埼玉県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 粟生田(あおうだ): 埼玉県坂戸市粟生田

■ 吾野(あがの): 埼玉県飯能市吾野

■ 秋平(あきひら): 埼玉県本庄市
・ 秋平(あきひら)村。明治22年の村制施行の際に、秋山、小平の二村を併せたことによる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 阿久原(あぐはら): 埼玉県児玉郡神川町阿久原
・ 古くは、阿久原郷であったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 上尾(あげお): 埼玉県上尾市

■ 明戸(あけと): 埼玉県深谷市河原明戸

■ 朝霞(あさか): 埼玉県朝霞市

■ 旭(あさひ): 埼玉県本庄市
・ 明治22年の村制施行の際に、都島、小島、沼和田、山王堂、新井、杉山、下野堂をあわせて旭村とした。「旭」は「嘉名」。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 阿佐美(あさみ): 埼玉県児玉郡児玉町入浅見・下浅見

■ 甘粕(あまがす): 埼玉県児玉郡美里町甘粕

■ 荒木(あらき): 埼玉県行田市荒木
・ 旧荒木村。荒木とは新墾(あらき)という意味である。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 安行(あんぎょう): 埼玉県川口市安行

■ 安行出羽(あんぎょうでわ): 埼玉県川口市安行出羽

■ 井泉(いいずみ): 埼玉県羽生市
・ 旧井泉村。明治22年の村制施行の際、藤井村上組、藤井村下組、今泉村、発戸村、尾崎村を併せて成立。藤井の「井」と、今泉の「泉」をとって名づけた。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 伊草(いぐさ): 埼玉県比企郡川島町伊草
・ 古くから、伊草や井草と書いた。伊草とは畳の材料の「いぐさ」。

■ 市田(いちだ): 埼玉県熊谷市
・ 旧市田(いちだ)村。明治22年の村制施行の際に、中曽根、小泉、屈戸、手島、上恩田、下恩田、沼黒、吉所敷、高本、津田、新田を併せて市田村とした。市田は、この地方が倭名抄にみえる市田郷の地であることに因む。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 井戸(いど):  埼玉県秩父郡長瀞町井戸

■ 伊奈(いな): 埼玉県北足立郡伊奈町

■ 犬塚(いぬづか): 埼玉県行田市犬塚

■ 猪俣(いのまた): 埼玉県児玉郡美里町猪俣

■ 今宿(いまじゅく): 埼玉県比企郡鳩山町今宿
・ 今宿は新宿の意味。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 入間(いるま): 埼玉県入間市

■ 入間川(いるまがわ): 埼玉県狭山市入間川

■ 岩田(いわた): 埼玉県秩父郡長瀞町岩田

■ 岩槻(いわつき): 埼玉県さいたま市岩槻区

■ 浦山(うらやま): 埼玉県秩父市浦山
・ 「新記」に、武甲山の裏山が、いつしか浦山と書くようになったとある。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 浦和(うらわ): 埼玉県さいたま市(旧浦和市)

■ 江面(えずら): 埼玉県久喜市江面

■ 大井(おおい): 埼玉県ふじみ野市大井

■ 大岡(おおおか): 埼玉県比企郡
・ 明治22年の村制施行に際して、大谷村と岡郷とを合わせて大岡とした。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 大河原(おおかわら): 埼玉県飯能市大河原

■ 大串(おおくし): 埼玉県比企郡吉見町大串

■ 大椚(おおくぬぎ): 埼玉県ときがわ村
・ 以前は都幾川村。都幾川は川の名前。
・ 明治22年に村制施行の際に、「大野村」と「椚平村」とを合わせて「大椚」とした。
【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 大桑(おおくわ): 埼玉県加須市大桑
・ 旧大桑村。明治22年の村制施行のさい、南大桑、川口、南篠崎、北崎を併せて成立。大桑は桑の大樹があって、人々の注目を得たことによる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 大越(おおこし): 埼玉県加須市大越
・ 旧大越村。明治22年の村制施行のさい、大越、外野の二村を併せて成立。大越は「川に臨んでいたこと」に由来する。浅間川を越す地。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 大相模(おおさがみ): 埼玉県越谷市

■ 大指(おおさす): 埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬字大指。焼き畑由来の地名。

■ 大沢(おおさわ): 埼玉県児玉郡美里町
・ 旧大沢(おおさわ)村。明治22年の村制施行の際に、白石、猪俣、円良田の三ヵ村を併せて成立。古くは、この地が「大沢郷」だったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 埼玉県越谷市大沢: 大きな沢に由来するが、地形的に沢(谷)は見当たらない。しかし、この場合の沢は「比較的口元に近い水分過多な山陰」を意味する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 太田(おおた): 埼玉県熊谷市永井太田
・ 旧太田(おおた)村。明治22年の村制施行の際に、飯塚、道ケ谷戸、永井太田、八木田、原井、市ノ坪、上江袋を併せて成立。この地は武蔵七党の太田氏が出た地で、太田と称したことに由来する。太田とは「田の多い」ことを意味するが、「太」は「甚だ」という意味があり、「面積が広い田があった」ことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 太田(おおた): 埼玉県行田市
・ 旧太田村。明治22年の村制施行のさい、吉羽、西、栗原、青毛、野久喜、古久喜の六ケ村を併せて成立。この地が和名抄における太田郷だったことに由来する。太田は田が多いことを意味する。

■ 太田部(おおたべ): 埼玉県秩父市吉田太田部
・ 田部=御田部のことで、屯倉に属して、官田を作った部民をあらわす。ちなみに、園部は園を作った部民

■ 大浜(おおはま): 埼玉県秩父郡皆野町皆野字大浜

■ 大袋(おおふくろ): 埼玉県越谷市
・ 旧大袋村。明治22年の村制施行のさい、大竹、大道、大林、大房、袋山、恩間、恩間新田、三野宮の八ヵ村を併せて成立。「大竹」の「大」と、「袋山」の「袋」をとった。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 大間(おおま): 埼玉県鴻巣市大間

■ 大宮(おおみや): 埼玉県さいたま市大宮区

■ 大家(おおや): 埼玉県坂戸市
・ この地が古くは「大家郷」と呼ばれたことに由来する。大家は大宅で、駅家の如く家があるという意味。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 大山(おおやま): 埼玉県白岡市
・ 旧大山村。明治22年の村制施行のさい、荒井新田、柴山、上大崎、下大崎を併せて成立。大崎の「大」と柴山の「山」をとって大山とした。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 大寄(おおより): 埼玉県深谷市

■ 大類(おおるい): 埼玉県入間郡毛呂山町大類

■ 岡崎(埼玉県入間郡越生町越生字岡崎)
・ 岡崎村(おかざきむら): 埼玉県入間郡越生町大字越生字岡崎周辺。鎌倉時代に武蔵国入西郡越生郷にみられた村名。越生七郎光氏の所領岡崎村田畠在家とある。【角川日本地名大辞典】 

■ 小鹿野(おがの): 埼玉県秩父郡小鹿野町

■ 岡部(おかべ): 埼玉県深谷市岡部

■ 小川(おがわ): 埼玉県比企郡小川町

■ 萩島(おぎしま): 埼玉県越谷市南荻島
・ 旧荻島村。明治22年の村制施行のさい、南荻島、砂原、小曽川、野島、北後谷、長島、西新井の七ヵ村を併せて成立。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 沖の上(おきのうえ): 埼玉県上尾市沖ノ上
・ 「沖」とは「和田」と同様に、「谷間の入野に比してやや広い平野」を意味する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 沖村(田園簿)・上村(元禄郷帳)ともいった。【角川日本地名大辞典】

