東京都の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
江戸の地名集  
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 相生町(あいおいちょう): 東京都千代田区相生町
・ JR秋葉原駅北側の線路地。

■ 愛住町(あいずみちょう): 東京都新宿区愛住町
・ 明治5年に、「隣人とともに愛しながら協力し合って住む町にしたい」という念願をあらわした。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 相原(あいはら): 東京都町田市相原町

■ 青ヶ島(あおがしま): 東京都青ヶ島村
・ 江戸時代後期(1785年)の大噴火で、島民は八丈島に脱出し、以後約50年は戻れなかった。【絶海の孤島 イカロス出版】

■ 青戸(あおと): 東京都葛飾区青戸

■ 青葉台(あおばだい): 東京都目黒区青葉台
・ 昭和43年に、目黒川沿いの樹木が生い茂る緑豊かな土地であることに由来する。平安時代には草刈り場だった。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 青山(あおやま): 東京都港区青山

■ 赤城下(あかぎした): 東京都新宿区赤城下町
・ 牛込氏が、郷里の上野国からこの地に移った時、赤城山の神社を持ってきて祀ったことに由来し、赤城神社の崖下にあったことに因む。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 赤城元町(あかぎもとまち): 東京都新宿区赤城元町
・ 明治5年に、この地に赤城神社があったことによる。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 赤坂(あかさか): 東京都港区元赤坂

■ 明石町(あかしちょう): 東京都中央区明石町
・ 明石とは赤い石や赤いサンゴのことをいう。「あかいし」が「あかし」となった。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】
※ このへんに赤い石があったということか?

■ 赤塚(あかつか): 東京都板橋区赤塚

■ 赤堤(あかつつみ): 東京都世田谷区赤堤
・ 服部氏の陣屋跡で、低い土地の水害防止用の堤が赤土だったことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 赤羽(あかばね): 東京都北区赤羽

■ 昭島(あきしま): 東京都昭島市

■ 秋葉原(あきはばら): 東京都台東区秋葉原

■ 揚場(あげば): 東京都新宿区揚場町
・ 山の手への荷物が神田川をあがってここに陸揚げされたことに由来する。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 阿佐ヶ谷(あさがや): 東京都杉並区阿佐谷

■ 浅草(あさくさ): 東京都台東区浅草

■ 旭丘(あさひがおか): 東京都練馬区旭丘
・ 元は練馬区江古田町だったが、昭和35年に住民アンケートで改名した。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 麻布十番(あざぶじゅうばん): 東京都港区麻布十番

■ 飛鳥山(あすかやま): 東京都北区 

■ 小豆沢(あずさわ): 東京都板橋区小豆沢

■ 愛宕(あたご): 東京都港区愛宕
・ 愛宕山に由来する。
・ 「火防の神」の愛宕神社に由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】 

■ 足立(あだち): 東京都足立区

■ 吾妻橋(あづまばし): 東京都墨田区吾妻橋
・ 江戸時代に最後にかけられた吾嬬橋に由来する。この橋が向島にある吾妻神社への参道にあたった。
・ 吾嬬神社への参道に由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 油面(あぶらめん): 東京都目黒区?油面公園がある。
・ 昔、このあたりには油をとるためのアブラナが植えられていた。その油は、祐天寺などの寺社に供給されており、免税だった事に由来する。【地名の社会学 今尾恵介 角川選書】

■ 天沼(あまぬま): 東京都杉並区天沼

■ 綾瀬(あやせ):  東京都足立区綾瀬

■ 新井(あらい): 東京都中野区新井
・ 応永20年(1413年)、梅原郷主左衛門が村の共同井戸を掘ったことによる。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】
※ 今で言う井戸は比較的新しい物と聞いているが、このころからあったのか?

■ 荒川(あらかわ): 東京都荒川区

■ 荒木町(あらきちょう): 東京都新宿区荒木町

 飯田橋(いいだばし): 東京都千代田区飯田橋

■ 井草(いぐさ): 東京都杉並区井草

■ 軍畑(いくさばた): 東京都青梅市

■ 池上(いけがみ): 東京都大田区池上
・ 洗足池の池周辺に位置することに由来する【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 池尻(いけじり): 東京都世田谷区池尻
・ 池や沼が多いことによる。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 池之端(いけのはた): 東京都台東区池之端
・ 不忍池の端。

■ 池袋(いけぶくろ): 東京都豊島区

■ 石川島(いしかわじま): 東京都中央区

■ 伊興(いこう): 東京都足立区伊興
・ 鎌倉時代からの古い地名。「伊古宇」という表記も見られる。「奥の方の井戸」と関係あると思われる。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 石原(いしはら): 東京都墨田区石原
・ 隅田川の河原に石が多かったことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 和泉(いずみ): 東京都杉並区和泉。東京都千代田区神田和泉町。

■ 板橋(いたばし): 東京都板橋区

■ 市ヶ谷(いちがや): 東京都新宿区市ヶ谷

■ 市谷加賀町(いちがやかがちょう): 東京都新宿区市谷加賀町
・ 加賀藩前田家の清泰院に与えられた屋敷に由来する。清泰院は水戸藩主の徳川頼房の娘で、加賀藩主の前田光高の正室となった。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 市谷田町(いちがやたまち): 東京都新宿区市谷田町

■ 市谷仲之町(いちがやなかのちょう): 東京都新宿区市谷仲之町
・ 江戸時代に根来衆の与力屋敷があり、中央の通りを中ノ丁と言ったことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 市谷薬王寺町(いちがややくおうじまち): 東京都新宿区市谷薬王寺町
・ 薬王寺は明治38年に文京区大塚の護国寺に移った。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 市谷山伏町(いちがややまぶしちょう): 東京都新宿区市谷山伏町
・ 江戸時代のこのあたりに山伏が住んでいたことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 一之江町・二之江町: 東京都江戸川区
・ 周辺には「江」のつく地名が多く「入江」に由来する。
・ この地が入江であったことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 一番町(いちばんちょう): 東京都千代田区一番町
・ 「番」は「番兵」の意味。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 壱分方(いちぶかた)・弐分方(にぶかた): 東京都八王子市壱分方町・弐分方町
・ 14世紀の初め、この地を領していた鎌倉幕府の御家人の天野家兄弟に遺産相続争いがおきた。1313年の下知状によると、兄が2/3を、弟が1/3を相続することで和解となった。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

■ 伊奈(いな): 東京都あきる野市伊奈

■ 稲城(いなぎ): 東京都稲城市
・ この地は平安時代末期の武士団の「稲毛氏」の本貫地だったことに由来するともいわれる。

■ 犬坂(いぬざか): 東京都中野区

■ 犬目(いぬめ): 東京都八王子市犬目町

■ 井の頭(いのがしら): 東京都三鷹市井の頭

■ 猪方(いのがた): 東京都狛江市猪方

■ 井の頭(いのがしら): 東京都三鷹市井の頭

■ 今川(いまがわ): 東京都杉並区今川
・ 今川義元の子孫が江戸幕府に仕え、この地の観泉寺に墓所があった。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 今戸(いまど): 東京都台東区今戸
・ 古くは「今津」といった。江戸時代初期に「今戸」になった。「今津」はここに港があり、「新しい港」を意味する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

 一口坂(いもあらいざか): 東京都千代田区九段北3・4丁目の境をなす坂

■ 入船(いりふね): 東京都中央区入船
・ 明治元年、外国人居留地をこのあたりに設けた。西側に入船川があったことによる。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 入谷(いりや): 東京都足立区入谷

■ 入谷(いりや): 東京都台東区入谷
・ 低い、入り込んだような場所。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 不入斗(いりやまず): 東京都大田区

■ 岩戸町(いわとちょう): 東京都新宿区岩戸町
・ 深川六間堀町の代地。寛政9年(1797年)の火事で焼けて移ってきた。神楽坂上なので岩戸町と唱えた。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 岩淵(いわぶち): 東京都北区岩淵町
・ 岩渕とも書く。地名の由来は、荒川のほとりで岩石多くある淵から起こったという説と、渡し場を意味するアイヌ語がなまって「いわぶち」となったとする説がある。【角川日本地名大辞典】

■ 岩本町(いわもとちょう): 東京都千代田区岩本町

■ 上野(うえの): 東京都台東区上野 

■ 上野広小路(うえのひろこうじ): 東京都台東区

■ 上原(うえはら): 東京都渋谷区上原
・ もとは「代々木上原」といった。一段と高い丘陵地帯を意味する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 宇喜田町(うきたちょう): 東京都江戸川区宇喜田町

