「岡山県」名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 岡山県: 岡山県岡山市 

# 岡山県: 旭川の運んだ土砂が海を埋め、かつての島が平野の中に点在する岡に変わった。
※ 備前、備中、備後: 吉備(きび)氏の所領。吉備の国→吉備団子ですね(^o^)

# 宇喜多直家が今の岡山に築城しようとした時に、その地で祭られていた、酒折(さかおり)明神の社殿の別名である「岡山殿」の名を城の名前につけた。「岡山殿」の由来は、「社殿が岡のような低い山にあった」ため。

# 「おか(岡)」+「やま(山)」で、岡山城があった小丘の名による。【出典】 

# 岡山駅(おかやまえき): JR西日本・山陽新幹線・山陽本線津山線吉備線。岡山県岡山市北区駅元町。旭川の右岸の丘陵に、宇喜多秀家の頃に城が築かれ、町が形成されたことにちなむ。小高い丘なので、岡山と呼んだ。【出典

# 東岡山駅(ひがしおかやまえき): 、岡山県岡山市中区土田。JR西日本・山陽本線赤穂線

統計表示