「高階」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「高階」の名字
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 高階(たかしな): 埼玉県川越市

・ 高階は、起伏のある地形を意味する。

・ 明治22年に村制をしいたときに、砂、砂新田、扇河岸、上新河岸、下新河岸、寺尾、藤間の七カ村が合併して高階村とした。倭名抄の「高階郷」に由来する。【出典

・ 高階村(たかしなむら): 埼玉県川越市。明治時代から昭和にかけて埼玉県入間郡にみられた村名。砂新田・砂村・扇河岸・上新河岸・下新河岸・寺尾村・藤間(ふじま)村の7か村が合併して成立。村名は「和名抄」の入間郡高階郷による。【出典

・ 高階郷(たかしなのごう): 平安時代に武蔵国入間郡にみられた郷名。「和名抄」入間郡8郷の1つ。「太加之奈」と訓みが示されている。起伏に富む地形が郷名の由来。川越(かわごえ)市高階の地に比定する説と中世の越生(おごせ)郷・毛呂(もろ)郷に比定する説とがあるが、後者が妥当と考えられ、現在の越生町・毛呂山町付近一帯に比定される。【出典

統計表示