■ 浮間(うきま): 東京都北区浮間

■ 鶯谷(うぐいすだに): 東京都台東区

■ 丑ヶ久保(うしがくぼ): 東京都東村山市恩多町

■ 牛込(うしごめ): 東京都新宿区牛込
・ 「込」は多く集まる所という意味。

■ 牛田(うしだ): 東京都足立区千住曙町

■ 笛吹(うずしき): 東京都西多摩郡檜原村

■ 宇田川町(うだがわちょう): 東京都渋谷区宇田川町

■ 宇奈根(うなね): 東京都世田谷区宇奈根
・ 古語で田んぼに水を引く堀、用水を「うなで」という。その町田川の根(川根)なので「宇奈根」という。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 鵜の木(うのき): 東京都大田区鵜の木
・ 多摩川の魚を狙う鵜の森があったことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 梅丘(うめがおか): 東京都世田谷区梅丘

■ 梅里(うめざと): 東京都杉並区梅里

■ 梅島(うめじま): 東京都足立区梅島

■ 梅田(うめだ): 東京都足立区梅田

■ 梅坪(うめつぼ): 東京都八王子市梅坪町

■ 永代(えいだい): 東京都江東区

 江古田(えごた): 東京都中野区江古田

■ 越中島(えっちゅうじま): 東京都江東区越中島

■ 江戸(えど)
・ 江は「河川」、戸は「入り口」。

■ 江戸橋(えどばし): 東京都中央区
・ 江戸の「江」は入り江、「戸」は「処」で「入り江の奥まったところ」の意味。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

■ 榎町(えのきちょう): 東京都新宿区榎町
・ 町内に榎の大木があったことに由来する。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】
・ 古くは、町内に榎の大木があったことに由来する。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 江原(えはら): 東京都中野区江原
・ 江古田町の一部から命名した。江古田の原の方。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 荏原(えばら): 東京都品川区荏原

■ 恵比寿(えびす):  東京都渋谷区恵比寿

■ 王子(おうじ): 東京都北区王子

■ 王子本町(おうじほんちょう): 東京都北区王子本町

■ 青梅(おうめ): 東京都青梅市

■ 大井(おおい): 東京都品川区大井

■ 大泉学園町(おおいずみがくえんちょう): 東京都練馬区大泉学園町

■ 大井町(おおいまち): 東京都品川区

■ 大岡山(おおおかやま): 東京都目黒区大岡山

■ 大久保(おおくぼ): 東京都新宿区大久保

■ 大蔵(おおくら): 東京都世田谷区大蔵

■ 大崎(おおさき): 東京都品川区大崎

■ 大島(おおしま): 東京都の伊豆大島
・ 全国の大島がすべて大きいわけではない。「あわ」「あお」という葬祭地を示す言葉の転訛という説もある。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

■ 大島(おおじま): 東京都江東区大島
・ 江戸時代の干拓地で、昔は島だったといわれ、深川にあった大島(おおしま)と区別するために、「おおじま」読みになったといわれる。
・ 江戸時代には大島村とある。比較的大きな島だった。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 大人ヶ凸部(おおじんがとんぶ): 東京都青ヶ島村

■ 大田区(おおたく): 東京都大田区

■ 大塚(おおつか): 東京都豊島区大塚。東京都文京区大塚。

■ 大手町(おおてまち): 東京都千代田区大手町
・ 江戸城の本丸の大手門の前にある町の意味。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 大伝馬町(おおでんまちょう): 東京都中央区日本橋大伝馬町

■ 大凸部(おおとんぶ):  東京都青ヶ島村。青ケ島最高峰の山。

■ 大橋(おおはし): 東京都目黒区大橋
・ 目黒川にかかる大きな土橋に由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 大森(おおもり): 東京都大田区大森

■ 大谷口(おおやぐち): 東京都板橋区大谷口
・ 石神井川が大きく曲がった谷の入り口という意味。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 大谷田(おおやた): 東京都足立区大谷田

■ 御徒町(おかちまち): 東京都台東区上野

■ 岡本(おかもと): 東京都世田谷区岡本
・ 町田川の上の岡の崖地のはずれ。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 小川(おがわ): 東京都小平市小川町
・ この地を開拓した、小川九郎兵衛に由来する。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】

■ 小川町(おがわちょう): 東京都千代田区神田小川町
・ 江戸城を築いた太田道灌の歌の「むさし野の小川の清水たえずして岸の根岸をあらいこそすれ」に由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 小笠原諸島: 東京都

 荻窪(おぎくぼ): 東京都杉並区荻窪

■ 興野(おきの): 東京都足立区興野
・ 高野の奥(沖)にあるところの意味。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 尾久(おぐ): 東京都荒川区尾久

■ 奥戸(おくど): 東京都葛飾区奥戸

■ 桶町(おけちょう): 東京都中央区八重洲付近
・ 桶職人が多く住んでいたことに由来する。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】

■ 小作台(おざくだい): 東京都羽村市
・  「細い台地」を意味する「佐久」から「小佐久」が転じた。

■ 押上(おしあげ): 東京都墨田区押上

■ 落合(おちあい): 東京都新宿区上・下・中・西落合

■ 御茶の水(おちゃのみず): 東京都文京区・中央区

■ 音無(おとなし): 東京都北区
・ 音無川の音無は「音を成す」の意味。【地名でわかる水害大国日本 楠原佑介 祥伝社新書】
※ つまり、「音が無いのではなく、音が大きい」という意味。

■ 音羽(おとわ): 東京都文京区音羽

■ 小名木川(おなぎがわ): 東京都江東区

■ お花茶屋(おはなちゃや): 東京都葛飾区白鳥付近

■ 尾山台(おやまだい): 東京都世田谷区尾山台

■ 恩多(おんた): 東京都東村山市恩多
・ 「おおぬた」が詰まったもので、「大きな泥状な土地」。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

★ 

■ 開都(かいと): 東京都町田市相原大字開都
・ 「かいと」とは「垣内」で、開発予定地の周囲に塀をめぐらした。後に塀に囲まれた村落になった。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

■ 加賀(かが): 東京都足立区加賀
・ 加賀は「かがんだような形にみえる低地」のこと。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 加賀(かが): 東京都板橋区加賀

■ 蛎殻町(かきがらちょう): 東京都中央区日本橋蛎殻町
・ 海でとれる「牡蠣」ではなく、崖地の「かけ、はけ。ほけ」に由来し、「崖ヶ谷」だった可能性がある。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】
・ 明治5年に付近の武家地と併せてできた。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 柿の木坂(かきのきざか): 東京都目黒区柿の木坂

■ 神楽坂(かぐらざか): 東京都新宿区神楽坂

■ 葛西(かさい): 東京都江戸川区
・  昔の下総国葛飾郡は江戸川の東を葛東、西を葛西といった。この地は葛西清重によって葛西御厨(みくりや)として、伊勢神宮に寄進された。
・ 本来下総国葛飾郡のうちで、その西部を意味する。中川の東を東葛西、西を西葛西と呼んだ。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 鍛冶町(かじちょう): 東京都千代田区鍛治町

■ 春日(かすが): 東京都文京区湯島・文京区白山春日町

■ 数馬(かずま): 東京都西多摩郡檜原村数馬

■ 霞ヶ関(かすみがせき): 東京都千代田区霞が関

■ 粕谷(かすや): 東京都世田谷区粕谷

■ 勝どき(かちどき): 東京都中央区勝どき
・ 日露戦争時の勝利の歓声(勝ち鬨)に由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 葛飾(かつしか): 東京都葛飾区

■ 勝島(かつしま): 東京都品川区勝島
・ 戦時中の昭和17年に、埋め立て地を勝利を祈願して勝島と名付けた。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 合羽橋(かっぱばし): 東京都台東区合羽橋(かっぱばし)

■ 金杉(かなすぎ): 東京都港区
・ 「金」は「曲がった」、「杉」は川などに削られたところという意味。「金曽木」とも言った。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 金町(かなまち): 東京都葛飾区金町

■ 要町(かなめちょう): 東京都豊島区要町
・ 昭和14年に、細長い町の形が扇の要のようだから「要町」となった。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 歌舞伎町(かぶきちょう): 東京都新宿区歌舞伎町

■ 兜町(かぶとちょう): 東京都中央区日本橋兜町

■ 加平(かへい): 東京都足立区加平
・ 江戸時代初期に伊藤加平が開拓した新田。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】
・ 首都高の加平IC。らせんでRはきついし、慣れないと大変だぁ。

