「美談」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 美談(みだみ): 島根県出雲市美談町

# 御田(みた)を見る神から、「三太三(みたみ)」になり、726年に美談の字があてられた。

# 美談郷: 奈良時代から平安時代にかけて出雲国出雲郡にあった郷名。三太三(みたみ)とも書いた。「出雲国風土記」によると所造天下(あめのしたつくらしし)大神の御子和加布都努志(わかふつぬし)命が天と地とがはじめて分かれた後、天つ神の御料田の長官を奉仕された。この命がこの地に鎮座されたので御田(みた)を見る神の意で三太三(みたみ)といい、字を神亀3年に「美談」と改められたとある。「和名抄」にも美談郷とみえる。【出典

# 仝飜韻如⊃世吠仕する民⊃静槌(みたみ)で、神に供える神田。美は美称。【地名苗字読み解き事典 丹羽基二 柏書房】

# 奈良時代から存在した。神話にちなんだ地名という説がある。【出典

# 美談の名字

統計表示