■ 奥富(おくとみ): 埼玉県狭山市奥富
・ 地名伝説によれば、康平の頃に源義家が奥州を平定した帰りに、その一族がこの地に留まったので奥留と称したのを、慶安3年に川越城主の松平信綱がその領内が大豊作で貢米が優良であったのを賞して奥留を奥富と改めたというが不詳。この地も荘園開発に当たって名主嘉名をつけたか、自分の名の奥富を地名としてつけたともいう。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 桶川(おけがわ):  埼玉県桶川市
・ 古くは桶皮郷。江戸時代には桶川となった。

■ 越生(おごせ): 埼玉県入間郡越生町

■ 忍(おし): 埼玉県行田市忍

■ 小島(おじま): 埼玉県本庄市小島

■ 尾田蒔(おだまき): 埼玉県秩父市尾田蒔(旧尾田蒔村)

■ 男沼(おぬま): 埼玉県熊谷市男沼
・ 男沼(おぬま)は隣村の妻沼(めぬま)対してのもの。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 小林(おばやし): 埼玉県久喜市菖蒲町小林
・ 旧小林村。林があったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 小原(おはら): 埼玉県熊谷市
・ 旧小原村。明治22年の村制施行のさいに、須賀広、千代、柴、板井、塩、小江川、野原の旧7ヵ村が合併して成立。小江川と野原が最も大きかったので、その村の字をとって「小原」とした。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 男衾(おぶすま): 埼玉県寄居町東部

■ 小見(おみ): 埼玉県行田市小見
・ 小見(おみ)は使主(おみ)の遺名。【使主】(おみ)は古代の姓(かばね)の一つを表す。

■ 小見野(おみの): 埼玉県比企郡川島町小見野

■ 折原(おりはら): 埼玉県大里郡寄居町折原
・ 旧折原村。古くは織原とかかれ、武蔵七党の丹党の織原氏の在所。織物業がさかんだったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

★ 

■ 河合(かあい): 埼玉県さいたま市
・ 旧河合村。明治22年の村制施行のさい、平林寺、掛、金重、本宿、箕輪、馬込、川島を併せて成立。元荒川と綾瀬川の合流に由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 垳川(がけがわ): 埼玉県八潮市垳

■ 欠の上(かけのかみ): 埼玉県坂戸市欠ノ上
・ 高麗川の北岸の崖の上に位置したことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 影森(かげもり): 埼玉県秩父市影森
・ 「新記」に、武甲山の影にある森とある。しかし、「森」は木の生えた森ではなく、「むら」が転じたもので、「武甲山の影の村」と解すべきだろう。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 笠原(かさはら): 埼玉県鴻巣市笠原
・ 旧笠原村。和名抄にみえる笠原郷。「かさはら」は韓語の「大きな部落」という説もある。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 柏崎(かしわざき): 埼玉県さいたま市岩槻区柏崎
・ 旧柏崎村。この地は、往古は岩槻支丘の崎に位置し、柏の茂っていたことに由来するものと思われる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 「新編武蔵」には栢崎とし、「カヤザキ」と読んでいる。

■ 柏原(かしわばら): 埼玉県狭山市柏原
・ 「柏の原」の意味。柏は武蔵野の雑木林にみられた。原は平野の意味で野原を開いて農村とした土地をいう。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 春日部(かすかべ): 埼玉県春日部市

■ 加須(かぞ): 埼玉県加須市

■ 加田屋新田(かたやしんでん): 埼玉県さいたま市見沼区加田屋新田(かたやしんでん)

■ 片柳(かたやなぎ): 埼玉県坂戸市片柳
・ 片葉の柳が生息していた。武蔵国の開発当初、稲田姫命は素戔嗚尊や大国主命と一緒にこの地に来てたが、二人の神去り、いつまでも迎えにこないので、稲田姫命は悲しんで一本の柳を植えた。この柳に姫の心が通ってか、片方しか葉が生えなかった。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 片山(かたやま): 埼玉県新座市片山

■ 加藤(かとう): 埼玉県吉川市加藤

■ 金杉(かなすぎ): 埼玉県松伏町
・ 旧金杉村。金杉は「かなそぎ」の転で、古くは「金曾木」だっとと思われる。「そぎ」は「さき(先)」で、「崎、岬」にも通じる。つまり「金杉」は海岸地名で、「美しい崎」「美しい岬」。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 金屋(かなや): 埼玉県本庄市児玉町金屋
・ 金谷とも書き、鋳物を職業とするものが住んだ事による。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 金沢(かねざわ): 埼玉県秩父郡皆野町金沢

■ 賀美(かみ): 埼玉県児玉郡上里町
・ 賀美(かみ)村。明治22年の村制施行の際に、勅使河原、金久保、黛、毘沙吐の四ヵ村を併せて賀美村とした。この地が「倭名抄」では賀美郡だったことに由来する。「賀美」は「那珂」に対するもので、「上中」の意味。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 上平(かみひら): 埼玉県
・ 明治22年に上、西門前、南、久保、平塚、菅谷、須ヶ谷が合併して上平村となった。上平は中心集落の「上(かみ)」と「平塚」をとった。久保、菅谷、須ヶ谷は低湿地に由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 亀井(かめい): 埼玉県比企郡鳩山町?
・ この地方が鎌倉時代の亀井荘だったことに由来する。亀井は「甕居」の意味で、陶器の製作にたずさわった人たちが住んでいたことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 神米金(かめがね): 埼玉県所沢市神米金(かめがね)。明治7年に神谷新田、久米新田、堀金新田が合併。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】

■ 蒲生(がもお): 埼玉県越谷市蒲生
・ 旧蒲生村。蒲は水草の蒲を意味し、昔、低地で蒲が茂っていたことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 栢間(かやま): 埼玉県久喜市
・  旧栢山村。もとは萱間と書いた。萱間の意味は不明だが、「間(ま)」はアイヌ語からでたものと考えられる。「ま」とはわずかな水面、湖沼、半島、小島などの意味がある。「かや」はアイヌ語では帆の意味がある。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 唐子(からこ): 埼玉県東松山市唐子
・ 渡来人由来の地名とも言われるが不詳。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 川角(かわかど): 埼玉県入間郡毛呂山町川角
・ もとは「川門」と書いた。「河門は河津で河端の船津又は渡津」で渡船場という。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 川口(かわぐち): 埼玉県川口市、埼玉県加須市川口。

■ 川越(かわごえ): 埼玉県川越市
・ 川越は古くは河肥と書いた。鎌倉時代末期には河越、江戸時代には川越となった。入間川を越えるの意味。また、川に望んだ肥沃な土地か?

■ 川通(かわどおり): 埼玉県さいたま市
・ 旧川通村。明治22年の村制施行のさい、大口、南平野、長宮、大野島、増永、大谷、大戸、新方須賀、大森の九ヵ村を併せて成立。川通は荒川に沿った地であることに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 川辺(かわべ): 埼玉県加須市
・ 旧川辺村。明治22年の村制施行のさい、柏戸、向古河、駒場、本郷、栄、小野袋を併せて成立。村名は、古くはこの地が川辺領と言われたことに因む。

■ 川俣(かわまた): 埼玉県羽生市の川俣
・ 旧川俣村。利根川の岸にあり、会の川の旧分岐にあたる地名。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 川柳(かわやぎ): 埼玉県越谷市川柳町
・ 旧川柳村。明治22年の村制施行のさい、柿の木、伊原、南青柳、麦塚の四ヵ村を併せて成立。川柳(かわやぎ)は、柿の木の「か」、伊原(いはら)の「は」、南青柳(みなみあおやぎ)の「や」、麦塚(むぎつか)の「ぎ」をとった。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 木売(きうり):  埼玉県吉川市木売
・ 「新編武蔵」には「昔は河岸場にして村をも木売河戸と号せしか」とあり、地名は古利根(ふるとね)川・元荒川などの上流の木材の集荷地を意味し、中世から近世初頭には河岸業の盛んな所であったという。【角川日本地名大辞典】

