神奈川県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
★ 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 安慰: 旧相模国(神奈川県)。読み方や場所も不明。素直に読むと「アイ」で、アイヌ語の「アイ」は、尖った所(岬)などの地形を意味し、「アンネイ」は、静かな所、穏やかな場所を意味する。【出典

■ 愛川(あいかわ): 神奈川県愛甲郡愛川町

■ 愛甲(あいこう): 神奈川県厚木市愛甲(愛甲郡)

■ 愛名(あいな): 神奈川県厚木市愛名

■ 青砥(あおと): 神奈川県横浜市緑区青砥
・ 刃物を研ぐ青灰色の砥石が出る所。
・ 青戸も同じ。

■ 赤坂(あかさか): 神奈川県三浦市初声町高円坊。「アカ」は峯、尾根、山稜、岬、崖、水などの複数の意味を持つが、この地名のあるところは、三浦半島の奥まった高円坊にあり、「坂」と組み合わせて出来ているので、「峯の坂」の意味。【出典

■ 明石(あかし): 神奈川県鎌倉市十二所 ・ 神奈川県横須賀市萩野

■ 赤羽根(あかばね): 神奈川県鎌倉市赤羽

■ 赤谷(あかや): 神奈川県横須賀市秋谷。アイヌ語で解すれば、「アカ」は「水」もしくは「峯」のこと。この地名は、後に「谷」の文字を使っているので、「水の谷」で、湿地様の谷を意味する。【出典

■ 秋谷(あきや): 神奈川県横須賀市秋谷。「アキヤ」は古い地名で、元禄時代の絵図にもでてくる。「アキ」を使う地名には、秋田県の「アキ」がある。「アキ」は、アイヌ語で弓を指す「アク」の転と考えられ、秋田県の「アキタ」は、「アク・ウタ」の転と言われている。意味は「弓の・浜」。「アキヤ」は、弓形の地形に由来しそうです。つまり「弓形の岸辺(浜)」という意味。【出典

■ 明津(あくつ): 神奈川県川崎市高津区明津

■ 浅野町(あさのちょう): 神奈川県川崎市川崎区浅野町

■ 足柄(あしがら): 神奈川県南足柄市

■ 芦名(あしな): 神奈川県横須賀市芦名。「横須賀の地名」では、「アシ」は「葦」のことで、「名」は、荘園時代の大字区域内の小字を「〇〇名」と言ったという、柳田国男の説を引用し、「葦という名の地名」と解説している。「アシナ」を縄文地名と考えると、いろいろな解釈ができる。その一つに「アシ・ニ」で、「墓標を立てた所(墓地)」という解釈がある。【出典

■ 葦名郷: 神奈川県。室町時代から戦国時代にかけて相模国三浦郡にみられた郷名。三浦氏一族の芦名盛政は陸奥国会津(現福島県)に入部の後も、なお本貫地たる当地を含む数か所の不知行所領を、後日の訴訟に備えるため手継証文を添えて息子盛久に譲っている。【出典

■ 遊ヶ崎(あそびがさき): 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島。三崎の町に面した場所で、南に崖がある。「アシ・オソロ」で「断崖・絶壁」をいうが、言い伝えでは、古名を「城ヶ崎」と言っていたが、源頼朝がこの地に遊覧し楽しんだことから、「遊ヶ崎」になったと「三浦古尋録」にある。ただ、人家は崖に近い奥まったところにあるので、三浦古尋録が示す場所と違うようにも思われる。古名の「ジョウ」は「滝」の意味。【出典

■ 厚木(あつぎ): 神奈川県厚木市

■ 油壺(あぶらつぼ): 神奈川県三浦市

■ 阿部倉(あべくら): 神奈川県横須賀市阿部倉。「アペ・クマ(ラ)」で、「火の・横山」の意味や、「ア・ペ・クマ(ラ)」で、「我らの・沢の・横山」や、「アピル・アン・クマ(ラ)」で、「獣が通る路・ある・横山」などの解釈ができる。なかでも三番目が一番縄文らしい解釈。【出典

■ 甘久保(あまくぼ): 神奈川県横須賀市芦名。「(チ)アマク・ポ」で「(我ら)仕掛け弓を置く・所」で、語頭の「チ」は住民周知のこととして省略されたと考えられる。【出典

■ 甘縄(あまなわ): 甘縄神社。神奈川県鎌倉市長谷。「アマス・ナイ・パ」が「アマナワ」に転じたもので、「草原の川の岸辺」の意味。語尾の「パ」が「ファ」に転じ、「ワ」になったと解釈できる。【出典】

■ アラク: 神奈川県葉山町木古庭

■ アラト: 神奈川県横須賀市岩戸

■ 安斎小路(あんざいこうじ): 神奈川県。相模国小田原にあった江戸時代の地名。北条氏の医師、田村安斎の屋敷にちなむ。

■ 安善(あんぜん): 神奈川県横浜市鶴見区安善町

■ 飯森(いいもり): 神奈川県三浦市。「イ・モイ」で「そこ・入江の所」の意味。「イイ」と続くのは「イ」の協調と考えられる。【出典

■ イカイ根: 神奈川県横須賀市西浦賀

■ 意休(いきゅう): 神奈川県横須賀市内川新田。「意休」は、江戸時代に開発された久里浜湾の内川新田に属する地名。通常ならば、縄文時代の地名でないと判断するところだが、「イキュウ」は、珍しい音の地名で、日本語では解釈しがたい。アイヌ語で解釈すると「イカ・イウォル」で、「越える・狩場 → 尾根の猟場の越える所」。「イウォル」がリエゾンして「キュウ」、最後の「ル」は前音に引かれるので発音が弱く消える。入江の浜から山に向かって登っていく所ではないか。【出典

■ 生田(いくた): 神奈川県川崎市多摩区生田
・ 1875年に、上菅生村と五反田村が合併して成立。上菅生村の「生」と、五反田村の「田」による。【日本全国 合成地名の事典 浅井建爾 東京堂出版】

■ 池子(いけご): 神奈川県逗子市池子
・ 不詳

■ 砂子(いさご): 神奈川県川崎市川崎区砂子
・ 砂子(いさご): 多摩川低地南部に位置する。宗三寺縁起によれば、延暦年間本尊薬師像が海浜に打ちあげられた時、ふさわしい家がないため砂子をかき寄せて安置、以降繁栄したことから地名にしたと伝える。【出典

■ 砂子坂(いさごさか): 神奈川県鎌倉市極楽寺。広辞苑には、「砂子=小さい石」とある。小さい石の集まりが砂になるので、浜辺の地名によくみられる。魚が産卵のために川や海の砂磯につくる堀穴を「イチャンコツ」という。これが短縮されて「イサンコ」になり、「イサ(ラ)ゴ」に転じたものが「砂子」である。【出典

■ 石作(いしじろく): 神奈川県三浦市南下浦町上宮田。字面からすると石屋があったところと考えそうだが、呼び方が「イシジロク」なので、石屋のイメージでは無い。また、地図上では「イシジャク」と振り仮名がされている。地名の呼び方に変化があったのかもしれない。「イシジロク」を「イ・シシ・ラク・イ」の短縮形と考えれば、「そこ・猪の・臭いする・所」で、猪の通る路と解釈できる。リエゾンして「イシジロクイ」になり、語尾の場所を意味する「イ」が略されたと考える。【出典

■ 伊勢佐木町(いせざきちょう): 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町

■ 板取(いたどり): 神奈川県横須賀市船越町。山菜の「イタドリ」の地名化?イタドリは、アイヌ語と言われる。または、「イ・タ・トイ」で「我らの・掘る・畑」という解釈も考えられる。【出典

■ 板橋(いたばし):  神奈川県小田原市板橋

■ 一色(いっしき): 神奈川県三浦郡葉山町一色。「一色」は奥の深い地形で、海岸から北の桜山までの細長い地域で、旧一色村にあたる。「イツ・シキ」で「岬の・茅」の意味になる。【出典

■ 井土ケ谷(いどがや): 神奈川県横浜市南区井土ケ谷

■ 稲瀬川(いなせがわ): 神奈川県鎌倉市材木座。古くは「美奈能瀬川」、または「水無瀬川」とある。「水無」であるから涸れ川のイメージがある。アイヌ語の水涸れ川は、「サッピナイ」ですから、当て字は「佐比内」のようになる。したがって、水無瀬川ではなく、別の意味の川になりそうだ。アイヌ語の「ミ」は、「着る」とか「装う」という意味になるので、「ミナ・ノセ」の「ミナ」は、「美しく着ている」という意味になり、後段の「ノセ」は「崎を背負う」という意味になる。むしろ、アイヌ語と和語の合成地名と考え、「ミ」を「ムイ(森)」と解して、後段は和語の川の瀬とつなげて「森の川の瀬」と解釈した方がいいかもしれない。【出典

■ 稲村ケ崎(いなむらがさき): 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎

■ 犬懸(いぬかけ): 神奈川県

■ 犬蔵(いぬくら): 神奈川県川崎市

■ 伊野(いの): 神奈川県横須賀市衣笠。「イノ」は、「イ・ノ」で「頭・突き出た所」で、岬の地形を意味する。今の衣笠地区は三浦半島の奥まったところだが、昔は入江だった。源頼朝が平家打倒の旗揚げをしたときに、平氏一族の三浦氏は衣笠城から相模湾に脱出した。当初は、馬や徒歩で久里浜に向かい、船に乗ったとされていたが、今では、城の真下から船で入江に乗り出して外海に脱出したと考えられている。【出典

■ 猪子々(いのこご): 神奈川県横須賀市秋谷。「イ・ノッケ・コッ」の転に見受けられ、「それ・岬の・窪地」の意味。【出典

■ 今泉(いまいずみ): 神奈川県鎌倉市今泉

■ イヤナメリ: 神奈川県横須賀市秋谷

■ 伊羅原(いらはら): 神奈川県横須賀市秋谷。「イ・ラ・パラ」で、「そこ・低い・野原」の意味だが、「たなら相通」に基づいて、「イラ」を「イナ」にすると、「イナウ」で、「木幣・祭場」の意味になる。「イナウ・パラ」の変化した地名ならば、「祭場の広い所」の意味になる。【出典

■ 入生田(いりうだ): 神奈川県小田原市入生田。地名は、谷間に入り会う形で水田が展開していることにちなむと言われる。箱根登山鉄道の車両基地がある。

■ 不入斗(いりやまず): 神奈川県横須賀市不入斗

■ 岩瀬(いわせ): 神奈川県鎌倉市岩瀬。地名の由来は、鎌倉時代に、佐竹義政の家臣の岩瀬与一が源頼朝によって助命され、この地に住んだことに由来すると言われる。しかし、それ以前にはなんと呼ばれていたかという疑問が生じる。「エワ・セ(岩を背負う)」と解釈する。【出典

■ 岩戸(いわと): 神奈川県横須賀市岩戸。「エワ・ト」で、「岩のある・沼」の意味になる。また、新編相模国風土記稿では、「崖が門の扉のように立ちふさがった」地形に由来するとある。【出典

■ 岩殿(いわどの): 神奈川県逗子市久木。「岩」はアイヌ語の「エワ」と同じ。「殿」の意味は「ト・ノッ」であれば「沼の出崎」で、つなげると「沼に突き出した岩先」のこと。または、「エワ・トント」の転ならば、「岩の禿た所」で、むき出しの岩場のこと。【出典

■ 兎川(うさがわ): 神奈川県三浦市南下浦町松輪。「ウサ」がアイヌ語に相当することばです。各地の海辺にみられる「宇佐」と同じで、「ウス・サ」で「入江にできた砂浜」のこと。【出典

■ 宇佐小路(うさこうじ): 神奈川県鎌倉市十二所。「ウサ・サム(入江の・そば)」という意味。現地に行くと、小さな入江がある。「サ」が二つ続くので一つが省略して「ウサ」となった。【出典

■ 牛ヶ窪(うしがくぼ): 神奈川県鎌倉市腰越。「ウシ・コツ(入江の・窪地)」の意味。【出典

■ 牛骨(うしほね): 神奈川県横須賀市池上。明治時代にこのあたりに牧場があり、それに由来する地名という説がある。しかし、牛骨の「ウシ」は、「入り江」を意味し、「ホネ」は、「ポン・ナイ」の短縮形で「入り江の・小さな・川」のこと。【出典

■ 後田(うしろだ): 神奈川県三浦市初声町下宮田。どこにでもありそうな地名なので、和語かもしれない。あえて、アイヌ語で解釈するのは「ウシロ」に興味があるから。「ウス・オロ」で「小さな湾の・奥まった所」の意味で、地名のある場所は初声の湾の黒崎の鼻の近く。【出典

■ 後達(うしろたて): 神奈川県鎌倉市腰越。「ウス・オロ・タンチャ(小湾の・奥の・こちらの岸)」の略で、「入江の奥のこちら側」であるから、谷戸の一番奥の行き止まりを意味する。「ウスオロ」の当て字が「後」になり、語尾の「ンチャ」が「テ」に変化した。【出典

■ 内川(うちかわ): 神奈川県横須賀市久里浜。「内川」は平作川の下流で、このあたりは大きな入り江だったが、江戸時代に開拓されて水田や畑になった。新編相模国風土記稿の天保12年の添付図をみると、平作川は、大川、佐原川、吉井川の三つに分割されて海に流れ込んでいる。アイヌ語の「ナイ」は「川」のことで、平作川の河口付近では、大昔から平作川を単に「ナイ」と呼んでいたのではないだろうか。その「ナイ」に「内」の字を当てて、「川の川」で異語同意の地名になった。【出典

■ 打越(うちこし): 神奈川県鎌倉市常盤。「ウチ」は「川や沢を渡る」という意味のアイヌ語。「コシ」は「クシ(越す)」の転と考えられ、「川を渡り越える所」の意味となる。「ウチ」の原語が「ウリ(ウル)」であれば「丘を越える」という意味となる。地名の場所が山間部なのでこの解釈もあり得る。【出典

