大奥
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 江戸時代の雑学
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 奥様という言葉は、武家の奥御殿からでている。つまり男だらけの表御殿と女ばかりの奥御殿である。ただし、江戸幕府の御家人には表裏の区別はなかったそうだ。したがって、奥様とは言わずに御新造様といった。その奥御殿の中で、将軍家のは大奥と言い、諸大名や旗本家の場合には奥向(おくむき)といった。なぜ、将軍家だけ大奥かというと、江戸城には中奥もあったからという。【考証 大奥 稲垣史生】

■ 江戸時代、大奥では自殺が多かったという。今の日本も世界的に自殺の多い国といわれるが、背景は相通じるものがあるのだろうか。一言で言えば「息の詰まる社会」かな。【誰も書かなかった徳川家の謎 小泉俊一郎 中経文庫】
・ 幕末における大奥の給与(年俸)は、上級の上畍翡寄で「切米50石、合力金60両(計約135両)」、下級の御錠口で「切米20石、合力金30両(計約60両)」。
桜田門外には、お庭番の屋敷や大奥女性の屋敷があった。【誰も書かなかった徳川家の謎 小泉俊一郎 中経文庫】
・ 大奥の人数は約800人

■ 大奥の予算: 幕末の記録によると、大奥の年間予算は20万両。これは幕府の年間予算の約10%を占めた。大奥における砂糖の消費量は1日に600Kgという。【日本人なら知っておきたい 江戸の武士の朝から晩まで 歴史の謎を探る会編 KAWADE夢文庫】

■ 大奥
・ 幕末時の14代将軍家茂の時代に、大奥の女中は公方様付きが132人、御台様の和宮付きが71人、天璋院(篤姫)付きが91人、本寿院(家定の生母)付きが56人、実成院(家茂の生母)付きが39人で、計389人。
・ 職階: 家定時代の職階は、公方様付きで24、御台様付きで17。トップは御年寄で今の金額に直して年収は3502万円。【江戸の長者番付 菅野俊輔 青春出版社 ・ 1両:約16万2000円で計算 】

■ 将軍が亡くなると、将軍付の御殿女中は、全て桜田屋敷に一周忌まで監禁され、伊賀者に監視された。【江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた サムライと庶民365日の真実 古川愛哲 講談社】

■ 幕末の江戸城の本丸御殿、1万1373坪のうち、大奥は6318坪。大奥は「御殿向(ごてんむき)」「長局向(ながつぼねむき)」「広敷向(ひろしきむき)」からなる。広敷向には大奥の事務を司る男性役人が詰めた。長局向と広敷向の境には「七ッ口」があり、朝の五ッ時(午前8時頃)から七ッ時(午後4時頃)まで、大奥への納入商人たちが出入りした。【大奥の女たちの明治維新 安藤優一郎 朝日新書】

■ 武家の屋敷が「表」と「裏」にわかれたのは室町時代。日本の多くの文化は室町時代に出来たと言われる。「表」と「裏」、今でいえば総理官邸と総理公邸みたいなもんか?【参考: 考証 大奥 稲垣史生】

■ 御台所の称は食べ物を調理する「御台盤所(みだいばんしょ)」からでたという。中世以前は、公家の大臣・大将、武家では将軍・大名の夫人に用いられたが、江戸時代には将軍夫人専用。【参考: 考証 大奥 稲垣史生】

■ 若殿様は辛い
・ 江戸時代の御殿女中には、幼君の性器を鍛える任務があった。以下は、岡山藩の例と言われるが、将軍家を習ったといわれ、おおむねこんなもんだったか?
・ 5歳で割礼し、7歳で包皮を剥かれる。10歳になったら御殿女中から会陰の摩擦を丹念に受けて、男根を布で固く巻いて鍛えられた。12歳になったら、男根を御殿女中は指でシコシコ擦るだけではなく、時には深く口に含んで、亀頭を喉の奥にいれ、男根を強く吸う。ついで、カリ首を舌で撫で、勃起すれば舌でカリ首を押さえ、睾丸を伸ばして揉む。先走りの淫水がでたら、直ちに・・・・以下略。
・ 殿が奥方に射精したら、御中老たちは、その双方の性器を口で拭って清める。
【江戸の歴史は大正時代にねじ曲げられた サムライと庶民365日の真実 古川愛哲 講談社】

■ 大奥の役職【日本史に出てくる 官職と位階のことがわかる本 「歴史読本」編集部編】

# 御目見え以上
・ 御台所: 将軍の正室。
・ 上臈(じょうろう): 御殿女中の中で最高位。
・ 御年寄: 表の老中にあたる。複数人存在し、大奥運営の実務を勤めた。
・ 御客会釈(おきゃくあしらい): 大奥事情に精通し、接客担当。御年寄が現役引退後につくことが多かった。
・ 中年寄: 御年寄の補佐役で、食事の献立をたて、毒味を行った。
・ 御中臈: 上臈について御台所の側に出仕した。将軍の侍妾になることが多かった。
・ 表使(おもてつかい): 御年寄の指示で様々な折衝を担当した。
・ 御右筆(ごゆうひつ): 文書管理の担当者で約5名。
・ 御次(おつぎ): 仏間や御対面所の日常業務、道具管理などを担当した。

# 御目見え以下
・ お三の間: お三の間以上で、居間までの部屋の掃除や雑用を担当した。ここから「おさんどん」という言葉が生まれた。

統計表示