自然物名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
   
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■  

★ 

■ 悪四郎山(あくしろうやま): 和歌山県

■ 一光川(いかりがわ): 福井県
・ 大丹生(おにう)川ともいう。川名は上流の旧一光村にかかわると思われるが、詳細不明。大丹生川は河口の集落名によるか。【角川日本地名大辞典】
※ 川の名前と、集落の名前とどちらが先か?

■ 石狩川(いしかりがわ):  北海道 

★ 

■ 月山(がっさん): 山形県

■ 神室山(かむろさん): 山形県、宮城県。
・ 山形県の北東部にある山。神室は「神霊の宿る岩窟」の意。山頂近くに「雷神・大田神・水神」の石碑や、石の祠、小さな鉄製の鳥居・剣が奉納され、稲作を左右する天候に関する神々が祀られている。【角川日本地名大辞典】

■ クッチャロ湖: 北海道枝幸郡浜頓別町

■ 呉羽山(くれはやま): 富山市の西部に延びている呉羽丘陵中の山。
・ 昔、神通(じんづう)川が大量の砂礫を堆積、褶曲運動によって小丘をつくり、その東側を神通川が浸食し、現在の地形ができた。この丘陵を境に県内を東西に分け、呉東(ごとう)・呉西(ごせい)と呼ばれている。【角川日本地名大辞典】
# 呉西平野(ごせいへいや): 富山県中央部の呉羽(くれは)丘陵以西の平野。射水(いみず)平野・礪波(となみ)平野・氷見(ひみ)平野の総称。東部の呉東平野が扇状地性であるのに対し、低湿地域がかなりの面積を占める。【角川日本地名大辞典】
# 呉東平野(ごとうへいや): 富山県中央部の呉羽(くれは)丘陵以東の平野。富山平野・新川(にいかわ)平野・黒部(くろべ)平野の総称。西部の呉西平野が低湿地域が多いのに対し、各河川による扇状地地形を形成している。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 蔵王山(ざおうざん、ざおうさん): 山形県、宮城県。

■ 須川(すかわ): 山形県

■ 白根山(しらねさん): 群馬県・栃木県
・ 利根郡片品村と栃木県日光市との県境にある山。甲斐白根山、草津白根と区別して、日光白根山ともいい、また前白根山に対して、奥白根山ともいう。山名は、白い雪をかぶった山の意に由来する。【角川日本地名大辞典】

■ 白根山(しらねさん): 群馬県
・ 県の北西隅、吾妻(あがつま)郡嬬恋(つまごい)村と草津町の境にあり、長野県境近くの火山。活火山の白根山(2、162m)とその南の本白根山(2、176m)からなる双子火山で、総称して草津白根という。【角川日本地名大辞典】

■ 白根山(しらねさん): 山梨県
・ 白峰山とも書き、白根(白峰)三山を指す。地元では甲斐が嶺と呼ぶところもある。白根山系の主峰で北岳(3,192.4m)から南へ間ノ岳(3,189.3m)、農鳥岳(東農鳥岳3,025.9m)の3山の総称。山名は、「平家物語」に「手越を過ぎて行けば、北に遠ざかりて雪白き山あり、問へば甲斐の白根とぞいふ」とある。また江戸期には甲斐八景の1つ「白嶺の夕照」を詠じた「この夕べ残る日かげもはれていまむかふしらねの雪ぞくまなき」の和歌がある。【角川日本地名大辞典】

■ 石動山(せきどうさん、いするぎやま): 石川県鹿島郡中能登町石動山子部
・ 能登と越中の間にあるのは石動山(せきどうさん、、いするぎやま)。古くは「いするぎやま」「いしゆるぎやま」と呼ばれた。山内に延喜式内伊須流岐比古神社があり、祭神は伊須流岐比古神(いするぎひこのかみ・石動彦)。
・ 昔、赤道山に隕石が落ちて石となり、その石が鳴動し神威を顕したことに由来する。

★ 

■ 多摩川(たまがわ): 東京都(山梨県も?)
・ 山梨県東部から都の西・南部を東南流して東京湾に注ぐ川。山梨・埼玉両県境にある笠取(かさとり)山を水源とし、上流では市ノ瀬(いちのせ)川と称され、途中柳沢(やなざわ)川を合わせて山梨県北都留(きたつる)郡北部の山岳地帯を東流しつつ丹波(たば)川と名を変え、同郡鴨沢(かもさわ)で小袖(こそで)川を合わせて西多摩郡の奥多摩湖に入り、多摩川となる。多摩川は「和名抄」では「太波」とあり、古くは丹波川とも呼ばれたらしい。また後世「玉川」とも記したのは、山城・摂津・紀伊・陸奥にある玉川とともに六玉川(むたまがわ)と称されたことによるという。その水は、古来、飲料水・農業用水として利用されることが多く、すでに鎌倉期に多摩川から引水して武蔵野開発を行った事例が「吾妻鏡」に見える。江戸期には承応3年に玉川上水が開削されて江戸市街・武蔵野台地の発展に大きく貢献した。なお多摩川は上古、「万葉集」の東歌にもあるように、大陸からの渡来人による布晒しが行われた所として有名で、また沿岸の各地には中世の古戦場などの史跡も多い。【角川日本地名大辞典】

