新潟県の地名集
参考資料・文献 利用上の注意
名字の由来のTop 地名の由来のTop
名字と地名のMenu 地名集のTop
スポンサーリンク
スポンサーリンク
★ 

■ 四十物(あいもの): 新潟県佐渡市相川四十物町

■ 秋葉(あきは): 新潟県新潟市秋葉区

■ 悪田(あくだ): 新潟県柏崎市

■ 浅貝(あさかい): 新潟県南魚沼郡湯沢町三国浅貝
・ 地名の由来は、山々が深く朝のうちは日陰になる狭間の新畑で、田がまったくない土地柄であることにちなむという。綿貫作右衛門の先祖が上野国から移住して当地を開発したのは永禄6年と伝える。【角川日本地名大辞典】

■ 筋平(あざみひら): 新潟県十日町市

■ 石上(いしがみ): 新潟県三条市石上

■ 一之渡戸(いちのはた): 新潟県長岡市一之渡戸

■ 市振(いちぶり): 新潟県糸魚川市市振

■ 犬伏(いぬぶせ): 新潟県十日町市犬伏

■ 五十公野(いみじの): 新潟県新発田市五十公野

■ 伊毛(いも): 新潟県柏崎市西山町伊毛

■ 芋川(いもがわ): 新潟県柏崎市芋川。新潟県魚沼市湯之谷芋川。

■ 芋島(いものしま): 新潟県上越市柿崎区芋島

■ 岩船(いわふね): 新潟県村上市岩船

■ 魚沼(うおぬま): 新潟県魚沼市

■ 魚野川(うおのがわ): 新潟県(群馬県との県境)の河川名
・ 川名由来は「魚沼郡の古名、伊乎野(いをの)、於乎乃(おをの)、宇於乃(うおの)に因み、越後野志には魚沼川、大野川、上田川とも書き、康平四年及び寛治三年の越後絵図には輪南津川となっている」とある。【角川日本地名大辞典】

■ 梅田(うめだ):  新潟県長岡市梅田

■ 小田島(おだじま): 新潟県上越市名立区小田島。宗教上のことで西蒲原郡生田から分れたとの説や、小さい田の集まった飛地「こださら」にちなむという説がある。

■ 小千谷(おぢや): 新潟県小千谷市

■ 鬼王(おにおう): 新潟県柏崎市西山町鬼王

■ 鬼木(おにぎ): 新潟県三条市鬼木

■ 鬼伏(おにぶし): 新潟県糸魚川市鬼伏

■ 思川(おもいかわ): 、新潟県南魚沼市思川。【思川の名字の由来

★ 

■ 欠之上(かけのうえ): 新潟県南魚沼市欠之上

■ 勝木(がつぎ): 新潟県村上市勝木(がつき)

■ 加納(かのう): 新潟県柏崎市加納

■ 木落(きおとし): 新潟県十日町市木落。水流を利用して木を流したことに由来するとも言われる。

■ 草水(くそうず): 新潟県阿賀野市草水。新潟県新潟市秋葉区草水町。

■ 頸城(くびき): 新潟県

■ 碁石(ごいし): 新潟県村上市碁石

■ 越(こし): 新潟県糸魚川市越(こし)。腰とも書いた。

■ 小和田(こわだ): 新潟県岩船郡関川村小和田(こわだ)

★ 

■ 塩村(しおむら): 新潟県。戦国時代に越後国古志郡にみられた地名。現在の新潟県長岡市栃尾上塩・下塩周辺。

■ 七軒(しちけん): 新潟県新潟市南区白根ノ内七軒。地名の由来は開発当時7戸あったことに由来する。

■ 新発田(しばた): 新潟県新発田市。アイヌ語で「鮭のとれる場所」を意味する「シビタ」に由来する。また、「新田開発」に由来するという説もある。

■ 下関(しもせき): 新潟県岩船郡関川村下関。越後国出羽国置賜郡を結ぶ街道沿い。鎌倉期のはじめ集落東方の長峰山麓に桂関が設置され、関吏には三潴氏が任命されたとい。この関の下手にある集落ということで関下と呼称され、それが転じて下関になった。集落中央には関下氏の居館跡があり、現在も「しもやしき」と呼ぶ。【角川日本地名大辞典】

■ 守門(すもん): 新潟県魚沼市須原守門。旧守門村。村名は郷土の名峰で信仰の山である守門岳の名をとる。【角川日本地名大辞典】

■ 瀬波(せなみ): 新潟県村上市瀬波

■ 外海府(そとかいふ): 新潟県佐渡市。佐渡ケ島北半、大佐渡山地の北西側海岸一帯の地域。相川町下相川から北へ25の集落を経て北端弾崎に至る約50kmの間をいう。北端の集落願(ねがい)から南の小田集落までの9大字が旧外海府村であった。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 当麻(たいま): 神奈川県相模原市南区当麻(たいま)

■ 燕(つばめ): 新潟県燕市。古くは「津波目」と書いた。「津」は「港」、「目」は合わさり目を意味する。

■ 妻有(つまり): 新潟県十日町市妻有町(つまりちょう)

