茨城県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 阿川(あがわ): 茨城県水戸市阿川

■ 圷(あくつ): 茨城県水戸市圷大野。茨城県東茨城郡城里町(上・下)圷。
・ 「圷」は国字。川沿いの低湿地。

■ 木葉下(あぼっけ): 茨城県水戸市木葉下町(あぼっけちょう)

■ 阿見(あみ): 茨城県稲敷郡阿見町
・ 地名は阿弥経津神がこの地方を統治したことに由来するとも伝え、漁業の網に由来するともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 石下(いしげ): 旧茨城県結城郡石下町(現常総市)

■ 井関(いせき): 茨城県石岡市井関
・ 井石とも書く。地名は、霞ケ浦の狭い入江に面した関所の意の江関が井関に転じたという。【角川日本地名大辞典】

■ 潮来(いたこ): 茨城県潮来市

■ 犬田(いぬだ): 茨城県桜川市犬田

■ 茨城県(いばらきけん)

■ 牛渡(うしわた): 茨城県かすみがうら市牛渡

■ 瓜連(うりづら): 茨城県那珂市瓜連

■ 大貫(おおぬき):  茨城県つくば市大貫 

■ 男神(おがみ): 茨城県かすみがうら市男神

■ 小栗(おぐり): 茨城県筑西市小栗

■ 女方(おざかた): 茨城県筑西市女方(おざかた)

■ 女化(おなばけ): 茨城県牛久市女化町(おなばけちょう)

★ 

■ 加倉井(かくらい): 茨城県水戸市加倉井町

■ 笠間(かさま): 茨城県笠間市

■ 勝田(かつた): 茨城県ひたちなか市(旧勝田市)

■ 神田山(かどやま): 茨城県坂東市神田山

■ 金沢(かねさわ): 茨城県日立市金沢町

■ 嘉良寿理(からすり): 茨城県石岡市嘉良寿理 (旧茨城県八郷町)

■ 天下野(けがの): 茨城県常陸太田市

■ 古河(こが): 茨城県古河市

■ 国生(こつしょう): 茨城県常総市国生

■ 小和田(こわだ): 茨城県つくば市小和田(こわだ)

★ 

■ 桜村(さくらむら): 茨城県つくば市

■ 大角豆(ささぎ): 茨城県つくば市

■ 三才(さんざい): 常陸国。茨城県常陸太田市三才町(さんざいちょう)
・ 源頼義の子の加茂義綱が下向の途中、年が悪いとしてこの地に3年留まったのに由来する。

■ 猪子(ししこ): 茨城県牛久市猪子町(ししこちょう)

■ 宍戸(ししど): 茨城県笠岡市

■ 志筑(しづく): 茨城県かすみがうら市志筑
・ 師付: 奈良時代から常陸国茨城郡にみられた地名。
・ 志筑郷: 鎌倉時代から南北朝時代に常陸国南郡にみられた郷名。

■ 七五三場(しめば): 茨城県結城市
・ 志目波郷: 結城市。【七五三(しめ)の語源

■ 下館(しもだて): 茨城県筑西市(旧下館市)

■ 下妻(しもつま): 茨城県下妻市

■ 十里(じゅうり): 茨城県稲敷郡河内町十里

■ 正直(しょうじき): 茨城県牛久市正直町(しょうじきちょう)

■ 直鮒(すうぶな): 茨城県竜ヶ崎市

■ 鈴木(すずき):  茨城県稲敷郡阿見町鈴木

■ 月出里(すだち): 茨城県稲敷市月出里

★ 

■ 筑波(ちくば、つくば): 茨城県つくば市筑波(つくば)

■ 東海村(とうかいむら): 茨城県那珂郡東海村

■ 巴川(ともえがわ): 利根川水系で茨城県中央部を流れる川。古くは鞆絵川と書かれ、茨城・鹿島・行方(なめがた)の3郡を三つ巴になって屈曲して流れていたためこの名があるという。【角川日本地名大辞典】

■ 巴村(ともえむら): 明治から昭和にかけて茨城県鹿島郡にみられた村名。現在の茨城県鉾田市。北浦に注ぐ巴川左岸に面して位置する。

■ 取手(とりで): 茨城県取手市

★ 

■ 長兎路(ながとろ): 茨城県笠間市長兎路

■ 隋分附(なむさんづけ): 茨城県笠間市

■ 仁古田(にこだ): 茨城県笠間市仁古田

■ 猫実(ねこざね): 茨城県坂東市猫実

■ 猫島(ねこしま): 茨城県筑西市猫島

★ 

■ 茨城(ばらき): 茨城県石岡市茨城(ばらき)

■ 繁昌(はんじょう): 茨城県行方市繁昌
・ 地名の由来は、当地方の中心で最も勢い盛んな地であることによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 日立(ひたち): 茨城県日立市

★ 

■ 馬立(またて): 茨城県坂東市馬立

■ 先後(まつのち): 茨城県小美玉市
・ 先後(まずのち): 地名については、伏見(京都府)・松崎(千葉県)と当村の3稲荷が京にのぼり位階を受ける時、伏見が最初に受け、そのあと当村の稲荷に勧めたところ、松崎を推し、私は「まずあとにしよう」といったので先後としたとか、松崎稲荷の分霊を祀ったので「マツザキ」に対して「マツノチ」としたなどの伝承がある。【角川日本地名大辞典】

■ 生板(まないた): 茨城県稲敷郡河内町
・ どう読んでも「なまいた」じゃないのかなぁ。読み間違いや聞き間違いだったりして。

■ 真鍋(まなべ): 茨城県土浦市真鍋

■ 水海道(みつかいどう): 茨城県常総市水海道(みつかいどう)

■ 水海道新田(みつかいどうしんでん): 茨城県結城市水海道
・ 旧山川沼跡の水田地帯に位置する。享保年間の山川沼干拓以後形成された新田。幕府領。開村以来水害に悩まされた。【角川日本地名大辞典】

■ 三次(みつぎ): 茨城県稲敷市三次(みつぎ)
・ 地名は昔の小野川の下流の野田奈川および霞ケ浦の荒波が合流して打ち寄せたことによるといわれる。

■ 水戸(みと): 茨城県水戸市

■ 男女の川(みなのがわ): 茨城県の男女川
・ 利根川水系の支流。水無川ともいう。川名は筑波山の男体・女体に祀られている男神・女神の社地から流れ出ることにちなむという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 結城(ゆうき): 茨城県結城市 

★ 

■ 龍ケ崎(りゅうがさき): 茨城県龍ケ崎市

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示