■ 騎西(きさい): 埼玉県加須市騎西

■ 北泉(きたいずみ): 埼玉県本庄市
・ 明治22年の村制施行の際に、北堀、東五十子、西五十子、西富田、四方田、栗崎の六カ村を合わせて北泉とした。この地は古くは若泉荘に属し、その「泉」の字をとった。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 北本(きたもと): 埼玉県北本市。北本宿は昔は本宿と言った。

■ 行田(ぎょうだ): 埼玉県行田市

■ 共和(きょうわ): 埼玉県鴻巣市
・ 旧共和村。明治22年の村制施行の際、新井、関新田、境、上会下の四ヵ村を併せて成立。共和は嘉名。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 清久(きよく): 埼玉県久喜市清久町
・ 旧清久村。清久は清久喜の略で燃料採取地の地名。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 久喜(くき): 埼玉県久喜市

■ 久下(くげ): 埼玉県熊谷市久下。埼玉県加須市久下。埼玉県飯能市久下。

■ 鯨井(くじらい): 埼玉県川越市鯨井
・ 古くは久志羅井とも書く。久次郎という者が開発して居住したことから、久次郎居(くじらい)村と称し、いつの頃か鯨井と書くようになったと伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 屈巣(くす): 埼玉県鴻巣市屈巣
・ 旧屈巣村。地名の由来は不詳。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 大和の「国栖(くず)と同様に、土着の原住民を意味する。【埼玉 地名の由来を歩く 谷川彰英 ベスト新書】

■ 久那(くな): 埼玉県秩父市久那(旧久那村)
・ 村内に九の小地名があったことに由来し、後に久那をあてた。
・ 久那は久野で、久は「大」の意味があり、大野と同じ。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 国神(くにかみ): 埼玉県秩父郡皆野町国神
・ この地に秩父国造ゆかりの秩父国津神の塚があったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 地名は、小名国神に国神塚古墳があり、かつて国司の国上館がおかれていたことによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 熊谷(くまがや): 埼玉県熊谷市

■ 倉田(くらた): 埼玉県桶川市倉田

■ 栗橋(くりはし): 埼玉県久喜市栗橋

■ 黒岩(くろいわ): 埼玉県入間郡越生町黒岩

■ 黒浜(くろはま): 埼玉県蓮田市黒浜
・ 旧黒浜村。浜の姿が黒々していたことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 元和(げんわ): 埼玉県加須市
・ 旧元和村。明治22年の村制施行のさい、琴寄、北下新井、北平野の三村を併せて成立。元和は元和7年に行われた新川通の利根川の開削に由来する。
【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 鴻茎(こうぐき): 埼玉県加須市鴻茎
・ 旧鴻茎村。明治22年の村制施行のさい、芋茎、牛重、根古屋を併せて成立。鴻茎は古くは鴻ヶ茎と言い、「くき」から出た地名で、燃料採取地を意味する地名で、「久木」や「久喜」とも書いた。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 神戸(ごうど): 埼玉県東松山市神戸

■ 鴻巣(こうのす): 埼玉県鴻巣市

■ 幸松(こうまつ): 埼玉県春日部市
・ 旧幸松村。明治22年の村制施行のさい、樋籠、小渕、八丁目、不動院野、新川、牛島、樋堀の七ヵ村を併せて成立。これらの村が「幸手領」と「松伏領」に属していたので、それを併せて「幸松」とした。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 越谷(こしがや): 埼玉県越谷市

■ 児玉(こだま): 埼玉県本庄市児玉町

■ 小針(こばり): 埼玉県行田市小針
・ 埼玉県北足立郡伊奈町の小針?小針は小はり田(開墾地)の意味。

■ 高麗(こま)郡: 埼玉県高麗郡。埼玉県高麗川。

■ (旧)高麗(こま)村: 埼玉県日高市高麗本郷
・ 朝鮮の高麗に由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 五明(ごみょう): 埼玉県比企郡ときがわ町五明(旧比企郡玉川村五明)。仏教の五明に由来する。

■ 今羽(こんば): 埼玉県さいたま市北区今羽町。

★ 

■ 道祖土(さいど): 埼玉県さいたま市緑区道祖土

■ 坂戸(さかど): 埼玉県坂戸市

■ 酒巻(さかまき): 埼玉県行田市酒巻
・ 酒巻とは水が逆巻くこと。

■ 鷺宮(さぎのみや): 埼玉県久喜市の鷲宮(旧鷲宮町)
・ 土師部がこの地に住んで土師宮(はじのみや)を祀った。土師宮(土師神社)が鷲宮神社。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】

■ 桜井(さくらい): 埼玉県越谷市
・ 旧桜井村。明治22年の村制施行のさい、上間久里、下間久里、大泊、大里、平方の五ヵ村を併せて成立。新村名の名前については様々な意見が出て一致をみられず、郡役所に一任となり郡役所が命名した。北葛飾郡には昔、桜井の郷名があり、これも決定の一因といわれる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 笹井(ささい): 埼玉県狭山市笹井

■ 笹丸(ささまる):  埼玉県さいたま市見沼区笹丸
・ 県東部、大部分が芝川左岸の大宮台地上に位置し、北東部の一部は低地。「マル」は朝鮮上古の山を意味する語だが、山岳の意だけではなく、台地・丘陵・林などをさしていう場合も多いという。【角川日本地名大辞典】

■ 幸手(さって): 埼玉県幸手市

■ 三箇(さんが): 埼玉県久喜市菖蒲町三箇
・ 旧三箇村。明治22年の村制施行のさい、台、三箇、河原井の三村を併せて成立。三箇は室町時代に辻、寺中、大蔵の三村を併せたことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 潮止(しおどめ): 埼玉県八潮市
・ 旧潮止村。明治22年の村制施行のさい、伊勢野、二丁目、木曽根、南川崎、大瀬、垳、古新田の七ヵ村を併せて成立。潮止(しおどめ)は潮止まりで、東京湾の海潮がここまできて止まるという意味。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 塩谷(しおや): 埼玉県児玉郡児玉町塩谷
・ 塩谷(しおや): 埼玉県本庄市児玉町塩谷。「しおのや」とも読み、塩野屋とも書いた。地名の由来は不詳だが、武蔵七党の1つ児玉党の一族塩谷家遠の旧地で、「子孫連綿として居住せし地」と伝える。【角川日本地名大辞典】
・塩谷郷: 南北朝時代から武蔵国にみられる郷名。戦国時代は倉林氏の本領地であった。

■ 慈恩寺(じおんじ): 埼玉県さいたま市岩槻区慈恩寺
・ 旧慈恩寺村。天台宗の名刹の慈恩寺があったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 志木(しき): 埼玉県志木市

■ 四軒在家(しけんざいけ): 埼玉県児玉郡神川町四軒在家(しけんざいけ)

■ 静(しずか): 埼玉県久喜市栗橋
・ 旧静村。明治22年の村制施行のさい、佐間、伊坂、松永、間鎌、高柳、島川の各村を併せて成立。「静」は源義経の妻の静御前の墓と称するものが伊坂にあったことによる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 志多見(しだみ): 埼玉県加須市志多見
・ 旧志多見村。明治22年の村制施行の際、志多見、平永、阿良川、串作の四村を併せて成立。志多見の語義は浸水か下見か、あるいはその他の意味か不明。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 七本木(しちほんぎ): 埼玉県児玉郡上里町七本木
・ 七本木(しちほんぎ)村。この地に七本の名木があったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 鹿手袋(しってぶくろ): 埼玉県さいたま市南区鹿手袋(しかてぶくろ)

■ 篠津(しのず): 埼玉県白岡市篠津
・ 旧篠津村。篠津の地名は船着き場を意味し、岸辺に篠の茂生しているところに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 四方田(しほうでん): 埼玉県本庄市四方田

