「八雲」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 八雲(やくも)

# 八雲(やくも): 北海道二海郡八雲町。地名の由来は、「古事記」の「八雲立つ出雲八重垣」の歌にちなんで徳川慶勝(幕末の尾張藩藩主)が命名したもの。【出典

# 八雲(やくも): 東京都目黒区八雲。古事記上巻の「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに八重垣作る その八重垣を」に由来する。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

# 八雲駅(やくもえき): 北海道二海郡八雲町本町(ほんちょう)。JR北海道・函館本線。旧尾張藩主の徳川慶勝が開拓時に、古歌にちなんで名付けた。古くは、ユウ・ラプ・ペツ(温泉の流れる川)と呼んだ。【出典

# 八雲(やくも): 北海道山越郡八雲町(二海郡八雲町)。明治時代の村名に因む。旧尾張藩主の徳川慶勝が、旧藩士の入植に際して、「八雲立つ」の歌に因む。【出典

・ 「や」行の地名集

統計表示