栃木県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 足尾(あしお): 栃木県日光市足尾町

■ 足利(あしかが): 栃木県足利市

■ 飯山(いいやま): 栃木県宇都宮市飯山町
・ 地名の由来については、昔源頼政が寅己山に築城した時、里人が協力して糧秣を提供したことに頼政が大いに感じて飯山と命名したと伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 伊賀町(いがちょう): 栃木県佐野市伊賀町(いがちょう)
・ 芳賀伊賀守が御成りの時に徒士侍を置いたので伊賀御徒士(いがおかち)町とも呼んだ。

■ 板荷(いたが): 栃木県鹿沼市板荷
・ 地名の由来には諸説あり、板のように切り立った崖、山から切り出した板(材木)の集散地に由来するとも言われる。

■ 板倉(いたくら): 栃木県足利市板倉町

■ 犬塚(いぬづか): 栃木県小山市犬塚

■ 犬伏(いぬぶし): 栃木県佐野市犬伏

■ 猪倉(いのくら): 栃木県日光市猪倉

■ 今市(いまいち): 栃木県日光市今市

■ 宇都宮(うつのみや): 栃木県宇都宮市

■ 祖母井(うばがい): 栃木県芳賀郡芳賀町祖母井

■ 押上(おしあげ): 栃木県さくら市押上

■ 伯母様(おばさま): 栃木県。下野国大住郡三之宮村?

★ 

■ 利保(かかぼ):  栃木県足利市利保町(かかぼちょう)

■ 鹿沼(かぬま): 栃木県鹿沼市

■ 金沢(かねざわ): 栃木県那須塩原市金沢

■ 喜連川(きつれがわ): 栃木県喜連川町

■ 興野(きょうの): 栃木県那須烏山市興野(きょうの)
・ 那珂川中流左岸の河岸段丘上に位置する。地名は興野は「こうや」とも読み荒野の意味であり、荒地を興して開かれた所であることにちなむという。【角川日本地名大辞典】

■ 久下田(くげた): 栃木県真岡市久下田

■ 薬利(くずり): 栃木県那須郡那珂川町薬利。
・ 薬利(くずり): 地名は、和銅年間葛(かずら)の里と称し、葛里が音続されて「くずり」となり、薬里から薬利と書かれるようになったという。【角川日本地名大辞典】

■ 久蔵(くぞう): 栃木県日光市足尾町

■ 小河原(こがわら): 栃木県那須郡南那須町小河原

■ 小代(こしろ): 栃木県日光市小代

★ 

■ 寒井(さぶい): 栃木県大田原市寒井
・ 寒井(さぶい): 地名の由来について定説はないが、那須氏が川田に居館を構え、高館に砦を築くにあたって、白虎の地の当地に長道を開いて向宿を設け、侍を居らしめたとする説と、北風が吹く寒い土地であることにちなむという説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 佐野(さの): 栃木県那須塩原市佐野。栃木県佐野市。

■ 塩原(しおばら): 栃木県那須塩原市

■ 白鳥(しらとり): 栃木県小山市白鳥

■ 鈴木(すずき): 茨城県稲敷郡阿見町鈴木

■ 関根(せきね):  栃木県那須塩原市関根
・ 地名は地内にある出釜と称する湧水地の水の出口の意味から命名されたという。【角川日本地名大辞典】

■ 仙波(せんば): 栃木県佐野市仙波町

★ 

■ 高橋(たかはし): 栃木県佐野市高橋町

■ 帯刀(たてわき):  栃木県栃木市藤岡町帯刀。時代劇が好きな人は意外に読めると思う。
・ 帯刀(たてわき): 村名は開発者名にちなむと思われる。【角川日本地名大辞典】

■ 百目鬼(どうめき): 栃木県真岡市百目鬼

★ 

■ 中三依(なかみより): 栃木県日光市中三依
・ 3筋の川が合流した流れに由来するといわれる。

■ 日光(にっこう): 栃木県日光市

■ 接骨木(にわとこ): 栃木県那須塩原市接骨木

★ 

■ 羽生田(はにゅうだ): 栃木県下都賀郡壬生町羽生田

■ 針生(はりう):  栃木県矢板市針生
・ 「はり」は開墾を意味し、「治」などの字をあてた。また、杉山の木が針のように尖って見えることに由来するとも言われる。

■ 日向(ひなた): 栃木県日光市日向

■ 汗(ふざかし): 栃木県河内郡上三川町汗

■ 藤田(ふじた): 栃木県那須烏山市藤田
・ 地名の由来は、往昔、藤樹の繁茂している地を開拓したことによるという。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 間藤(まとう): 栃木県日光市足尾町上(下)間藤。地名は山間の狭い所の意から起こったという。【角川日本地名大辞典】

■ 壬生(みぶ): 栃木県下都賀郡壬生町

■ 真岡(もおか): 栃木県真岡市

★ 

■ 山形(やまがた): 栃木県佐野市山形町

★ 

■ 

★ 

■ 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示