■ 常光(じょうこう): 埼玉県鴻巣市常光
・ 常光は常荒で、荒野を開発するときに、常荒といって、ある年限を定めて税を免除した土地をいう。常光は嘉名佳字)。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 正直(しょうじき): 埼玉県比企郡川島町正直

■ 菖蒲(しょうぶ): 埼玉県久喜市菖蒲町
・ 菖蒲町は鎌倉時代の菖蒲荘の地であり、江戸時代の菖蒲領の地。菖蒲の名はこの地が元荒川の低地であるが故に往古は菖蒲の茂生をみていたことに由来する。
・ 菖蒲のうちに矢島の地名があるが、矢島は菖蒲城の矢を作った島地という説と、河原井沼の水上に露出した葭野の島という説があるが、どちらかと言えば後者の方が正しいと思われる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 庄和(しょうわ): 埼玉県春日部市
・ 埼玉県春日部市の旧庄和町。この地はかつては庄内領と呼ばれた。昭和29年に、川辺村、南桜井村、富多村、宝珠花村が合併したときに、庄和村となった。庄内領の村々が和合して将来の発展を願うという意味のようだ。その後、庄和から庄和町になり春日部市に合併されたが、古来よりの地名ではないので、この地名は消えたのかな?不詳。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】

■ 白岡(しらおか): 埼玉県白岡市

■ 十二月田(しわすだ): 埼玉県川口市朝日周辺

■ 新会(しんかい): 埼玉県深谷市
・ 旧新会(しんかい)村。明治22年の村制施行の際に、新戒、成塚、高島の各村を併せて新会村とした。新会は新戒による。鎌倉時代には「新開」とあり、新しく開いた開墾地を意味する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 神田(じんで): 埼玉県さいたま市桜区神田。伊勢神宮の所領だったことに由来する。

■ 神保原(じんぼばら): 埼玉県児玉郡上里町神保原町

■ 須江(すえ): 埼玉県比企郡鳩山町須江。須江は須恵で須恵器に由来する。

■ 須加(すか): 埼玉県行田市須加
・ 古くは須賀とも書いた。須は州や自然堤防。
・ 旧須賀村。本村が古利根川にのぞみ、古利根川の洲または自然堤防に由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 須影(すかげ): 埼玉県羽生市須影
・ 旧須影村。須影村は旧利根川の自然堤防に沿った集落で、す(須)地名が自然堤防、洲などの発達によって名づけられた例は多い。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 菅谷(すがや): 埼玉県比企郡嵐山町菅谷
・ 正保年間までは須賀谷と書き、元禄の頃からは菅谷と書いた。その由来は、菅が低湿地に自生していたことによる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 杉戸(すぎと): 埼玉県北葛飾郡杉戸町

■ 勝呂(すぐろ):  埼玉県比企郡小川町勝呂。【「勝呂」の名字の由来

■ 薄(すすき): 埼玉県秩父郡小鹿野町両神
・ 地名はススキが多く茂り、草深い地であったことに由来すると言われる。

■ 砂(すな): 埼玉県さいたま市見沼区砂

■ 脚折(すねおり):  埼玉県鶴ヶ島市脚折
・ 脚折(すねおり): 臑折とも書いた。

■ 関口(せきぐち): 埼玉県児玉郡神川町関口
・ 県北西部、神流(かんな)川下流右岸に位置する。地名は安保(あぼ)領用水の堰口のために、関口となったという。【角川日本地名大辞典】

■ 関根(せきね): 埼玉県行田市関根
・ 地名は用水の堰に由来するというが未詳。【角川日本地名大辞典】

■ 仙波(せんば): 埼玉県川越市仙波町

■ 草加(そうか): 埼玉県草加市

■ 楚里(そり): 埼玉県秩父郡小鹿野町楚里
・ 柳田邦男の「地名の研究」によると、「そり」「そうり」は焼き畑を林に戻した所の意味。

★ 

■ 大東(だいとう): 埼玉県さいたま市浦和区大東

■ 大門(だいもん): 埼玉県さいたま市緑区大門
・ 日光御成街道の宿駅のひとつで、地名は寺の惣門(だいもん)に由来するという。地名伝説によると、昔、太田道灌が岩槻に築城したときに、この地の貝殻坂に城の大門を築き、それに由来すると言う。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 高坂(たかさか): 埼玉県東松山市高坂
・ 古代の高坂郷。「高い坂」という意味の地形地名。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 高階(たかしな): 埼玉県川越市

■ 高篠(たかしの): 埼玉県
・ 明治22年に村制施行の際に、山田村、栃谷村、定峰村を合わせて高篠村とした。高篠山に由来する。「高篠」とは、山の頂上に池があり、小篠が多く生えていることによる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 高萩(たかはぎ): 埼玉県日高市高萩

■ 田ケ谷(たがや): 埼玉県加須市
・ 旧田ケ谷村。明治22年の村制施行の際、内田ケ谷、外田ケ谷、道地、上崎の四ヵ村を併せて成立。この地が、かつて西庄の多ケ谷郷だったことに由来する。田ケ谷は古くは田ケ谷、多賀谷と書き、鎌倉時代には多賀谷氏をだした。「たがや」は低湿地に由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 高柳(たかやなぎ): 埼玉県加須市大字高柳
・ 旧高柳村。明治22年に村制施行の際、上高柳、日出安、正能、戸崎の四ヵ村を併せて成立。文永年間に高柳弥五郎幹盛がこの地に住んでいたことによるという説もあるが、「高い柳があった」ことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 滝瀬(たきせ): 埼玉県本庄市滝瀬

■ 武川(たけかわ): 埼玉県深谷市武川
・ 旧武川(たけかわ)村。明治22年の村制施行に際して、長在家、田中、上原、菅沼、瀬山、明戸の六ヵ村を併せて武川村とした。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 武里(たけさと): 埼玉県春日部市武里中野
・ 旧武里村。明治22年の村制施行のさい、備後、市ノ割、大場、大枝、大畑、中野、薄谷、増田新田の八ヵ村を併せて成立。武里は旧称の武蔵野の里に由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 種足(たなだれ): 埼玉県加須市
・ 旧種足村。種足は古くは「種垂」と書いたが、その意味は定かでは無い。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 玉作(たまつくり): 埼玉県熊谷市玉作。古墳時代に、玉作部が住んでいた。

■ 田宮(たみや): 埼玉県杉戸町
・ 旧田宮村。明治22年の村制施行のさい、才羽、大塚、北蓮沼、並塚、広戸沼、遠野、佐左ェ門の各村を併せて成立。この地方は中世には田宮荘だったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 俵瀬(たわらせ): 埼玉県熊谷市俵瀬
・ 俵瀬村は、利根川乱流時代の島地で、低地に俵に土をつめて飛び石のように置いて島地に渡って耕作したことに由来する。ここは日本初の女医である萩野吟子の故郷。【埼玉 地名の由来を歩く 谷川彰英 ベスト新書】

■ 丹荘(たんしょう): 埼玉県児玉郡神川町
・ 丹荘(たんしょう)村。明治22年の村制施行の際に、植竹、元阿保、原新田、八日市、関口、肥土(あくと)、貫井、小浜、四軒在家、熊野堂を併せて丹荘村とした。この地が、古くは「丹の荘」に属したことに由来する。「丹の荘」は武蔵七党の丹党の荘園という意味。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 埼玉県児玉郡神川町大字植竹に丹荘駅がある。