■ 打鯖(うちさば): 神奈川県三浦郡葉山町一色。「ウチサバ」に近いアイヌ語としては「ウッ・サパ」がある。「ウッ」は人間の肋骨や脇腹を意味し、地形では岬の中程や川の中流域を意味する。「サパ」は「岬」で、「岬の中程」の意味。【出典

■ うちで :神奈川県逗子市小坪

■ 打木原(うつきはら): 神奈川県横須賀市長井。「ウツ・キム・パラ」で、「肋骨の・山の・平ら」で、「肋骨のように並行している里山の平らな所」の意味。【出典

■ 姥ヶ谷(うばがや): 神奈川県鎌倉市極楽寺。「ウパシ」は、アイヌ語で「雪の多いところ」を意味する。地名に「姥」の漢字が使われている場合、日の射さない北向きの地形か谷間かの確認が必要。山姥が旅人を襲うといった説話や、山に捨てられたおばあさんの説話、または何百年も山に暮らす八百比丘尼の話など、様々な由来が残っている。【出典

■ うばが谷: 神奈川県逗子市小坪

■ 姥子温泉(うばこ温泉): 神奈川県足柄下郡箱根町

■ 馬の背(うまのせ): 神奈川県三浦郡葉山町上山口

■ 浦賀(うらが): 神奈川県横須賀市浦賀

■ 浦郷(うらごう): 神奈川県横須賀市浦郷町。「ウラゴウ」の地名の由来について、古くは「浦ノ江」とも書かれ、古代の「御浦郷」と目されている。「ウラ」は、「ウタ」の転で、「オタ(大田)」「ウラ(浦和)」「ウダ(宇陀)」などと同様に砂浜の地形を言う。つまり、浦郷は、「砂浜のある里」の意味。【出典

■ 瓜山(うりやま): 神奈川県三浦市三崎町小網代。「ウリ・ヤマ」の「ウリ」に着目すると、「ウリ」は丘のことで小さな山を指す。【出典

■ うるし作: 神奈川県逗子市池子

■ 栄地谷(えいちや): 神奈川県横須賀市平作。「エ・イチャン」で、「そこ(は)・魚の産卵の場所(穴)」を意味する。平作川は下流で入り江を作る。産卵時期を迎えた魚たちが浅瀬に穴を掘って産卵する。【出典

■ 荏柄(えがら): 神奈川県鎌倉市二階堂。荏柄天神の廻りで、荏柄天神社は、古くは「荏草(エガヤ)天神」と言われた。「エガヤ天神」と呼ばれたのは、この地が荏草(エガヤ)郷であったことに由来する。「エガヤ」は、「そこはカヤのあるところ」の意味で、「エ」は「そこ」を意味し、「カヤ」は「カヤの木」を意味する。【出典

■ 江奈(えな): 神奈川県三浦市南下浦町松輪。「エナ(頭の方)」のこと。「エナ」は「イナウ」の転で「幣場」のこと。または、「エ・ナイ(頭の川=源流・本流)」のこと。江奈集落の近くから江奈湾に川が流れているので「エナイ」が元の地名だろう。【出典

■ 榎戸(えのきど): 神奈川県横須賀市浦郷町。この地名がアイヌ語由来かは不詳。それは「江の木戸」のイメージが浮かぶから。「エ」は、「頭」を指すが、地名では岬などの突端をいう。この地の利便は、縄文時代から変わっていないので、おそらく「エン・エ・ノッ・イト」で、「頭・そこで・突き出た・岬」が短縮されて、「エノイト」になり、語尾の「イト」が「キド」に訛ったと推定される。【出典

■ 海老名(えびな): 神奈川県海老名市

■ 追揚(おいあげ): 神奈川県鎌倉市極楽寺。「オ・イ・アン・ケ(そこに・我々が・いつも居る・所)」を意味する。【出典

■ 追場(おいば): 神奈川県鎌倉市極楽寺。極楽寺の谷は、四方が山で盆地状。この地名が自然発生の地名とすれば、「オパ(沼尻の岸)」の意味。また、鎌倉時代に、武士の間で闘犬などが盛んだったので、それに由来する地名であれば新しい地名となる。【出典

■ 大川(おおかわ): 神奈川県川崎市川崎区大川町

■ 扇ヶ谷(おおぎがやつ): 神奈川県鎌倉市扇ガ谷。扇ヶ谷は鎌倉時代には「亀ヶ谷」と呼ばれていた。室町時代に上杉管領家がここに住んで、「扇ヶ谷殿」と呼ばれたと史料にはある。地名の由来は、地形が扇のようであるからという説と、飯森山の裾野にある「扇の井」に因むという説がある。「オホ・キム・ケ(奥の・山の・所)」の意味。【出典

■ 大倉山(おおくらやま): 神奈川県横浜市港北区大倉山

■ 大田和(おおたわ): 神奈川県横須賀市太田和。「オ・ウタ・ワ」で、「そこ・砂浜・渡る(所)」、「ウタ」→「ウラ(砂浜)」の転(たなら相通)で、海の浜辺の地名になる。「横須賀の地名」では、近くに「小田和」という地名があることから、「たわ」を語幹として解説している。「タワ」は山の鞍部で、そこを「タワ」、「トウ」と呼ぶことから、峠のことではないかとしている。アイヌ語では「ワ・タ」で渡る所。【出典

■ 大津(おおつ): 神奈川県横須賀市大津町。「おおつ」は、「オホ・ツ」で、「深い・湊」を意味する。この地域には、地元の人達が「ヘプルマ」と呼んでいた「蛇沼」や「竹沢」という地名が残っている。古代には、北久里浜方面まで入江が続いていたので、川が蛇行し沼や沢があちこちにあったと思われます。【出典

■ 大法花(おおつけ): 神奈川県横須賀市金谷。「オホ・ツケ」で「奥の・尾根の所」。または「奥の峯の所」の意味。【出典

■ 大坪(おおつぼ): 神奈川県三浦市初声町下宮田。「オホ・チュポ(深い・西の所)」という意味を持つが、「深い」という意味づけがピンとこない。三浦半島のくびれに位置する奥まった集落名なので、昔は「タイ・チュポ」であったかのしれない。「タイ」は森・林・川岸の林などの意味を持つので、「西の森」ならば地形に合う。「タイ」に「大」の漢字をあてられたことで読みが変化したと思われる。【出典

■ 大にわ田(おおにわた): 神奈川県横須賀市野比。「オホ・ニ・ワカタ」で「奥の・森の・水を汲む所」の意味。【出典

■ 大船(おおふな): 神奈川県鎌倉市大船

■ 荻野(おぎの): 神奈川県横須賀市荻野。「横須賀市の地名」によると、この地名は寛文年間に長坂村から分村したとある。文字通り「萩の多い野原」が地名になったとしてもおかしくはない。しかし、ここの台地から、縄文土器のかけらが出たという話もあり、古い地名と考えれば「オ・キ・ノ」で、「そこにある・山の・岬」、または、「オ・キ・ナイ」で、「川尻の・山の・川」の意味になる。【出典

■ 奥縄(おくなわ): 神奈川県三浦市三崎町諸磯。「オ・ク・ナンペ」で「そこ・飲む・冷たい水の湧く泉」と解釈される。地名のあるところは、三崎口方面から南に三崎の町並みに入り、油壺に向かう道路の交差点付近。【出典

■ 小倉(おぐら): 神奈川県川崎市幸区小倉・神奈川県津久井郡城山町小倉

■ 尾礎(おぞ): 神奈川県三浦市南下浦町毘沙門。「オ・ソ」で「川尻の・滝」のこと。または、「そこは・滝」の意味。【出典

■ 海底(おぞこ): 神奈川県愛甲郡愛川町。アイヌ語由来という説がある。【出典

■ 小田原(おだわら): 神奈川県小田原市

■ 追浜(おっぱま): 神奈川県横須賀市追浜町

■ 鬼ケ久保(おにがくぼ): 神奈川県横須賀市長井。「オニ(川の両岸が押し出して狭くなっている森の所」、または「そこは森の所」の意味だが、そこに和語の「窪」がついた合成地名で、「川が狭くなり窪地になっている地形」を意味する。【出典

■ 鬼ヶ谷(おにがやと): 神奈川県横須賀市津久井。直訳すると、「オニ・ケ・ヤト」で「両岸が川面に押し出している谷」の意味になる。沢が谷底を抉り、深い谷間を作って、木が覆いかぶさる谷を「オニ」という。「鬼」の概念は、中国からきたもので、縄文時代には存在しないので「鬼が住まう谷戸」という意味では無い。【出典

■ 小野(おの): 神奈川県横浜市鶴見区小野町

■ 伯母様(おばさま): 神奈川県伊勢原市三ノ宮

■ 小原(おばら): 神奈川県横須賀市走水。「オバラ」には防衛大学校があり平地になっている。アイヌ語の「オ・パラ」は、「そこ・広い所」を意味するので、昔から広い台地だったのでしょう。【出典

■ 小原台(おばらだい): 神奈川県横須賀市鴨居。「オ・パラ・タイ」で「そこ・広い・森」という意味。【出典

■ 尾屋敷(おやしき): 神奈川県三浦市三崎町諸磯。「御屋敷」ではなく「尾・屋敷」。この「尾」に込められた意味は何か?戦国武将の館や代官屋敷なら「御」が付くが、そういう屋敷ではないことは、この「尾」で推測される。「オ・ヤシケ」で「そこ(は)・裂けた所」、または「木幣を立てる所(祭場)」の意味になる。【出典

■ 恩田(おんだ): 神奈川県横浜市青葉区恩田町

★ 

■ 皆ヶ作(かいがさく): 神奈川県横須賀市船越町。「カイ・ケ・サク」で「波を砕け・させる・欠けた所」の意味。新編相模国風土記稿では、船越は、田浦の小字とある。昔は入り江であったが、団エ門という者が、宝永年間に開拓して水田にしたとある。「サク」には、「欠ける」という意味があるので、「波を砕く欠けた岩場」の解釈も出てくる。「ふるさとの歴史」に、地元の方がこの地を埋め立てた時に、みんなで協力して作ったところだから、「みながさく」と言っていた。それが転じて「カイヶサク」になったという説がある。また、「作」を「チャロ(入口)」、「サッテク(涸れた)」の転とする解釈もある。【出典

■ カイカハ: 神奈川県横須賀市中里

■ 海外(かいと、かいどう): 神奈川県三浦市海外町(かいとちょう)。愛知県知多郡南知多町山海東海外(かいどう)。
・ 神奈川県三浦市海外町(かいとちょう): 地名は、海戸もしくは海門などの意と思われる。【出典
・ 穏やかな港風景と美しい夕焼けが見られる。【出典

■ カキ浦: 神奈川県横須賀市東浦賀

■ 柿ヶ作(かきがさく): 神奈川県三浦市南下浦町上宮田。「カッ・キ・ケ・チャル(チャク)」で、「湿原の・山・所の・入口」のこと。「作」を「チャル」の転と考えたが、「サッテク」と考えると、「痩せた・涸れた」という意味になるので、湿原の山の所の涸れている所の意味になる。【出典

■ 隠田(かくしだ): 神奈川県三浦市初声町高円坊。高円坊の北にある「隠田」だが、隠田は江戸時代以前に農民が領主に隠れてこっそり作った田畑をいう。江戸時代の土地台帳は複数あったといわれ、一つは村人が領主に提出する公的な台帳で登載された農地が課税対象になった。もう一つは村役人が持っている実際の耕作台帳。本来なら同じですが、実際の内容は違った。それは、村人が自主的に開拓した農地は、検地を受けない限りは課税対象外だったからです。この地名は、明治時代になって「オンダ」と呼ばれた場所に「隠田」の漢字をあてたもので、いつのまにか「隠し田」と呼ばれるようになった。元々の地名の「オンダ」は、アイヌ語の「オ・ウォル・ウン・タ」の略称で、意味は「そこは・水の・いつもある・所」【出典

■ カケン上: 神奈川県横須賀市佐野

■ 柏尾(かしお)川: 神奈川県鎌倉市大船。縄文時代にはこのあたりまで海が入り込んで、今でも低地でときどき浸水する。「カシオ」は、アイヌ語で「魚小屋のある川尻(河口)」という意味。また「戸部(とべ)」は、「トペツ」で沼川をいう。【出典

■ 梶原(かじわら): 神奈川県鎌倉市梶原。「カシ・ウン・パラ」で、「猟小屋・そこにある・原」の意味。「パラ」→「ファラ」→「ワラ」と変化した。【出典

■ 片曽(かたそ): 神奈川県逗子市山の根。「カタム・ソ」で「湿原の・滝」の意味。【出典

■ 片楚(かたそ): 神奈川県三浦市南下浦町毘沙門。「カタ・ソ」→「カタム・ソ」で「湿原の・滝」の意味。【出典】 

■ 神奈川県(かながわけん)

■ 金沢(かなざわ): 神奈川県横浜市金沢区金沢町

■ 蟹田(かにだ): 神奈川県横須賀市太田和。「カ・ウン・タ」で「罠・そこにある・所」の意味。【出典

■ 金谷(かねや): 神奈川県横須賀市金谷。「横須賀の地名」では、「金谷」の地名について、「金属と関わりのある地名ではなく、金属とは関わりの無い出来事からついた地名ではなかろうか」として、地名の成り立ちには触れていない。古い時代から「かねや」と言い慣わされた地名に漢字が当てられたものと思われる。アイヌ語の「カラ・ヤ」は、「茸や山菜を摘む・山手」という意味。「カネ」は、「カラ」が元の呼び名で、たなら相通によって、カラ→カナ→カネに転じてきたものと考えられる。または、「カナルウシ・ヤト」で、「罠が仕掛けてある・谷間」のことかもしれない。語中の「ルウシ」が省略されたことも考えられる。【出典