■ 頭山(つむりやま): 新潟県糸魚川市頭山。
・ 頭山(つむりやま): 姫川下流域左岸。背後に岩山がある。この山は神体山で、頂上に大きな平岩が横たわり、神の座と称された。のちに不動仏を安置、不動山と称し、さらに直下に社殿を建て白山社とした。地名は天に頭をあげた岩山に由来するといわれる。【角川日本地名大辞典】

■ 土合(どあい): 新潟県上越市土合。新潟県長岡市土合。新潟県柏崎市土合。

■ 外丸(とまる):  新潟県中魚沼郡津南町外丸
地名の由来は、古代の公道筋の泊に由来するという説がある。【角川日本地名大辞典】
※ 「浅見光彦ミステリースペシャル(26)漂泊の楽人」を見ていたら出てきた地名。

★ 

■ 直江(なおえ): 新潟県三条市直江町

■ 直江津(なおえつ): 新潟県上越市直江津

■ 長崎(ながさき): 新潟県柏崎市長崎

■ 中木津村(なかきつむら): 江戸時代から明治時代の初頭にかけて越後国蒲原郡にみられた村名。もと木津村の一部で、天正年間に韮沢吉右衛門によって開発され、のち堀掃部助によって開発された堀興野(鴨興野)とあわせて中木津村と称したという。【角川日本地名大辞典】

■ 中束(なかまるけ): 新潟県岩船郡関川村中束

■ 新潟県(にいがたけん)

■ 新津(にいつ): 新潟県新潟市秋葉区新津

■ 日本国(にほんこく):  新潟県村上市にある山。
昔、大和朝廷の阿部比羅夫が率いた軍が、蝦夷を征服しながらこのあたりに到達。このあたりが、大和朝廷の勢力の限界として日本と名付けた。

■ 沼垂(ぬったり): 新潟県新潟市東区沼垂。新潟県新潟市中央区沼垂。

■ 願(ねがい): 新潟県佐渡市願

■ 猫興野(ねこごうや): 新潟県長岡市猫興野

■ 寝屋(ねや): 新潟県村上市寝屋。勝木川河口左岸、日本海沿岸。地名は、勝木の漁師が浜に小屋(寝屋)を作って寝泊りしたことによるという。【角川日本地名大辞典】

■ 能生(のう): 新潟県糸魚川市能生
・ 「のう(能生)」は「なおうみ(直海)」が転訛したもので、「まっすぐな海岸」に由来するといわれる。

★ 

■ 橋場(はしば): 新潟県柏崎市橋場。地名の由来は、鯖石川に橋を架けて往来の通行に供したことによる。【角川日本地名大辞典】

■ 羽生田(はにうだ): 新潟県南蒲原郡田上町羽生田。地名は、埴生、すなわち粘土質の地盤の意に由来するか。地内の土生田神社は、式内社土生田神社に比定され、現在の鎮座地は古くは羽生田周防守の城館跡との伝承がある。【角川日本地名大辞典】

■ 万代島(ばんだいじま): 昭和初期まで信濃川河口にあった川中島。ほぼ現在の新潟市万代島にあたる。大河津分水が完成後、信濃川の流水量が減じ、従来の3分の1の川幅で済むようになったので、万代島の東側流路が埋め立てられ、沼垂地区と陸続きとなった。【角川日本地名大辞典】

■ 万代橋(ばんだいばし): 新潟市万代3丁目と下大川前通2丁目との間を流れる信濃川に架かる橋。東西新潟市街を結ぶ最も古い橋で、新潟市を代表する名橋。軟弱地盤の埋立地に建設するため頑丈な台場をつくる必要があり、河底を約30尺掘ってコンクリートを流し込む工法を採用。福田武雄の設計で、工事に3か年を要した。昭和39年の新潟地震時にもほとんど被害がなく、災害の復旧活動に貢献し堅牢さが賞賛された。【角川日本地名大辞典】

■ 美守(ひだのもり): 新潟県妙高市美守
・ 高田平野の南端、関川と渋江川に挟まれた平坦地。戦国期の高梨氏所領注文に「比田森」とあり、長尾為景から信濃の高梨氏の知行地とされていた。また、天正20年と推定される10月27日付本願寺顕如印判状写に「ひたもり郷」、同日付乗宣書状写には「ひたもり村」と見える。【角川日本地名大辞典】
・ もとは、越後国久疋郡夷守(ひなのもり)郷を書き写すときに「夷」を「美」と書き間違えたと言われる。

■ 一日市(ひといち):  新潟県新潟市東区一日市。新潟県魚沼市一日市。

■ 広島(ひろしま): 新潟県妙高市広島。関川中流左岸、段丘の延長上に位置する。大水害時に集落付近が大きな島状になることに由来する地名と思われる。【角川日本地名大辞典】

★ 

■ 馬下(まおろし): 新潟県五泉市馬下

■ 柵口(ませぐち): 新潟県糸魚川市柵口。地名の由来は不詳であるが、地形上から付せられたといわれる。当地の開祖は楠木氏の末裔といわれ、西運寺開祖もその一族とする。【角川日本地名大辞典】

■ 妙高(みょうこう): 新潟県妙高市

■ 村上(むらかみ): 新潟県村上市

★ 

■ 

★ 

■ 

★ 

■ 山葵谷(わさびだに): 新潟県長岡市山葵谷

■ 渡辺新田(わたなべしんでん): 新潟県

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計表示