■ 血洗島(ちあらいじま): 埼玉県深谷市
・ 血洗(ちあらい)は、地洗いで、近くの川で土地が流された。【埼玉 地名の由来を歩く 谷川彰英 ベスト新書】

■ 秩父(ちちぶ): 埼玉県秩父市

■ 中条(ちゅうじょう): 埼玉県熊谷市中条
・ 旧中条村。中条の村名は、明治40年、上中条村、小曽根村、今井村、大塚村組合を併せて成立した。中条の名は、この地が中古中条保といったことに由来する。武蔵七党の横山党の中条氏の故地。中条は上古の班田制の条里制度の遺名。条とは、土地を横に区画した部分をいっている。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 塚越(つかごし): 埼玉県坂戸市
・ 武蔵国入西(にっさい)郡勝呂郷。古くは塚腰と書いた。塚越、八幡太郎義家が奥州征伐のときにこの地を訪れたときの逸話による。

■ 槻川(つきかわ): 埼玉県東秩父村
・ 明治22年の村制施行の際に、「坂本村」「大内沢村」「皆谷村」「白石村」をあわせて「槻川村」とした。槻川はこの地を流れる川の名前。その由来は「水源が白石の西にある山谷の槻の木の下から湧出することによる。
・ 皆谷: 周囲に高い山があり、冬には昼頃にならないと日がささない山谷の村であることに由来する。
・ 白石: この辺の石の色が白かった。
・ 坂本: 新田峠の坂の元。
・ 大内: 大内は皇子の意味で、伝説によるが不詳。
【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 土合村(つちあいむら): 埼玉県北足立郡土合村(埼玉県旧浦和市)

■ 鶴ヶ島(つるがしま): 埼玉県鶴ヶ島市
・ 鶴ヶ島は、この地が古くは一小島の状をなし、往古鶴が巣をつくったことによるという。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 手子(てこ): 埼玉県羽生市
・ 手子、田子は昔開墾された地名に用いられた。【参考: 手ノ子(てのこ)

■ 手子林(てこばやし): 埼玉県羽生市
・ 旧手子林村。明治22年の村制施行の際、上手子林、下手子林、神戸、町屋の各村を併せて成立。手子林の正しい読みは「たこばやし」で、「手(た)」とは、雇用労働制度を意味する。「手子」「田子」は封建時代の開墾地名に見られる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 勅使河原(てしがわら): 埼玉県児玉郡上里町勅使河原

■ 手計村(てばかむら): 埼玉県深谷市(旧八基村)
・ 手計は古くは手墓と書いた。土地の郷士が、八幡太郎義家の切り落とされた片腕を葬ったことに由来するという。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 出丸(でまる): 埼玉県比企郡川島町出丸
・ 伊豆丸から転訛したものといわれる。寛永年間、このあたりが松平伊豆守の領地になり、領主にはばかって「伊豆」から「出」にした。
・ 古くは伊豆丸と書き、「いずまる」と読んだ。寛永年間に松平伊豆守信綱の領地になったので、領主の名をはばかって変えたという。伊豆丸は開発者の名前という。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 出羽(でわ): 埼玉県越谷市
・ 旧出羽村。明治22年の村制施行のさい、四丁野、越巻、谷中、大間野、神明下、七左ェ門の六ヵ村を併せて成立。出羽は、出羽四郎左ェ門の名にちなみ、昔この地が出羽と呼ばれたことによる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 東和(とうわ): 埼玉県三郷市
・ 旧東和村。昭和18年7月1日に戸ヶ崎村、八木郷村を併せて成立。東和は嘉名。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 所沢(ところざわ): 埼玉県所沢市

■ 利島(としま): 埼玉県
・ 旧利島村。明治22年の村制施行のさい、飯積、麦倉、柳生、小野袋を併せて麦倉村と称したが、明治26年に利島村と改名した。「利島」は「豊島」で、豊作、水利の便のいいところの意味。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 戸田(とだ): 埼玉県戸田市
・ 戸田=富田(富んだ田)。稲を富草と言う。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 富多(とみた): 埼玉県春日部市 
・ 旧富多村。明治22年の村制施行のさい、神間、上吉妻、下吉妻、小平、立野、椚、榎の各村を併せて成立。富多は嘉名。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 富田(埼玉県大里郡寄居町富田)
・ 富田(とみだ): 埼玉県本庄市富田。留田とも書く。 

■ 豊岡(とよおか): 埼玉県入間市豊岡
・ 明治22年に町制をしいたときに、扇町屋、黒須、高倉、善蔵新田をあわせて豊岡村となった。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 埼玉県幸手市、埼玉県北葛飾郡杉戸町: 旧豊岡村。明治22年の村制施行のさい、目沼、槇野地、花島、中島、西関宿、木津内、宮前、鷲巣、木野川の各村を併せて成立。豊岡は嘉名。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 豊田(とよだ): 埼玉県久喜市
・ 旧豊田村。明治22年の村制施行のさい、北広島、河原代、新井、狐塚、小右ェ門新田、中里の各村を併せて成立。豊田は嘉名。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 新井は新居で、あらたに島川にのぞんだ地に集落を作ったことに由来する。

■ 豊野(とよの): 埼玉県加須市
・ 旧豊野村。明治22年の村制施行のさい、阿佐間、間口、北大桑、新井新田、松永新田、杓子木、生出を併せて成立。豊野は嘉名。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 旧豊野村。明治22年の村制施行のさい、銚子口、藤塚、赤沼の各村を併せて成立。豊野は嘉名。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 豊春(とよはる): 埼玉県春日部市
・ 旧豊春村。明治22年の村制施行のさい、道順川戸、上蛭田、下蛭田、花積、道口蛭田、増戸、南中曽根、増富、下大増新田、谷原新田、上大増新田、新方袋の各村を併せて成立。豊春は嘉名。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

★ 

■ 長井(ながい): 埼玉県熊谷市
・ 旧長井(ながい)村。明治22年の村制施行の際に、上根、江波、八ツ口、上須戸、西城、田島、西野、善ケ島を併せて長井村とした。古くはこの地が長井荘(永井荘)に属していたことによる。平安時代末期には平重盛の領地で、斎藤別当実盛が荘司をつとめた。長井は「井」からおこり、「井」には水が集まるところの意味があり、更に「井」に「長」と冠したが、この場合の「長」は「細長」の意味は無く、拡大の意味で、利根川沿岸で池沼や川が多かったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 中瀬(なかぜ): 埼玉県深谷市中瀬
・ 旧中瀬(なかぜ)村。中瀬は一説には長勢の転といわれるが、筆者はこの説をとらず、利根川の中の瀬と解すべきと思う。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 長幡(ながはた): 埼玉県児玉郡上里町
・ 長幡(ながはた)村。明治22年の村制施行の際に、藤木戸、帯刀、五明、長浜、大御堂の五ヵ村を併せて長幡村とした。古来、この地が長幡郷に属していたことによる。長幡とは「長い幡」で、長い布を織る部民をいう。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 名栗(なぐり): 埼玉県飯能市名栗
・ 古くは那栗とも書き、この地が古くから栗の名産地であったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 名細(なぐわし): 埼玉県川越市

■ 七郷(ななさと): 埼玉県比企郡
・ 村制施行の際に、吉田、杉山、太郎丸、広野、勝田、越畑、古里の七つの村を合わせたことに由来する。太郎丸は開墾者の名前。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 奈良(なら): 埼玉県熊谷市
・ 旧奈良(なら)村。大里郡郷土史誌には、「本村の鎮守奈良神社からおこった」と書いてあるが、奈良神社は奈良地名からおこり、奈良とは平地のこと。武蔵七党の奈良氏の故地。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 新方(にいかた): 埼玉県越谷市
・ 旧新方村。明治22年の村制施行のさい、北川崎、大吉、向畑、大松、大杉、弥十郎、船渡の七カ村を併せて新方村とした。新方はこの地方が鎌倉時代に新方庄の地だったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 新和(にいわ): 埼玉県さいたま市
・ 旧新和村。明治22年の村制施行のさい、尾ヶ崎、尾ヶ崎新田、釣上新田、野島方、孫十郎、高曽根、末田、釣上の八ヵ村を併せて成立。新和は嘉名。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 西遊馬(にしあすま): 埼玉県さいたま市西区西遊馬(にしあすま)

