「群馬県」名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 都道府県の難読地名Top
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 群馬県: 群馬県前橋市

# 群馬県: 古くは「クルマ」と呼ばれた。昔朝鮮からの多くの渡来人が住んでいたので「呉人(くれびと)の住む土地」の意味のよう。

* 他説: 古代に朝廷で使用する馬の牧場があった上野国群馬郡由来という説もあるようだ。

# 群馬県のホームページによると、「車評(評は大宝律令で郡の意味)」と呼ばれていた地区が、「車評」→「車郡」→「群馬郡」となったそうだ。なお「群馬」になったのは、この地方で多くの馬が飼育されていたことによるとか。

# 上野国: 関東の古代豪族である上毛野氏(かみつけのし)の所領から。

# 群馬は古くから「クルマ」とよばれ、「和名抄」にも「久留馬」と書かれている。

# 群馬は、もともとは「車(くるま)」の二字化で「来馬」などとも書く。車を作り、天皇を乗せる車持部(くるまもちべ)の部民の居る場所に由来する。車持部を率いた伴造(とものみやつこ)は大きな力を持ち、特に上毛野君(かみつけのきみ)は有名だった。

※ 理屈はわかった。しかし疑問が一つ。京の天皇の車を今の群馬県で作ったのか?

# 群馬: 雄略天皇の時代に車持公(くるまもち)」の子孫が住んだ。

# 群馬県の明治時代の高崎と前橋の県庁争い。碓氷峠を望む要衝の地の高崎は陸軍にとられ、しかたなく内務省は前橋を県庁とした。

# 古くはクルマ。川が曲流することを表す地形。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】 

# 古代は上毛野国(かみつけのくに)と言われ、古い豪族に車持公(くるまもちのきみ)がいて、その車(くるま)がグンマとなり群馬の字をあてた。【おもしろ地名・駅名歩き事典 村石利夫 みやび出版】

統計表示