「いおきべ」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「いおきべ」の名字の由来
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 五百旗頭・五百木部・伊福部(いおきべ): 岐阜県不破郡垂井町伊吹。滋賀県坂田郡伊吹町。愛媛県宇和島市伊吹町。長崎県五島市(旧福江市)伊福貴(いふき)町。

・ 廬城部(いおきべ)とも書いた。古くは「イホキベ」と呼んだが、現在は「伊吹」「伊福貴」にも当てて「いふくべ」とも読む。景行天皇の皇子の五百木之入日子(いおきのいりひこ・五百城入彦)の御名代から、地名や名字が始まった。五百木之入日子は伊吹神社に祀られている。「イオキ」とは「風を吹きおこす」と共に「火をおこす」ことで、風神・火神とみてよい。伊福部も五百旗部も佳字。【出典:市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 伊吹(いぶき): 滋賀県坂田郡伊吹町

・ 山岳名に由来する。「イ(接頭語)」+「フキ(崩壊地名)」か?【出典:市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示