■ 鎌倉(かまくら): 神奈川県鎌倉市

■ 釜田(かまだ): 神奈川県三浦市初声町三戸。「カマ・タ」の「カマ」は、平岩、岩場、または、上を越える、またぐなどの意味を持ち、「タ」は、所を意味する。まとめると「岩場の所」の意味。【出典

■ 亀井(かめい): 神奈川県逗子市。逗子市役所周辺。市役所の隣に亀岡八幡神社がある。海辺に近く、田越川もあるので亀の集まる所かもしれない。しかし、亀のアイヌ語は「エチンケ」なので、アイヌ語の亀にまつわる地名ではない。「カメイ」を「カムイ」の転と考えれば、地形と地名が一致する。【出典

■ 亀ヶ谷(かめがや): 神奈川県鎌倉市扇ガ谷。坂があまりにも急なので亀が後戻りしたから「亀ヶ谷」になったという説がある。亀はアイヌ語で「エチンケ」であるから、この地名の「カメ」は、耳に聞こえた音からついた当て字。「カムイ→カメ」の変化なら「カムイ・ケ(神々の・所)」の意味になる。後に「ヤ=谷」がつくので、「神々のいる谷間」という意味になる。【出典

■ 鴨居(かもい): 神奈川県横須賀市鴨居。「カムイ・モイ」がもとの言葉で、「神様の・入江」という意味。「カムイ」が訛り、「カミモイ」になり、のちに「ミ」が省略されたもの。「横須賀の地名」では、アイヌ語説、インド語説、鴨が群れて居る説、と様々な説を紹介している。アイヌ語の鴨は「カペチャ」ですから、アイヌ語(縄文語)からの命名ではなく、耳にした音に漢字をあてた地名と思われる。【出典

■ 鴨志田(かもしだ): 神奈川県横浜市青葉区鴨志田町

■ 鴨宮(かものみや): 神奈川県小田原市鴨宮

■ 栢山(かやま): 神奈川県小田原市栢山
・ 戦国時代にみられた栢山郷に由来し、香山、加山、賀山とも書いた。

■ 神金(かりがね): 神奈川県横須賀市大津町。「カリ・カ・ナイ」で「廻っている・上の・川」の意味で、蛇行する上流の川のこと。アイヌの人達は、川を河口から川上に向かって思考します。【出典

■ 川崎(かわさき): 神奈川県川崎市

■ 川間(かわま): 神奈川県横須賀市。「川間」は浦賀港の出口右側にある地名。通説では、久里浜湾に流れ込む平作川と浦川(浦賀湊)の間であるとしている。一見そう思われるが、あげられた川と川の距離に隔たりがある。この地名の意味は、二つの川の間ではなく、「カ・ハマ」の訛りで、「浜の上の所」の意味で、浦賀の入江にできた砂浜の奥まったあたりをさす。【出典

■ 関内(かんない): 神奈川県横浜市中区

■ 木ヶ谷(きがや): 神奈川県逗子市沼間。同地に「桐ヶ谷」という旧家があり、材木や住宅施設を手懸けている。名字の由来は不明だが、この地名の響きによく似ている。この地名が「キリ・ケ・ヤト」から来ているならば、「山の所の谷間」の意味。【出典

■ 菊名(きくな): 神奈川県横浜市港北区菊名

■ キ子ヶ谷: 神奈川県横須賀市中里

■ 木古庭(きこば): 神奈川県三浦郡葉山町木古庭。葉山町の中央部から横須賀市池上十字路に抜ける路の峠一帯。下山川が流れ出す現流域で、三浦半島を貫く山脈の鞍部にあたる。漢字からは、古い木のある広場というイメージになるが、縄文時代からの地名とすれば、「キ・コッ・パ」で「山の・凹んだ・端の所」となる。【出典

■ 北里(きたざと): 神奈川県相模原市南区北里

■ 衣笠(きぬかさ): 神奈川県横須賀市衣笠町

■ 鵠沼(くげぬま): 神奈川県藤沢市鵠沼
・ 「鵠」は「白鳥」のことで、かつてはその鳴き声から「くぐい」「くび」とも呼んだ。この地の沼に白鳥が飛来したことに由来すると言われる。【心に響く!美しい「日本語の言葉」2200 西東社編集部】
・ 鵠沼(くげぬま): 「鵠(くぐい)」とは白鳥の古名。地域内にあった「湿地(沼)」に「白鳥(鵠)」が飛来したことに由来する。【出典
・ かつては鵠沼村と呼ばれていたこともある。「新編相模国風土記稿」によると、「久々比奴末良」と書かれている。「くぐい」とは白鳥の古称。つまり、かつて白鳥が飛来してきたので命名されたという説が有力。【出典

■ 公郷(くごう): 神奈川県横須賀市公郷町

■ くすが浜: 神奈川県逗子市小坪

■ 屈方(くつかた): 神奈川県横須賀市金谷。「クッ・カ・タ」で、「断崖の・上の・所」の意味。金谷の町の西に走る道路に沿って崖地が続いている。【出典

■ 久弥合(くねあい): 神奈川県横須賀市森崎。日本語では解釈しにくい。アイヌ語では、「ク・ウン・エ・アイ」で、「我ら・住む・そこの・尖っている所」の意味になる。【出典

■ 久比里(くびり): 神奈川県横須賀市久比里。「横須賀の地名」では、ー禝椰声劼両臆爾砲△襦峽舛里びれた石」に由来する。∪里海海ら対岸の久里浜が見えたので、久里浜と比較する里であることに由来する。J唇損代に、伴善男大納言の首が鳥によってこの地まで運ばれて落下した。このことから「首切り」の場所と言われるようになり、その後に「クビリ」に訛った。アイヌ語の「ク・ピル」は、「我ら・通る路」という意味。また「クシ・ル」で「渡る・路」の意味にもとれる。【出典

■ 久保溝地(くぼこうち): 神奈川県横須賀市長井。アイヌ語で解釈すると、「ク・ポ・コホピ」で、「我ら・子供を・残し去る者」という意味。【出典

■ ぐみが作: 神奈川県三浦市躇

■ 茱萸ヶ谷(ぐみがやと): 神奈川県横須賀市鴨居。「グミケ」は、「ク・エ・ムイ・ケ」で、「仕掛け弓・そこの・森の・所」の意味になる。そこに「ヤト」が付くので、、「仕掛け弓のある森の谷」の意味になる。【出典

■ くみ谷: 神奈川県逗子市小坪

■ 弘明寺(ぐみょうじ): 神奈川県横浜市南区弘明寺町(ぐみょうじちょう)
# 下末吉台地の南部、大岡川下流の左岸に位置する。古くは当地付近を多々久とも称した。地名は、養老5年の開創と伝える地内の瑞応山弘明寺に由来する。【出典

■ 久村(くむら): 神奈川県横須賀市久里浜。「新編相模国風土記稿」には、江戸時代に久里浜村から分村したとある。「横浜の地名」では、親村の「久」をもらって村の名前にしたと推定している。気になるのは何故に「ク村」なのかということ。「ヒサ村」でもいいのではないだろうか。アイヌ語の「ク」には、(水を)飲むという意味がある。久里浜村から分村したが故に「久村」と命名したというより、大昔から、この地には、きれいな水が湧き出ていたが故に「水村=久村」になったのだろうと推理される。【出典

■ 栗木(くりき): 神奈川県川崎市麻生区栗木

■ 栗坪(くりつぼ): 神奈川県三浦郡葉山町上山口。「栗」はアイヌ語では、「ヤム」なので、この地名は「クリ」という発音にそって作られた地名。「クリ」は、「クイォル」の略で「我らの狩場」の意味。「ツボ」は、「西の方」の意味で、「我らの西の狩場」。【出典

■ 久里浜(くりはま): 神奈川県横須賀市久里浜

■ 栗原(くりはら): 神奈川県座間市栗原

■ 久留和(くるわ): 神奈川県横須賀市秋谷。相模湾に面した漁港の地名で、奧地の子安の里から、「寒沢(かんざわ)」が流れ落ちている。「クル」は、古い時代の神で、清濁併せ持ついわば魔力を持った神という概念がある。「クル・ワ」は、そうした魔力を持つ神々が渡り渡りする場所を指している。【出典

■ 黒鯛込(くろだいごめ): 神奈川県三浦市三崎町諸磯。黒鯛が沢山とれた湾奥の地名かと思ったが、諸磯湾の南側の岬にある。巾狭い岬でここも隆起しています。黒鯛込はこの岬の南斜面で、裾は干上がった入り江。「タイ」は「森」、「ゴメ」を「コッムイ」の転と解釈すれば、窪地の入り江になる。語頭の「クロ」を「クル(神)」と考えれば、魔神の森の谷奥になる。【出典

■ 黒根(くろね): 神奈川県三浦市初声町高円坊。三浦市内には「黒」がつく地名がいくつかある。黒根・黒崎・黒山・黒ノ山・黒鯛込などです。「クル」は、今では人を指すが、かつては神や影を言った。現在の神の概念が出来る前の古い時代、「魔力を持った者」(後年の「カムイ=神」)の意味を持っています。「黒」はこの「クル」の漢字表記で、黒根は、「クル・ナイ」で「神の川」のこと。【出典

■ 桑ヶ谷(くわがや): 神奈川県鎌倉市長谷。桑の木のことをアイヌ語は「トーレプニ」といい桑の実のことを「トペンペ」というので、「クワガヤ」は耳の聞こえた音を漢字化したもの。「クワ」の発音に近い言葉に「クスパ」がある。意味は「渡し場」のこと。【出典

■ 毛無島(けなしじま): 神奈川県横須賀市佐島。アイヌ語の「ケナシ」は森を指すので、鬱蒼と木々が茂った島のイメージがある。しかし、実際の「毛無島」は草木一本生えていない。明らかに日本語でつけられた地名のようだ。【出典

■ 化粧坂(けわいざか): 神奈川県鎌倉市

■ けんし谷: 神奈川県逗子市小坪

■ 堅女ヶ谷(けんじょがやと): 神奈川県横須賀市津久井。「ケナ・ジョウ・ウン・ヤト」で、「森の滝のある谷間」のこと。【出典

■ 小網代(こあじろ): 神奈川県三浦市初声町。伊豆半島の付け根の熱海に網代港がある。三浦半島の「小網代湾」は、伊豆半島の網代湾の真向かいで、伊豆の港に比べて小さいことから「小網代」にしたという説がある。「アジロ」は「アシオロ」の転訛で、「断崖」という意味を持つ。「コ」は、アイヌ語で「そこ」の意味で、「そこ(は)、断崖」の意味。【出典

■ 国府津(こうづ): 神奈川県小田原市国府津

■ 神戸(ごうど): 神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町(ごうどちょう)

■ こうとう: 神奈川県逗子市小坪

■ 鴻渡里(こうとり): 神奈川県逗子市久木。「コトル(斜面)」の転。【出典

■ 強羅(ごうら): 神奈川県足柄下郡箱根町強羅
・ 石がゴロゴロしている様子を表す。
・ 強羅(ごうら)温泉: 神奈川県。早雲山から崩落した岩石が転がっている景観から「ゴーロ」と呼ばれ「強羅」の字が当てられた。また、梵語の「石の地獄」を意味する「ゴーラ」に由来するという説もある。【出典
・ 「ゴーラ」の語源

■ コウロ: 神奈川県横須賀市長沢

■ 腰越(こしごえ): 神奈川県鎌倉市腰越

■ 腰巻(こしまき): 神奈川県横須賀市久村。「クシ・マク」の和語化で、意味は「通行する・山奥」。または、「越える・山奥」で、「山の奥の峠」を意味する。【出典

■ 小条(こじょう): 神奈川県横須賀市長浦町。「コッ・ジョウ」で「谷の・滝の所」の意味。【出典

■ 小杉(こすぎ): 神奈川県川崎市中原区小杉町

■ 小机(こづくえ): 神奈川県横浜市港北区小机町

■ 小坪(こつぼ): 神奈川県逗子市小坪源頼朝がこの地で茶壺の献上を受けたことから「こつぼ」となったという地名伝説がある。地名は、土着語なので、縄文時代の言葉に近いアイヌ語で解釈するのが正解に近づきやすい。「コッ・チュクポク」は、「谷間の・西の所」という意味。小坪は海岸に近く小高い丘陵が複数あり、その谷間に道路が走っている。「こつぼ」は東の新宿で暮らしていた人達が、西の山に名づけたものと理解する。【出典

■ 小根岸(こねぎし): 神奈川県横須賀市長井。「根岸」という地名は、色々な地域に見受けられる。しかし、あらたまって「根」は、何を指しているのかと言われると答えに窮する。通説の多くは、後に「岸」が付くので川筋の地名と考え、「根」は川岸に生えた木の根として、「根岸」とは「川岸にある木の根の所」の意味になる。アイヌ語的に解釈すると、「コッ・ナイ」で、「谷間の・川の所」という意味になる。「ナイ」が日本語になる過程で「ナイ」→「ネ」→「根」と変化した。【出典

■ 巨福呂坂(こぶくろ坂): 神奈川県鎌倉市小袋谷(こぶくろたに)。巨福呂坂は鶴岡八幡宮から鎌倉街道を進んで両側が崖になったところ。新旧二つの坂があり「巨福礼」、「小袋坂」と書かれたこともあった。「コブクロ」は、「コロボックル」に近い語感。「コロボックル」は「蕗の葉の下に住む神で、郷神のことで村の守り神、産土の神」。「コル・ポク・ウン・クル」は「司る・下・そこに(いる)・神」のこと。小袋谷は中世には「小福礼」「巨福礼」と書いた。「コブクロ」の漢字表現は、鎌倉市内によく見かける「谷戸」の地形を、子供が宿る子宮にみたてたものに感じる。【出典

