「カキ」の資料集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ かき(かけ・がけ)

・ 「かき」は「かけ・がけ」ともいい、「欠け」の意味。つまり崖の崩壊地。「かき(柿)」も同様。【出典】 

・ 「柿」の地名

■ かき(垣、柿、蠣、掻、硴、鹿帰、嘉木)

 _杏漾庭、その他の土地の区画を限る囲い。垣根。囲われた所。カク(構)の名詞形とも、カギリ(限)の略とも、カコヒ(囲)の約ともいう。
◆.ケ(欠)と同じく崖をいう。動詞のカク(欠。掻)の連用形の名詞化で、崩崖などの「浸食地形」をいうか。決壊堤防などの「浸食地形」も意味するか。
 カキノキ科の植物にちなむ地名もあるか。
ぁ‘麕膤の牡蠣、蛎殻の露出による地名もあるか。
ァ.キベ(部曲)の意味のものもあるか。
※ 大部分は△離院璽垢隼廚錣譴襦

■ かけ(掛、欠、懸、駈、鹿毛、鹿教、加計、嘉家)

 〇憩察癖言:徳島県美馬郡)。カケ(掛)の意味か。
◆ヽ魁J壊地。カケ(欠)の意味。

統計表示