「ネ」の資料集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ ネ(根)

・ 山や台地の麓を意味する。山根や根下などの地名がある。【出典】  

・ 「山根」、「根古屋

# Ne(ネ): ヾ箴漫「鯛根、蛸根、二子根」。∋魁並翆蓮墨次「山根根岸根来」。N圧絽譴如崑爾涼羶粥廚琉嫐。「仲宗根根差部根瀬部」。【出典

・ 仲宗根(なかそね): 沖縄県沖縄市仲宗根町

・ 根差部(ねさぶ): 沖縄県豊見城市根差部

・ 根瀬部(ねせぶ): 鹿児島県奄美市名瀬大字根瀬部

■ ネ: 〆、嶺、富士ヶ根、筑波根、浅間根、甲斐ヶ嶺、高根のように、山と同じ意味に使われた。嶺や峰をネと訓ませることも多い。しかし、根はまた山や丘の麓をも意味することもある。山や丘の裾にある「山之根」は山麓を意味する。ネは、もとは山の山頂を意味したが、のちに山全体を指すようになった。敬語のミをつけてミネと言ったのは、天から神がこの地に降臨するのに山の頂上へまず降りてこられたので、神による場所だから尊んで「御頂(ミネ)」といったのが「峰」となっていった。海中の岩礁。主として暗礁をいう。その分布は、南は伊豆諸島・小笠原諸島・北硫黄島におよび、東北は伊豆半島を回り、相模湾に入り、房総半島から犬吠埼を経て、金華山付近を北上、青森県に至るが、その中心は東京湾。千葉県の千倉町(南房総市)で、海女の用語でネは、海中の岩礁地帯をいう。【出典

■ 「根」の地名: 山根。山の根。山の麓。根は麓。根古屋などが代表的。根は「な」からの転訛。「な」とは、山を含む広い大地。

■ ネ(根、嶺、峰、峯、寝、禰、子、婦、熟、音): .諭蔑罅砲如◆峪劃此廚琉嫐。ミネ(嶺)の上略形か。ネ(根)と同源か。▲鬟諭僻根)の意味か。ネ(根)で、「根元。付け根」「麓。裾」の意味。ご篌蠍九戸郡の方言で、かたわら。そば。ネ(根)で、ネキ(根際)と同義。ゴ篌蠍釜石、伊豆大島、静岡県などの方言で、海中の岩。青森県上北郡野辺地の方言で、海中の暗礁の根元。ネ(根)で、「水中の固い所」の意味か。ネ(嶺)にも通じるか。接尾語。「生えている」の意味。「地上に立っている」という意味をいう。Ю榿語。語調をととのえる。┘諭併辧砲如⊇銃鷸戮梁莪貳嵬棔G月日によるか。また「北方」の意味か。ネ(音)で、音響に由来するものもあるか。一種の瑞祥地名用語としても使われるか。動詞のネル(寝)の連用形で、「寝所。睡眠」の意味のものもあるか。ヌ(沼)の転もあるか。テの転もあるか。【出典

【注意: 個別の掲載地名は表記(訓み)の代表例で、上記の語彙と直接関係の無い場合もあります。】

統計表示