■ 瘤鬼(こぶのき): 神奈川県横須賀市走水。この漢字地名がいつ頃にできたのか分からないが、鬼の概念は地名の歴史から見れば新しいもので、縄文時代の人達は知りません。当時の人達の魔物は「クル」で神概念になる。「コッ・プッ・ノソッキ」で、「谷の・沼口の・猟場」の意味。発音しやすいように、「ッ」が略されて「コプノソッキ」になり、「こぶのき」に変化していった。【出典

■ 高麗(こま): 神奈川県中郡大磯町高麗

■ 小舞原(こまいぱら): 神奈川県横須賀市長井。「コッ・ムイ・パラ」で、「谷の森の広い所」の意味。【出典

■ 米神(こめかみ): 神奈川県小田原市米神

■ 米の下(こめのした): 神奈川県横須賀市大矢部。「コッ・メム」で、「谷の・泉の所」に、和語の「下」がついた。【出典

■ 米ノ台(こめのだい): 神奈川県三浦郡葉山町小矢部。地元では「コメンデェ」と呼んでいたと、この地に暮らす古老が「ふるさとの歴史」の中で語っている。なんでも、昔、役人がこの山で「米の等級を決める検査」をしたことに由来するという。「コッ・メム・ウン・タイ」で「窪地の・泉の・ある・森」になり、検査場の解釈にはならない。【出典

■ 子安(こやす): 神奈川県横浜市神奈川区子安通(など)

■ 小谷(こやと): 神奈川県高座郡寒川町小谷(こやと)

■ 小和田(こわだ): 神奈川県茅ヶ崎市小和田(こわだ)

■ 権太坂(ごんたざか): 神奈川県横浜市保土ヶ谷区権太坂

■ 根辺ヶ谷戸(こんぺがやと): 神奈川県三浦市南下浦町上宮田。「谷戸」はアイヌ語ではないが、古来から「谷」を示す地名であるという説がある。しかし、アイヌ語で地名を研究している大友幸男氏は、「谷戸」をアイヌ語と理解して、私も同意見である。「根」の漢字はアイヌ語の「川」を示す「ナイ」の当て字によく使われる。「ナイペ」または「ナムペ」として、「根」の文字が使われたとすれば、「ナイペ=川の岸辺」、「ナンペ=冷たい水(泉)」、「ヤト=谷間」で、「冷たい泉がある谷間」のこと。【出典

★ 

■ 才京込(さいきょうごめ): 神奈川県三浦市三崎町諸磯。漢字が地名に使われ出した中世において、漢字は単なる意思伝達の手段だけではなく、意味が込められた呪符・呪文であると考えられていた。例えば、「才京込」の「才」は外部からの厄災を押しとどめ、「京」は、外部から悪魔が入り込めない呪力を持つ文字とされていた。「込」は文字通り押し込めることで、「才京込」は、「外部から来た悪魔や災厄を跳ね返して押し込める」という意味になる。つまり、才京込は、村境の地名で外敵から村を守る「言葉の護符」となっている。しかし、その一方では、この地名が縄文時代からの地名であるならば、「サイキョウコメ」は、「サン・イウォル・コル」の訛りで、「前が開けた狩り場の郷神」という意味になり、産土の神が祭られた場所になる。【出典

■ 才戸(さいと): 神奈川県逗子市桜山。「サン・イト(前の・岬)」のこと。桜山の端に位置し、「展望がきく岬」の意味。【出典

■ 坂下(さかした): 神奈川県鎌倉市。坂下は、鎌倉海岸の由比ヶ浜の西側にあたり、極楽寺の丘の東下になる。切り立った崖に沿った海辺の一帯。昔の「坂下地域」は、今より広い範囲を指し、「御霊神社」がこの地の産土神社になっている。「坂」はアイヌ語の「サン・カ(坂の表面)」から日本語になったとされる。【出典

■ 酒匂(さかわ): 神奈川県小田原市酒匂

■ 作延(さくのべ): 神奈川県川崎市高津区上・下作延

■ 笹坪(ささつぼ): 神奈川県横須賀市大矢部。「サッ・サ・チュクポク」で、「涸れた・前の・西の所」の意味で、水枯れした地形を意味する。【出典

■ 笹目(ささめ): 神奈川県鎌倉市笹目町。鎌倉の大仏の東の地域。「ササメ」の「ササ」は、言葉を重ねたものと解釈し、「サ」の協調とすれば、「サン・メム(前が開けた・泉の所)」、「サン・メッ」ならば、「浜の突き出た岬」、「サム・ナイ」であれば「前の川」になる。【出典

■ 佐島(さじま): 神奈川県横須賀市佐島。「佐島」は相模湾に面した地区で、小田和湾に臨んでいます。今は陸続きですが、かつては島でした。「サ・スマヤ」は、「前浜の岩礁」の意味です。「横須賀の地名」では、佐島は狭い島であると解説しています。【出典

■ 佐助(さすけ): 神奈川県鎌倉市。鎌倉の大仏殿の北の地域で、「佐助稲荷神社」がある。その昔は、「佐介」と書かれた。「佐介」になった経緯については、鎌倉時代に「千葉介」「三浦介」「上総介」の三武将が住んでいたことから「三介ヶ谷」と呼ばれ、「佐介」になったという話がある。アイヌ語で解釈すると、「サン・ウン・ケ」ならば、「前の開けた所」の意味になり、三内丸山遺跡の「サンナイ」の「サン」も、「前が開けてる」という意味なので、同じ解釈になる。【出典

■ 薩摩町(さつまちょう): 神奈川県横浜市
・ 明治8〜32年の町名。横浜居留地30か町の1町。明治17年横浜区、同22年からは横浜市に所属。開港時の神奈川駅に接する旧居留地に対し、横浜・山手両居留地からなる新居留地のうち堀川以内の横浜居留地にあたる。明治7年、番号のみで称せられた当地に町名を付すことについての伺書が出され、翌8年内務卿大久保利通から許可されて起立し、町名には日本の著名な国名・都市名などを採用した。同32年山下町となる。現在の日本大通東側一帯にあたる。【出典
・ 他に、愛知県名古屋市瑞穂区薩摩町。滋賀県彦根市薩摩町。などがある。

■ 真田(さなだ): 神奈川県平塚市真田

■ 佐原(さはら): 神奈川県横須賀市佐原。「サハラ」は、「狭い平らな所」と、日本語では解釈される。しかし、佐原は、他の地域と比較して特別に狭い村ではなく、久里浜の入江に突き出した大きな山塊です。アイヌ語的には、「サ・パラ」で、「山の前の・平らな所」という意味で、「サン・パラ」であれば、「前が開けた舌状の平(穏やかな傾斜地)」という意味。【出典

■ 寒川(さむかわ): 神奈川県高座郡寒川町

■ 猿島(さるしま): 神奈川県横須賀市猿島

■ 猿落(さるおとし): 神奈川県横須賀市芦名。「サル・オ・ト・シ」で、「湿原・のある・沼の・大きな所」の意味【出典

■ 猿子畑(さるこばた): 神奈川県横須賀市衣笠。「サルコ」は、「サル・コッ」で、「葦原の・窪地」という意味。そこに、「畑」がついたので、「葦が生えている低地の畑」を意味する。【出典

■ 猿島(さるしま): 神奈川県横須賀市。東京湾に浮かぶ唯一の自然島で、日蓮聖人の猿の伝説がある。アイヌ語の「サル」は、「葦、湿原、藪、茂み、低湿地」をいうが、現在の猿島には、沢山の木が茂っている。「サッピ・スマ」ならば、「隠れた岩礁」になります。三浦半島が地震のたびに隆起しており、縄文海進で古代には海面が高かったことを考えれば、引き潮になれば船で渡れる岩礁だった可能性が高い。【出典

■ 三足谷(−): 神奈川県横須賀市大津。振り仮名が無いので、「サンゾク」と勝手読みする。「サン・ソ・コッ」で、「前が開けた・滝の・谷」の意味。「ミアシ」読みなら、「ミナ・シ」で、「岩崖の・大きい」で、「岩崖のある大きな谷」の意味、または「大きな岩崖のある谷」の意味。【出典

■ 汐入(しおいり): 神奈川県横須賀市汐入町

■ 七里ケ浜(しちりがはま): 神奈川県鎌倉市七里ガ浜
・ 二十余町の浜を歩くのは、平地を七里歩くのと同じような苦労があったことに由来する。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所】
・ アイヌ語の「シ・ツリ」は「自分を・伸ばす」の意味で、「シ・ツリ・ウタ(自分を伸ばした砂浜)」か「シン・ツリ・イ(自分を伸ばした者)」で、砂丘という意味になり、当て字として「七里」がつけられたものか。【出典

■ 失鎌谷戸(しつかまやと): 神奈川県横須賀市長浦町。「シ・ツカン・ヤト(スマ)」で、「我らの・弓占いの・谷(浜)」の意味。【出典

■ 志房(しぼ): 神奈川県鎌倉市笛田。「シッ・ポ(走り尾根・小さい)」で、「小さな走り尾根」の所の意味になるが、「小さな走り尾根」は沢山あるので位置の特定はむずかしい。「シ・ホ(大きな・陰部)」の意味か。アイヌの人達は、地形を表現するときに、人体の各部位の名前を引用して名づけたので、縄文人もそうであったと思われる。【出典

■ 芝生(しぼう): 神奈川県横須賀市浦賀。「シ・ポ・イ」だと、「本当に・小さい・所」の意味。「シポー」ならば、「塩」の意味。「シ・オッ」なら、「大きな・山の背」の意味。アイヌ語地名の研究者の大木紀通氏は、横浜市の「芝生(シポウ)」を、「シ・ホ」と判断し、「大きい・女性器」と解釈している。古代人は地名をつけるときに、その地形が人体のいずれにあたるかを考えて、人体の名前を地形につけたと言われ、納得できる。【出典

■ 七五三引(しめひき): 神奈川県伊勢崎市。大山詣でに向かう人々が通る大山街道に位置する。この地には「二の鳥居」があり、ここから先、魚類を持ち込んではならないという決まりがあった。「しめ」とは、そうした慣習と関連する。【出典

■ 下坪(しもつぼ): 神奈川県鎌倉市関谷。「ツボ」は「西の所」を指すアイヌ語の「チュクポク」の短縮と思われる。東に住む人たちが名付け親になるわけだが、大船に縄文遺跡がある。なお、「下」が上下に関係無い「シモ」であるならば、「シ・モイ・チュクポク(大きな・入江の・西の所)」となる。【出典

■ 十三峠(じゅうさんとうげ): 神奈川県横須賀市田浦町。横須賀市田浦町と逸見、そして葉山方面を繋ぐ旧道にあり、標高は約100mの峠。付近に縄文遺跡があり古い地名と考えられる。アイヌ語の「チゥサム」は、「波のそば(河口)」の意味、または、「十」は、「トー」であると考えれば、「トー・サム」で、「沼の・そば」の意味になる。【出典

■ 十二所(じゅうにしょ): 神奈川県鎌倉市十二所(じゅうにそ)。鎌倉市の東部の朝比奈峠の麓の地名。滑川が急峻な山肌を下り、この地で川幅を広げて扇状地をつくっている。この地名については、この地に十二ヶ所の民家があったことに由来する。あるいは、熊野十二社が祭られていたことに由来するという説がある。「ジュウニ」と発音される言葉の元が「チウニ」ならば、「我らが住む所」になり、「チュウニ」であれば「水の流れる林の所」になる。【出典

■ 城ヶ島(じょうがしま): 神奈川県三浦市三崎町城ケ島。中世に、安房国の里見氏がここに砦を作ったことに由来する。または、三崎に「尉(じょう)」という位をもった男がいたので「尉の島」となった。または、別名で「桜の島」と呼ばれたという説もある。「ジョウ」は縄文語で「滝」のこと。「ジョウ・ケ・スマ」で「滝の・所の・岩礁」か。【出典

■ 正吟(しょうぎん): 神奈川県三浦郡葉山町上山口。新編相模国風土記稿には、「しょうきむ」とある。間門集落の東になるが、この間に深く急峻な谷がある。「ショウ・ウン・キム」で「滝の・ある・丘」になる。【出典

■ 庄司川(しょうじかわ): 神奈川県三浦市初声町和田。「ショウ・チ」で「滝の・流れ」+「川」の組み合わせで、「滝川」のこと。一見「庄司」と言えば、荘園由来の地名に見えるが、和田は三浦一族の本拠地の一つで、庄司を置く必要は無いと考えた。なお、鎌倉市には「障子川」がある。【出典

■ 湘南(しょうなん): 神奈川県

■ 定便谷(じょうびだに): 神奈川県逗子市小坪。「ジョウ・ピ」で「滝のある・石ころ」+谷のこと。【出典

■ 菖蒲(しょうぶ): 神奈川県秦野市菖蒲

■ 菖蒲沢(しょうぶざわ): 神奈川県藤沢市菖蒲沢

■ 条藪(じょうやぶ): 神奈川県鎌倉市手広(てびろ)。「ジョウ(滝)」、「藪(ヤ・プ)」と二音節のことばとすれば、「山の端」で、組み合わせて「滝の山の端」という意味。または、「ヤブ→ヤプ(群れて上陸する)」、の組み合わせで「滝そばの船着き場」の意味となり、海岸の地名になる。いずれの解釈も「滝」がみられるので、縄文時代、深沢から流れ出た沢が、このあたりで滝を作っていたのではないかと推察される。【出典

■ 女郎前(じょろうまえ): 神奈川県横須賀市佐原。「ジョウ」は滝を意味します。三浦古尋録によると、鎌倉時代に領主の側室が暮らした跡といわれ、上臈屋敷が江戸時代になって現行表記になったとのこと。【出典

