「曽根」の地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
スポンサーリンク
スポンサーリンク

# 曽根(そね)には、河川沿いの微高地(自然堤防)などの意味もあるようです。

■ 漆曽根(うるしぞね): 山形県酒田市漆曽根。庄内平野北部月光川中流右岸に位置する。地名の由来に関しては、月光川付近に漆を多く植付けたことによるとする説と、平田郷漆曽根組から移住した人が開発したとする説とがある。【出典

■ 大曽根(おおそね): 埼玉県八潮市大曽根。県南東部、綾瀬川左岸の沖積地に位置し、集落が自然堤防上にある。地名は、曽根に砂・石を局地的に有するやせ地の意があるため、綾瀬川沿いの大きなやせ地を意味するものと思われる。【出典

■ 大曽根(おおぞね): 愛知県名古屋市東区大曽根。地名の由来には、曽根が城下・市場などの端を表わすことが多いことから、名古屋城下の艮(北東)の口を示しているとする説、河川の底根、あるいは砂地のことを曽根と呼ぶ説などがある。【出典

■ 小曽根(おぞね): 埼玉県熊谷市小曽根。利根川と荒川の中間に位置する。地名の由来は川によって運ばれた砂礫の多いやせた荒地を古語では「(そね)」という字をあてているところから曽根と記すようになったという。古くは利根川や荒川の河床であったのであろう。県内に多くみられる「ソネ」という地名は、元荒川・古利根(ふるとね)川などの河川の沿岸にあるという。【出典
# 埼玉県さいたま市岩槻区高曽根、埼玉県熊谷市小曽根、埼玉県熊谷市中曽根、埼玉県春日部市南中曽根、埼玉県鴻巣市西中曽根、埼玉県越谷市瓦曽根、埼玉県久喜市北中曽根、埼玉県八潮市大曽根、埼玉県八潮市木曽根、埼玉県八潮市鶴ケ曽根、埼玉県吉川市中曽根、埼玉県吉川市中曽根、埼玉県比企郡吉見町中曽根。

■ 上曽根(かみそね): 山梨県甲府市上曽根町。地名の由来は、古くこの地に居を構えていた曽根氏の姓にちなむと伝え、下曽根に対する。【出典

■ 木曽根(きぞね): 埼玉県八潮市木曽根。県南東部、中川右岸の沖積地に位置し、自然堤防上に集落がある。地名は中川や沼にはさまれた微高地に木が多かったことにちなむという。【出典

■ 下曽根(しもそね): 山梨県甲府市下曽根町。地名の由来は、往古この地に居を構えていた曽根氏の姓にちなむと伝え、上曽根に対する。地内には、武田氏の一族である下曽根氏の屋敷跡がある。【出典

■ 下曽根(しもぞね): 新潟県上越市下曽根。「しもそね」ともいう。曽根の地名の由来は、石や砂利の多いところから付けられたと推定される。【出典

■ 曽根(そね): 新潟県新発田市曽根。新発田川中流左岸。地名の由来は、ソラス(荒らすの意)の転訛という。【出典

■ 曽根(そね): 愛知県一宮市北方町曽根。地名の由来は「地名考」に曽根は市場や宿駅などより乾艮(西北・東北の意)にあたる脊合の意味があり、古くから黒田駅より脊根の位置にあったことによるとしている。【出典

■ 曽根(そね): 岐阜県大垣市曽根町。曽禰とも書く。地名は美濃国神名帳の「安八郡従三位曽根明神」に由来し、往古は伊勢神宮領中河御厨のうちであったという。天正年間、曽根城主の稲葉一鉄は斎藤氏に仕えた西美濃三人衆で、永禄10年から織田信長に、さらに秀吉に属して5万石を領した。次いで城主となった西尾光教は関ケ原の戦には東軍に属して大垣城を攻略、戦後揖斐(いび)城に移ったため曽根城は廃城。【出典

■ 曽根(そね): 三重県津市安濃町曽根。古くは曽祢とも書いた。経ケ峰の東方を流れる安濃(あのう)川左岸の平野部に位置する。中世の官道が通る。【出典

■ 曽根(そね): 三重県尾鷲市曽根町。城山北麓にひらけた段丘上に耕地が広がり、海岸付近に集落が密集する。地名の由来については「紀伊続風土記」は岨根の意にちなむものという。「そね」とは本来石の多いやせ地の意であるが、ソニの転訛したもので山の峰を意味するという説もある。【出典

■ 曽根(そね): 滋賀県長浜市曽根町。曽禰とも書く。姉川の南岸にあたる北国街道沿いの平坦な地。以前は坂田小江と称した。鎌倉期の「日吉社領注進記」には曽禰の字を用いている。「新撰字鏡」によると、「曽禰」とあって、荒地をさす地名としている。【出典

■ 曽根(そね): 兵庫県小野市曽根町。南方字南山に七つ山という山があり、高貴上臈の遺骸7体を葬り、塚の上に7本の松を植えたことから名付けたという。曽根の大部分はこの山のすそであるから裾根といったのが曽根と転訛したという。【出典