■ 日進(にっしん): 埼玉県さいたま市北区日進町
・ この日進(旧自治体名)は学校名に由来する。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】

■ 仁手(にって): 埼玉県本庄市仁手(旧仁手村)
・ 仁手(にって)村の語源は新田村。
・ 「倭名抄」における武蔵国賀美郡新田(にいた)郷の「にいた」が「にって」に転訛した。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 如意(ねおい):  埼玉県入間郡越生町如意

■ 野上(のがみ): 埼玉県秩父郡長瀞町野上
・ 「野上」は「末野(寄居町末野)」の上を意味する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 野火止(のびとめ): 埼玉県新座市野火止

■ 登戸(のぼりと): 埼玉県鴻巣市登戸。登戸は登津に由来する。

■ 野巻(のまき): 埼玉県秩父郡皆野町野巻
・ 地名の由来は、秩父十郎武綱がを開いた所で、野牧をのちに野巻に書き換えたという。【角川日本地名大辞典】

■ 野本(のもと): 埼玉県東松山市野本
・ この地方が古くは野本郷といわれたことに由来し、「(武蔵)野の(元)本」の意味という。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

★ 

■ 波久礼(はぐれ): 埼玉県大里郡寄居町末野に秩父鉄道の波久礼駅がある。波久礼は昔は「破崩」「端崩」と書いた災害地名。

■ 蓮田(はすだ): 埼玉県蓮田市。

■ 蓮沼(はすぬま): 埼玉県比企郡吉見町蓮沼。埼玉県さいたま市見沼区蓮沼。

■ 秦(はた): 埼玉県熊谷市
・ 旧秦(はた)村。明治22年の村制施行の際に、葛和田、日向、俵瀬、大野、弁財を併せて秦村とした。この地方が「和名抄」にみえる「上秦郷(かみつはたごう)」であったことに由来する。秦郷のおこりは漢族の秦氏の居住によっておこったものであろう。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 幡羅(はたら): 埼玉県深谷市幡羅町
・ 旧幡羅(はたら)村。明治22年の村制施行の際に、東方、国済寺、原郷、柴崎、本田ヶ谷の各村を併せて幡羅村とした。この地方が、「和名抄」にみえる幡羅郡幡羅郷(はらごう)にあたることに由来する。語源は「原(はら)」と思われる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 鉢形(はちがた): 埼玉県大里郡寄居町鉢形
・ 旧鉢形村。鉢形城の城下町で、鉢形城に由来する。城があたかも鉢を伏せたのに似ていた。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 八条(はちじょう): 埼玉県草加市
・ 旧八条村。この地は、昔に八条郷の地で八条領の本郷だった事に由来する。八条は、昔の条里制の遺名で本郡と足立郡とを貫通した東西の八条に相当することに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 鳩ヶ谷(はとがや): 埼玉県川口市鳩ヶ谷

■ 花園(はなぞの): 埼玉県深谷市
・ 旧花園(はなぞの)村。明治22年の村制施行に際して、武蔵野、小前田、荒川、永田、黒田の五ヵ村を併せて花園村とした。この地は、古くは「花園の里」と称したことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 羽生(はにゅう): 埼玉県羽生市

■ 原市場(はらいちば): 埼玉県飯能市原市場
・ この地に市場があったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 原道(はらみち): 埼玉県加須市
・ 旧原道村。明治22年の村制施行のさい、道目(どうめ)、細間、砂原、佐波、弥兵衛の五ヵ村を併せて成立。砂原の「原」と道目の「道」をとって名づけた。
・ 道目: もとは堂免と書き、この地の薬師堂免除の地に由来する。
【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 原谷(はらや): 埼玉県
・ 明治22年に村制施行の際に、大野原村と黒谷村をあわせ、一文字づつとった。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 榛沢(はんざわ): 埼玉県深谷市榛沢
・ 旧榛沢(はんざわ)村。このあたりには大きな沢があって榛の木が茂っていたことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 番匠免(ばんしょうめん): 埼玉県三郷市番匠免

■ 飯能(はんのう): 埼玉県飯能市

■ 半割(はんわり):  埼玉県吉川市半割。地主と小作人が収穫量の半々を分け合うという意味に由来する地名と言われる。

■ 東(ひがし): 埼玉県加須市
・ 旧東村。明治22年の村制施行のさい、旗井、中渡、新川通、外記新田の各村を併せて成立。命名に際して議論が噴出したが、新川通出身の連合戸長松島要氏の「北埼玉の東の端であるから東村にしよう」という提案が受け入れられた。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 東吾野(ひがしあがの): 埼玉県飯能市吾野
・ 明治22年の村制施行に際して、長沢、虎秀、井上、白子、平戸の五カ村を合わせて東吾野村とした。この地は、鎌倉時代の吾野保の地で、古くから吾那、我那、我野、吾野と言われていたことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 日勝(ひかち): 埼玉県白岡市
・ 旧日勝村。明治28年2月、岡泉、実ケ谷、千駄野、小久喜、上野田、下野田、爪田ケ谷、彦兵衛、太田新井の九ヵ村を併せて成立。日勝は日露戦争における日本軍の勝利を記念した名前。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 比企(ひき): 埼玉県比企郡

■ 膝折(ひざおり): 埼玉県朝霞市膝折

■ 膝子(ひざこ): 埼玉県さいたま市見沼区膝子

■ 美女木(びじょぎ): 埼玉県戸田市美女木

■ 肥土(ひど): 埼玉県児玉郡神川町肥土。地名の語源は肥土がアクトの意で、川沿いの低地をさすといわれる。

■ 人見(ひとみ): 埼玉県深谷市人見

■ 日野沢(ひのさわ): 埼玉県秩父郡皆野町日野沢
・ 檜沢に由来するともいう。また、日野とは烽火(のろし)を意味するともいう。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 樋遣川(ひやりかわ): 埼玉県加須市
・ 昔、利根川に大きな樋が設けられて用水を引いたことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 平野(ひらの): 埼玉県蓮田市上平野
・ 旧平野村。明治22年の村制施行のさい、井沼、高虫、上平野、駒崎の四ヵ村を併せて平野村となった。この地がかつて平野と称したことに由来する。平野とは「平らな野」の意味だが、野とはもとは山の裾野、緩傾斜を意味し、また、一方が山地であり、またわずかな高低のあるところをいう。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 笛吹峠(ふえふきとうげ): 埼玉県
・ 埼玉県嵐山町と鳩山町の間の笛吹峠は足利尊氏が新田義貞を破った合戦の地。この地には合戦にまつわる地名が沢山あるが、鳩山はかつては旗山と書き、旗指物に由来し陣地があったことをあらわす。

■ 深谷(ふかや): 埼玉県深谷市

■ 吹上(ふきあげ): 埼玉県鴻巣市吹上

■ 吹塚(ふきづか): 埼玉県比企郡川島町吹塚。地名の「フキ」は「フケ」の転で、「フケ」とは深田・低湿地を意味し、吹塚とは深田ないし低湿地を目標としてある塚の意。【角川日本地名大辞典】

■ 福原(ふくはら): 埼玉県川越市
・ 明治22年に村制をしいたときに、今福、砂久保、下赤阪、上松原、下松原をあわせて福原村とした。砂久保は低湿地を意味する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 仏子(ぶし): 埼玉県入間市仏子