■ 白石(しらいし): 神奈川県川崎市川崎区白石町

■ 尻こすり坂(しりこすりざか): 神奈川県横浜市

■ 汁滴(しるだれ): 神奈川県三浦市南下浦町上宮田。「チル・タオル」で「したたる・川岸の高い所」の意味。戦国武将の息子が食事の際に、味噌汁をこぼしたところというが、付会。山に降った雨が地下水になり、谷川の岸壁に水がしたたり落ちたことに由来すると思われる。【出典

■ 陣出(じんで): 神奈川県鎌倉市寺分(てらぶん)。梶原と寺分の境にある小字地名。「陣出」には鉱泉があり、山崎、神明にも温泉があった。この地域には熱海、湯之本などの小字地名がみられ、古い時代に賑わったところだそうだ。アイヌ語の「シン」は水や泉を意味する。「チン」ならば崖を意味する。「デ」は「テク」の略形であれば、「〜の状を呈する」という意味になるので、「水の出る所」、または「崖のような所」の意味となる。【出典

■ 真名瀬(しんなせ): 神奈川県三浦郡葉山町一色。フリガナがないと「まなせ」と読みそうだが、「シン・ナ・セ」と読む。少し不自然な読み方なので、この地名の鍵は、「真」にあるように思われる。「シム・ナム・ニセイ」は、「水の・冷たい・川岸の崖」である。長い言葉なのでリエゾンして「シンナセ」と発音されるようになったと思われる。【出典

■ 神武寺(じんむじ): 神奈川県逗子市東逗子。鷹取山の峯続きで、漢字の「じんむ」は、アイヌ語の「カムイ・モイ」の当て字に見える。「カムイ」は「神」。「モイ」は「ムイ」の転で、「山または峯続きの地形」をいう。「神々が坐す山の峰」の意味。【出典

■ 杉釜(すがま): 神奈川県横須賀市長沢。「スカ・マ」は、「砂浜の・船着き場」のこと。長沢海岸に長沢川が流れ込んでいる。海岸には砂浜はほとんどないが、久里浜に発電所が出来る前は長い砂浜だった。この地名は、縄文時代に長沢川が作った潟にできた船着き場を意味する。【出典

■ 須軽谷(すがるや): 神奈川県横須賀市須軽谷。横須賀に地名では、「以我蜂(じがばち)」の古名の「スガル」に由来するとし、この地域は蜂が多い場所だろうと推察している。アイヌ語で解釈すると、「スカ・ル」で、「砂浜の・路」のこと。【出典

■ 逗子(ずし): 神奈川県逗子市

■ 頭子木(ずしき): 神奈川県横須賀市林。「ト・シギ」で、「沼の・茅」の意味。当地がかつて大きな入り江であった名残の地名。「ズ」は「ト→ツ→ズ」の転。【出典

■ 鈴木町(すずきちょう): 神奈川県川崎市川崎区鈴木町

■ 砂押(すなおし): 神奈川県鎌倉市大船。アイヌ語の「スマ・オ・シ」は、「岩・がある・大きい」で、「大きな岩があるところ」を意味する。【出典

■ すみ塚: 神奈川県逗子市新宿

■ 清新(せいしん): 神奈川県相模原市中央区清新

■ 関谷(せきや): 神奈川県鎌倉市関谷。大船地域の西奥の地名で、藤沢市と横浜市戸塚区に接する。通説では、「玉縄城を守る関所」からきていると言われるが、アイヌ語では、「セキ・ヤ(ツ)」で、「山を背負った・谷間」の意味になる。関谷には高い山は見当たらないが、入り組んだ山並が続き、その谷間に道が通い家があって農地が開けている。縄文時代の川原石が敷かれている遺跡が発掘されているので、関所由来の地名というよりも、「山に沿った谷間」という解釈の方がふさわしく思う。この地には「がっくり橋」という場所があり、戦に敗れた北条勢ががっかりして渡ることが出来なかったという五輪が残っている。「がっくり」をアイヌ語の訛りと考えて解釈すると、「カ・ウン・クル(地表に表れる・いつもの・魔力を持つ神)」で、現代風に言うと、「祟り神や悪霊が出る所」の意味になる。【出典

■ 瀬戸ケ谷町(せとがやちょう): 神奈川県横浜市保土ケ谷区瀬戸ケ谷町(せとがやちょう)
# もとは保土ケ谷区保土ケ谷町・岩間上町の各一部。【出典

■ 千度小路(せどこうじ・せんどこうじ): 神奈川県鎌倉市雪ノ下(ゆきのした)。鎌倉のメインの道路の段蔓の西の小町通りは、江戸時代には「千度小路」と呼ばれていた。鶴岡八幡宮に千度祈願するために通った路からついたという由来が残っている。「千度」の意味だが、千度通うからついたというのはこじつけに思える。昔、この辺りは、広い入り江もしくは沼だった。「セプト(広い沼)」に、「千度」の漢字が当てられたと判断する。【出典

■ 銭ヶ原(ぜにがはら): 神奈川県横須賀市大津。「セプ・ニ・ケ」で、「広い・森の・所」の意味。【出典

■ 仙上(せんがみ): 神奈川県三浦市初声町高円坊。「セプ・ムイ・カムイ」で「広い・森の・神」で、「セプ・ムイ」が「セプン」となって、「セフン」に転じて「仙」の字をあてた。【出典

■ 泉水(せんすい): 神奈川県鎌倉市浄明寺(じょうみょうじ)。鶴岡八幡宮の前を右に曲がって朝比奈峠に向かう道路沿いの地名。「セム・スイ(山陰の泉)」の意味。【出典

■ 扇子畑(せんすばた): 神奈川県横須賀市林。扇形をした畑と考えてもおかしくない地名。アイヌ語で解釈すると、「セム・スイ」の当て字と考え、「山陰の水場」の意味。【出典

■ せんだ: 神奈川県横須賀市野比

■ 膳能(ぜんのう): 神奈川県逗子市沼間。「セプ・ノ」で「広く開けている・顎」、または「サン・ノッ」で「前が開けている・岬」で、「見晴らし良い岬の高台」のこと。【出典

■ 染谷(そめや): 神奈川県横須賀市秋谷。「ソ・メッ・ヤツ」で、「滝の・突き出ている・谷」の意味。【出典

■ 反田(そりだ): 神奈川県横須賀市鴨居。「ソル・タ」の転で、「獲物が沢山とれる・所」の意味。【出典

★ 

■ 台(だい): 神奈川県鎌倉市台(だい)

■ 大鋸(だいぎり): 神奈川県藤沢市大鋸
・ 大鋸(だいぎり): 大鋸は大形のこぎりのことで、地名は大鋸引の職人集団が当地に居住したことにちなむ。【出典

■ 台坂(だいさか): 神奈川県横須賀市長浦町。「タイ・サンケ」で、「森・前に出る所」で、「森の岬」の意味。【出典

■ 大作(だいさく): 神奈川県横須賀市。三浦半島には、「大作」の地名が数カ所見られる。野比、田浦、秋谷、武などの地域です。横須賀の地名では、「田浦大作」は、昭和27年の町名改正で小字であった「大作谷戸」を町名にしたとある。「大作」は人名で、土地の開拓者の「石川重右エ門の祖大作」の名前であるとの伝承がある。しかし、三浦半島の各地に「大作」地名があり、「石川大作」がいつの時代の人なのかわかりません。むしろ、縄文由来と考えた方がいいでしょう。「タイ(森、川沿いの緩やかな台地)、「サク(欠けた、持たない)」で、「川沿いの森の欠けた所」の意味。「サク」を「チャル」の転、「チャク」の訛りとすると「入口」の意味になる。さらに「サク」を「サッテク」で「涸れている、痩せている」の短縮と考えれば、「川沿いの森の痩せた所」の意味になる。【出典

■ 台の谷戸(だいのやと): 神奈川県横須賀市佐島。「台」は通常、平野より高く、野面が平らな地形のこと。そこの谷間ですから、緩やかな谷のイメージがある。アイヌ語では「タイ・ヤト」で、「森の・谷」の意味。【出典

■ 当麻(たいま): 神奈川県相模原市南区当麻

■ 田浦(たうら): 神奈川県横須賀市田浦。江戸時代の三浦古尋録に、「田浦は手浦で、観音崎から比多を上手浦といい、南を下手浦と言った」とある。「横須賀の地名」では、「田」は「手」が変化したもので、元々は「手浦」であったとしている。「タ・ウラ」の「ウラ」は、ウタ→ウラと変化する「たなら相通」にそったもので、砂浜を意味する。冒頭の「タ」は、「そこ」という場所を特定する意味を持っているので、「田浦」は、「そこは砂浜の所」の意味になる。または、「タイ・エ・ウラ」で、「森の・そこの・砂浜」のような気もします。【出典

■ 鷹取山(たかとりやま): 神奈川県横須賀市追浜町。鷹取山は、太田道灌がここで鷹を捕まえたことに由来するという説がある。しかし、明治時代の地図には高取山と書かれている。地名の「タカ」は、「イ・タカ」の冒頭の「イ=神」が略されたもので、神々が居る高いところの意味。また、鳥はアイヌ語でも「トリ」で、アイヌの人達は、このことばが「日本語からアイヌ語に入った」と述べた言語学者に反発し、「トリ」は古い時代から我々が使用していたもので、アイヌ語であると反論したそうだ。【出典

■ 高部(たかべ): 神奈川県横須賀市。「タク・ペ」で、「ごろた石のある川」のこと。もしくは「ごろた石のある所」の意味。【出典

■ 宅間(たくま): 神奈川県鎌倉市浄明寺(じょうみょうじ)。宅間は、絵師の「宅摩方眼」の邸宅がこの谷戸にあったことに由来すると言われます。「宅間派」は、平安時代後期に都で活躍した絵仏師の一派で、鎌倉時代にこの地に進出した。したがって、「宅間」の地名は鎌倉時代の新しいものだが、「宅間(タクマ)」の名字は地名由来と思われます。「タク・マ」の「タク」は「河原のごろた石」をいいます。「マ」は船着き場になるような水が淀む「澗」をいいます。つまり、「タクマ」は「ごろた石のある川の船着き場」を意味する地名で、そこに住んでいた人たちが「宅間(タクマ)」を名乗ったもの。【出典

■ 武(タケ): 神奈川県横須賀市武。通説では「タケ」は、「高」のことで、この「高」は、「嶽、岳」と同意で、さらに「丈=高く直立する意味」とも矛盾しない。地名の「武」は、後年、日本武尊の登頂伝説から「高山」が「武山」と書かれるようになり、その「武」が地名に使われるようになった。「タケ」は「イ・タ・ケナシ」で、「神々・のいる・森」の意味で、冒頭の「イ」は神々のこと。【出典

■ 武山(たけやま): 神奈川県横須賀市武付近にみられる山

■ 出シ出(ダシダ): 神奈川県横須賀市秋谷。「タ・シ・タ」で、「断つ・大きい・所」の意味。【出典

■ 田津(タツ): 神奈川県横須賀市公郷町周辺。昔の公郷村は三浦半島の真ん中に位置し、三浦半島の中心地として繁栄してきた。「田津」の「津」は「湊」を意味する。「タヅ」はアイヌ語で「そこは岬の所。そこは湊の所。」の意味。「タツル」は「そこは古い道の所」で、語尾の「ル」は、終声音のために発音されなくなり、「田津」となった。【出典

■ 立野(たての): 神奈川県横浜市中区立野

■ 田鳥原(川)(たとりぱら): 神奈川県三浦市南下浦町松輪。「タ・トイ」で「そこ・墓地」という意味。【出典

■ 田名(たな): 神奈川県相模原市緑区田名。神奈川県相模原市中央区田名。神奈川県相模原市中央区田名塩田に先土器時代や縄文早期の遺物が出土。武蔵七党の1つ、横山党田名氏の居館があったと伝える。【出典

■ 田中(たなか):  神奈川県伊勢原市田中

■ 谷ノ空(たにのそら): 神奈川県逗子市沼間。この地名は二つのことばで成り立っている・和語の「谷」+アイヌ語の「ソ・ラプチ」で、「谷の・滝の・落ち合う所」で「谷の滝壺」の意味。【出典

■ 谷ノ谷(たにのやと): 神奈川県横須賀市金谷。関西においては、山と山の合間の低地を「谷」または「谷川」という。関東では、同様の地形を「谷戸」または「谷地」といい、間の中部地方では「沢」という。【出典

■ 谷町(たにまち): 神奈川県横須賀市汐入町

■ たばさま: 神奈川県横須賀市須軽谷

■ 多摩美(たまみ): 神奈川県川崎市麻生区多摩美
・ 神奈川県川崎市麻生区の町名。昭和53年細山東地区への住居表示が施行されて成立。町名は、住民から名称を募集した結果、多摩丘陵地帯で多摩川と美しい富士が見える所という意味から選ばれたという。【出典

■ 田村(たむら): 神奈川県平塚市田村

■ 陀羅ヶ谷(だらがや): 神奈川県横須賀市大津町。「陀羅尼」ならば、仏教の教えになる。「陀羅尼」は、梵語の呪文をそのまま読誦することですが、その陀羅尼ではなく「タ・ランケ」で、「そこ・沢がしら」という意味で、「谷を流れる沢の始まるところ」。【出典

■ 丹沢(たんざわ): 神奈川県秦野市丹沢

■ 乳牛(ちうし): 神奈川県秦野市
・ 戦国時代に相模国にみられた地名。【出典

■ 茅ヶ崎市(ちがさき): 神奈川県茅ヶ崎市

■ 千片(ちかた): 神奈川県横須賀市大津町。「チカッ・ウン・タ」で、「弓占い・の・所」。「ウン」は、語法としてあるだけで、実際には了解事項として、発音はされなかったといいます。【出典

■ 千葉地(ちばじ): 神奈川県鎌倉市雪ノ下(ゆきのした)。これは古い地名で、「チパ」は祭事を行う幣場を意味する。幣場は「イナウ(木幣)」を立て山の神や川の神など諸神に祈る場所で、「チパ・シュッ(祭場の・山裾)」の意味。【出典

