「原」の地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
「原」のつく名字  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 「原」地名
・ 柳田国男によると、「原は広い平野」
・ 一方、「はら」は「はれ(開・墾)」で開拓地という考え方もある。

■ 「原」の語源


■ 家原(いえはら): 兵庫県加東市家原。慶長6年の佐保社村検地帳には永原とあり、かつては「えいばら」と呼んだらしい。伝承によると、往古、藤田村の多田池が決壊したとき、当村に流れ込んだ民家が多かったという。当時の俗謡に「藤田千軒家ばらばらと」とあり、それによって家原と命名したと伝える。また一説に「えばら」は入江の意で、河川のほとりの船着場を意味するという。加古川と千鳥川の合流点で、かつては穂積里の船着場として利用されていたものか。長年の間に千鳥川が運び出した土砂の堆積と流路の変更で陸地と化し、いまはその面影も見られない。【出典

■ 覆盆子原(いちごはら): 宮城県伊具郡丸森町覆盆子原(いちごはら)

■ 庵原(いはら): 静岡県静岡市清水区庵原町
・ 廬原とも書く。地名は、開墾前この地に茨が生茂っていたことによる。古代の廬原(いおはら)郷の地。【出典

■ 各務原(かかみはら): 岐阜県各務原市

■ 笠原町(かさはらちょう): 岐阜県多治見市笠原町。「かさ」は上手のことや小高い岡を意味する。笠原川上流に開けた平地を表す。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】
・ 笠原(かさはら): 岐阜県多治見市笠原町。地名の由来は、天武天皇の皇子笠原真人が当地に隠棲したことによると伝える。【出典

■ 鎌原(かんばら): 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原

■ 串原(くしはら):  岐阜県恵那市串原。「くし」は「くず」に通じ、「崩れやすい地形」を意味する。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】【「クシ」の地名の意味

■ 礫石原町(くれいしばるまち): 長崎県島原市礫石原町

■ 「萩原」の地名

■ 原宿(はらじゅく): 神奈川県横浜市戸塚区原宿。土地は平坦で、東海道が中央を貫いている。古くは庵野の原と称していたが、天正5年に原宿と称するようになったという。【出典

■ 凹原(ひっこんばら): 香川県高松市

■ 米原(まいばら): 滋賀県米原市

■ 南三原(みなみはら): 千葉県南房総市

■ 湯河原(ゆがわら): 神奈川県足柄下郡湯河原町

■ 与那原(よなはら): 沖縄県島尻郡与那原町

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示