■ 鎌倉(かまくら): 東京都葛飾区鎌倉

■ 蒲田(かまた): 東京都大田区蒲田

■ 紙洗橋(かみあらいばし): 東京都台東区浅草

■ 雷門(かみなりもん): 東京都台東区雷門
・ 浅草寺の表門で、正式には風雷神門という。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 上野毛(かみのげ): 東京都世田谷区上野毛
・ 「かみのけ」とも言った。
・ 崖地を意味する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 神谷(かみや): 東京都北区神谷
・ 江戸時代には、「神谷」は「かにわ」と読んだ。地名の由来は「蟹庭(かにわ)」で、荒川の沿岸で蟹がたくさんとれたことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 神山町(かみやまちょう): 東京都渋谷区神山町
・ 昭和3年に、渋谷町の字である神山、大山、深町などの一部が合併し、昭和7年に神山町となった。合成地名。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 亀有(かめあり): 東京都葛飾区亀有

■ 亀戸(かめいど): 東京都江東区亀戸

■ 亀沢(かめざわ): 東京都墨田区亀沢
・ 1754年に、600坪の大池に大きな亀が住んでいたことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 茅場町(かやばちょう): 東京都中央区日本橋茅場町

■ 烏山(からすやま): 東京都世田谷区北烏山、南烏山

■ 河原(かわら): 東京都足立区千住河原町
・ 掃部宿の南側の町。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 神田(かんだ): 東京都千代田区外神田

■ 神田紺屋町(かんだこんやちょう): 東京都千代田区神田紺屋町
・ 徳川家康の家臣の土屋五郎右衛門が負傷したため、慶長年間に紺屋頭に任ぜられこの地を賜り、染め物職人を集めて移住させたことに由来する。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】

■ 神田佐久間町: 東京都千代田区神田佐久間町
・ 延享年間に、材木商の佐久間平八らが日本橋材木町から移住して作った町。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】

■ 神田須田町(かんだすだちょう): 東京都千代田区神田須田町
・ 江戸時代以前は須田村と言った。このあたりには水田が広がり、地名はその水田にちなむ。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】

■ 神田多町(かんだたちょう): 東京都千代田区神田多町
・ むかしは、この地は田地で、田町が多町になった。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】

■ 神南町(かんなみちょう):  東京都渋谷区神南(じんなん)
・  もとは豊多摩郡渋谷町大字上渋谷字前耕地・豊沢・宇田川、大字中渋谷字深町の各一部で、渋谷町の大字として成立。明治神宮の南側の地域で、昭和7年渋谷区の町名となる。【角川日本地名大辞典】

■ 紀尾井町(きおいちょう): 東京都千代田区紀尾井町

■ 喜久井町(きくいちょう): 東京都新宿区喜久井町

■ 菊川(きくかわ): 東京都墨田区菊川
・ 菊川とは谷や土地が狭まった所をチョロチョロと流れ出ていく川をいう。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 雉子町(きじちょう): 東京都千代田区
・ 1607年に朝鮮の使節が江戸に来たときに、朝鮮雉子を持ってきたのが由来という。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 北区(きたく): 東京都北区
・ 昭和22年に滝野川区・王子区が合併して成立。区名は都の北部に位置することによる。

■ 北沢(きたざわ): 東京都世田谷区上北沢、下北沢

■ 北砂(きたすな): 東京都江東区北砂
・ 1659年に、海に臨む干潟を、新左衛門が砂村新田と称した。新田がその辺一帯に十三でき、一括して砂村と読んだ。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 喜多見(きたみ): 東京都世田谷区喜多見

■ 北嶺(きたみね): 東京都大田区北嶺町(きたみねまち)

■ 吉祥寺(きちじょうじ): 東京都武蔵野市吉祥寺

■ 砧(きぬた): 東京都世田谷区砧

■ 木場(きば): 東京都江東区木場
・ 1641年に江戸の大火災後に幕府から隅田川の東岸を材木置き場として与えられた。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 給田(きゅうでん): 東京都世田谷区給田
・ 「給地」ともいう。給地とは|羸い荘園の領主から与えられた土地。江戸時代に、各藩が藩士に与えた知行地をいう。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 京島(きょうじま): 東京都墨田区京島
・ 昭和40年の住居表示実施時に、佳名の「京」と旧向島の「島」を合成した。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 経堂(きょうどう): 東京都世田谷区経堂
・ 医学書を土民が経本と間違えたことによる。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 京橋(きょうばし): 東京都中央区京橋

■ 清洲橋(きよすばし): 東京都中央区・江東区
・ 隅田(すみだ)川に架かる橋。清洲橋通りが通り、中央区日本橋中洲(なかず)と江東区清澄(きよすみ)1丁目を結ぶ。隅田川十三橋の1つ。関東大震災後の復興計画に基づいて昭和3年に創架。橋名は当時の日本橋区中洲町と深川区清澄(きよすみ)町を結んだので、両町名から1字ずつとって命名したもの。【角川日本地名大辞典】

■ 清澄(きよすみ): 東京都江東区清澄

■ 清瀬(きよせ): 東京都清瀬市

■ 桐ヶ丘(きりがおか): 東京都北区桐ヶ丘
・ 桐の木がたくさん植わっていたことによる。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 銀座(ぎんざ): 東京都中央区銀座

■ 錦糸(きんし): 東京都墨田区錦糸

■ 久が原(くがはら): 東京都大田区久が原

■ 久我山(くがやま): 東京都杉並区久我山

■ 九段(くだん): 東京都千代田区九段北

■ 椚田(くぬぎだ): 東京都八王子市椚田町

■ 熊川(くまがわ): 東京都福生市
・  湾曲した川のことを隈川(くまがわ)といい、これが変化した。

■ 久米川(くめがわ): 東京都東村山市久米川町

■ 蔵前(くらまえ): 東京都台東区蔵前
・ 幕府の米蔵があったことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 栗原(くりはら): 東京都足立区栗原
・ 小川にくり取られた崖地、またはその上の原をいう。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 久留米(くるめ) 東京都東久留米市

■ 京浜島(けいひんじま): 東京都大田区京浜島
・ 東京の浜という意味。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 小網町(こあみちょう): 東京都中央区日本橋小網町
・ 江戸前のいきのいい魚介類が水揚げされ、網干し場があったことに由来する。他に、徳川家康の関東入国後、この地にあった小網稲荷の名にちなんで町名にしたという説もある。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】
・ 日本橋川の河岸地で、廻船問屋などが軒を並べていた。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 恋ヶ窪(こいがくぼ): 東京都国分寺市

■ 小石川(こいしかわ): 東京都文京区小石川

■ 小岩(こいわ): 東京都江戸川区(北・西)小岩

■ 高円寺(こうえんじ): 東京都杉並区高円寺

■ 笄町(こうがいちょう): 東京都港区麻布
・ 昭和42年まで東京都港区麻布にあった町名。「笄」は「櫛のようなもの」。語源は「香貝(こうがい)」や「小貝(こかい)」という。「貝(かい)」は海の「貝」ではなく、地形用語。「甲斐」や「峡」。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

■ 郷地(ごうじ): 東京都昭島市郷地町
・  江地・高地とも書く。多摩川中流北岸の河岸段丘上に位置する。由来は往古段丘下の低湿地に独立丘があり、それを高地と呼んだのがいつしか地名に転化したと伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 麹町(こうじまち): 東京都千代田区紀尾井町

■ 麹谷(こうじや): 東京都大田区北麹谷(他)
・ 諸説ある。
 々躄阿箸盻颪、米麹を作ったことに由来する。
◆‐名は耕地一色、米の花の咲くところに由来する。
【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 豪徳寺(ごうとくじ): 東京都世田谷区豪徳寺

■ 後楽(こうらく): 東京都文京区後楽

■ 小金井(こがねい): 東京都小金井市

■ 小島町(こじまちょう): 東京都台東区小島
・ 古くは沼地だったが、埋め立てて町屋にした。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 小菅(こすげ): 東京都葛飾区小菅

■ 五反田(ごたんだ): 東京都品川区五反田

■ 五反野(ごたんの): 東京都足立区

■ 古千谷(こぢや): 東京都足立区古千谷
・ 舎人の東の方角(東風・こち)にある谷を意味する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 小伝馬町(こでんまちょう): 東京都中央区日本橋小伝馬町

■ 御殿山(ごてんやま): 東京都品川区北品川
・ 将軍が山の上からその年の田畑の出来具合をみる御殿があった。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 寿(ことぶき): 東京都台東区寿
・ 江戸時代には寺町と武家地、それに門前町屋といくらかの町地(まちち)だった。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 小日向(こひなた): 東京都文京区小日向

■ 小舟町(こぶなちょう): 東京都中央区日本橋小舟町

■ 五本木(ごほんぎ): 東京都目黒区五本木

■ 駒井町(こまい): 狛江市駒井町
・  「駒井」と「狛江」の語源は同じで、近世以前はこの辺は狛江ではなく駒井と呼ばれていた。

■ 狛江(こまえ): 東京都狛江市

■ 駒形(こまがた): 東京都台東区駒形

■ 駒木野(こまきの): 東京都八王子市?

