「川崎」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「川崎」の名字の由来
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 川崎(かわさき): 神奈川県川崎市

・ 古くは河崎と書いた。多摩川低地南部、多摩川右岸に位置する。地名の由来については諸説があり、河崎冠者基家が当地に荘園を開いたことによるとも、陸中河崎の柵に由来するとも、河口、つまり川の先に位置することによるともいう。【出典】 

・ 河口、つまり川の先という説もあるが、「さき」は「前」で、「川のほとり」のこと。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

・ 多摩川(六郷川)の先に開けた街の意味。崎は山がなくなったところ、碕は渓谷をぬけたところの意味。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】 

・ 「多摩川の先」の意味と、河崎冠者基家がこの地に移住・開拓したことから、の両説がある。「都市データパック2011年版・東洋経済新報社」

・ 川崎駅(かわさきえき): JR東日本・東海道本線など。神奈川県川崎市川崎区駅前本町。

・ 京急川崎駅(けいきゅうかわさきえき): 京浜急行電鉄・本線川崎市川崎区砂子。

統計表示