■ 藤沢(ふじさわ): 埼玉県深谷市
・ 旧藤沢(ふじさわ)村。明治22年の村制施行の際に、人見、折之口、上野台、樫合、柏谷、大谷、境の各村を併せて藤沢村とした。古くはこの地は「藤田庄」であったことと、「榛沢郡」の「沢」をとって「藤沢」としたという。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 藤田(ふじた): 埼玉県本庄市
・ 明治22年の村制施行の際、傍示堂、鵜森、牧西、小和瀬、滝瀬、宮戸の六ケ村を合わせて藤田村とした。「宮戸」の地が、中世には「藤田荘」だったことによる。
・ 傍示堂(埼玉県本庄市傍示堂)は、正しくは傍示処(ぼうじど)で、村境の標木としてたてたもの。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 藤田(ふじた): 埼玉県大里郡寄居町藤田
・ 藤田(ふじた): 埼玉県大里郡寄居町藤田。戦国時代に武蔵国にみられる地名。榛沢郡から秩父郡にかけて藤田氏の勢力範囲を藤田郷と呼ぶことがあり、「新編武蔵」には藤田12郷と記し、同氏は猪俣党に属したという。【角川日本地名大辞典】 

■ 藤矢淵(ふじやぶち): 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞小字藤矢淵

■ 不動岡(ふどおか): 埼玉県加須市不動岡
・ 利根川氾濫の際に不動尊が流れ着いたことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 古郡(ふるこおり): 埼玉県児玉郡美里町古郡

■ 古谷(ふるや): 埼玉県川越市古谷
・ 古谷は古くは古尾谷(ふるおや)といい、鎌倉時代には古尾谷荘。古尾谷は入間川流域の低湿地に由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 別府(べっぷ): 埼玉県熊谷市別府

■ 弁財(べんざい): 埼玉県上尾市弁財、埼玉県熊谷市弁財
・ 当地に弁財天があったことにちなむ。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 弁才とも書く。弁財天古社があったことが地名の由来という。【角川日本地名大辞典】

■ 宝珠(ほうじゅ): 埼玉県春日部市西宝珠花
・ 「宝珠」は榜示で、境界の意味。「花」は鼻で下総台地の西の端を意味するようだ。【地名でたどる埼玉県謎解き散歩 新人物文庫】
・ 宝珠花(ほうじゅばな): 埼玉県春日部市西宝珠花。旧宝珠花村。宝珠花の語源は不明。「はな」は「つきでたところ」や「塙(はなわ)」という説もある。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 保木野(ほきの): 埼玉県本庄市児玉町保木野
・ 江戸時代の国学者の塙保己一の出身地。父は萩野宇兵衛で、萩野家は武蔵七党の横山党の萩野氏の末裔。【埼玉 地名の由来を歩く 谷川彰英 ベスト新書】

■ 星宮(ほしみや): 埼玉県熊谷市・行田市
・ 旧星宮村。明治22年の村制施行に際し、池上、下川上、上池守、下池守、中里、小敷田、皿尾の旧七ヵ村を併せて成立した。北に、灌漑の便をあたえる星川があり、各字には産土神である鎮守の宮があったことに由来する。その他、北斗妙見説もある。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 掘兼(ほりかね): 埼玉県狭山市堀兼
・ 古くは堀金と書き、この地に「堀兼の井」があることに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 本郷(ほんごう): 埼玉県深谷市本郷
・ 旧本郷(ほんごう)村。本郷は、「郷の本」という意味で、「新郷」に対する語である。荘園の場合はもとからの本荘と、新しく開かれた新荘というが、公田すなわち国の領地であるときは荘と言わず郷や保と言った。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 盆栽町(ぼんさいちょう): 埼玉県さいたま市北区盆栽町(ぼんさいちょう)

■ 本庄(ほんじょう): 埼玉県本庄市

■ 本畠(ほんばた): 埼玉県深谷市
・ 旧本畠村。明治22年の村制施行の際に、本田、畠山の二ヵ村を併せて成立。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 本田: 誉田とも書き、新田に対する本田の意味と解せられる。

★ 

■ 増林(ましばやし): 埼玉県越谷市増林
・ 増林は山林の存在が人々の注目するところとなって生じた地名で山林が多いことを意味する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 松久(まつひさ): 埼玉県児玉郡美里町
・ 旧松久(まつひさ)村 。明治22年の村制施行の際に、広木、駒衣、中里、古郡、甘粕、木部の六ヵ村を併せて松久村とした。松久は、古くはこの地が「松久庄」に属していたことによる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 三ヶ島(みかじま): 埼玉県所沢市三ケ島
・ 武蔵野の新田が開かれる以前、この地の多くは原野であったが、この地だけ開けて人家が三区にわかれ、自然に村落をなした。そのさまがあたかも三つの島の如き形であったことから三ヶ島と呼ばれたとも言うが、付会とおもわれる。西、中、東島の三つの集落があわさったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 三尻(みかじり): 埼玉県熊谷市
・ 旧三尻(みかじり)村。以下の二つの説がある。,海梁爾砲△覿校海侶舛、あだかも甕(かめ)を逆さにして伏せたような形だった。幡羅、榛沢、大里の三郡が尾を接していることから三箇尻となった。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 美笹(みささ): 埼玉県戸田市?
・ 昭和18年に、美谷本(みやもと)村と笹目(ささめ)村が合併してできた合成地名。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 三沢(みさわ): 埼玉県秩父郡皆野町三沢
・ 三つの沢に由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 御正(みしょう): 埼玉県熊谷市
・ 旧御正(みしょう)村。明治22年の村制施行の際に、成沢、樋春、御正新田、押切、三ツ木を併せて御正村とした。昔、この地が古御正荘、御正郷、御正領と称したことによる。御正は御荘から転じたもので、昔、ここに高家の荘園があったことによる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 樋春は樋口村と春野村が併せて設立したもの。

■ 水判土(みずはた): 埼玉県さいたま市西区水判土

■ 水深(みずふか): 埼玉県加須市水深
・ 旧水深村。明治22年の村制施行のさい、水深、北辻、今鉾、割目、油井ヶ島、常泉、南古浜、下高柳、船越、大室の十ヵ村を併せて成立。水深の地名は、古くからこの地が水湿池沼の地であったことに由来する。
・ 割目: 中曽根村に割り込んでいたことに由来する。
【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 三田ケ谷(みたがや): 埼玉県羽生市三田ケ谷
・ 旧三田ケ谷村。明治22年に村制施行の際、三田ケ谷村、弥勒村、喜右エ門新田、与兵衛新田、日野手新田を併せて成立。三田ケ谷は水田稲作に適する低湿地に由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 三俣(みつまた): 埼玉県加須市三俣
・ 旧三俣村。明治22年の村制施行のさい、上下三俣、北小浜、多門寺、北篠崎を併せて成立。三俣は水流が三つに分流することに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 皆野(みなの): 埼玉県秩父郡皆野町
・ 「みな」は美称で美吉郷に由来するという。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 地名は、原野広大なる地形によるという。【角川日本地名大辞典】

■ 三保谷(みほのや): 埼玉県比企郡川島町三保谷宿
・ 村制施行の際に、この地方が古くは三保谷郷であったことに由来する。三保谷は、古くは水尾谷や三尾谷や美尾谷と書き、「みおのや」と読んだ。「みお」は「澪」で水の流れを意味し、たびたび水害にあったという。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 「ミオ」は澪・水尾の意で、水路や淀を指し、三保の下に谷を加えたのは、荒川沿岸の湿地が開発地として着目されてからで、後世につけ加えられたものであろう。【角川日本地名大辞典】

