群馬県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 赤城(あかぎ): 群馬県甘楽郡赤城

■ 阿左美(あざみ): 群馬県みどり市笠懸町阿左美

■ 安中(あんなか): 群馬県安中市

■ 伊香保(いかほ): 群馬県渋川市伊香保町伊香保

■ 伊勢崎(いせさき): 群馬県伊勢崎市
・ 戦国時代に、由良成繁が神の加護に謝し、伊勢神宮にこの地の一部を寄進、城内に伊勢宮を祀ったことに由来する。

■ 板倉(いたくら): 群馬県邑楽郡板倉町

■ 板鼻(いたはな): 群馬県安中市の旧中山道の板鼻宿

■ 井野(いの): 群馬県高崎市井野町
・ 猪野とも書いた。永禄年間にこの名称に改めたという。地内北部の矢ノ上には3つの池があり、古くはこれが1つの大池をなし、池の中からは湧水すこぶる多しと伝えられているので、このことが井野の地名の由来と思われる。【角川日本地名大辞典】

■ 岩鼻(いわはな): 群馬県高崎市岩鼻町

■ 老神(おいがみ): 群馬県沼田市利根町老神

■ 大泉(おおいずみ): 群馬県邑楽郡大泉町

■ 大胡(おおご): 群馬県前橋市大胡町

■ 岡崎(おかざき): 群馬県吾妻郡東吾妻町岡崎。地名は、元和元年当地に陣屋を設置した際、白井城主本多氏の出身地岡崎にちなんで名付けられた。【角川日本地名大辞典】

■ 奥平(おくだいら):  群馬県高崎市吉井町奥平

■ 乙父(おっち): 群馬県多野郡上野村乙父

■ 乙母(おとも): 群馬県多野郡上野村乙母

■ 鬼石(おにし): 群馬県藤岡市鬼石

■ 小保方(おぼかた): 群馬県伊勢崎市小保方町

★ 

■ 神農原(かのはら): 群馬県富岡市神農原
・ 江戸期は神原村と記したが、南甘楽郡の神ケ原と区別するため神農原と改称。

■ 上神梅(かみかんばい): 群馬県みどり市大間々町上神梅
・ 「かんば」とは、急な崖地をあらわす。

■ 神流(かんな): 群馬県多野郡神流町

■ 桐生(きりゅう): 群馬県桐生市

■ 草津(くさつ): 群馬県吾妻郡草津町

■ 六合村(くにむら): 群馬県吾妻郡 これは読めるぞ、合併地名だ。

■ 倉賀野(くらがの): 群馬県高崎市倉賀野町

■ 神戸(ごうど): 群馬県高崎市神戸町(ごうどまち)

■ 神戸(ごうど): 群馬県みどり市東町神戸

■ 後閑(ごかん): 群馬県前橋市後閑町

■ 小金(こきん): 群馬県太田市新田小金町(こきんちょう)
・ 地名の由来については、江戸期当地は小金井(こがない)村の持添で、小金井村は水系や湧水が豊富なのに反し、当地は地層が砂礫層のため水利が悪いことから小金井の「井」を取って小金としたとの伝承がある。【角川日本地名大辞典】

■ 子持村(こもちむら): かつて群馬県にみられた村名

★ 

■ 境野(さかいの): 群馬県桐生市境野町

■ 塩原(しおばら): 群馬県みどり市大間々町塩原
・ 渡良瀬川中流左岸、同川支流塩沢川流域に位置する。地名の由来は明らかでないが、かつて字高松に塩田社があり、塩沢川(下田川)付近に鹹水が湧出したことに起因するものと思われる。【角川日本地名大辞典】

■ 尻高(しったか): 群馬県吾妻郡高山村尻高

■ 下仁田(しもにた): 群馬県甘楽郡下仁田町

■ 白倉(しらくら): 群馬県甘楽郡甘楽町白倉
・ 室町期関東管領山内上杉氏の重鎮上州八家、四宿老の1つに白倉氏がおり、同氏の居城白倉城の城跡が残る。【角川日本地名大辞典】
・ 白倉郷: 鎌倉時代に上野国甘楽郡額部荘にみられた郷名。武蔵七党系図児玉党に平武者行弘の子片山武者五郎行成舎弟白倉三郎成季とその子太兵衛信季、同三左兵衛門成氏とある。【角川日本地名大辞典】

