岐阜県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 青墓(あおばか): 岐阜県大垣市

■ 綾戸(あやど): 岐阜県不破郡垂井町綾戸

■ 綾野(あやの): 岐阜県大垣市綾野

■ 安楽満(あらま):  岐阜県中津川市付知町安楽満

■ 伊自良村(いじらむら): 現岐阜県山県市
・ 伊自良川に由来し、「いし(石)」+「ら(接尾語)」から転じたもので、「水量が少なくて石がゴロゴロしている」状態を意味する。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】
・ 伊自良(いじら): 岐阜県山県郡。伊自良川上流域約10Km間に位置する。「和名抄」山県郡出石(いずし)郷に比定され、これが地名の由来といい、「釈日本紀」所引上宮記の牟義都(むぎつ)国造伊自牟良(いじむら)君がそれともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 板取(いたどり): 岐阜県関市板取
・ 「いた」は「傷む」、「とる」は「剥ぎ取る」に由来し、板取川流域の傷んだ崖の浸食地名を意味する。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 今須(います): 岐阜県不破郡関ケ原町今須
・ 居益とも書く。西は近江国。周囲を山に囲まれ南部を今須川が流れる。古来東山道が通り、中山道の宿駅として繁栄。【角川日本地名大辞典】

■ 今渡(いまわたり): 岐阜県可児市今渡
・ 天正10年に森武蔵守が米田城主肥田玄蕃を攻めた時、家臣の玉木三蔵・後藤平左衛門らが当地を渡り、先がけの働きをしたことに由来する。【角川日本地名大辞典】

■ 打保(うつぼ): 岐阜県飛騨市宮川町打保

■ 謡坂(うとうざか): 岐阜県可児郡御嵩町謡坂

■ 大垣(おおがき): 岐阜県大垣市

■ 大湫(おおくて): 岐阜県瑞浪市大湫町。地名は大きな湿地の意。【角川日本地名大辞典】

■ 大牧(おおまき):  岐阜県大野郡白川村大牧
・ 地名の由来は、庄川の水流が当地に至り、ところどころで渦巻を作って流れることから多巻と称されるようになり、のちさらに大牧となったという。【角川日本地名大辞典】

■ 苧ヶ瀬(おがせ): 岐阜県各務原市

■ 表佐(おさ): 岐阜県不破郡垂井町表佐

★ 

■ 加子母(かしも): 岐阜県中津川市加子母

■ 門坂(かどさか): 岐阜県下呂市小坂町門坂

■ 加納(かのう): 岐阜県大垣市加納

■ 上宝(かみたから):  岐阜県高山市上宝町
・ 高原川流域を高原郷といった。その上手の「上高原(かみたかはら)」が転訛して「かみたから」となった。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 神坂(かんさか): 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂

■ 下呂(げろ): 岐阜県下呂市

■ 上有知(こうずち): 岐阜県美濃市

■ 神戸(ごうど): 岐阜県安八郡神戸町神戸

■ 小白川(こじらかわ): 岐阜県大野郡白川村小白川

■ 木知原(こちぼら): 岐阜県本巣市木知原

■ 古井(こび): 岐阜県美濃加茂市森山町

★ 

■ 坂祝(さかほぎ): 岐阜県加茂郡坂祝町

■ 尻毛(しっけ): 岐阜県岐阜市尻毛

■ 白川(しらかわ): 岐阜県大野郡白川村

■ 白鳥(しろとり): 岐阜県郡上市白鳥町

■ 真正町(しんせいちょう): 現岐阜県本巣市

■ 墨俣(すのまた): 岐阜県大垣市墨俣町

■ 関(せき): 岐阜県関市
・ 「関所」に由来するとも言われるが、関所があったという記録は無く、川の「堰」に由来するとも言われる。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

■ 外渕(そぶつ): 岐阜県大垣市外渕

★ 

■ 高山(たかやま): 岐阜県高山市

■ 多治見(たじみ): 岐阜県多治見市

■ 付知町(つけちちょう): 岐阜県中津川市付知町

■ 廿原(つづはら): 岐阜県多治見市廿原町

■ 津布良(つぶら): 岐阜県大垣市?

■ 土岐(とき):  岐阜県瑞浪市土岐町

■ 徳光(とくみつ): 鎌倉時代から美濃国(岐阜県)にみられた地名

■ 富加町(とみかちょう): 岐阜県加茂郡富加町。昭和29年に加茂郡富田村と加治田町が合併して成立。【地名由来 飛騨・美濃 山内和幸 まつお出版】

★ 

■ 錦織(にしこおり): 岐阜県加茂郡八百津町錦織(にしこおり)

■ 祢宜ケ沢上(ねがそれ): 岐阜県飛騨市宮川町祢宜ケ沢上

■ 野一色(のいしき): 岐阜県岐阜市野一色

★ 

■ 羽島(はしま): 岐阜県羽島郡

■ 半布里(はにゅうり): 岐阜県加茂郡富加町羽生。現存する日本最古の戸籍「御野国加毛郡半布里戸籍」ゆかりの地。

■ 春近(はるちか): 岐阜県本巣市春近

■ 日置江(ひきえ): 岐阜県岐阜市日置江
・ 日置江(ひきえ): 碧江とも書く。

■ 七軒町(ひちけんちょう): 岐阜県

■ 昼飯(ひるい): 岐阜県大垣市昼飯町

■ 蛭ケ野高原(ひるがのこうげん): 岐阜県
・ 地名の由来は「大日ケ岳より泰澄大師道を東にとり、西洞の野に下り玉ふ。野に大池あり、蛭数多住めり、蛭ケ野と名づく」とある。【角川日本地名大辞典】

■ 船町(ふなまち): 岐阜県大垣市船町。付近の川を船が通っていたことに由来する。

■ 古屋敷(ふるやしき): 旧美濃国(岐阜県)。岐阜県可児郡御嵩町古屋敷。
・ 児(かに)川左岸に位置する。地名は古くから家を造り群居したことにちなむという。【角川日本地名大辞典】

■ 保木(ほき): 岐阜県飛騨市河合町保木林

■ 上枝(ほずえ): JR高山線上枝駅。岐阜県高山市下切町

■ 細久手(ほそくて): 岐阜県瑞浪市日吉町細久手

★ 

■ 真桑(まくわ): 岐阜県本巣市上真桑

■ 神坂(みさか): 岐阜県中津川市神坂

■ 水海道(みずかいどう): 岐阜県岐阜市水海道

■ 水鳥(みどり): 岐阜県本巣市根尾水鳥

■ 席田(むしろだ): 岐阜県本巣市

★ 

■ 養老(ようろう): 岐阜県養老郡養老町

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示