「児玉」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 児玉(こだま): 埼玉県本庄市児玉町

# 金銀財宝の産出説、やまびこのこだま説、養蚕業説など。

#  「児玉」の意味は諸説ある。
 〆婉笋鮠玉というから、本郡が古くは銀や銅を産出したことによる。
◆〇玉は遠峰(こだま)で山彦の意味。
 児玉は古くは養蚕業に由来した。
出典】 

# 児玉(こだま): 古太万(和名抄)・小玉(黄梅院文書)とも書く。県北西部、小山川(身馴(みなれ)川)の左岸に位置する。郡名の起こる地で、ほぼ郡の中央に位置する。武蔵七党の1つ児玉党の居住した所であり、児玉氏はここで在地名を名乗ったものと考えられる。児玉党児玉氏は「七党系図」によると藤原氏の庶子有道氏の遠峯より4代の孫家行が、武蔵権守となって武蔵に入ったことにより始まる。家行の子家弘が児玉に住み、児玉庄太夫と称した。孫の家長は源氏に従い、平氏追討軍に参加。【出典

# 「コ(接頭語)」+「タマ(山中の小平地)」という地名か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

# 児玉郡(こだまぐん)

・ 郡名の由来は、蚕玉より起こったもので古くから養蚕が盛んであったことを示すとする説や、砕銀を小玉というので古くから銀・銅を産出したことによるとする説などがある。

・ 武蔵七党の1つ児玉党の拠点となったところで、現在の本庄(ほんじよう)市の地名は、児玉党の嫡流が累代居住したので本庄と称したという。
出典

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示