合成地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
究極の合成地名 地名は生きている
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 現代では「地名」といっていいのか、「住所」と言っていいのか微妙ではあるが、新しく埋め立てた場所に新たに地名(住所)が付与されたり、市町村の合併により新たな自治体ができて新しい名がついたりするケースがある。自治体名の場合は、その地域に古くからある地域名を付与するケースも多いが、新たな「現代地名」を付与することもある。

★ 合成地名
・ 明治22年(1889年)に町村制が施行されたが、その前年には国内に7万1314町村(集落)が存在した。そして、合併後1万5820になった。その際に合成地名が数多くできたが、内務省は町村合併の基準を以下のように定めた。
・ 「訓令第352号」。「同規模の村の合併にあたって合成地名を、お互いに優劣なき数町村を合併するときは、各町村の旧名称を参互折衷する等適宜斟酌し勉めて民情に背かざることを要す。」
・ 山武郡: 千葉県の山武郡は「山辺郡」+「武射郡」の合併。
・ 長生郡: 千葉県の長生郡は「長柄郡」+「上埴生郡」の合併。
・ 綾歌郡: 香川県の綾歌郡は「阿野郡」+「鵜足郡」の合併。
・ 仲多度郡: 香川県の仲多度郡は「那珂郡」+「多度郡」の合併。
・ 三養基郡: 佐賀県の三養基郡は「三根郡」+「養父郡」+「基肄郡」の合併。

★ 自治体名の命名のパターン
「内務省訓令第352号」
・ 第六条 合併の町村には新たにその名称を選定すべし、旧各町村の名称は大字として存することを得。尤も、大町村を合併するするときは、その大町村の名称を以て新町村名と成し、或いはお互いに優劣なき数小町村を合併するときは各町村の旧名称を参互折衷するなど適宜斟酌し勉めて民情に背かざることを要す。但し、町村の大小に拘わらず歴史上著名の名称はなるべく保存の注意を為すべし。

【現代地名】

・ 新しい地名(現代地名)

【合成地名】

■ 愛荘(あいしょう): 滋賀県愛知郡愛荘町(あいしょうちょう)。2006年(平成18年)に、秦荘町と愛知川町が合併して発足。

■ 藍住町(あいずみちょう): 徳島県板野郡藍住町
・ 昭和の大合併で、藍園村と住吉村が合併して成立。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】

■ 昭島(あきしま): 東京都昭島市。昭和29年に昭和町と拝島村が合併し、昭和町の「昭」と、拝島村の「島」をとった。

■ 綾歌郡: 香川県。明治32年に阿野郡と鵜足郡が合併し、「阿野鵜足(あやうた)」とし、「綾歌」の字をあてた。

■ 安丹(あんたん): 山形県鶴岡市

■ 井泉(いいずみ): 埼玉県羽生市

■ 飯館村: 福島県。昭和31年に大館村と飯曾村が合併して成立。一字ずつをとった合成名称。

■ 生田(いくた): 神奈川県川崎市多摩区生田

■ 行橋市: 福岡県。行事と大橋の一字ずつをとった合成地名。

■ 市川三郷町(いちかわみさとちょう): 山梨県西八代郡市川三郷町
・ 平成の大合併で、市川大門町、三珠(みたま)町、六郷町が合併して成立。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】

■ 稲沢市: 愛知県稲沢市。明治22年に稲葉村と小沢村が合併して稲沢町となった。

■ 今金町(いまかねちょう): 北海道瀬棚郡今金町

■ 梅里(うめざと): 東京都杉並区梅里

■ 梅島(うめじま): 東京都足立区梅島

■ 大泉(おおいずみ): 群馬県邑楽郡大泉町

■ 大岡(おおおか): 埼玉県比企郡

■ 大椚(おおくぬぎ): 埼玉県ときがわ村

■ 大熊町(おおくままち): 福島県双葉郡大熊町

■ 大田区(おおたく): 東京都大田区

■ 大玉(おおたま): 福島県安達郡大玉村
・ 昭和30年に、大山村・玉井(たまのい)村が合併して成立。【角川日本地名大辞典】

■ 大平(おおひら): 熊本県菊池市大平

■ 尾田蒔(おだまき): 埼玉県秩父市尾田蒔(旧尾田蒔村)

■ 小原(おはら): 埼玉県熊谷市

■ 小美玉(おみたま): 茨城県小美玉市
・ 平成の大合併で、小川町、美野里町、玉里町が合併して成立。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】

■ 鏡石(かがみいし): 福島県岩瀬郡鏡石町

■ 風間浦村(かざまうらむら): 青森県下北郡風間浦村
・ 下風呂村、易国間(いこくま)村、蛇浦村が合併して成立。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】

■ 勝田(かつた): 茨城県ひたちなか市(旧勝田市)

■ 蒲郡(がまごおり): 愛知県蒲郡市

■ 河島(かわしま): 山形県村山市河島

■ 紀尾井町(きおいちょう): 東京都千代田区紀尾井町

■ 貴生川(きぶかわ): 滋賀県甲賀市水口町貴生川

■ 清里町(きよさとちょう): 北海道斜里郡清里町
・ 上斜里村から昭和30年に町制をしいたとき、合併する前の小清水村の「清」と、斜里町の「里」を併せた。上斜里村は小清水村の一部と斜里町の一部を併せて成立した。【日本全国 合成地名の事典 浅井建爾 東京堂出版】