■ 千曲川(ちくまがわ): 長野県

■ 千歳山(ちとせやま): 山形市大字平清水字千歳山

■ 鳥海山(ちょうかいさん): 山形県、秋田県。
・ 「とりのうみやま」とも読み北山(ほくさん)・北の山・大物忌(おおものいみ)山ともいい、出羽富士や秋田富士ともいう。山名の北山・北の山は北辺における高山を意味するという。鳥海は山頂にある鳥海湖や鳥海氏に関係するとの説もあるが、詳細は未詳。火山体は旧火山の西鳥海と、新火山の鳥海本岳(享和岳)に分けられる。最高点は享和元年の噴火によってできた新山。荒神(こうじん)ケ岳・行者(ぎようじや)岳・伏拝(ふくはい)岳・文珠(もんじゆ)岳などの地名が残されている。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 日本国(にほんこく): 日本国(にっぽんごく)ともいう。新潟県と山形県の間にある山。山は日本国片麻岩からなり、ふもとの小俣渓谷の露頭には千枚岩様の片理が見られる。山容は摺鉢を伏せたようで地元では石鉢山とも呼ぶ。「庄内風土略記」に「日本国」の山名に関する多くの伝説が記される。大和朝廷の東征による蝦夷地との境、「ここまでが日本国」説、江戸期この山で獲れた鷹を領主に献上したところ賞讃して「獲れた山を日本国と名付けよ」説などで、定説はない。【角川日本地名大辞典】

■ 乳頭山(にゅうとうさん): 秋田県・岩手県
・ 烏帽子(えぼし)山ともいう。仙北(せんぼく)郡田沢湖町と岩手県の境にある山。秋田県側から見た山容は穏やかで、乳房のように見えることから「にゅうつむり」「にゅうとう」などと呼ぶ。烏帽子山は玉川の支流、小和瀬(こわせ)川上流にもあるが、同山は佐竹藩木山方役人の作成した古地図に乳頭山と記載されており、乳房は2つなければおかしいという意味で、当時から命名されていたという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 八丈島(はちじょうじま): 東京都の八丈島
・ かつては「八嶽島(やたけじま)」だったが、「嶽」に「丈」をあてた。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

■ 船形山(ふながたやま): 山形県、宮城県。
・ 奥羽山脈を形成する船形連峰の主峰をなす火山。御所山ともいう。山形・宮城県境のほぼ中央に位置する。宮城県側からみると、頂上は平坦で両側が張り、漁船の形に見えるところから船形山が一般的。山形県側でなじみ深い御所山の名称は、承久の乱で佐渡に流された順徳上皇が、ひそかに脱出し、この山に潜み住んだという伝承から生まれたとされている。
・ 船嶺(ふながね)ともいう。
【角川日本地名大辞典】

■ 宝鏡山(ほうきょうさん): 岩手県
・ 東磐井郡の大東町・室根村と陸前高田市矢作町を境界とする山。標高592m。北上山地の南部に位置し、南西に室根山(895.4m)がある。アイヌ語で「ほうきょう」はオオカミに関係する地名ではないかといわれる。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 馬見ヶ崎川(まみがさきがわ): 山形県山形市

■ 水戸辺川(みとべがわ): 宮城県
・ 本吉郡志津川町の南部を流れる川名。同町南西翁倉(おきなぐら)山中に源を発し、東流して水戸辺〜波伝谷(はでんや)間の入江で志津川湾に注ぐ。【角川日本地名大辞典】

■ 最上川(もがみがわ): 山形県

★ 

■ ヤリキレナイ川: 北海道夕張郡由仁町
・ 全長約5Km。語源はアイヌ語の「ヤンケナイ」「イヤルキナイ」「ヤロキロロナイ」など諸説ある。「ヤンケナイ」は「魚の棲まない川」。「イヤルキナイ」は「片割れの川」で夕張川の支流を意味する。「ヤロキロロナイ」は「破れる力の川」で氾濫を意味する。【北海道 地理・地名・地図の謎 じっぴインパクト新書】  

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示