■ 駒込(こまごめ): 東京都豊島区駒込

■ 駒沢(こまざわ): 東京都世田谷区駒沢

■ 小松川(こまつがわ): 東京都江戸川区小松川

■ 駒場(こまば): 東京都目黒区駒場

■ 小茂根(こもね): 東京都板橋区小茂根
・ 昭和40年に、小山町、茂呂町、根ノ上町が合併し、その頭文字をとった合成地名。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 小山(こやま): 東京都品川区小山
・ 八幡神社付近が小高い山のような形であることに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 古里(こり): 東京都西多摩郡奥多摩町
・ 水垢離をする所の垢離尽(こりつき)(古里附)という小字地名によるとも言われ、また「ふるさと」を意味するとも言われる。

■ 是政(これまさ): 東京都府中市是政

■ 小和田(こわだ): 東京都あきる野市小和田(こわだ)

■ 是政(これまさ): 東京都府中市是政

■ 紺屋町(こんやちょう): 東京都千代田区神田紺屋町

★ 

■ 佐柄木町(さえきちょう): 東京都千代田区神田佐柄木町
・ 関八州研屋触頭(とぎやふれがしら)の佐柄木(さえき)弥太郎の拝領地。

■ 逆井橋(さかさいばし): 東京都江戸川区小松川
・ 満潮時に逆流することに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 鷺宮(さぎのみや): 東京都中野区鷺宮
・ 多くの鷺が宿っていたので、地元では昔から鷺森や鷺宮とよんでいた。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 鷺の森(さぎのもり): 東京都港区白金付近。江戸時代に白金神明社地門前を呼んだ俗称。森にサギが多くすんでいたためと言われる。

■ 佐久間町(さくまちょう): 東京都千代田区神田佐久間町
・ 佐久間平八がこの地で材木問屋を営んでいたことによる。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】
・ 町名の由来は不明だが、慶長年間の江戸城の増築の際に、佐久間平八という者が材木御用を務めたことに由来するという説がある。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 桜丘町(さくらがおかちょう): 東京都渋谷区桜丘町
・ 桜の木が多く植えられていたことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 桜川町(さくらがわちょう): 東京都港区虎ノ門
・ 桜川という小川に由来する。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 桜木町(さくらぎちょう): 東京都台東区上野桜木

■ 桜木町(さくらぎちょう): 東京都文京区音羽
・ 大奥女中の桜木の拝領町屋に由来する。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 桜坂(さくらざか): 東京都大田区田園調布

■ 桜上水(さくらじょうすい): 東京都世田谷区桜上水
・ もとは上北沢町1丁目の大部分、上北沢町2丁目・世田谷3丁目・赤堤町2丁目の各一部。【角川日本地名大辞典】

■ 桜新町(さくらしんまち): 東京都世田谷区
・ 明治時代に桜大門という屋号の真井(さない)家が桜の木を植えたのに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 桜田(さくらだ): 東京都千代田区

■ 桜台(さくらだい): 東京都練馬区桜台
・ 大正4年に、大正天皇の即位の御大礼記念に桜の木を植えたことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 笹塚(ささづか): 東京都渋谷区笹塚 

■ 指ケ谷(さすがや): 東京都文京区指ケ谷町(現在の白山)

■ 佐野(さの): 東京都足立区佐野
・ 江戸時代に佐野新蔵が開発した新田に由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 鯖稲荷(さばいなり): 東京都港区新橋
・ 日比谷神社。虫歯の人が鯖を絶って祈るとよく効くとされ、治ると鯖を奉納した。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 鮫洲(さめず): 東京都品川区

■ 左門町(さもんちょう): 東京都新宿区左門町
・ 寛永年間に、御先手組の諏訪左門組与力11騎、同心50人が組屋敷として賜った。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 皿沼(さらぬま): 東京都足立区皿沼
・ 皿沼は「山や丘陵の下の低地」のこと。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 猿江(さるえ): 東京都江東区猿江

■ 猿楽町(さるがくちょう): 東京都渋谷区猿楽町

■ 猿若町(さるわかちょう): 東京都台東区浅草六丁目

■ 三軒茶屋(さんげんぢゃや): 東京都世田谷区三軒茶屋

■ 山王(さんのう): 東京都大田区山王
・ 日枝(日吉)神社は大山咋神を祭神としているので、山王ともいう。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 山谷(さんや): 東京都台東区(旧・山谷)

■ 汐留(しおどめ): 東京都港区

■ 鹿浜(しかはま): 東京都足立区鹿浜
・ 西高東低の土地で、荒川の近くは低い浜となっている。昔は獅子ヶ浜ともいい、狭まった谷戸。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 式根島(しきねじま): 東京都の式根島
・ 「しきね」は「この先の根」という意味。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

■ 鹿骨(ししぼね): 東京都江戸川区鹿骨

■ 下町(したまち)
・ 「山の手」「下町」という表現は江戸時代の初期にできたという。

■ 下谷(したや): 東京都台東区下谷
・ 上野の台地に対して、下の方の低地を言う。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 品川(しながわ): 東京都品川区

■ 信濃町(しなのまち): 東京都新宿区信濃町

■ 篠崎(しのざき): 東京都江戸川区篠崎
・ 「篠」や「竹」や「笹」が茂っていたところ。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 東雲(しののめ): 東京都江東区東雲

■ 芝(しば):  東京都港区芝

■ 芝浦(しばうら): 東京都港区芝浦

■ 柴又(しばまた): 東京都葛飾区柴又

■ 渋谷(しぶや): 東京都渋谷区

■ 島根(しまね): 東京都足立区島根

■ 清水(しみず): 東京都杉並区清水
・ 清水がわいていたことに由来する。もとは「下井草村沓掛」といい、「沓掛」とは、崖の下のへこんだところをいう。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 志村(しむら): 東京都板橋区志村

■ 志茂(しも): 東京都北区志茂

■ 下馬(しもうま)・上馬(かみうま): 東京都世田谷区
・ 源頼朝が平泉に逃れた義経の征伐中、今の下馬あたりを進んでいたら、馬が病死して近くに埋めた。それをもとに「馬引沢村」の地名ができた。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 下丸子(しもまるこ): 東京都大田区田園調布
・ 多摩川の渡し船で働く守子(もりこ)衆に由来し、「もりこ」が「まりこ」になった。守子衆が多摩川の両岸に「丸子荘」という荘園を開いた。

■ 石神井(しゃくじい): 東京都練馬区石神井

■ 蛇崩川(じゃくずれがわ): 東京都世田谷区

■ 自由が丘(じゆうがおか): 東京都目黒区自由が丘

■ 十条(じゅうじょう): 東京都北区十条

■ 十二社(じゅうにそう): 東京都新宿区十二社

■ 松庵(しょうあん): 東京都杉並区松庵

■ 松濤(しょうとう): 東京都渋谷区松濤

■ 城南島(じょうなんじま): 東京都大田区城南島
・ 江戸城の一番南の方に大田区があるのに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 昭和島(しょうわじま): 東京都大田区昭和島
・ 昭和42年にできた島に由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 昭和町(しょうわまち): 東京都北区昭和町
・ 昭和5年に新しく成立したことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 白河(しらかわ): 東京都江東区白河
・ 町内にある霊厳寺(れいがんじ)に、陸奥国白河藩松平定信の墓があることに由来する。

■ 白金(しろがね): 東京都港区白金台・東京都港区白金

■ 白金台町(しろがねだいまち): 東京都港区白金台

■ 新川(しんかわ): 東京都中央区新川
・ 隅田川に合流していた運河にちなむ。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 神宮前(じんぐうまえ): 東京都渋谷区神宮前
・ 明治神宮の前方であることによる。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 新宿(しんじゅく): 東京都新宿区

■ 神泉町(しんせんちょう): 東京都渋谷区神泉町

■ 新橋(しんばし): 東京都港区新橋

■ 神保町(じんぼうちょう): 東京都千代田区神田神保町

■ 水道(すいどう): 東京都文京区水道
・ 徳川家康が命じた水道敷設にちなむ。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 水道町(すいどうちょう): 東京都新宿区水道町
・ 牛込水道町。江戸川を挟んで小日向水道町と向かいあっていた。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 菅生(すがお): 東京都あきる野市菅生(すがお)