■ 行幸(みゆき): 埼玉県幸手市
・ 旧行幸村。明治22年の村制施行のさい、千塚、円藤内、松石、高須賀、外国府間の各村を併せて成立。行幸は行幸堤に由来し、明治天皇が明治9年6月4日に東北巡幸のさい、親しく御車をこの堤にとめられたことに由来するという。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 明覚(みょうかく): 埼玉県
・ この地方が古くは妙覚郷といわれたことに由来し、明治時代に明覚と改めた。妙覚は仏教で「無上の真の悟り」の意味。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 三芳(みよし): 埼玉県入間郡三芳町
・ 明治22年に村制をしいたときに、竹間沢、藤久保、北永井、上富の四カ村が合併して三芳村とした。三芳は伊勢物語によって知られた三芳野の里に由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 三芳野(みよしの): 埼玉県川越市かわつる三芳野

■ 宗岡(むねおか): 埼玉県志木市宗岡
・ この地を領した領主(名主)の名に由来すると言われる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 村君(むらきみ): 埼玉県羽生市
・ 昔の村君郷で、村名の由来は、「昔、当地に村君王子という人が住んでいたことに由来する。」というが信じがたい。村君は邑君で、国造県主、邑君村長の職業由来と思われる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 妻沼(めぬま): 埼玉県熊谷市妻沼

■ 本泉(もといずみ): 埼玉県本庄市
・ 本泉(もといずみ)村。明治22年の村制施行の際に、太駄、河内、元田、稲沢の四ヵ村を併せて本泉村とした。古来、この地域が若泉荘に属していたので「泉」の一字をとったものという。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 「太駄」は「黄田」に由来する。

■ 元郷(もとごう): 埼玉県川口市元郷
・ 地名は平柳領15か村の本村であったことにちなむ。
・ 元郷村: 江戸時代から明治時代にかけて、武蔵国足立郡平柳領にみられた村名。
※ 元郷=本郷みたいなもんかな?

■ 毛呂(もろ): 埼玉県。県南部の秩父山地東麓、越辺(おつぺ)川右岸に位置する。地内の台地上には、縄文中期の集落跡の遺跡が点在し、毛呂郷を本貫地とした有力武士毛呂氏の鎌倉期の居館跡、戦国期の居城跡がある。【角川日本地名大辞典】 → 「もろ」の意味
・ 毛呂郷: 埼玉県入間郡毛呂山町。鎌倉時代から武蔵国入西(につさい)郡に見られた郷名。鎌倉幕府の有力郷家人藤原姓毛呂氏の本貫地。太宰権帥季仲の子季清が初めて毛呂郷に住し、毛呂氏を名のったとある。大谷木(おおやぎ)村の大谷木家は毛呂家の庶流。【角川日本地名大辞典】

■ 毛呂山(もろやま): 埼玉県入間郡毛呂山町 
・ 呂村と山根村が合併して設立。毛呂=のことで室ものこと。

■ 百間(もんま): 埼玉県南埼玉郡宮代町百間
・ 旧百間村。明治22年の村制施行のさい、百間、百間東、百間中、百間中島、百間金谷原組、百間西原組、蓮谷の各村を併せて成立。「もんま」はアイヌ語由来で池沼水沢の低地に由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

★ 

■ 矢島(やじま): 埼玉県深谷市矢島。鎌倉時代には菖蒲荘。矢島は野島の転訛

■ 八代(やしろ): 埼玉県幸手市
・ 旧八代村。明治22年の村制施行のさい、平須賀、戸島、吉野、天神島、神扇、平野、中野、長間の八ヵ村を併せて成立。旧八ヵ村に代わって新しく生まれた村を意味する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 八基(やつもと): 埼玉県深谷市
・ 旧八基(やつもと)村。明治22年の村制施行の際に、血洗島など旧八ヵ村を併せたことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】
・ 血洗島は渋沢栄一の出身地。血洗島は天正年間に吉岡和泉が開墾したと言われる。「島」の意味は、「川荒によってできた平地」のことであるが、「血洗」については伝説に「昔、利根川の河岸の戦で、八幡太郎義家が片腕を切り落とされ、その血を洗った」ところと言われている。

■ 柳瀬(やなせ): 埼玉県所沢市
・ 明治22年に村制をしいたときに、坂之下、城、本郷、亀ケ谷、日比田、南永井の六カ村が合併して柳瀬村とした。中世の柳瀬荘に由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 矢納(やのう): 埼玉県児玉郡神川町矢納
・ 二説ある。日本武尊が東夷征伐の際に、矢を納めてそこに社をたてて、その成就を祈った事に因む。∧疹門が矢を納めたことに因む。しかし、両者とも付会の説で信じがたい。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 山口(やまぐち):  埼玉県所沢市山口

■ 大和(やまと): 埼玉県和光市(旧大和町)。大和町は白子村と新倉村が合併してできた。白子=新羅の仮字、新倉=新座で新羅のこと。和名抄では新羅郡。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 八幡(やわた): 埼玉県八潮市
・ 旧八幡村。明治22年の村制施行のさい、上馬場、中馬場、大原、大曽根、浮塚、西袋、柳ノ宮、南後宮の八ヵ村を併せて成立。八ヵ村を併せたことから「やわた」と称し、八幡宮があったために「やわた」の字を当てたという。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 八和田(やわた): 埼玉県比企郡
・ 明治22年の村制施行に際して、上横田、下横田、中爪、奈良梨、能増、高見、伊勢根、高谷の八つの村を合わせたことによる。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 用土(ようど): 埼玉県大里郡寄居町用土

■ 横瀬(よこせ): 埼玉県秩父郡横瀬町

■ 吉岡(よしおか): 埼玉県熊谷市【合成地名
・ 旧吉岡(よしおか)村。明治22年の村制施行の際に、万吉、村岡、平塚新田を併せて吉岡村とした。万吉の「吉」と、村岡の「岡」による。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 吉川(よしかわ): 埼玉県吉川市
・ 旧吉川町。吉川は古くは吉河とも書き、吉川郷の本村だった。吉川の語源は芦川で、川に芦の生い茂ったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 吉田(よしだ): 埼玉県幸手市
・ 旧吉田村。明治22年の村制施行のさい、総新田、下吉羽、上宇和田、下宇和田の各村を併せて成立。下吉羽の「吉」と、総新田、上宇和田、下宇和田の「田」を合成したもの。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 芳野(よしの): 埼玉県川越市

■ 吉見(よしみ): 埼玉県熊谷市

■ 与野(よの): 埼玉県さいたま市中央区(旧与野市)

■ 寄居(よりい): 埼玉県大里郡寄居町

★ 

■ 礼羽(らいは): 埼玉県加須市礼羽

■ 嵐山(らんざん): 埼玉県比企郡嵐山町

■ 両神(りょうがみ): 埼玉県秩父郡小鹿野町両神(旧両神村)
・ 秩父三山の武甲山、三峰山、両神山に由来する。両神山は山頂にイザナギとイザナミが祀られていることに由来する。

■ 領家(りょうけ): 埼玉県川口市領家
・ 領家とは実質的な荘園領主を意味する。なお、名義上の荘園領主(寄進先)は本所・本家といった。

■ 連雀町(れんじゃくちょう): 埼玉県川越市連雀町(れんじゃくちょう)

★ 

■ 鷲宮(わしのみや): 埼玉県久喜市鷲宮

■ 早稲田(わせだ): 埼玉県三郷市
・ 旧早稲田村。明治22年の村制施行のさい、大広戸、仁蔵、丹後、茂田井、幸房、岩野木、笹塚、南蓮沼、駒形、半田、前間、小谷堀、後谷、田中新田、谷中の十五ヵ村を併せて成立。本村が葛飾早稲の本場であったことに由来する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 和土(わど): 埼玉県さいたま市
・ 旧和土村。明治22年の村制施行のさい、黒谷、飯塚、笹久保、木曽根、笹久保新田、村国、南下新井を併せて成立。和土は嘉名で「新村が和をもって進んでいこうとした」意思を意味する。【埼玉県地名辞典 韮塚一三郎 関東図書】

■ 蕨(わらび): 埼玉県蕨市

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示