■ 長者ヶ崎(ちょうじゃがさき): 神奈川県三浦郡葉山町下山口。地名伝説としては、伊豆に蟄居していた源頼朝が三浦氏の招きでこの地を訪れた時に、芦名三郎為清が「その昔、ここに住んでいた長者が木を植えたところ、よく育ちその山を葉山と言った。また長者が暮らした所を松原といった。」という。「チョウ・ケ+崎」と解釈すると、「イチャシ・ケ」で「神々を祀る所(祭場)、または、砦のある所の意味になる。【出典

■ 津(ツ): 神奈川県鎌倉市腰越(こしごえ)。「津」は腰越漁港に流れ込む腰越川の上流の、やや奥まった場所。「ツ」は、アイヌ語の「トマリ=湊」のこと。「トマリ(泊)」や「ツ(津)」は、縄文語が和語に変化していく過程で和語に取り込まれた言葉。海の後退によって、「津」は奧地になったが、縄文時代には、「港(海辺)」に位置した。【出典

■ 津久井(つくい): 神奈川県横須賀市津久井。「ツク・イ」の語源について、「横須賀の地名」では、「津」は「湊」を指し、「久」は燃料に関わる言葉、「井」は井戸もしくは居のことで、集落を指すとし、「燃料を運ぶ船が出入りする湊のある集落」に由来するとしている。地名の「ツクイ」は、アイヌ語の「ツ・クシ・イ」で、「湊の・渡す・所」という意味で渡船場のこと。【出典

■ 辻堂(つじどう): 神奈川県藤沢市辻堂

■ 土屋(つちや): 神奈川県平塚市土屋

■ 剣崎(つるぎざき): 神奈川県三浦市南下浦町松輪。「剣」のような細く鋭い地形ではない。縄文時代からある岬。地名の由来だが、江戸時代のはじめ、この沖で材木を積んだ船が暴風雨で沈没した。三崎にある海南神社の神主が、これは竜神の怒りであるとして剣を海に捧げたところ、海が静まり材木も回収できた。そこから、この地は「ツルギ崎」と呼ばれるようになったという説がある。「ツル・ケ(キ)」は、「古くからある路の・所」または、「峯の・所」という意味。「キ」を「キム」の略とすれば、「丘」の意味になる。【出典

■ ツル崎: 神奈川県横須賀市浦賀

■ 鶴郷(つるのごう): 神奈川県横須賀市須軽谷。「ツ」には、「峯、二つ、昔」などの意味がある。「ル」は、路ですから鶴郷がどんな地形かによって、組み合わせが決まる。また、「の」が単なる接続詞であれば語尾の「郷」がどのような所かを定めてくれる。「二つの路のある村里」「昔の路のある村里」の意味。接続詞で無く、「ツ・ル・ノ+郷」ならば、この「ノ」は「ノッ」で、岬とか突き出している地形をいうので、峯路のある岬の村里、或いは、昔の路のある岬の村里を言う。【出典

■ 鶴巻田(つるまきだ): 神奈川県横須賀市太田和。「ツ・ル・マク・タイ」で、「峯・路の・奥の・森」。語尾の「イ」は省略された。【出典

■ 鶴見(つるみ): 神奈川県横浜市鶴見区

■ 手広(てひろ): 神奈川県鎌倉市手広(てびろ)。鎌倉市と藤沢市の境に位置する地名で、大船寄りにある。「テ・ピ・ル(ここ・石ころの・路)」で、縄文時代にはこの地は海の中だった。海が後退していく過程で出来た磯路が地名の由来と思われる。通説では「手を広げた形」に由来するという説や、「この地で戦があって、一軍を率いた武将の手首が切り落とされ、その手首をとっさに拾って埋めた」ことに由来するなどの説がある。【出典

■ 寺分(てらわけ): 神奈川県鎌倉市寺分(てらぶん)。JRの大船工場の近くに位置する。「テ・ライパ(ここ・水が濁った川口の所)」、または「テ・ライプ(ここ・水が滞った川の縁の所)」などのアイヌ語の解釈が思い当たる。古代、この地は入り江で低湿地だった。【出典

■ テン屋: 神奈川県横須賀市池上

■ 当ヶ作(とうがさく): 神奈川県三浦市南下浦町菊名。「トー・ケ・チャル」で「沼の・所の・入口」の意味。アイヌ語の「サク」は、季節の「夏」または「欠けた所」を意味する。沼の欠けた所のイメージがわかないので、入口を意味する「チャル」の転訛と推測する。チャル(入口)→チャク→サクと転じたと解釈する。また、「サク」を「サッテク」の短縮とすれば、入口ではなく涸れているという意味になり、沼が涸れている所、または、痩せた沼の意味になる。【出典

■ 唐ヶ原(とうがはら): 神奈川県三浦市初声町三戸。「トー・ケ・パラ」で、「沼の・ある・平らな所(原)」のこと。【出典

■ どうしよう: 神奈川県逗子市小坪

■ 道場(どうじょう): 神奈川県三浦市南下浦町上宮田。「トー・ショウ」で「沼の・滝」のこと。【出典

■ 唐人町(とうじんちょう): 神奈川県小田原市

■ 豆腐川(とうふがわ): 神奈川県鎌倉市。「トプ」はアイヌ語で「竹」の意味で、そこに「川」がつくので、「竹林を流れる川」の意味。この川は衣張山と名越の切り通しあたりを源流に西に流れているが、衣張山の北斜面に報国寺の竹林がある。また「ト・プ」の2語と解釈すれば、「沼の所」の意味で、「川」がつくので、「沼川」の意味となる。【出典

■ 遠津山(原)(とおつやま): 神奈川県三浦市南下浦町松輪。海に近い岬や島には、古い意味を持つ地名や方言が残っている。この「トー」もそのひとつとすると、「トー」は、古い時代には海を指したので、「トー・ツ」は「海の・湊」の意味となる。海に関わりの無い奧地であれば、「トー・ツ」で「沼の・峯」とも考えられる。【出典

■ 戸ケ崎(とがさき): 神奈川県鎌倉市台(だい)。「ト(沼)」+「ケ(所)」+「岬」で、「沼の中に突き出た岬」の意味。【出典

■ 唐木作(ときさく): 神奈川県三浦郡葉山町上山口。アイヌ語に「トキサル(耳型の湾=小さな入り江)」という言葉がある。唐木作は、これから転訛したものと考えられる。【出典

■ 常盤(ときわ):  神奈川県鎌倉市常盤
・ 北条政村が地内に別業を設け常盤殿と号したことに由来する。
・ 大船と北鎌倉の間にある。「常盤」は「常に変わらない岩」や「松や杉などの常緑樹」のこと。以前は「常葉」と書かれた。アイヌ語としては「トキサル・パ」が該当し、「耳形の入り江の・岸」の意味。【出典

■ 床凪(とこなぎ): 神奈川県横須賀市久比里。「常に海が凪ぎである所」という意味ならば、「常凪」と書かれるでしょうが、使われているのは「床」の字。海とは関係の無い「ト・コ」と判断して解釈すると、「古い・沼跡」になる。また、後にある「ナギ」は、「ナイ・キタイ」の略で、水源地を意味する。つまり、「古い沼跡の水源地」。【出典

■ 豊島(としま): 相模国(神奈川県)。三浦半島の東部に位置する。地名の由来は、かつてこの地に猿島をはじめとして10島あり、これに豊島の字をあてたものという。【出典

■ 戸塚(とつか): 神奈川県横浜市戸塚区

■ トヅラ山: 神奈川県横須賀市長坂

■ 殿騎(とののり): 神奈川県横須賀市佐原。「殿騎」は殿様の乗った馬、或いは殿様が馬にまたがる所という意味もあるだろう。しかし、武将は至る所で馬に乗り降りするので、縄文時代からの地名と解釈して「トンケシ・ヌプリ」で、「沼尻の・山」の変化した言葉ではないだろうか。【出典

■ 飛井(とびい): 神奈川県横須賀市。「トプ・イ」で、「竹の所、竹林」か。もしくは「ト・プ・イ」で、「沼の・岸の・所」の地形をさす。【出典

■ 土腐(とぷ): 神奈川県鎌倉市岩瀬(いわせ)。「トプ」であれば、「竹の所」の意味で、「ト・プ」であれば、「沼の所」の意味。【出典

■ 戸部(とべ): 神奈川県横浜市西区戸部町(とべちょう)

■ 戸部(とべ): 神奈川県鎌倉市岡本(おかもと)。「トプ」ならば、「竹林」の意味だが、「部」の漢字が使われていることから、「ト・ペ」で「沼の・川」の意味か。この地域を流れる柏尾川は、大船あたりでは「戸部川」と呼ばれた。このあたりは低湿地で洪水常習地域だった。【出典

■ 富岡(とみおか):  神奈川県横浜市金沢区富岡

■ 鳥井戸(とりいど): 神奈川県横須賀市平作。「鳥」はアイヌ語でも「トリ」といい、「イト」は、岬を意味する。【出典

■ 頓坊(とんぼう): 神奈川県三浦市南下浦町金田。「ト・アン・ポ」で「沼・のある・所」の意味。【出典

★ 

■ 長井(ながい): 神奈川県横須賀市長井
# 永井とも書いた。地名は名井があることに由来するという。【出典
# 「長井」については、「横須賀の地名」では、土地が長く井戸があったことに由来するとしている。長井の地域は縄文時代には島であったと考えられます。アイヌ語で解釈すれば、「ナ・カ・イ」は、「切る・上の・表面」で、「本土から切れている表面の者」で、「島」を意味する。【出典

■ 長浦(ながうら): 神奈川県横須賀市長浦町。長浦は入り江状の地形で、古くから知られた地域。「ナイ・ケ・ウタ」で、「川の所の砂浜」の意味。【出典

■ 長柄(ながえ): 神奈川県三浦郡葉山町長柄。葉山と逗子の境にある海よりの地名で、森戸川が作り上げた盆地の出口に位置する。地名の「ながえ」を「ナイ・カペ」の転訛と解釈すると、「川の折れ曲がった所」の意味で、森戸川が長柄の山にぶつかって東に向きを変えるあたりを指す。【出典

■ 長尾(ながお): 神奈川県川崎市多摩区長尾

■ 長沢(ながさわ): 神奈川県横須賀市長沢。「ナイ・カ」で、「川の・上流」を意味する。【出典

■ 仲地梨(なかじなし): 神奈川県横須賀市秋谷。「ナイ・カシ・ウシ」で、「川を・渡る・いつもそうしている所」で、川や沢を渡る所の意味。【出典

■ 中ジンナ: 神奈川県横須賀市秋谷

■ 長津呂崎(ながつろざき): 神奈川県三浦市三崎町城ケ島。「ナ・カ・ツノットロ」で、「切る・表面の・出崎」の意味。【出典

■ 名古木(ながぬき): 神奈川県秦野市名古木

■ 仲ノ坪(なかのつぼ): 神奈川県横須賀市森崎。「坪」は「チュクポク」の当て字で、「西」を意味する。アイヌ語による地名を研究している大友幸男氏は、東北地方の「坪」の地名は山間の低地に多いとしている。それに従えば、西の大矢部町に近い谷間かもしれません。「ナカ」は「ナイ・カ」で、「川の上流」の意味ですから、「川の上流の西の所」の意味。【出典

■ 名古(なご): 神奈川県三浦市南下浦町金田。「ナム・コツ」で「冷たい水の・沢」のこと。水源地を意味する「ナメトコ」に近い語感があるので、このあたりの集落の水源地になっていたのではないだろうか。【出典

■ 名越(なごえ): 神奈川県鎌倉市大町
・ 相模国鎌倉郡のうち。古東海道の一部にあたる地で、地名に関しては、難越(こえがたし=なごし)ということにちなむとする伝承がある。
出典
・ 古くは「ナゴヤ」と呼ばれた。鎌倉から逗子に至る峠を言い、七切り通しの一つで、逆川の源流地域にあたる。「ナゴヤ」は「ナゴエ」に変化したが、語幹の「ナ」は変化していない。「ナイ・クシ(川を越える)」または「ナム・コトル(冷たい水の・斜面)」の意味か。【出典

■ 鉈切(なたぎり): 神奈川県横須賀市浦郷町。「ナメシ・タイ・キリ」で、「東の・森の・山」の意味。【出典

■ 夏島(なつしま): 神奈川県横須賀市浦郷町。「夏島」をアイヌ語で解釈すると、「ナン・ツィ・シリ」で、語頭の「ナン」は「顔」を意味し、「ツ」は「切れている」、「シリ」は「大地、つまり島」のことで「切り立った断崖の島」。「横須賀の地名」では、「夏島は、冬でも雪が積もらない島で有る。」に由来するとある。【出典

■ なでえ: 神奈川県逗子市小坪

■ 七ツオサ: 神奈川県横須賀市久村

■ 七ツ長(ななつなが): 神奈川県鎌倉市雪ノ下(ゆきのした)。「ななつなが」は難しい地名。「七」を「ななつ」と読んでいるので、日本語読み。アイヌ語の「七」は「アルワニウ」や「アルワンペ」と呼ぶので、この地名は当て字。耳にする音が「ナナ」と聞こえたので、「七」の字をあてた。この地名がアイヌ語であれば、「ナンペ・ツ(ト)・ナ・カ」で「冷たい水の・沼・の・上の所」という意味。【出典

■ 生麦(なまむぎ): 神奈川県横浜市鶴見区生麦

■ 滑川(なめりがわ): 神奈川県鎌倉市。朝比奈の切り通しあたりを源流として鎌倉市の中心部を縦断している。「ナメリ」は、「ナム・ペ・ヌプリ」の短縮形で、「冷たい水の山」の意味。【出典