■ 世良田(せらた): 群馬県太田市世良田町

■ 沢入(そうり): わたらせ渓谷鉄道沢入駅。群馬県みどり市東町沢入(そうり)
・ 国鉄時代は「そおり」駅といった。「そり」とは焼き畑を意味する。また「沢の入り口」という説もある。
・ 押手川の沢に入る入り口に開けた集落。または、「そおり」「それ」は、本来、焼畑のこと。以前は「そおり」読みだったが、平成元年(1989年)に「そうり」読みに変わった。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 反町(そりまち): 群馬県太田市新田反町町

★ 

■ 多(た): 群馬県
・ 明治時代から昭和の半ばまで群馬県生品村にみられた大字名。田とも書いた。

■ 高崎(たかさき): 群馬県高崎市

■ 館林(たてばやし): 群馬県館林市
・ 昔は、「立野ケ原」と呼ばれ、「立野」「立林」とも呼ばれていたことから「館林」となった。

■ 月夜野町(つきよのまち): 群馬県利根郡みなかみ町月夜野

■ 栃窪(とちくぼ):  群馬県吾妻郡中之条町栃窪
・ 土地窪に由来すると言われるが、他に食糧の栃の実が多く採れる窪地に由来するとも言われる。

■ 富岡(とみおか): 群馬県富岡市。古くは留岡とも書いた。

■ 巴町(ともえちょう): 群馬県桐生市巴町
・ もとは桐生市安楽土(あらと)の一部で西安楽土の南端。町名の由来は西安楽土字仁田所から桐生新町6丁目へ至る道路開削の功労者小林東吾・茂田井七郎次・大沢栄八の各一字東茂栄をとって巴町と名づけたという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 名胡桃(なぐるみ): 群馬県利根郡みなかみ町下津にあった村名
・ 名胡桃城があり「名胡桃城址」として残る。北条家と真田家がこの地を巡って争ったのが、秀吉の小田原征伐のきっかけになったと言われる。

■ 奈良(なら): 群馬県沼田市奈良町
・ 地名は、地内の地形が大和の奈良に似ているからとも、あるいは「ナラ」または「ナラス」で、平にする、開発する意味からともいわれるが不詳。【角川日本地名大辞典】

■ 南蛇井(なんじゃい): 群馬県富岡市

■ 沼田(ぬまた): 群馬県沼田市

■ 猫(ねこ): 群馬県勢多郡赤城村大字敷島(渋川市)

■ 乗附(のつけ): 群馬県高崎市乗附町(のつけまち)

■ 野良犬(のらいぬ): 群馬県前橋市清野町 

★ 

■ 鼻高(はなだか): 群馬県高崎市鼻高町
・ 由来は不明。

■ 肥土村: 江戸時代から明治の中頃にかけて上野国緑野(みどの)郡藤岡領にみられた村名。元禄年間から武蔵国賀美郡安保領。

■ 笛木新町(ふえきしんまち): 群馬県高崎市新町

■ 藤原(ふじわら): 群馬県利根郡みなかみ町藤原

■ 古市(ふるいち): 群馬県前橋市古市町

■ 別保(べっぽ): 群馬県富岡市別保

★ 

■ 前橋(まえばし): 群馬県前橋市

■ 馬庭(まにわ): 群馬県高崎市吉井町馬庭

■ 真庭(まにわ): 群馬県利根郡みなかみ町真庭
・ 地名由来について「郡村誌」は、往古当地での馬を調べたことから馬場の名が起こり、のち転訛して真庭になったと記す。【角川日本地名大辞典】

■ 溝呂木(みぞろぎ): 群馬県渋川市赤城町溝呂木
・ 地名は往古みぞろが池があって、蛇抜けといわれる崩壊によって消滅したと伝える池にちなむという。「みぞろ」は真泥の訛という。【角川日本地名大辞典】

■ 本動堂(もとゆるぎどう): 群馬県藤岡市本動堂

★ 

■ 湯桧曽(ゆびそ): 群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽

■ 由良(ゆら): 群馬県太田市由良町

★ 

■ 連雀町(れんじゃくちょう): 群馬県高崎市連雀町(れんじゃくちょう)

★ 

■ 綿貫(わたぬき): 群馬県高崎市綿貫町

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示