秋田県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
★ 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

■ 秋田県(あきたけん)

■ 秋ノ宮(あきのみや): 秋田県湯沢市秋ノ宮

■ 商人留(あきひとどめ): 秋田県大館市

■ 阿仁(あに): 秋田県北秋田市
・ 平安時代に「米が沢」と「釜が沢」という地域に、高倉長者の嫡子や庶子がおり、大兄・小兄と称した。この「大兄(おおあに)、小兄(こあに)」に由来すると言う。【出典
・ 1591年の豊臣秀吉の朱印状の「小阿仁村」が史料としての初見。平安時代に、米ガ沢、釜ガ沢の両域に高倉長者の嫡庶子がいて、大兄・小兄と称したのが由来か。【出典

■ 天ヶ崎(あまがさき): 秋田県男鹿市天ヶ崎

■ 海士剥(あまはぎ): 秋田県由利本荘市西目町海士剥

■ 五十土(いかづち): 秋田県由利本荘市。「いかづち」は雷のこと。【出典

■ 稲川(いなかわ): 秋田県湯沢市(旧稲川町)
・ 昭和31年に、「稲庭町」「川連(かわつら)町」「三梨村」が合併して成立。当時は稲庭川連町だったが、その後短縮して「稲川町」となった。【日本全国 合成地名の事典 浅井建爾 東京堂出版】

■ 猪岡(いのおか):  秋田県横手市猪岡

■ 内小友(うちおとも): 秋田県大仙市内小友

■ 男鹿(おが): 秋田県男鹿市

■ 笑内(おかしない): 秋田県北秋田市阿仁笑内

■ 鬼頭(おにがしら): 秋田県大仙市土川鬼頭
・ 鬼頭の地名は坂上田村麻呂の伝説に基づくと言われる。
・ 他に、秋田県秋田市広面鬼頭の地名もある。

■ 生保内(おぼない): 秋田県仙北市田沢湖生保内

★ 

■ 角館(かくのだて): 秋田県仙北市角館町
・ 「和名抄」の山本郡鎰刀(かぎのたち)郷の転訛という説がある。それに従えば「カギ(崩壊地形)」+「ノ」+「タチ(台地)」という地名か。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 潟保(かたほ): 秋田県由利本荘市西目町西目潟保

■ 勝手(かって): 秋田県由利本荘市岩城勝手

■ 鹿角(かづの): 秋田県鹿角はかつては、上津野(かづの)と言った。

■ 鹿渡(かど): 秋田県山本郡三種町鹿渡

■ 蟹場(がにば): 秋田県
・ 秋田県乳頭温泉郷の蟹場(がにば)温泉
・ 周辺の川に沢蟹がいたのが由来。

■ 金沢(かねざわ): 秋田県横手市金沢

■ 鹿野戸(かのと): 秋田県秋田市雄和椿川鹿野戸(かのと)

■ 川反(かわばた): 秋田県秋田市

■ 象潟(きさかた): 秋田県にかほ市象潟町

■ 心像(こころやり): 秋田県大仙市土川心像
・ 心像は以前は心遣と書き、心遣いのことか?

■ 五城目(ごじょうめ): 秋田県南秋田郡五城目町

■ 琴丘(ことおか): 秋田県山本郡三種町(旧琴丘町)
・ 昭和30年の成立時に、八郎潟の雅称の「琴湖」の「琴」+地形を表す「丘」で命名した。【市町村名語源辞典 溝手理太郎 東京堂出版】

■ 強首(こわくび): 秋田県大仙市強首

★ 

■ 槐(さいかち): 秋田県能代市

■ 砂糖畑(さとうばたけ): 秋田県由利本荘市砂糖畑
・ 由利本荘市の市立本荘南中学校の東側に位置する。
・ この地域だとサトウキビは無理だろうから砂糖大根の畑でもあったのかな?

■ 寒川(さむかわ): 秋田県秋田市下北手寒川。秋田県能代市浅内寒川。

■ 猿倉(さるくら): 秋田県由利本荘市鳥海町猿倉

■ 猿田(さるた): 秋田県

■ 徂半内(さるはんない): 秋田県。徂半内の「内」はアイヌ語で「川」を意味し、「サル」は「葦原」を指す。または、「狭い」を意味する和語の可能性も考えられる。「ハ(パ)」は「上流」という意味という。【出典

■ 猿間(さるま): 秋田県大館市猿間

■ 白欠(しらかけ): 秋田県鹿角市八幡平白欠

■ 雪車(そり): 秋田県由利本荘市雪車(そり)町

★ 

■ 醍醐(だいご): 秋田県横手市平鹿町醍醐
・ 地名の由来は、この付近は牛の放牧地で牛乳を煎って甘露となる醍醐味によるとする説と塔甲郷の転化説、醍醐天皇の代に草創したからとする説がある。【出典

