「志度」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 志度(しど): 香川県さぬき市志度

・ 地名の由来は、かつて当地にきた速秋津比売命が、波静かで深く「我御心須美戸止」と言ったことから「須美戸(すみと)」と呼ぶようになり、のち須美が志に転じたとも、藤原淡海公が母である海女の菩提を弔うため精舎を建立し、死渡道場と名付けたという「玉取り伝説」によるともいう。志度浦はまた玉浦とも呼ばれ、ほかにも、海士ケ石・海士野峠・淡海泉・淡海屋敷・房前・真珠島、さらに謡曲「当願、暮当」にちなむ当願(東讃免名録)など、伝説に基づく地名が多い。【出典

・ 「シト」の転で、「湿地」のことか。または、「シ(石)」+「ト(場所を表す接尾語)」か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

・ 志度駅(しどえき): JR四国・高徳線。琴電志度駅。香川県さぬき市志度。   

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示