「生麦」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 生麦(なまむぎ): 神奈川県横浜市鶴見区生麦

・ 徳川家康の入国時に、道がぬかるんでいたため、麦の穂を敷き詰めて整備した。

・ この地の名産のミル貝などをむき身にして生計をたてていた家が多く、「生むき村」と呼ばれていた。

・ 龍泉寺から見つかった「生麦の碑」に由来する。

などの諸説有る。【神奈川県民も知らない地名の謎 日本地名の会 PHP研究所】

・ 地名の由来は、もとは貴志村と称し、岸村とも書いたが、徳川家康の関東入国の頃生麦を刈って街道を開いたため生麦と称すると伝承する。【出典

・ 生麦駅(なまむぎえき):  京浜急行電鉄・本線。横浜市鶴見区生麦。

統計表示