「部」の地名
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名の目次
   
スポンサーリンク
スポンサーリンク

★ 部民の地名

・ 服部連の統率のもとに、秦部(はたべ)、錦織部(にしごりべ)、呉服部(くれはとりべ)、呉衣縫部(くれのきぬぬいべ)などの帰化系を含め、麻績部(おみべ)、委文部(しずべ)、神服部(かんはとりべ)などがあった。【日本おもしろ地名考 服部真六 文芸社】

・ 錦織部: 「ニシゴリベ」は「ニシキオリベ」で、大陸から高級絹織物の技術をもって百済から渡来した。錦織は錦織部の首長で、河内国錦織郡が本拠地であった。【日本おもしろ地名考 服部真六 文芸社】


■ 余部(あまるべ) → 詳細

■ 伊部(いんべ) → 詳細

■ 勝部(かつべ): 滋賀県守山市勝部。地名は勝部神社の社名に由来するとも、勝部(すぐりべ)の居住地で、社名がそれによるともいわれる。社地に中世の土豪勝部氏が居城した勝部城遺跡がある。【出典

■ 勝部(かつべ): 大阪府豊中市勝部。古くは「かちべ」と呼んだ。【「カツ」地名の意味

■ 勝部(かちべ): 鳥取県鳥取市青谷町紙屋。勝部川流域の河谷平野に位置する。「勝」は「スグリ」とも読み、「スグリ」は本来は村主で、渡来人系の氏族に与えられた姓(かばね)であるので、勝部という地名はそれらの人々スグリベ(勝部)の居住した地に由来するものであろう。【出典
・ 勝部郷(かちべのごう): 平安時代に伯耆国にみられた郷名。勝部は、百済からの帰化系の氏族、勝氏に支配された人々の居住地に多い地名である。勝部の郷名もこれに由来するものであろう。【出典

■ 勝部(かつべ): 岡山県津山市勝部。地名は、秦氏に従って渡来人集団勝部の民が居住した地であることに由来するという。【出典

■ 草部(くさべ、くさかべ): 大阪府堺市西区草部(くさべ)、兵庫県丹波市山南町草部(くさべ)、熊本県阿蘇郡高森町草部(くさかべ)。

■ 雀部(ささべ)

■ 友部(ともべ): 茨城県笠間市(旧友部町)

■ 土呂部(どろぶ): 栃木県日光市土呂部。「どろべ」ともいう。帝釈山地、鬼怒(きぬ)川上流左岸に位置し、同川の支流土呂部川が形成した段丘上に立地する。地名は、当地が水芭蕉の咲く泥の部分に発達したことにちなむと伝えられる。【出典

■ 部垂(へたれ): 茨城県常陸大宮市。戦国時代から江戸時代常陸国那珂東郡の久慈川中流右岸にみられた村名。辺垂とも書いた。天保13年部垂では語呂が悪いとの理由から改名願いが出され、村内の甲神社が近郷では大きく甲大宮と称されたことから、同14年大宮村と改称。【出典

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示