「上野」の地名の由来
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 上野(うえの): 東京都台東区上野 

※ 上野の地名の由来には以下のように諸説あるようだ。
・ 地形が伊賀上野に似ていた。
・ 隣接する下谷に対して。
・ 岡の上の草の生い茂る野の意味。
・ 上野はかつては「忍ケ岡(しのぶがおか)」と呼ばれ、「下谷」に対して「上野」と言われた。
・ 「上が野原になっている地」の意味。東京の上野を始め、三重県など全国各地にみられる。【誰も知らない語源の話 増井金典 ベスト新書】

・ 小野篁(おの の たかむら)が上野国での任を終えて京へ帰る途中で、当地に館を建ててしばらく滞在し、その際地元の人が篁のことを呼んだ「上野殿」が地名になったという説による。

・ 上野(うえの): 東京都台東区上野。地名の由来は、小野篁ゆかりの地であるためとも、藤堂和泉守が伊賀上野(三重県)より来た際、命名したものとも、小高い岡で草の生い茂る地であったためとも言われる。【出典

・ 野原の一方にある小台地につけられた地名で、下谷に対する。【JR・第三セクター 全駅ルーツ事典 村石利夫 東京堂出版】

・ 諸説あるが、一番妥当なのは、今の上野駅の北西側の小高い丘に由来するものではないか。【東京の地名 地形と語源をたずねて 筒井功 河出書房】

・ 小高い岡、台地で草が茂る野原の意味。【東京23区の地名の由来 金子勤 幻冬舎】

・ 低地を「下谷」と称したのに対して、台地だったことから「上の野」という意味で「上野」と呼んだ。戦国時代から上野村があった。【お江戸の地名の意外な由来 中江克己 PHP研究所】

・ 上野駅(うえのえき): JR東日本・東北本線。東京都台東区上野。‐緻遒了海涼呂、小高い野原だったという説、寛永寺が創建する前、この地に藤堂高虎の屋敷があり、付近の地形が高虎の国許の伊賀上野に似ていた、松や杉が繁り、人跡が絶え鳥の糞ばかりだったことから烏え野とした、な唇損代に、小野篁が上野国での任を終えて京都に戻るとき、当地にしばらく滞在した説などがある。【地形を感じる駅名の秘密 東京周辺 内田宗治 じっぴコンパクト新書】

■ 上野広小路(うえのひろこうじ): 東京都台東区

# 1657年の明暦の大火後、防火のために道幅を広げて「広小路」を作った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示