■ 清瀬(きよせ): 東京都清瀬市
・ 清戸と柳瀬の合併地名。

■ 清田(きよた): 岩手県一関市千厩町清田

※ これは地名じゃなく駅名ですが。
■ 喜連瓜破(きれうりわり): 大阪府大阪市平野区喜連に大阪市営地下鉄の喜連瓜破駅がある。摂津国の喜連と河内国の瓜破の国境に設置された駅で、両地区を合わせた。「喜連」は渡来人の「呉人(くれびと)」が住んだ地で、「くれ」が「きれ」と転訛した。「瓜破」は「修行中の僧侶が瓜を割って供えた」ことに由来する。喜連瓜破駅は日本の駅で最初にエレベーターが設置された。
・ 瓜破(うりわり): 大阪府大阪市平野区瓜破。地名に関しては、道照が地内から天神尊像を得たときに、尊前にウリを破って供えたという伝承や、当地の人が弘法大師にウリを進じたという伝えがある。【角川日本地名大辞典】

■ 久御山町(くみやまちょう): 京都府久世郡久御山(くみやま)町
・ 昭和の大合併で、佐山村と御牧村が合併して成立。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】

■ 更埴市: 長野県千曲市。昭和34年に更級郡と埴科郡にまたがる四町村が合併するときに、料郡名を合成した。

■ 香寺町(こうでらちょう): 兵庫県姫路市香寺町(旧兵庫県神埼郡香寺町)
・ 昭和の大合併で、香呂(こうろ)村、中寺村が合併して成立。平成の大合併で、姫路市へ。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】

■ 幸福(こうふく): 北海道帯広市幸福町

■ 駒沢(こまざわ): 東京都世田谷区駒沢

■ 七ヶ浜(しちがはま): 宮城県宮城郡七ヶ浜町

■ 真正町(しんせいちょう): 岐阜県本巣市

■ 墨田(すみだ): 東京都墨田区

■ 清哲村(せいてつむら): 私が好きな究極の合成地名はこれ。

■ 千石(せんごく): 東京都文京区千石

■ 大東(だいとう): 埼玉県さいたま市浦和区大東

■ 高橋(たかはし): 富山県富山市八尾町高橋

■ 岱明(たいめい)町: 熊本県
・ 熊本県玉名郡岱明(たいめい)町は、小岱山(しょうたいざん)の「岱」と、有明海の「明」の合成地名。平成の大合併で玉名市へ。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】

■ 立川(たちかわ): 山形県東田川郡庄内町

■ 千早赤阪村(ちはやあかさかむら): 大阪府南河内郡千早赤阪村

■ 津田沼(つだぬま): 千葉県習志野市津田沼

■ 土村: 千葉県柏市。明治22年に、十一村が合併して成立。十一を縦に書いて土とした。

■ 津山町(つやまちょう): 宮城県登米市津山町。昭和時代に宮城県にみられた町名。柳津(やないづ)町と横山村が合併して成立。【角川日本地名大辞典】

■ 津山村(つやまむら): 山形県天童市

■ 津山村(つやまむら): 明治時代に新潟県北魚沼郡にみられた村名。信濃川支流魚野川下流域。和南津・中山の2か村が合併して成立。旧村名を継承した2大字を編成。村名は旧村名から1字ずつとった。【角川日本地名大辞典】

■ 十和(とおわ): 高知県高岡郡四万十町十和(旧高知県幡多郡十和村)
・ 昭和の大合併で、昭和村と十川(とおかわ)村が合併して成立。十和村は、平成の大合併で、四万十町へ。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】

■ 富加町(とみかちょう): 岐阜県加茂郡富加町。昭和29年に加茂郡富田村と加治田町が合併して成立。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 富里市: 千葉県。明治22年に、周辺の十三村が合併。「十三」を「とみ」と読み、「富」の字をあてた。

■ 豊科(とよしな): 長野県安曇野市豊科

■ 豊玉(とよたま): 東京都練馬区豊玉

■ 中野(なかの): 東京都中野区

■ 夏茂(なつも): 山形県東置賜郡高畠町夏茂

■ 七生(ななお): 東京都日野市。明治22年に、周辺の七村が合併して成立。

■ 成田(なりた): 東京都杉並区成田

■ 西川町(にしかわまち): 山形県西村山郡西川町 → 詳細

■ 錦町: 熊本県球磨郡。西村、一武村、木上村の合併した三つの村の頭文字をあわせて「にしき」とし、「錦」の字をあてた。

■ 羽島郡(はしまぐん): 岐阜県羽島郡

■ 蓮根(はすね): 東京都板橋区蓮根

■ 八峰町(はっぽうちょう): 秋田県山本郡八峰町
・ 八森町と峰浜村が合併して成立。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】

■ 早宮(はやみや): 東京都練馬区早宮

■ 福地(ふくち): 青森県三戸郡南部町(旧福地村)

■ 双葉郡: 福島県。明治29年に楢葉郡と標葉郡のふたつの「葉郡」が合併して成立。

■ 堀船(ほりふね): 東京都北区堀船

■ 本畠(ほんばた): 埼玉県深谷市

■ 真庭(まにわ): 岡山県真庭市

■ 六会(むつあい): 神奈川県藤沢市。明治22年に、周辺の六村が合併して成立。

■ 桃井(ももい): 東京都杉並区桃井

■ 毛呂山(もろやま): 埼玉県入間郡毛呂山町

■ 八潮(やしお): 埼玉県八潮市

■ 八頭郡(やずぐん): 鳥取県八頭郡

■ 湯梨浜町(ゆりはまちょう): 鳥取県東伯郡湯梨浜町
・ 平成の大合併で、羽合(はわい)町、泊村、東郷町が合併して成立。【消えた市町村名の謎 八幡和郎 イースト新書】

■ 吉岡(よしおか): 埼玉県熊谷市

■ 礼羽(らいは): 埼玉県加須市礼羽

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示