■ 曽根(そね): かつて大和国(奈良県)にみられた地名。葛城川と高田川の間の扇状地に位置する。地名の由来は、扇状地の端で砂地のところが多いことによるともいわれ、また、皇室の甘菜・辛菜を献じた御園が転じたものともいわれる。【出典

■ 曽根(そね): 山口県熊毛郡平生町曽根。地名の由来は、阿曽山権現が天より遥降したため阿曽根村といい、のち曽根村になったという。【出典

■ 曽根(そね): 福岡県北九州市小倉南区曽根。曽禰とも書く。周防灘に注ぐ竹馬川河口右岸に位置する。地名は、海辺に位置していたので磯根といわれていたことに由来するという。【出典

■ 曽根(そね): 長崎県南松浦郡新上五島町曽根郷曽根。五島列島中通島北部の半島部西岸に位置する。奈摩湾口北岸の南北に長い地。番岳・小番岳の山麓に集落があり、海岸全域が火山の溶岩からなる磯根地帯である。地名の由来は不詳だが、海岸に溶岩が?(そね)を形成していることによるか。【出典

■ 曽根ケ里(そねがり): 佐賀県神埼市神埼町本堀曽根ヶ里。江戸時代肥前国神埼郡にみられた村名。丙(ひのえ)村ともいう。田手川と三本松川の間にある平坦地に位置する。土地が低くたびたび洪水の被害を受けた。地名は物部氏に関連する曽根氏に由来するという。【出典

■ 曽根崎(そねざき): 大阪府大阪市北区曾根崎。堂島川右岸に位置する。曽祢崎とも書いた。もと曽根崎洲と呼ばれる孤島であったが、国分寺村の渡辺十郎源契が田圃を開いて1村をなしたという。地名の曽根は、当洲が難波八十島祭の旧跡で、八十島祭には須牟地曽根神社も加わり、同社がこの洲に祀られたことがあったことによるという。【出典

■ 曽根田(そねだ): 福島県福島市曽根田町。地名は播州曽根崎天満宮を移した天神社があることによるという。【出典

■ 曽根田(そねだ): 和歌山県海南市下津町曽根田。地名について、「続風土記」は「曽は嶮岨(そはたつ)又聳(そひゆる)のその義、根は富士ノ嶺筑波嶺のねにて、聳峰の義なるへし」と解義し、北東の岩山が南へ突出していることに由来する地名かとする。【出典

■ 曽根原(そねばら): 長野県大町市社曽根原。曽根原とは、石・砂の多い原地の意。【出典

■ 曽根村(そねむら): 三重県度会郡玉城町小社曽根。江戸時代から明治初頭にかけて、伊勢国度会郡にみられた村名。伊勢平野南部、宮川とその支流汁谷川に挾まれた平坦地に位置する。地名の由来は、宮川の州で小石まじりの地であったため「そね」と呼ばれ、曽根の文字が当てられたといわれる。水田耕作を中心とする村で、畑はわずかに屋敷畑がある程度だった。しかし、宮川の氾濫にはしばしば悩まされた。【出典

■ 曽根村(そねむら): 岡山県岡山市南区曽根?江戸時代から明治初頭にかけて備前国和気郡にみられた村名。金剛・初瀬川が吉井川へ合流する地点、本荘平野の西端に位置する。慶長年間の大洪水で人家が南北両山麓へ移転し、曽根・南曽根となったという。地名は氾濫原の埆(そね)に由来する。宇喜多氏、小早川氏の支配を経て、慶長8年から岡山藩領。【出典

■ 中曽根(なかそね): 長野県飯山市中曽根。関田山脈の東麓および外様平の平野部に位置し、東端は千曲川支流広井川が流れる。尾崎政重の弟重道が分家して、中曽根氏を称し文明年間累(かさね)城を築いたと伝え、浄蓮寺跡は、中曽根氏の祈願寺と伝える。【出典

■ 針曽根(はりぞね): 愛知県西尾市針曽根町。矢作川と矢作古川に挟まれて位置し、北西部を北浜川が流れる。地名には、針曽根の針は開墾の墾(はり)を、曽根は地味の悪い痩地を意味することから、荒地を開墾した地の意味がある。また、榛・萩の古名を「ハリ」とし、それを地名としたものも多いことから、雑木が繁茂した荒地であったとも考えられる。【出典

■ 檜曽根(ひそね): 徳島県那賀郡那賀町桧曽根。那賀川上流の支流菖蒲谷川中流域の山間部に位置する。地名について、「ソネ」は岩石の多いやせ地の意で、檜の生えた岩石の多い地とする説もあるが未詳。【出典

■ 矢曽根(やぞね): 愛知県西尾市矢曽根町。古くは矢曽禰とも書いた。矢作古(やはぎふる)川右岸の氾濫原に位置し、西部を北浜川が流れる。地名の由来は、「そね」は地味の悪い痩地の意で、その地に家が立地したことから家曽根としたが、徳川家康の巡見の際、矢竹を献上したことから矢曽根と改めたという。自然堤防に篠竹が生えていたのであろう。【出典

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示