■ 巣鴨(すがも): 東京都豊島区巣鴨

■ 杉並(すぎなみ): 東京都杉並区

■ 数寄屋橋(すきやばし): 東京都中央区銀座

■ 鈴木(すずき): 東京都小平市鈴木町

■ 図師(ずし): 東京都町田市図師町

■ 須田町(すだちょう): 東京都千代田区神田須田町

■ 砂町(すなまち): 東京都江東区砂町
・  江戸時代にこの周辺を開拓した砂村新四郎に由来する。砂村新四郎は相模国三浦の出身で干潟を埋め立てて13の新田を開発した。

■ 砂村(すなむら): 東京都江東区北砂、南砂、東砂
・ このあたりは、海に臨んだ寄州だった。万治2年(1659年)に相模国三浦郡から砂村新四郎が江戸に出てきて、寄州を埋め立てて新田を開き、「砂村新田」とした。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】
・ 海岸の砂州を埋め立てて開拓した。相模国三浦郡の砂村新左衛門が開拓したことに由来するか?【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 墨田(すみだ): 東京都墨田区【合成地名
・ 1947年に本所区と向島区が合併して墨田区が成立。区名は隅田川堤の通称名である墨堤の「墨」と、隅田川の「田」をとって命名した。【日本全国 合成地名の事典 浅井建爾 東京堂出版】
※ 素直に「隅田川(墨田川)」からとったのかと思ったが違った。

■ 隅田川(すみだがわ)
・ 隅田川は平安時代には「角田河(すみだがわ)」と書かれていた。伊勢物語:「武蔵国下総国のあいだに大きな河があり、角田河(すみだがわ)という」

■ 駿河台(するがだい): 東京都千代田区駿河台

■ 成城(せいじょう): 東京都世田谷区成城

■ 関口(せきぐち):  東京都文京区関口

■ 関戸(せきど): 東京都多摩市関戸

■ 世田谷(せたがや): 東京都世田谷区

■ 蝉沢(せみざわ): 東京都奥多摩町川井字蝉沢
・ 「セミ」とは「セム」「セメ」の転訛で、「ぎりぎりに近寄る」という意味。「せめぎあい」も同じか?つまり「蝉沢(せみざわ)は「沢の行き止まり」。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

■ 千川(せんかわ): 東京都豊島区千川
・ 「仙川」とも書き、泉の多い水源地をさす。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 仙川(せんかわ): 東京都調布市
・ 川の水源であった場所から沢山の湧水があった様子を「釜」にみたて「千釜」と読んで、転訛して「仙川」となった。

■ 千石(せんごく): 東京都文京区千石

■ 千住(せんじゅ): 東京都足立区千住

■ 千束(せんぞく): 東京都台東区千束

■ 洗足(せんぞく): 東京都目黒区洗足

■ 千駄ヶ谷(せんだがや): 東京都渋谷区千駄ヶ谷

■ 千駄木(せんだぎ):  東京都文京区千駄木

■ 雑司ヶ谷(ぞうしがや): 東京都豊島区雑司が谷

■ 祖師谷(そしがや): 東京都世田谷区祖師谷
・ 鎌倉時代に地福寺があり、そこに日蓮宗の始祖の日蓮上人のお堂があったことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 外神田(そとかんだ): 東京都千代田区外神田
・ 度重なる大火で、神田の町々が当地に移転してきたことによる。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

★ 

■ 代官山町(だいかんやまちょう): 東京都渋谷区代官山町

■ 太子堂(たいしどう): 東京都世田谷区太子堂
・ 円泉寺の境内に聖徳太子の像があることに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 代田(だいだ): 東京都世田谷区代田

■ 台東区(たいとうく): 東京都台東区

■ 太平(たいへい): 東京都墨田区太平
・ 明治二年、周辺の四町村が、「大変賤かに穏やかに治まるように」とつけた佳名好字の地名。また、太田道灌の平河山法恩寺に由来し、太田の「太」と平河山の「平」から合成したという説もある。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 高井戸(たかいど): 東京都杉並区高井戸

■ 高尾(たかお): 東京都八王子市高尾町

■ 高樹町: 東京都港区
・ 高木家の屋敷があったことに由来する。

■ 高砂(たかさご): 東京都葛飾区高砂
・ 昭和7年に、葛飾区が誕生したときに、謡曲のめでたい「高砂」に決めた。前は、曲金(まがりがね)村といった。曲金は川の湾曲を意味する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 高島平(たかしまだいら): 東京都板橋区高島平

■ 高田(たかだ): 東京都豊島区高田
・ 高畑という高台地にある田をいう。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 高田馬場(たかだのばば): 東京都新宿区西早稲田

■ 高輪(たかなわ): 東京都港区高輪

■ 鷹番(たかばん): 東京都目黒区鷹番
・ 江戸幕府の鷹場を警備する番小屋があったことによる。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 田柄(たがら): 東京都練馬区田柄
・ 「田が枯れる」ことを言う。明治4年に、干ばつに悩む人たちが玉川上水の水を引いて美田を作った。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 滝野川(たきのがわ): 東京都北区滝野川

■ 竹の塚(たけのつか): 東京都足立区竹の塚

■ 竹橋(たけはし): 東京都千代田区

■ 田毎町(たごとちょう): 東京都渋谷区
・ もとは豊多摩郡渋谷町大字下渋谷字田子免(たごめん)・代官山の各一部で、渋谷町の大字として成立。山手線と渋谷川にはさまれた東横線の南北にわたる区域で、大部分を占めた田子免の語感をきらい田毎と改称。昭和7年渋谷区の町名となる。【角川日本地名大辞典】

■ 立川(たちかわ): 東京都立川市

■ 立花(たちばな): 東京都墨田区立花
・ 町内にある吾嬬神社の祭神である弟橘媛(おとたちばなひめ)の「たちばな」の字を当用漢字の「立花」にした。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 多町(たちょう): 東京都千代田区神田多町
・ もとは「田町」といったが、佳字の「多」にかえた。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】
・ 俗に「めった町」と言った。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 立石(たていし): 東京都葛飾区立石

■ 立川(たてかわ): 東京都墨田区立川
・ 1659年に通運のための堅川が開削された。これは江戸城から見て縦に通じることに由来する。「堅」の字が当用漢字にないので「立川」としたという。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 立野町(たてのちょう): 東京都練馬区立野町
・ 高い平らな台地を意味する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 田無(たなし): 東京都西東京市田無町

■ 田端(たばた): 東京都北区田端

■ 田町(たまち): 東京都港区芝

■ 溜池山王(ためいけさんのう): 東京都千代田区

■ 乳ケ崎(ちちがさき): 東京都大島町

■ 千鳥(ちどり): 東京都大田区千鳥
・ 

■ 千早(ちはや): 東京都豊島区千早
・ 千川の速い流れに由来し、昭和14年に命名された。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 長の凸部(ちょうのとんぶ): 東京都青ヶ島村
・ 青ケ島北部の平地、長の平の北の端に位置する丘の名。

■ 調布市(ちょうふし): 東京都調布市
・  「調」とは、租庸調の「調」で、古代の納税制度の一つで、土地の名産品を納めることで、この地域では「布」を納めていた。
・ 市の南を流れる多摩川の清流を利用して古くから布が盛んに作られ、この布は、古代の税の一つ「調」として朝廷に納められ「調布」と呼ばれるようになったと言い伝えられている。【都市データパック2011年版・東洋経済新報社】

■ 千代田(ちよだ): 東京都千代田区

■ 築地(つきじ): 東京都中央区築地

■ 月島(つきしま): 東京都中央区月島

■ 佃(つくだ): 東京都中央区佃

■ 角筈(つのはず): 東京都新宿区角筈

■ 弦巻(つるまき): 東京都世田谷区弦巻

■ 田園調布(でんえんちょうふ): 東京都大田区田園調布
・ 大正7年以降、渋沢栄一らによって都市計画が行われた。以前は「調布村」といった。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 天狗の鼻: 東京都北区豊島
・ 通称「天狗の鼻」は、かつて石神井川が運んだ砂が堆積した砂州。【地名でわかる水害大国日本 楠原佑介 祥伝社新書】

■ 天王洲(てんのうず): 東京都品川区東品川

■ 伝馬町(でんまちょう・大伝馬町、小伝馬町): 東京都中央区日本橋伝馬町

■ 東海(とうかい): 東京都大田区東海
・ 大田区の一番東の方にある島の意味。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 東京(とうきょう): 東京都

■ 道玄坂(どうげんざか): 東京都渋谷区道玄坂

■ 東陽(とうよう): 東京都江東区東陽
・ 昭和7年に西平井町と東平井町が合併して東陽とした。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】
※ なんで「東陽」か?佳名好字かな?

