながれかわ): 熊本県菊池市七城町流川

■ 和水町(なごみまち): 熊本県玉名郡和水町

■ 鯰(なまず): 熊本県上益城郡嘉島町鯰

■ 錦町(にしきまち): 熊本県球磨郡

■ 西原(にしはら): 熊本県阿蘇郡西原村(にしはらむら)

■ 西原(にしはる): 熊本県熊本市東区西原(にしばる)

■ 猫谷(ねこだに): 熊本県八代市

★ 

■ 萩原(はぎわら):  熊本県熊本市中央区萩原町

■ 八景水谷(はけのみや): 熊本県熊本市北区八景水谷

■ 土鹿野(はしかの):  熊本県熊本市南区城南町鰐瀬土鹿野

■ 羽根木(はねき): 熊本県菊池市七城町砂田羽根木
・ 地名に関しては、洪水調節用の刎木によるとする説や、粘土質の土地の意に結びつける説があるが、未詳。【出典

■ 日置(ひおき): 熊本県八代市日置町

■ 鬢掃除(びんそうじ): 熊本県天草市。「鬢(びん)」とは、耳の脇の髪の毛を言い、昔、馬を連れていくとき、ここで馬の鬢を洗ったことに由来する。【出典

■ 吹田(ふけだ):  熊本県菊池郡大津町吹田

■ 平成(へいせい): 熊本県熊本市中央区(南区)平成
# 平成駅(へいせいえき): JR九州・豊肥本線。熊本県熊本市中央区(南区)平成。平成になってできた町名の最寄りに新駅ができた。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 日置(へき): 熊本県山鹿市方保田日置

■ 本渡(ほんど): 熊本県天草市(旧本渡市)
・ 「ホリ(水路)」+「ト(接尾語)」の転で、「海峡」という説もあるが、「ホ(高くなった所)」+「ト(接尾語)」の転か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

★ 

■ 益城町(ましきまち): 熊本県上益城郡益城町(ましきまち)

■ 大豆札郷(まめふだのごう): 室町時代から戦国時代にかけて肥後国阿蘇郡にみられた郷名。現在の熊本県一の宮町中坂梨付近に比定される。【出典
・ 「まめ」は崖をあらわす「まま」の転訛。ふだは棚田や湿地となった場所。

■ 三角(みすみ): 熊本県宇城市三角町

■ 御船(みふね): 熊本県上益城郡御船町

■ 無田(むた): 熊本県熊本市東区画図町大字上・下無田

■ 結(むすぶ): 熊本県熊本市北区植木町清水結(むすぶ)

■ 目玉入口(めだまいりぐち): 熊本県天草市倉岳町棚底目玉。昔、この地で一つ目小僧が目撃されたという伝説がある。【出典

■ 樅木(もみぎ): 熊本県八代市泉町樅木
・  地名の由来は、樅の木の群生があったことによると伝える。延長元年菅原道真の次男菅千代丸が左座次郎と改名、当地を支配したという。【出典

★ 

■ 焼米(やいごめ): 熊本県玉名郡和水町焼米

■ 夜間(やけ): 熊本県菊池市

■ 八代(やつしろ): 熊本県八代市

■ 雪野(ゆきの): 熊本県菊池市雪野

■ 楊貴妃(よきち): 熊本県天草市。天草諸島の新和町に楊貴妃の漂着伝説が残る。【出典
・ 楊貴妃が、実は密かに来日していたという説がある。楊貴妃が住んでいたとされるのは、天草下島の東海岸に位置する新和町(天草市)。ここには、昔から楊貴妃にまつわる伝説が語り継がれてきた。伝説によると、中国から逃れてきた楊貴妃は、竜洞山のふもとに身を寄せていたという。あるとき、村に疫病が流行した。楊貴妃は、村人を救うために、持っていた「楊貴湯(薬)」を与えた。おかげで村人たちは、すっかり元気になった。そして、このことがきっかけで、楊貴妃と村人は急速に親しくなっていった。その後、楊貴妃は、自分の身分を村人たちに明かした。だが、楊貴妃の平穏な日々は長くは続かなかった。あるとき、雷がとどろくなか、龍が突然あらわれて、楊貴妃を強引に連れ去ってしまい、二度と村へは戻ってこなかったという。楊貴妃が住んでいたところをいつしか「楊貴妃」と呼ぶようになり、それはいまに伝わっている。また、楊貴妃には観音様が祀られている。天草市では、この楊貴妃の伝説をもとに「しんわ楊貴妃祭」をおこなっている。【雑学大全2 東京書籍】

★ 

■ 

★ 

■ 隈府(わいふ):  熊本県菊池市隈府

■ 上生城(わぶじょう): 熊本県合志市(こうしし)上生城(わぶじょう)

統計表示