■ 高市(たかいち):  秋田県鹿角市花輪高市

■ 鷹巣(たかのす): 秋田県北秋田市鷹巣

■ 高塙(たかはな): 秋田県能代市

■ 田村(たむら): 秋田県横手市大雄上田村

■ 乳牛(ちうし): 秋田県鹿角市花輪下タ乳牛?
・ 米代川右岸。「奥々風土記」には「乳牛村、知宇志」とあり、「向牛(ちうし)」村と書いた記録もあるが、誤記であろう。【出典

■ 椿(つばき):  秋田県男鹿市船川港椿。秋田県大仙市豊岡椿。

■ 椿川(つばきかわ): 秋田県秋田市雄和椿川

■ 道目木(どうめき): 秋田県大館市道目木
・ 百目木とも書く。大館(おおだて)盆地からやや東に入って西流する米代(よねしろ)川の中流域左岸部に位置する。東は大滝温泉。耕地狭小の地。地名は川水が小滝状に落ちる水音からきたという。【出典

■ 二十六木(とどろき): 秋田県由利本荘市二十六木

■ 土深井(どぶかい): 秋田県鹿角市十和田末広

★ 

■ 七日市(なぬかいち): 秋田県北秋田市七日市(旧鷹巣町) 

■ 仁井田(にいだ): 秋田県秋田市仁井田。秋田県横手市十文字町仁井田。

■ 乳頭温泉: 背後にある乳頭山に由来する。山名の由来は乳頭の形に似ている山頂の形から。ただし、岩手県側からは烏帽子の形に見えるため、「烏帽子岳」と呼ばれる。【出典

■ 能代(のしろ): 秋田県能代市

★ 

■ 八峰町(はっぽうちょう): 秋田県山本郡八峰町

■ 福田(ふくだ): 秋田県北秋田市福田福田

■ 福地村(ふくちむら): 秋田県横手市(旧平鹿郡福地村)

■ フグリ峠: 秋田県大仙市

■ 婦気大堤(ふけおおづつみ) : 秋田県横手市。
・ 婦気大堤(ふけおおつつみ): 地名は婦気と大堤の2か村を合したことにより、田窪(たくぼ)沼の低湿地帯があるので婦気(フケは湿地の意)、大堤は大沼があることにより村名としたという。【出典

■ 船越(ふなこし): 秋田県男鹿市船越

■ 船橋(ふなばし): 秋田県男鹿市払戸船橋

■ 古雪(ふるゆき): 秋田県由利本荘市古雪(ふるゆき)町
・ 坂上田村麻呂の時代に蝦夷からの防衛のために作った、古い由理柵(ゆりのき)がなまったものと言われる。由理柵は由利郡の古柵(ふるき)のこと。

■ 保戸野(ほどの): 秋田県秋田市保戸野

■ 朴瀬(ほのきせ): 秋田県能代市。「朴」はエノキのことで、エノキの生えている瀬という意味。【出典

★ 

■ 増川(ますがわ): 秋田県男鹿市船川港増川

■ 目長崎(めながさき): 秋田県秋田市太平目長崎

■ 女米木(めめき): 秋田県秋田市雄和女米木女米木
・ 米々木・目々木・女々木・米女鬼・女米鬼・米木とも書く。雄物(おもの)川の下流左岸部に位置する。南方の郡境に古代以来の信仰の山、高尾山がある。古代には高尾山を竜頭嶽とも称し、山麓の里を竜頭と称していたと伝える。竜頭の「悪鬼」(土豪)辰黒王が当地を掠領した頃、付近の白谷(白石)の土豪の娘「米子」を略奪したので、米女鬼の地名が生じたという。【出典

■ 百宅(ももやけ): 由利本荘市鳥海町百宅
・ 地名は百軒が住める地であることから弘法大師が命名したとの伝承がある。【出典
・ 2028年に完成予定の鳥海ダム建設に伴い、ダム湖に沈む予定。

★ 

■ 鑓見内(やりみない): 秋田県大仙市鑓見内

■ 横堀(よこぼり): 秋田県湯沢市横堀

★ 

■ 六郷(ろくごう):  秋田県大仙市六郷

★ 

■ 和合(わごう): 秋田県大仙市和合。はじめ「にぎあい」と称する。雄物(おもの)川の東部約2.5Km、六郷扇状地との境界に位置する。

■ 和田(わだ):  秋田県秋田市河辺和田

統計表示