■ 常盤台(ときわだい): 東京都板橋区南常盤台

■ 徳丸(とくまる): 東京都板橋区徳丸

■ 戸越(とごし): 東京都品川区戸越

■ 土支田(どしだ): 東京都練馬区土支田
・ 土師や土器を作る人たちの居住地があったことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 豊島(としま): 東京都北区豊島

■ 利島(としま): 東京都の利島
・ かつては「外島」と書いた。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

■ 戸塚町(とつかまち): 東京都新宿区戸塚町
・ 戦国時代には「富塚」と書いたが江戸時代から「戸塚」となった。「古墳」のこと。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 道々橋(どどばし): 東京都大田区道々橋
・ 水の流れの音に由来する。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

■ 等々力(とどろき): 東京都世田谷区等々力

■ 舎人(とねり): 東京都足立区舎人

■ 飛田給(とびたきゅう): 東京都調布市飛田給

■ 富沢町(とみざわちょう): 東京都中央区日本橋富沢町

■ 戸山(とやま): 東京都新宿区戸山
・ 「と(戸)」とは「とがった」という意味で、「とがった台地の先端」を意味する。

■ 豊洲(とよす): 東京都江東区豊洲

■ 豊玉(とよたま): 東京都練馬区豊玉
・ 元は豊島郡新井村や多摩郡江古田村だったが、明治9年、郡名の「豊」と「多摩」をとって名付けた。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 虎ノ門(とらのもん): 東京都港区虎ノ門

■ 鳥越(とりごえ): 東京都台東区鳥越

★ 

■ 内藤町(ないとうまち): 東京都新宿区内藤町

■ 長坂町(ながさかちょう): 東京都港区麻布長坂町
・ 長い坂があったことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 長崎(ながさき): 東京都豊島区長崎
・ 鎌倉時代に北条氏の重臣の長崎氏の領地だったことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 中里(なかざと): 東京都北区中里

■ 中洲(なかず): 東京都中央区日本橋中洲
・ 隅田川の河口の中洲で月見の名所だった。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 永田町(ながたちょう): 東京都千代田区永田町

■ 仲町(なかちょう): 東京都江東区門前仲町
・ 永代寺の門前町。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 中野(なかの): 東京都中野区

■ 中延(なかのぶ): 東京都品川区中延
・ 1559年には「中の部」とある。「の」は「野」で、「野の中央」という意味になる。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 中町(なかまち): 東京都目黒区中町
・ 上目黒、中目黒、下目黒の各一部からなりたち、「中」の字をとった。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 成田(なりた): 東京都杉並区成田
・ 戦国時代からある成宗村の「成」と、田端村の「田」を併せた。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 業平(なりひら): 東京都墨田区業平

■ 成増(なります): 東京都板橋区成増

■ 成瀬(なるせ): 東京都町田市成瀬

■ 新宿(にいじゅく): 東京都葛飾区新宿
・ 水戸街道と佐倉街道の分岐で、戦国時代には伝馬祝として栄えた。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 西新井(にしあらい): 東京都足立区西新井

■ 西片(にしかた): 東京都文京区西片

■ 西ケ原(にしがはら): 東京都北区西ケ原

■ 日暮里(にっぽり): 東京都荒川区東(西)日暮里

■ 日本堤

■ 日本橋(にほんばし): 東京都中央区日本橋

■ 日本橋箱崎町(にほんばしはこざきちょう): 東京都中央区日本橋箱崎町

■ 日本橋本石町(にほんばしほんごくちょう): 東京都中央区日本橋本石町

■ 日本橋室町(にほんばしむろまち): 東京都中央区日本橋室町

■ 人形町(にんぎょうちょう): 東京都中央区日本橋人形町

■ 貫井(ぬくい): 東京都練馬区貫井

■ 沼袋(ぬまぶくろ): 東京都中野区沼袋

■ 根岸(ねぎし):  東京都台東区根岸

■ 根津(ねづ): 東京都文京区根津

■ 練馬(ねりま): 東京都練馬区

■ 野方(のがた): 東京都中野区野方

■ 乃木坂(のぎざか): 東京都港区赤坂

■ 野毛(のげ):  東京都世田谷区野毛 

■ 野火止(のびどめ): 東京都東久留米市野火止

■ 呑川(のみがわ): 東京都
・ 「のみ」とは「のび」で、台地を延々と流れる川を意味する。【地名でわかる水害大国日本 楠原佑介 祥伝社新書】

★ 

■ 拝島(はいじま): 東京都昭島市拝島町

■ 白山(はくさん): 東京都文京区白山

■ 馬喰町(ばくろちょう): 東京都中央区日本橋馬喰町

■ 峡田(はけた): 東京都小金井市

■ 箱崎(はこざき): 東京都中央区日本橋箱崎町
・ 筑前の筥崎宮にちなむ。筥崎宮の古式になぞらえて、深川八幡の祭の際に神輿船がこの島に渡ったことに由来する。また、箱崎池という池があり、それにちなんだともいう。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】
・ 古くは永久島と言った。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 羽沢(はざわ): 東京都練馬区羽沢
・ 由来は「埴(はに)」で「粘土」を意味する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 橋場(はしば): 東京都台東区橋場
・ 江戸時代には「浅草橋場町(はしばちょう)」と言った。地名は「この付近に橋があった」ことに由来する。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】

■ 蓮根(はすね): 東京都板橋区蓮根
・ 上蓮沼村の「蓮」と、根葉村の「根」をとった合成地名。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 長谷部(はせべ): 東京都西多摩郡瑞穂町長岡長谷部。地名の由来は、江戸時代中期武蔵野新田の1つとして開発された新田名で、開発願人の長谷部吉左衛門に由来する。

■ 花小金井(はなこがねい): 東京都小平市花小金井

■ 幡ヶ谷(はたがや): 東京都渋谷区代々木

■ 旗の台(はたのだい): 東京都品川区旗の台

■ 八王子(はちおうじ): 東京都八王子市

■ 八丈島(はちじょうじま): 東京都八丈町

■ 八幡山(はちまんやま): 東京都世田谷区八幡山
・ もとは、鍛冶山村という崖地だった。八幡神社に由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 鉢山町(はちやまちょう): 東京都渋谷区鉢山町

■ 初台(はつだい): 東京都渋谷区初台

■ 八丁堀(はっちょうぼり): 東京都中央区八丁堀

■ 花川戸(はなかわど): 東京都台東区花川戸

■ 花小金井(はなこがねい): 東京都小金井市
・ もとは小平町大字野中新田与右衛門組の大部分、大字野中新田善左衛門組・鈴木新田の各一部。【角川日本地名大辞典】

■ 花畑(はなはた): 東京都足立区花畑
・ 南北朝時代の古文書に足立郡花俣郷と見える。江戸時代には花俣村と言った。「花」は「山・陵」が突き出たところ。「畑」は「又、俣」から転じた。「鼻先」という意味。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 羽根木(はねき): 東京都世田谷区羽根木

■ 羽田(はねだ): 東京都大田区羽田

■ 馬場下町(ばばしたまち): 東京都新宿区馬場下町(ばばしたちょう)
・ 穴八幡の前で、高田馬場の東の坂下にあたることに由来する。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 浜田山(はまだやま): 東京都杉並区浜田山

■ 浜町(はまちょう): 東京都中央区日本橋浜町
・ 江戸時代はすべて武家地で町名はなかった。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 浜松町(はままつちょう): 東京都港区浜松町

■ 羽村(はむら): 東京都羽村市
# 羽村市のホームページより
・ 河岸段丘地の「ハケ」がハケ村となり羽村となったという説と、武蔵野台地の西端、中世における三田氏領の東端にあったため、「ハシ」がハシ村となり、羽村となったという説があります。

■ 隼町(はやぶさちょう): 東京都千代田区隼町

■ 早宮(はやみや): 東京都練馬区早宮

■ 原宿(はらじゅく): 東京都渋谷区

■ 春江町(はるえちょう): 東京都江戸川区春江町
・ 昭和13年、椿町の「春」と、一之江の「江」からつけられた合成地名。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 晴海(はるみ): 東京都中央区晴海
・ いつも晴れた海を望むという希望による。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 半蔵門(はんぞうもん): 東京都千代田区麹町

