島根県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 阿井(あい): 島根県仁多郡奥出雲町阿井
・ 阿伊・阿位とも書いた。

■ 秋鹿(あいか): 島根県松江市秋鹿町
・ 相賀とも書いた。地名の由来は「風土記」には郷名としては見えず、秋鹿郡(あきかのこおり)の由来に、郡家の正北に秋鹿日女(あきかひめ)命が鎮座しており、神名によって秋鹿(あきか)となったとある。「和名抄」にも郡名のみで郷名はない。「和名抄」に安伊加(あいか)とあり、加藤義成は奈良期には「あきか」といったものが、平安期になってから、音便現象によって「あいか」とよむようになったとしている。【角川日本地名大辞典】

■ 朝酌(あさくみ): 島根県松江市朝酌町(あさくみちょう)
・ 古代の市があった朝酌促戸(あさくみのせと)。促戸=瀬戸。【風土記謎解き散歩 新人物文庫】

■ 海士(あま): 島根県隠岐郡海士町

■ 井尻(いじり): 島根県安来市伯太町井尻
・ 当地は古くは出雲国母理(もり)郷に属していた。地名の由来は、古代中海(なかのうみ)が市中屋(いちなかや)あたりまで湾入していたので入江の尻という意味で江尻といったのが、のちに井尻に書きかえられたことによる。【角川日本地名大辞典】

■ 飯生(いなり): 島根県安来市飯生町

■ 犬来(いぬぐ):  島根県隠岐郡隠岐の島町犬来

■ 猪尾(いのお): 島根県雲南市加茂町猪尾

■ 猪目(いのめ): 島根県出雲市猪目町

■ 宇受賀(うずか): 島根県隠岐郡海士町宇受賀
・ 宇須賀、宇津賀とも書く。地名の由来は式内社と伝え、鎌倉時代の文書にもみえる宇須賀神社の名称による。【角川日本地名大辞典】

■ 梅月(うめつき): 島根県益田市梅月町梅月

■ 鬼村(おにむら): 島根県大田市大屋町鬼村

■ 乙原(おんばら): 島根県邑智郡美郷町乙原
・ 「おんばら(隠原)」が語源で、山に囲まれた隠れ里を意味する。
・ 江川(ごうのがわ)中流部の南岸に開けたところ、河木谷川が江川に合流する地点。「八重葎」に「乙原村と申すは、此の里後に分けたる故に乙ノ原と号せり」とある。【角川日本地名大辞典】
・ 「おおはら(大原)か?【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

★ 

■ 勝手(かって): 島根県大田市富山町才坂勝手

■ 亀嵩(かめだけ):  島根県仁多郡奥出雲町亀嵩
・ 「かめだけ」とは「神嶽」か。あるいは、「亀型」か。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 神門(かんど): 島根県出雲市神門町

■ 木次(きすぎ): 島根県雲南市木次町

■ 北島(きたじま): 島根県出雲市斐川町名島北島

■ 久代(くしろ): 島根県浜田市久代町
・ 地名の由来は「八重葎」に「久代村と号する所以は、往古刃なかりし時、竹をとがりて節となし、海士人海中に入りて鮑螺蠑の類を取るに使い候う時、古き大鯛など歯をとぎなどする事ある時、又は水中に入り岩角などにて手をいため候うときの用心に手先よりさきを布の類をかさねまき、之を手まきと云う、其後鉄の刃出来しより庖丁のゆがみたるようなるものへ柄を付け、之を剣(たち)と申す、又釧(ひちまき)此釧を久志路ト云う」「其名多しといえども惣名久代」「右節代此村より始めし故久代村と申す由」とある。【角川日本地名大辞典】
・ 「くしろ」とは「越す」に由来する。「砂丘、丘陵の小さな連なり」の地形語。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 口羽(くちば): 島根県邑智郡邑南町

■ 国富(くにどみ): 島根県出雲市国富町
・ 国留とも記し、「くんどみ」ともいう。宇加山の麓に栗石という大きな石を置いて、国が動かないように留めたため国留という地名がついた、また、国が豊かに、神の守護があることを願って国富という地名がついたとの伝承がある。【角川日本地名大辞典】

■ 古志(こし): 島根県松江市古志町
・ 出雲国風土記によると、「日淵(ひふち)川を以て池を築造り、その時古志の国人等到来りて堤を為りて宿居れりし所、故古志という」とある。古志の国人とは越人のことか?

