「渋谷」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 「渋谷」の名字の由来
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 渋谷(しぶや): 東京都渋谷区

東京の渋谷という地名の由来だが
・ 入り江の塩谷(しおや)が変化した
・ 川の水に鉄分が多く含まれ、渋色だった
・ 土地がしぼんだ谷間だった
・ 平安時代に周辺を支配していた渋谷氏由来。渋谷氏はもともと神奈川県高座郡渋谷村の地名由来。【参考
・ 源義朝と親しかった金王丸の父、渋谷盛国の領地で、渋谷氏の由来する。「しぶ」は低湿地。【誰も知らない語源の話 増井金典 ベスト新書】
などの諸説があるそうだ。

・ 金渋(砂鉄)の出る谷の意味。むかしは塩谷(しおや)の里とよばれ、しおやがしぶやに転じたともいう。【出典

・ 渋谷駅(しぶやえき): JR東日本・山手線。東京都渋谷区道玄坂。‐し掘れば海の砂が出てきて、「塩谷の里」と呼ばれた。それが転訛して渋谷になった。△海涼呂鯲れる川の水が、赤錆色の「シブ色」だったことに由来する。6瓩の金王神社の社記にある、渋谷氏に由来する説。【地形を感じる駅名の秘密 東京周辺 内田宗治 じっぴコンパクト新書】

・ この地はかつては「塩谷の里」とよばれ、それが転訛した。この説の信憑性は高い。【東京・江戸 地名の由来を歩く 谷川彰英 ワニ文庫】

統計表示