■ 番町(ばんちょう): 東京都千代田区(一〜六)番町

■ 東大泉(ひがしおおいずみ): 東京都練馬区東大泉
・ 井の頭池の小泉にちなんで、明治22年に命名した。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 東村山(ひがしむらやま): 東京都東村山市

■ 東山(ひがしやま): 東京都目黒区東山
・ かつて、このあたりは上目黒村といい、上目黒村東北部の字東山にあったことによる。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 光町(ひかりちょう): 東京都国分寺市光町
・  以前は平兵衛新田という地名だったったが、国鉄の鉄道総合技術研究所があり、新幹線区「ひかり」にちなむ。【静岡 県民も知らない地名の謎 PHP文庫】

■ 曳舟(ひきふね): 東京都墨田区

■ 一ツ木(ひとつぎ): 東京都港区赤坂

■ 日野(ひの): 東京都日野市

■ 檜原(ひのはら): 東京都西多摩郡檜原村

■ 日比谷(ひびや): 東京都千代田区日比谷

■ 碑文谷(ひもんや): 東京都目黒区碑文谷

■ 百人町(ひゃくにんちょう):  東京都新宿区百人町

■ 平井(ひらい): 東京都江戸川区
・ 入江であったことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 平河町(ひらかわちょう): 東京都千代田区平河町

■ 平塚(ひらつか): 東京都品川区平塚

■ 平山(ひらやま): 東京都日野市平山

■ 広尾(ひろお): 東京都渋谷区広尾

■ 深川(ふかがわ): 東京都江東区深川

■ 深沢(ふかさわ): 東京都世田谷区深沢
・ 奥深い沢に由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 福住(ふくずみ): 東京都江東区福住
・ 明治2年、五町(北川町、蛤町、奥川町、黒江町、大島町)が合併した際に、佳名好字でつけられた。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 袋町(ふくろちょう): 東京都新宿区袋町
・ 牛込袋町(うしごめふくろちょう)。この地はかつては牛込村の一部で、俗に「藁店(わらだな)」とも言われた。ここは袋小路で、藁を商う店が多かったことに由来する。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】

■ 富士見町(ふじみちょう): 東京都千代田区富士見
・ 牛込御門内の武家地を明治時代になって町屋とした。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 二葉(ふたば): 東京都品川区二葉
・ 昭和16年に、東京市が提案した「双葉」を、区は「二葉」にして採用された。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 福生(ふっさ): 東京都福生市

■ 舟渡(ふなど): 東京都板橋区舟渡
・ もとは志村蓮根(しむらはすね)町の一部。舟渡の名は、渡船場に由来する。【角川日本地名大辞典】
・ 荒川を渡る渡し場である戸田の渡しを、船で渡るというのが由来。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 船橋(ふなばし): 東京都世田谷区船橋

■ 船堀(ふなぼり): 東京都江戸川区船堀
・ 船の出入りする堀川に由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 分倍河原(ぶばいがわら): 東京都府中市

■ 冬木(ふゆき): 東京都江東区冬木
・ 宝永2年(1705年)に材木商の冬木屋が町家を開いたことに由来する。冬木屋は上野国の上田直次が江戸にでて創業した。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】
・ 日本橋茅場町の材木商の冬木屋(上田)弥平次と親戚の上田屋重兵衛が、材木置き場を仙台堀の南青山河岸に作ったことに由来する。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 文花(ぶんか): 東京都墨田区文花
・ 昭和41年の住居表示により、他の地域に無い「文」の字と、吾嬬神社の祭神である弟橘媛(おとたちばなひめ)の橘(立花)から「花」の字をとった。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 文京区(ぶんきょうく): 東京都文京区

■ 平和島(へいわじま): 東京都大田区平和島
・ 工業用地として埋め立てられた人工島で、昭和42年に、日本が平和であるようにと名付けられた。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 人里(へぼり・へんぼり): 東京都檜原村

■ 弁天町(べんてんちょう): 東京都新宿区弁天町
・ 弁天様があることに由来する。

■ 方南(ほうなん): 東京都杉並区方南
・ 野方領の南に位置することに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 保谷(ほうや): 東京都西東京市(旧保谷市)
・ 「ヤ」は「湿地」のことであろうが、「ホウ」の意味は不明。国衙領をいう「保」ともいうが疑問。あるいは「ハ(端)・フ(〜になったところ)」の転か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 保木間(ほきま): 東京都足立区保木間

■ 牡丹町(ぼたんちょう): 東京都江東区牡丹
・ 町内に牡丹を栽培している者が多かったことに由来する。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 堀切(ほりきり): 東京都葛飾区堀切

■ 堀留町(ほりどめちょう): 東京都中央区日本橋堀留町
・ 堀の行き止まりに因む。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】

■ 堀船(ほりふね): 東京都北区堀船
・ 昭和7年に、王子町の大字の堀之内の「堀」と、船方の「船」を合成した。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 本一色(ほんいっしき): 東京都江戸川区本一色
・ 古代の荘園制度の一色に由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 本郷(ほんごう): 東京都文京区本郷

■ 本石町(ほんごくちょう): 東京都中央区日本橋本石町
・ この地に米穀商が多く住んでいたことに由来する。もとは石町だったが、神田に新石町ができたので、ここが本石町となった。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】

■ 本駒込(ほんこまごめ): 東京都文京区本駒込

■ 本所(ほんじょ): 東京都墨田区本所

■ 本町(ほんちょう): 東京都中央区日本橋本町付近
・ 本町一丁目には江戸の三町年寄の奈良屋がいた。本町二丁目には江戸の三町年寄の樽屋藤左衛門がいた。本町三丁目には江戸の三町年寄の喜多村彦右衛門がいた。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

★ 

■ 前野町(まえのちょう): 東京都板橋区前野町
・ 同地が志村城の前の野原にあたることによる。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 馬込(まごめ): 東京都大田区南馬込
・ 馬の放牧地をいう。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 町田(まちだ): 東京都町田市

■ 町屋(まちや): 東京都荒川区町屋

■ 松が丘(まつがおか): 東京都中野区松が丘
・ 昭和38年に、江古田と新井町の一部から成立。赤松が生えていた新宿寄りの村はずれ。「松」は佳名好字で「末」の意味。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 松が谷(まつがや): 東京都台東区松が谷
・ 昭和40年に浅草松山町、松葉町、入谷町が合併。「松」の字と入谷の「谷」を採って「松が谷」とした合成地名。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 待乳山(まつちやま): 東京都台東区浅草

■ 松永町(まつながちょう): 東京都千代田区神田松永町
・ 歌人の片岡寛光が名主だった。また、この町の住人には、町奉行の矢部定謙、絵師の狩野探信などがいた。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 松原(まつばら): 東京都世田谷区松原
・ 赤松の林があったことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 狸穴(まみあな): 東京都港区麻布狸穴町

■ 丸子(まるこ): 東京都大田区下丸子
・ 「丸」は「まり」とも発音し、「鞠」という字もある。河の丸くなった地点を言う。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 丸の内(まるのうち): 東京都千代田区丸の内
・ 堀で囲まれた内側で、城の内側という意味。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】
・ 江戸城の御曲輪(くるわ)内のこと。内濠の内側。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 万世橋(まんせいばし): 東京都の神田川に架かる橋。

■ 三河島(みかわしま): 東京都荒川区

■ 三宿(みしゅく): 東京都世田谷区三宿
・  地名の由来は、上・中・下の3宿があったゆえという。矢倉沢(やぐらさわ)往還(大山道)沿いの村。【角川日本地名大辞典】

■ 瑞江(みずえ): 東京都江戸川区瑞江
・ 大正2年に瑞穂村の「瑞」と、一之江村の「江」をとった合成地名。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 水根(みずね): 東京都西多摩郡奥多摩町

■ 水元(みずもと): 東京都葛飾区水元
・ 水の源に由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 三田(みた): 東京都港区三田。東京都目黒区三田。

■ 三鷹(みたか): 東京都三鷹市

■ 三ツ目(みつめ): 江戸時代武蔵国(東京都)にあった俗称地名。

■ 美土代町(みとしろちょう): 東京都千代田区神田美土代町
・ 「美」は「御」。「土」は「つち」、「代」は「田んぼ」で、「田んぼをつくること」を「代(しろ)を掻く」という。これは、伊勢神宮に奉納する稲の初穂を作る田という意味。「神田」と同じ意味。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 緑町(みどりちょう): 東京都墨田区緑