■ 成田(なるだ): 神奈川県小田原市成田(なるだ)
・ この地域が古くから水田地帯であることに由来する。

■ 二階堂(にかいどう): 神奈川県鎌倉市二階堂

■ 新羽(にっぱ): 神奈川県横浜市港北区新羽町

■ 二宮(にのみや): 神奈川県中郡二宮町二宮

■ 入道込(にゅうどうごめ): 神奈川県三浦市初声町三戸。アイヌ語の「ニ・ト・コッ・ムイ」で「森の・沼の・凹んだ・浜」という意味。【出典

■ 盗人狩(ぬすとがり): 神奈川県三浦市南下浦町毘沙門。足元がすくむ断崖絶壁の地名。昔、名のある大泥棒がここまで逃げてきたが、この絶壁をみて逃げるのをあきらめて捕まったという地名伝説がある。「ヌー・サン・ト・カムイ」で、「豊漁の・前に開けている・海の・神様(の居るところ)」の意味。【出典

■ 猫池(ねこいけ): 神奈川県鎌倉市腰越(こしごえ)。「ネコ」は動物の「猫」ではなく、「ネコ」と聞こえた音に当てたもの。「ナイ・コッ」は、「川の・涸れた跡」のことで、「ナイ」は「ナ→ネ」に変化しやすい。【出典

■ 禰田(ねだ): 神奈川県鎌倉市台(だい)。「ネイ」は「ナイ」から転じたもので、元々は「ナイ・タ(川・沢の所)」の意味。また、「ナ」は「ノ」に変化しやすいと言われているので、「ノダ→ヌタ→ネダ」の変化で「のたうち回る所」の意味にもなり、イノシシなどが身体にたかった虫をそぎ落とす「ぬた場」かもしれない。【出典

■ 禰々子(ねねこ): 神奈川県横須賀市走水。「ナイ・ネ・コツ」で、「沢・のようになる・窪地」、または「ネネ」を「ナイ」の強調形とすれば、「ナイ・コッ」で「沢の・凹んだ跡」となる。【出典

■ 根府川(ねぶかわ): 神奈川県小田原市根府川

■ 野毛(のげ): 神奈川県横浜市中区野毛町

■ 野比(のび): 神奈川県横須賀市野比

■ 登戸(のぼりと): 神奈川県川崎市多摩区登戸

★ 

■ 箱根(はこね): 神奈川県足柄下郡箱根町箱根

■ 羽衣町(はごろもちょう): 神奈川県横浜市中区羽衣町

■ 走水(はしりみず): 神奈川県横須賀市走水

■ 長谷(はせ): 神奈川県鎌倉市長谷(はせ)。一般には長谷寺に由来するといわれる。しかし、長谷寺は中世の建立なので、むしろ「はせの地」に出来たので「長谷寺」と命名したと思われる。「ハセ」は「パセプ」で、「パ・セプ(峯の・広い所)」の意味。【出典

■ 秦野(はたの): 神奈川県秦野市

■ 初声(はっせ): 神奈川県三浦市初声町。鎌倉時代の猛将の和田義盛が平家を滅ぼした文治2年、和田城内において先勝祝賀会を開いて歌舞曲の「初声」を領民に歌わせたことに由来すると言う地名伝説がある。アイヌ語の「ハゥ」は「声」、「ハゥ・アシ」で「囃す」。「セプ」には「広くある」という意味がある。「ハゥ・アシ・セプ」の組み合わせで、母音が続くと一音が消えるので、「ハシセプ」となり、シとセが同行の言葉続きになって一音になり、語尾の「プ」が、閉音節で弱々しく「ハッセ(初声)」になったと考えられる。意味は「広い所で囃す」。【出典

■ 鳩打(はとうち): 神奈川県横須賀市芦名。「ハッタル・プツ」で、「淵の口、滝壺」という意味になる。【出典

■ 英町(はなぶさちょう): 神奈川県横浜市中区英町
・ 町名は、黄金町と同じく、淮南子の「清水有黄金 竜淵有玉英」から採ったもの。【出典

■ 花輪(はなわ): 神奈川県横須賀市野比。「パナ・ワ」で、「川下を・渡る」、または「パナ・パ」で「川下の・下手」の意味。【出典

■ 浜松町(はままつちょう): 神奈川県横浜市西区浜松町

■ 林(はやし): 神奈川県横須賀市林。通説では、「はやし(生)」の意味で、樹木が群がって生えている木立からきた地名としています。アイヌ語の「ハ・シ」は、「水が大きく引く所」、「パイ・シ」は、「広い笹原」を意味する。【出典

■ 葉山(はやま): 神奈川県三浦郡葉山町

■ 原宿(はらじゅく): 神奈川県横浜市戸塚区原宿

■ 半ヶ城(はんがしろ): 神奈川県横須賀市長浦町。「ハンガシロ」は、日本語では説明しにくい地名。「パン・ケシロ」で、「川下の・端の低い所」の意味。【出典

■ 半縄(はんなわ): 神奈川県横須賀市小矢部。「パナ・ナ・パ」で、「川下・の・渡る所」の意味。【出典

■ 火ヶ口(ひがぐち): 神奈川県横須賀市野比。「ピケウ・クチャル」の当て字で、「小砂利のある・出口(入口にもなる)」の意味。【出典

■ 引地ヶ谷(ひきじがや): 神奈川県横須賀市長坂。「ピ・キウ・チケプ」で、「岩の・山並の・切り立った崖の所」の意味。【出典

■ 日越(ひこし): 神奈川県鎌倉市腰越(こしごえ)。「ピ・クシ」で「岩を・越える」の組み合わせで、「岩の峠を越える」。【出典

■ 日坂(ひさか): 神奈川県鎌倉市腰越(こしごえ)。「ピ(岩)」+「坂(和語)」で、「岩坂」のこと。【出典

■ 久木(ひさぎ): 神奈川県逗子市久木。地名の由来は「久野谷村」と、「柏原村」が合併するときに、村の名前の部首を組み合わせて作られた合成地名。アイヌ語の「クノ」は「崖のある崎」で、「カシ・ワ・パラ」は、「猟小屋に・渡る・野原」のこと。【出典

■ ひさり: 神奈川県横須賀市長浦

■ 毘沙門(びしゃもん): 神奈川県三浦市南下浦町毘沙門。地名の由来は、海岸に流れ着いた仏像に由来し、通りかかった行基が、その仏像が毘沙門天であることを教え尊く祭るよう教えてくれた、という仏教説話にある。「ピシ・モイ」で「磯浜の・入江」という意味で、それに「所」がつくので、「磯浜の入江の所」という地形をいう。【出典

■ 火出下(ひでのした): 神奈川県横須賀市。「ヒテ」は、「ピッ・テク」で、「岩山」という言葉が訛ったのではないか。「岩山の下」の意味。【出典

■ 氷蛭(比々留): 新編相模国風土記稿には、当地は不明とある。平作川の下流左岸一帯を久比里(クビリ)というが、「ヒビル(比々里)」と語感が似ている。「比」は、「ク」とも読まれるので、「比々留」は「クビル」とも読める。長い年月の中で、「比々留」の正しい呼び方と、日常生活で交わされる呼び方の間でズレが生じ、「クビリ」になり漢字表記が「久比里」になったと推測される。アイヌ語の「クビル」は「我らが通う路」のことで、江戸時代の地図では、平作川の左岸の山の尾根伝いに、久比留から池田に通じる路が載っている。その道は、三浦郡の中心地である公郷村にも通じているので、「氷蛭」を「久比里」に同定したくなる。【出典

■ 姫城ヶ谷(ひめじろがや): 神奈川県横須賀市太田和。縄文由来の地名であれば、「ピ・メム・ジョウ」で、「岩の・泉の・滝の・所」の谷の意味。【出典

■ ビヤクビ: 神奈川県横須賀市長沢

■ 百八田(ひゃくやだ): 神奈川県逗子市久木。煩悩に因む地名なら、「ひゃくはち・だ」になりそうだが、「ヒャク・ヤダ」なので、古い地名かもしれない。「ピ・ヤク・タ」で「小石・砕いた・所」で、「小石混じりの砂浜」の意味。または、この読みが漢字に引かれたものなら、原型は「ピ・ハッタル・タ」で、「小石のある・滝壺の所」の意味。【出典

■ 日谷枝(ひやし): 神奈川県横須賀市佐島。「ピッ・ヤチ」で、「涸れた・谷」のこと。【出典

■ ひよう: 神奈川県横須賀市長浦

■ 日吉(ひよし): 神奈川県横浜市港北区日吉

■ 平子(ひらこ): 神奈川県鎌倉市二階堂(にかいどう)。平氏にかかわる地名とも思ったが、それらしいエピソードは無い。「ピラ・コッ」であれば、「崖の跡」だし、「ピラ・コトル」であれば、「崖の斜面」のこと。【出典

■ 平坂(ひらさか): 神奈川県横須賀市上町。京浜急行の横須賀中央駅から、上町台地に向かう坂道を登ると台地の上に縄文時代の平坂遺跡がある。アイヌ語の「ピラ」は、「坂」のことなので、この地名は縄文時代からのものです。因みに平らなところは「パラ」です。【出典
※ 日本語で考えると、「平たい坂」とはなんぞや?

■ 平作(ひらさく): 神奈川県横須賀市平作。古くは「平佐古」とかかれ、「サコ=佐古」は、「迫」ともかかれ、古代における氷蛭郷(比々留)の「氷蛭迫」のことではないかと考える人もいる。ただ、「氷蛭」には「比々留」という読みがかかれていて、「ヒラ(平)=ヒビ」という図式が描けるか疑問。アイヌ語では、崖のことを「ピラ」、平らな原のことを「パラ」といいます。縄文時代の人達は、川岸の近くではなくやや小高い所に住んでいたので、平作のヒラは「ピラ(崖)」を意味し、「サク」は、「欠けた所」なので、「ピラサク」は「崖が欠けた所(崖崩れ)」の地形を意味する。あるいは、「サク」を「チャル(入り口」の転と解釈すると、「崖の入口」になる。【出典

■ 平沢(ひらさわ): 神奈川県秦野市平沢。江戸時代から明治時代中頃にかけて相模国大住郡にみられた村名。

■ 平塚(ひらつか): 神奈川県平塚市

■ 披露(ひろ): 神奈川県逗子市新宿。地名の由来は、源頼朝がこの地に来たおりに、小坪で献上された「茶壺」を周りの武将に披露したことに由来する。縄文語は、パ行音を多用した。アイヌ語の「ピルカ」は、「美しくある」という意味になる。源頼朝がこの地に遊覧したのも、この丘からの展望が素晴らしかったからに違いない。「ピルカ→ピリカ→ピロカ→ヒロ(披露)」の転を想定する。【出典

■ 琵琶首(びわくび): 神奈川県横須賀市岩戸。「ピパ・カウペ」で、「沼(川)貝のある・二又川」で、「首」は、「カウペ→コウベ→首」と変化した。【出典

■ 琵琶田(びわだ): 神奈川県鎌倉市笛田(ふえだ)。「楽器の琵琶に似た田んぼ」でも通用する。もし、そういう地形でないとすれば、「ピ・ワッタル(岩の淵)」で、川や池の岩岸をいう。または、「ピ・ワ・タ(岩の・川を渡る・所)」をいう。【出典

■ 笛田(ふえだ): 神奈川県鎌倉市笛田(ふえだ)
・ 笛田の地名譚は3つあるが、いずれも弱い。
 ^姥兇某瓩風が笛のように鳴ったことに由来する。
◆‥のような田んぼが並んでいた。
 この地の竹で笛を作ったことに由来する。
笛田は、深沢の南東の山間で笛田川が流れている。「プッ・エ・タ」で「(沼の)口の・そこの・所」の意味。【出典

■ 深田和(ふかたわ): 神奈川県逗子市沼間。「フッカ・タ・ワ」で「浅い・そこを・渡る」の意味。沼間はいまでこそ住宅地だが、鷹取山をはじめとする周囲の山に囲まれた盆地で沼地だった。古代に、この地を開拓した人達が、水路を作って沼を干して田畑を作り上げた。「深田」は、その意味で和語として十分なりたつが、漢字地名を意識からはずすと、古代の沼間が思い浮かぶ。沼間から流れ出す田越川が延命寺の先で、大きく左に彎曲する。その北側のJR逗子駅の裏に山の根台地があり、古墳時代にはここで人々が暮らしていた。かれらが使用していた言葉は、縄文語をもとに渡来語と融合した「日本古語」のはず。「深田和」の地名は、その過程で生まれた貴重な言葉。【出典

■ ふかつ台: 神奈川県逗子市新宿

■ フガラミ: 神奈川県横須賀市長沢

■ 藤古(ふじこ): 神奈川県鎌倉市小町(こまち)
■ 藤子(ふじこ): 神奈川県鎌倉市腰越(こしごえ)
・ アイヌ語の「フチ」は、「火の神」で、「コ」は「共に居る」という意味。「火の神と共に居る」という地名。腰越の「藤子」も同じ意味。火の神でなければ、「プッ・シ・コツ」で「(沼の)口の・大きな・窪地」の可能性もある。【出典

■ 藤沢(ふじさわ): 神奈川県藤沢市

■ ふじの入(いり): 神奈川県横須賀市津久井

■ 舞台(ぶたい): 神奈川県横須賀市。アイヌ語で解釈すると、「プル・タイ」で、「丘の・森」の意味。または「瘤山の森」という解釈ができる。「プル」の「ル」は閉音のために聞き取りにくく「プタイ」になり、「舞台」の字が当てられた。【出典