■ 薦津(こもづ): 島根県松江市薦津町
・ 薦とは植物のマコモのこと。菰津とも書いた。地名の由来は「風土記」の佐太水海(さだのみずうみ)の海域のうちで、当時真菰(まこも)の茂る船着場が多く、真菰が堆積して陸地が形成され地名となったものであろう。【角川日本地名大辞典】

■ 小和田(こわだ): 島根県飯石郡飯南町頓原小和田(こわだ)

★ 

■ 宍道(しんじ): 島根県

■ 相撲ケ原(すもうがはら): 島根県鹿足郡津和野町相撲ヶ原。「すまがはら」ともいう。地名は角力の故事によるという。【角川日本地名大辞典】

■ 角力場(すもうば): 島根県。

■ 角力庭(すもうにわ): 島根県。昔天狗が集まってすもうをとったと言い伝える所である。【角川日本地名大辞典】

■ 千家(せんげ)村: 出雲国出雲(しゆつとう)郡千家(島根県出雲市斐川町併川千家)
・ 北島村とともに、出雲郡神戸(かんべ)郷の一部と言われ、出雲大社領十二郷の1つ。

★ 

■ 手結(たゆ):  島根県松江市鹿島町手結
・ 「たい」ともいう。中世には「鯛」の時も見える。高知県香南市夜須町手結は「てい」読み。

■ 知夫(ちぶ): 島根県隠岐郡知夫村
・ 「ちぶり」ともいい、知布利・知夫利・知夫里とも書く。地名の由来は隠岐群島の南端にあって本土との往来の場合、必ず寄港したことから、道路の神である道触神(みちぶりのかみ)を奉祀して海路の安全を祈り、沖合を航行する船がはるかに拝したことにちなんで知夫里の称が生まれたという。知夫も「ちぶ」ではなく「ちぶり」と読んでいたが、明治以降に「ちぶ」と読むようになった。【角川日本地名大辞典】

■ 富田城跡(とだじょうせき): 出雲国能義(のぎ)郡広瀬町大字富田。富田の築城は、保元平治の頃平家の侍大将悪七兵衛(藤原)景清といわれている。城主は佐々木・山名・京極・尼子毛利・堀尾氏と変遷した。

★ 

■ 仁方(にま): 島根県大田市

★ 

■ 波子(はし): 島根県江津市波子町
・ 土師氏が居住したことに由来する。
・ 波子(はし): 古くは波志浦・橋浦・箸浦などとも書かれ、近世期に入って波子と書くようになった。また波子(波志)の地名は古代出雲から土師部(はじべ)が来住して開拓したからとする伝承がある。【角川日本地名大辞典】
・ 伝説によると垂仁天皇のとき、出雲から土師部を招いて移住させたという。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 日登(ひのぼり): 島根県雲南市木次町日登

★ 

■ 馬路(まじ): 島根県大田市仁摩町馬路
・ 狭い土地を意味する「マジ(間地)」に由来するといわれる。
・ 「まじ」は「南から吹く風」のこと。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

■ 松江(まつえ): 島根県松江市
・ 松江は、以前は「末次」「白潟」と呼ばれていたが、かつて中国の呉に松江という地名があって、それに由来する。瑞祥地名でしょうかねぇ。

■ 三朝(みささ): 鳥取県東伯郡三朝町

■ 美談(みだみ): 島根県出雲市美談町

■ 耳(みみ): 鳥取県倉吉市耳

★ 

■ 遥堪(ようかん): 島根県出雲市

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示