■ 緑が丘(みどりがおか): 東京都目黒区緑が丘

■ 三ノ輪(みのわ): 東京都台東区三ノ輪

■ 三宅坂(みやけざか): 東京都千代田区永田町周辺

■ 三宅島(みやけじま): 東京都の三宅島
・ 御焼島。「みたけ」や「おんたけ」も同様。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

■ 宮前(みやまえ): 東京都杉並区宮前
・ 村の鎮守の春日神社に由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 茗荷谷(みょうがだに): 東京都文京区

■ 向島(むこうじま): 東京都墨田区向島
・ 江戸から見て、大川(隅田川)の向こう(下総国)は、大雨の度に洪水となり、中洲が島のように見えた。それを向島と呼んだ。

■ 武蔵(むさし)
・  武蔵はかつては「牟邪志」と書き「むざし」と読んだ。歴史が下るにつれて、「字面(じづら)」を気にして、「牟」は「武」、「邪」は「蔵」と書いて「ざ」と読み、全体で「むざし」と読んだ。
・ 和銅6年(713年)に、元明天皇が、諸国の国名は、佳名を使うようにというお触れを出した。

■ 武蔵野(むさしの): 東京都武蔵野市

■ 六木(むつぎ): 東京都足立区六木
・ 関東郡から移住を許され、六騎の侍(天野、寺島、矢沢、浜中、加島、武内)が六木新田を開発したことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】
・ 六木は「六本の木」を指す地名。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

■ 村山(むらやま): 東京都武蔵村山市

■ 牟礼(むれ): 東京都三鷹市牟礼
・ 牟礼(むれ): 東京都三鷹市牟礼。無連・無礼とも書く。地名の由来は、山峰を古言で牟礼というところから地内の小丘神明山に起こるとも、人の群れる地の意ともいう。【角川日本地名大辞典】

■ 室町(むろまち): 東京都中央区日本橋室町

■ 目黒(めぐろ): 東京目黒区

■ 目白(めじろ): 東京都豊島区目白

■ 目白台(めじろだい): 東京都文京区目白台

■ 毛利(もうり): 東京都江東区毛利

■ 百草(もぐさ): 東京都日野市百草、東京都多摩市百草

■ 桃井(ももい): 東京都杉並区桃井
・ 「生類憐れみの令」の後に、吉宗がこの地に桃の木を植えさせた。明治9年に当地にあった桃園学園の「桃」と、遅野井の「井」を合わせて「桃井」とした。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

★ 

■ 八重洲(やえす): 東京都中央区八重洲  

■ 八木(やぎ): 東京都八王子市八木町。戦国末期、八王子城将北条氏照の家臣八木源太左衛門の屋敷が置かれていたことに由来するという。【角川日本地名大辞典】

■ 矢口(やぐち): 東京都大田区矢口
・ 昔、矢食(やくい)村といい、それが転訛した。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 八雲(やくも): 東京都目黒区八雲

■ 谷河内(やごうち): 東京都江戸川区谷河内
・ 谷川の内側にある湿田という意味。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 谷在家(やざいけ): 東京都足立区谷在家
・ 中世、領主から湿地の田畑を与えられ、そこに家の建て住み着いた人をいう。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 八潮(やしお): 東京都品川区八潮
・  「多くの海路」や「長い海路」を意味する「八潮路」に由来する。

■ 谷中(やなか):  東京都台東区谷中
・ 「谷間の中」を意味する。
・ 上野台地の中の西の方の谷間の意味。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 谷原(やはら): 東京都練馬区谷原

■ 八広(やひろ): 東京都墨田区八広
・ 昭和40年の住居表示実施以前、各町に八丁目まであった。その「八」と、八方広がりに繁栄していくように「広」の佳名を合成した。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 谷保(やほ): 東京都国立市谷保

■ 山崎(やまざき): 東京都町田市山崎町

■ 大和町(やまとちょう): 東京都中野区大和町
・ 昭和9年に沼袋南2〜3丁目を改称した。「大きな和をもって、住民が町を発展させる」という意味。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 山の手(やまのて)
1800年代の初頭に書かれた、滝沢馬琴の「玄同方言」に、「四ッ谷、青山、市ヶ谷、小石川、本郷をすべて山の手という」と書かれている。

■ 山吹町(やまぶきちょう): 東京都新宿区山吹町
・ 太田道灌が鷹狩りをしていたときに、村の娘から一枝の山吹の花を差し出された伝説による。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 弥生(やよい): 東京都文京区弥生

■ 矢来町(やらいちょう): 東京都新宿区矢来町

■ 祐天寺(ゆうてんじ): 東京都目黒区祐天寺
・ 芝の増上寺の第36代法主を開基とする浄土宗の祐天寺に由来する。祐天寺の名は八代将軍の吉宗から与えられたもの。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 有楽町(ゆうらくちょう): 東京都千代田区有楽町

■ 雪谷(ゆきがや): 東京都大田区雪谷
・ 戦前までは、この地は氷室ともいい氷をつくっていた。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】
・ 雪谷戸とも書く。呑川(のみがわ)中流両岸の台地上に位置する。地名の由来は未詳。【角川日本地名大辞典】
・ 戦国期に見える地名。古くは千束郷に属したという。小田原北条氏の家臣の江戸衆の太田康資の所領として、「弐貫八百五拾文 六郷内雪ケ谷」とあり、また河越衆の新藤下総守の所領として「五貫文 江戸雪ケ谷」とあり、雪ケ谷が、江戸と六郷に分記されている。雪ケ谷八幡社には社伝があり、永禄年間に太田康資が同社を創建したと伝えている。【角川日本地名大辞典】
・ 旧雪ケ谷村: 荏原郡馬込領のうち。化政期の家数は63軒。水に乏しく、ややもすれば旱損の患」のある陸田の多い村であった。【角川日本地名大辞典】

■ 湯島(ゆしま): 東京都文京区湯島

■ 豊町(ゆたかちょう): 東京都品川区豊町
・ 昭和16年に、戸越町、上下神明町の一部が合併してできた地名で、佳名好字。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 用賀(ようが): 東京都世田谷区用賀

■ 養沢(ようざわ): 東京都あきるの市
・ 角川日本地名大辞典に、「巌沢(いわおざわ)の転訛したもの」とある。「ゆう」は「岩」と同異義語で訛。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

■ 横網(よこあみ): 東京都墨田区横網
・ 隅田川の土手に海苔採りの網をずらっと横に干したことに由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】
・ 横網(よこあみ): 東京都墨田区両国。南本所横網町。古くは南本所村。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 横山町(よこやまちょう): 東京都中央区日本橋横山町
・ 御家人の横山某の知行地にちなむといわれる。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】
・ 横山なにがしが開いた町と言うが不詳。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 吉原(よしわら): 東京都台東区千束

■ 余丁町(よちょうまち): 東京都新宿区余丁町
・ 江戸時代には「大久保四丁目」と呼ばれていたが、明治5年に「四」を「余」にあらためた。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】
※ 江戸時代から「〜丁目」っていう表記があったんだねぇ。

■ 四つ木(よつぎ): 東京都葛飾区四つ木
諸説あり
・ 四本の大木があった。
・ 聖徳太子像の頭部が四つの木を張り合わせている。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】
・ 古くは立石村。四本の大木があったことに由来する。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 四葉(よつば): 東京都板橋区四葉

■ 四谷(よつや): 東京都新宿区左門町

■ 淀橋(よどばし): 東京都新宿区西新宿

■ 代々木(よよぎ): 東京都渋谷区代々木

★ 

■ 両国(りょうごく): 東京都墨田区両国

■ 連雀(れんじゃく): 東京都三鷹市上・下連雀

■ 六月(ろくがつ): 東京都足立区六月

■ 六郷(ろくごう): 東京都大田区・六郷

■ 六本木(ろっぽんぎ): 東京都港区六本木

★ 

■ 若林(わかばやし): 東京都世田谷区若林
・ 若い木を植えて林にした。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 若宮(わかみや): 東京都中野区若宮
・ 近くにある八幡神社(若宮八幡宮)に由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 若宮町(わかみやちょう): 東京都新宿区若宮町
・ 町内にある若宮八幡宮に由来する。【江戸東京地名辞典 芸能・落語編 北村一夫】

■ 早稲田(わせだ): 東京都新宿区早稲田町

■ 早稲田鶴巻町(わせだつるまきちょう): 東京都新宿区早稲田鶴巻町
・ 神田川が大きく曲がり、流れがゆるやかに淀んだ水流(つる)をいう。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

■ 和田(わだ): 東京都杉並区和田

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示