■ ブダイ田: 神奈川県横須賀市野比

■ 仏向(ぶっこう): 神奈川県横浜市保土ケ谷区仏向町

■ 吹作(ふっさく): 神奈川県横須賀市久里浜。「プッチャル」の転訛で、「沼の出口」の意味。【出典

■ 仏坪(ぶっつぼ): 神奈川県逗子市池子。「プッ(沼の出口)」+「ツポ(西の方)」で、「沼の出口のある西の所」の意味。【出典

■ 船越(ふなこし): 神奈川県横須賀市船越町

■ 逸見(へみ): 神奈川県横須賀市東逸見

■ 坊ヶ谷(ぼうがやと): 神奈川県横須賀市大矢部。アイヌ語の「ポ・エ・ヤト」で、「子の・そこの・谷間」で、「小さな谷」を言うが、「谷地坊主」は、沼地模様の谷間にできるので、日本語の「谷地坊主」を単に「坊」と言ったという解釈もできる。あるいは、お寺にかかる谷間かもしれない。【出典

■ 宝金(ほうきん): 神奈川県横須賀市。アイヌ語の「ホ・キム」は、「尻の・里山」で、「里山の麓」の意味。「ポ・キム」であれば、「小さな里山」のこと。【出典

■ 保込(ほこめ): 神奈川県横須賀市大津町。「ポ・エ・コッ・メム」で、「小さな・そこの・窪地の・泉」のことで、泉が湧き出てる凹地のこと。【出典

■ 星が丘: 神奈川県相模原市中央区星が丘
この地には陸軍造兵廠の県営住宅があった。正式には相模原集団住宅と言ったが、通称「星が丘住宅」といった。この星は「階級章」の星を意味する。【なるほど日本 地名の由来 雑学大辞典 ISM Publishing Lab./ゴマブックス】

■ ほしかや: 神奈川県逗子市池子

■ 星ノ井(ほしのい): 神奈川県鎌倉市坂ノ下。「ポ・シノ・イト」で「小さい・本当に・崎」。坂の下は狭い地域で、西に崖が南北につながっている。この岬の崖下の泉が「星ノ井」といわれたものか。また、「昔は、木々がうっそうとして昼でも小暗いところで星月夜と呼ばれていた。そこにある井戸なので星月夜の井と言った」という逸話がある。【出典

■ 保土ヶ谷(ほどがや): 神奈川県横浜市保土ケ谷区

■ 洞井戸(ほらいど): 神奈川県横須賀市。「横穴の奥の泉が湧き出ている所」と考えてもいい。縄文時代からの地名であれば、「ホル・イト」で、「水の・出崎の所」の意味で、水の湧き出ている岬(先端)を指す。「ポル」であれば洞窟の意味。【出典

■ ぼんばた: 神奈川県逗子市小坪

★ 

■ 天井形(まいがた): 神奈川県横須賀市秋谷。「マ・イカ・タ」で、「谷川を・渡る・所」。【出典

■ 蒔田(まいた): 神奈川県横浜市南区蒔田町(まいたちょう)
# 下末吉台地南部の沖積地、大岡川の右岸に位置する。地名は、籾を直接耕地に蒔く農法に由来するものと思われる。室町期の吉良氏の館跡である蒔田城址がある。【出典

■ 間門(まかど): 神奈川県三浦郡葉山町上山口。「マカ(開けた)」+「ト(沼)」で、このあたりは太古の昔、広々とした沼であったように見える。【出典

■ 牧野(まぎの): 神奈川県相模原市緑区牧野

■ 間口(まぐち): 神奈川県三浦市南下浦町松輪。「マ」は広辞苑では、湾又は海岸の船着き場を意味する。アイヌ語の「マ」も同様で、「穏やかな自然にできた入江(船着き場)」を意味するので、「マ・クチャ」で「船着き場の漁小屋」になる。【出典

■ 松田庶子(まつだそし): 神奈川県足柄上郡松田町松田庶子

■ 松葉(まつば): 神奈川県逗子市久木。「マツ・パ」で「浜辺の曲がった・所」の意味。【出典

■ 松葉(まつば): 神奈川県横須賀市野比。「マツ・パ」で、「浜辺の細長い平地の・所」の意味。【出典

■ 松輪(まつわ): 神奈川県三浦市南下浦町松輪。「マツ・パ」で「細長く曲がった砂浜」という意味。古代においては「パ音」が多く使われていた。奈良時代になってパ行音は「ファ行音」に転じていった。そして、江戸時代半ばには「ファ行音」は、「ハ行音」に変化していく。地名に漢字をあてるときに、マツファ」でいくか、「マツワ」にするかもめたかもしれない。場合によっては「松場(葉)」になっていたかもしれない。【出典

■ 纏(まとい): 神奈川県平塚市
・ まとわりつく地形?

■ 真鶴(まなづる): 神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴

■ 馬骨(まぼね): 神奈川県横須賀市芦名。「マ・ポ・ナイ」で、「澗のある・小さな・川」のこと。【出典

■ 身洗川(みあらいかわ): 神奈川県横須賀市林。古い地名なら、「ムイ・アン・タイ」で、「入り江の・ある・森の所」の意味。【出典

■ 三井(みい): 神奈川県相模原市緑区三井

■ 三浦(みうら): 神奈川県三浦市

■ 御浦郷: 神奈川県横須賀市

■ 御崎(美佐木): 「みさき」は、今の神奈川県三浦市の中心地と目されている。三浦市内の三戸、小網代、白須、松輪には縄文遺跡があり、三崎の町の西海岸諸磯にも古くから人々が暮らしていた。【出典

■ 見出シ(みだし): 神奈川県鎌倉市笛田(ふえだ)。「ミ・テシ」で、「ミ」は「ムイ」が元で、川岸のこと。「テシ」は「魚をとる柴や木々でつくった魚道」のこと。「魚道のある川岸」のこと。【出典

■ 乱橋(みだればし): 神奈川県鎌倉市台大町(おおまち)。「らんばし」と読む人もいるが、「みだればし」読みが正しい。鎌倉十橋の一つだが、いまは無い。鎌倉から逗子の小坪に向かう道筋に地名だけが残る。「みだれ」をアイヌ語の「ミム・タ・レウカ」の転と解釈すると、「魚を捌いている・そこの・橋」の意味の鳴る。または「みだればし」の「ミ」を「ムイ」の変化と考えると、「ムイ・タ・レウカ」で「森の・そのの・橋」という意味になる。【出典

■ 蓑毛(みのげ): 神奈川県秦野市蓑毛

■ 美代(みよ): 神奈川県横須賀市佐原。「ムイ・イウォル」の変化で、「ミヨ」になったと考えられる。「ムイ(ミ)」は、森の意味で、「イウォル(ヨ)」は狩場のこと。【出典

■ 虫山(むしやま): 神奈川県横須賀市

■ 六会(むつあい): 神奈川県藤沢市

■ 水余(みよ): 神奈川県三浦市初声町下宮田。「ムイ・ヨチ・イ」で「森の・蛇多い・所」の意味。【出典

■ 妙ヶ谷(みょうがや): 神奈川県横須賀市野比。「ムイ・イヨチ・ウシ・ケ」で、「森の・蛇の・多くいる・所」の意味。【出典

■ 御代定(みよさだ): 神奈川県横須賀市秋谷。「ミ・ヨ・サタ」と分解して解釈すると、「ミ」は「ムイ」の転で「森」のこと。「ヨ」は「イオチ」の転で「群生している」のこと。「サタ」は、「山の前の浜の所」、または「入り江」で組み合わせると、「森が深井山の前の浜」の意味。【出典

■ 狢ヶ入(むじなげり): 神奈川県横須賀市浦郷。狢は、狸やアナグマをさすので、日本語地名として理解できます。ただし狸やアナグマはどこでも見かけるので、これらの動物が多いからと言って地名になるのか疑問。アイヌ語で解釈すれば、「ムイ・シナイ」で、「森の・大きな川の所」のこと。【出典

■ 無生田(むしょうだ): 神奈川県横須賀市鴨居。「ムイ・ショウ・タ」で、「森の・滝の・所」の意味。【出典

■ 無名橋(むなばし): 神奈川県三浦郡葉山町上山口。「ムイ・ナ」の当て字で、「森の・川」の意味。【出典

■ 毛利台(もうりだい): 神奈川県厚木市毛利台

■ 森崎(もりさき): 神奈川県横須賀市森崎。アイヌ語の「モリ」は、時代を遡ると「モイ」になり、「ムイ」になっていきます。「ムイ」は「静かな入江」のこと。【出典

■ 森戸(もりど): 神奈川県三浦郡葉山町堀口。三浦半島の背骨の山脈の中心の二子山から流れ出た川が、深い渓谷を作って蛇行しながら森戸海岸に流れ込んでいる。「モリド」を分解すると、「モリ」は、「ムイ」→「モイ」→「モリ」の転。「ムイ」の訳をみると「入り江」で、「川の曲がりの流れが穏やかな所」という意味なので、森戸は「水の流れが穏やかな・沼」のこと。【出典

★ 

■ 野所尾(やしょお): 神奈川県横須賀市芦名。「イアシケ」の「イア」が「ヤ」に訛ったものとすれば、「幣場の所」になる。「尾」が山の尾根先を指し示す和語であれば、「幣場のある尾根先」になる。アイヌ語ならば「川尻」のこと。【出典

■ 安戸(やすど): 神奈川県横須賀市津久井。「ヤ・ス・ト」で、「山の・裾野の・沼」という意味。【出典

■ 谷戸の前(やとのまえ): 神奈川県鎌倉市大船。「ヤト」は関東地方一円にみられる地名で、「谷間」を意味する。関西地方では「谷川」、東北地方では「コッ」に相当する。「谷戸」には、アイヌ語説と非アイヌ語説があり、アイヌ語説は、関東地方および中部地方は縄文文化が栄えた土地で、アイヌ人は縄文人の血をひく人達なので、「谷地、谷戸、谷津」などは、アイヌ語であると考える。非アイヌ語説は、関東地方にはアイヌの人達はいなかったという前提で、アイヌ語説を否定する。また、これらの地名が関西地方には無いことから、アイヌ人でもなく和人でもない第三者の原住民「例えば国栖、蝦夷」が名づけたと考える。現在ではアイヌ語説が有力。【出典

■ 寄(やどりき): 神奈川県足柄上郡松田町寄
・ 地名は、東山家入七か村が寄り合って成立した経緯にちなむという。【出典
・ 明治9年に7つの村が寄り合って成立したことに由来する。【出典

■ 矢部(やべ): 神奈川県横須賀市。「横須賀の地名」によると、矢部は矢作りを生業とする人達が住んでいたことに由来するという説や、藪地であったことから矢部になったという説がある。アイヌ語で解釈すれば、「ヤム・ペ」で、「冷たい・水」の意味。【出典

■ 山崎(やまざき): 神奈川県鎌倉市山崎

■ 由比(ゆい): 神奈川県鎌倉市長谷周辺

■ 湯河原(ゆがわら): 神奈川県足柄下郡湯河原町

■ 雪ノ下(ゆきのした): 神奈川県鎌倉市雪ノ下

■ 用崎(ようざき): 神奈川県横須賀市佐原。「イ・オチ+崎」で、「それ・多い+崎」で、「それ」は、直接名前をいうことがはばかられる神様や蛇・熊・狼を指す言葉とされる。「オチ」は、多くいるという意味なので、佐原の地形から推測すれば、「蛇の多くいる岬」の意味。【出典

■ ようろし: 神奈川県横須賀市長沢

■ 横須賀(よこすか): 神奈川県横須賀市

■ 横浜(よこはま): 神奈川県横浜市

■ 横枕(よこまくら): 神奈川県三浦市南下浦町菊名。「ヨコ・マク・ラム」で「獲物を狙う・奥の・低い所」で、狩りをする場所だが、動物は自分が通る路を持つ。狩人はその道を発見し、その獣路に落とし穴や動物の頭の高さに輪を仕掛け、獲物の首をしめるもの、あるいは、獲物の足元に糸を張り動物が触れると矢を射る仕掛けなどを施す。【出典

■ 吉井(よしい): 神奈川県横須賀市吉井。「ヨシイ」は「ヨチイ」の転訛で、「蛇の多い所」の意味。【出典

■ 吉田(よしだ): 神奈川県横浜市戸塚区吉田町

■ 四ッ田(よつだ): 神奈川県横須賀市。「ヨッ」は「イオツ」から転じるケースが多く、「それが多い」という意味を持つ。この地は野比川の上流なので、「蛇の多い所」の意味。【出典

■ 鎧田(よろいだ): 神奈川県横須賀市。アイヌ語の「ヨ」は単独では意味を持たないとされ、「イオ」の転訛とアイヌ語の辞書にある。「ヨ」は蛇を指すことが多く、「イ・オロ・イト」が、「ヨロ・イト」に転じたもので、「蛇・多い・岬」の意味になる。「田」が後世の田であれば、「蛇の多い田」の意味になる。【出典

★ 

■ 霊仙(れいせん): 神奈川県鎌倉市坂ノ下。「ライ・スエ(死ぬ・衰える)」のこと。「スエ」→「セ」→「セン」で、「衰えて死ぬ所」という不思議な地名。知里真志保氏の地名辞典では、「水の流れず淀んでいる古い川の状態をさす」とある。「レイ」は「ライ」の訛ったもので、海に流れ出たい川が砂州などにより直に流れでることが出来ずに滞留している姿の地形名。【出典】

★ 

■ 若芽(わかめ): 神奈川県横須賀市。「ワクカ・メム」で、「飲み水の・泉」の意味。【出典

■ 分穂(わけほ): 神奈川県横須賀市川間。「ワ・ケプ」で、「渉る・縁(ふち)」で、「渉る岸辺の所」をいう。【出典

■ 和光洲(わこうす): 神奈川県横須賀市。「ワ・コッ・ウン・スマ」で、「渡る・川の・ある・浜の所」の意味。【出典

■ 椀柄(わんがら): 神奈川県鎌倉市腰越(こしごえ)。アイヌ語で解釈すると、「ワ・ウン」は「捗る」で、川や浅い沼、池を歩いて渡るところ。「カラ」は「カタム」の転で、「湿原」の意味。つまり「湿原を渡る」の意味。【出典

■ ヲカタノ谷: 神奈川県横須賀市佐野

統計表示